• 締切済み

OH後 キャブ不調  エンジンが吹かない

半年間エンジンをかけていなかった1998年式 ヤマハドラッグスター400のエンジンが不調で困ってます。 半年ぶりにエンジンをかけようとしましたがかからずオーバーフローによってガソリンが漏れていました。 キャブの清掃、プラグの交換をしエンジン始動・・・ 四苦八苦の上やっとかかったエンジンはチョークを引いてもかからず、アクセルをほんのちょっと開けた状態で何度かセルを回してやっとかかるという具合です。が、ちょっとアクセルを開けると回転があがらずボボボボ・・プスン。やっと温まってアクセルから手を離せる様になってか パイロットスクリューを調整し(全閉から4~5回転戻し)アイドリングの一番高いところで設定し、なんとかアクセルも開けられるようになりその日は家のまわりを軽く流しました。アクセルを開けたときちょっともたつくぐらいでアイドリングも一定し完了~と思ったのですが、翌週、翌々週と1週間ぶりにエンジンをかけようとしたところが、やはりチョークを引いても・・・と同じ症状です。 プラグを見てもきつね色とはいきませんが、まあまあのヤケ具合と思われます。毎週、毎週PSをいじくってから乗るってのも・・・ キャブ清掃の前のPSの戻し回転がわかってないのですが4~5回転も戻すってのもなんだかおかしいですよね。マフラーはキャブ分解前からスラッシュカットの2-2に変えてあります。 どなたか不具合のヒントをください。 このままでは恐くて遠乗りなんてとてもとても

みんなの回答

noname#161268
noname#161268
回答No.5

ガソリンは関係ないね。何とかエンジンがかかるガソリンは何とかアイドリングもするし、走れるものです。 原因は、キャブの詰まりでしょう。キャブは清掃したのに調子が悪いという質問は多いですが、きちんと掃除できてれば症状は無くなります。ただ開けてキャブクリーナを吹き付けた程度じゃだめです。終わったらきちんと確認しないとね。 パイロットスクリュー4回転も5回転もは明らかに戻し過ぎです。そのうち脱落しますよ。もう一回、徹底的に掃除ですね。パイロットスクリューはマニュアルを見ないとわかりませんけど、だいたい2回転半くらいが戻しの限界値のことが多いです。多くても3回転ですね。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • V36GTR
  • ベストアンサー率34% (17/49)
回答No.4

こんばんわ 半年間乗ってなかったのですね?ガソリンタンクの中に、雨水とか溜まってませんか? 後は、ガソリンは、すべて捨てて、新しいガソリンを入れたほうがいいと思いますよ。交換したかもしれませんが、上記文章からは、判断できかねますので^^;

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • gsbaka1150
  • ベストアンサー率36% (663/1816)
回答No.3

症状からしてガスが濃すぎの様ですからじんわりオーバーフローしているんぢゃないかと・・・。もう一度OHしてフロート周りを徹底的に点検清掃して下さい。

ds400_2006
質問者

お礼

ありがとうございます。 フロート周りですね。 がんばってみます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.2

スロー系がまだ詰まってるような症状ですね。 症状的にたぶん外からこちょこちょイジっても直んないと思いますので、意を決してもう一度キャブをじっくり分解清掃ってのが手っ取り早いかと思います。 ドラッグスターはどうかわかりませんが、オーバーフローするとクランクケース内にガソリンが降りていく車種もあるんで、念のためオイル量も見ておいたほうがいいかと思います。

ds400_2006
質問者

補足

やはりそうですか。 自分でもそうなのかなあと思っていたのですが・・ ただ、一度アイドリングが安定すると何事もなかったように快調になるものですから。 でも、翌週にはやはり同じ症状になるんですよねえ。 エンジンがかる時も片肺のような感じで、ちょっとだけ開けたアクセルを戻すと両方のエンジンがかかったような音がします。 でも一瞬ですぐ両方ストップします。 やはりもう一度分解してみます。 メインジェット系があやしいのでしょうか?

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.1

ガソリンは新品に交換しましたか? 見落としがちなので確認してください

ds400_2006
質問者

補足

はい。  携行缶をわざわざ買って・・・(泣)

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • カワサキのZZR400の不動車を譲ってもらキャブのOH清掃とプラグの交

    カワサキのZZR400の不動車を譲ってもらキャブのOH清掃とプラグの交換してエンジンかかったのですがアイドリングが安定しません。 症状としては、チョークを引いてエンジンは3000回転程度で始動するのですが2~3分程度でチョークを戻すと回転が下がって止まってしまいます。 止まらないように空吹かししていると一時的に安定したり、そうかと思うとアイドリングで3000回転付近まで上がったりします。調整ネジでアクセルワイヤー位置の調整をするのですが安定したかと思うと回転数が上がったり下がったりします。 アクセルをあおりながら走行すると中高速域は、普通に走ってくれます。 キャブは2回ほどバラし、プラグも交換しましたが黒くすすけているのでワイヤーブラシで清掃 して再度取り付けています。 どなたか詳しい方がいっらしゃいましたらご教授願います。

  • エンジン不調です。

    エンジンについて教えてください。 スズキの4スト250CC4気筒です。 エンジンをかけて最初は吹けも良いんですが実際に走ろうとギアをいれてスタートするとかぶったような感じになり止ってしまいます。 そうすると次にエンジンかけてもアクセルを一杯に開けてないと止まってしまいます。 アクセル前回にしても4000回転くらいにしかなりません。 ただプラグを清掃してやるとまたかかるようになります。 でも症状は同じです。 アイドリングも最初は良いのですがだんだん回転が落ちてきて止まってしまいます。 キャブは清掃してショップの人に見てもらいましたが問題ないとの事でした。 キャブの調整も大丈夫みたいです。 エアークリーナーは新品に変えました。 プラグも新品にしました。 プラグにも火は飛んでますし燃料も行ってます。 調子よく走れるときもあるのですが。 結構いじれる方ですが今回はお手上げです。 何かアドバイスお願いいたします。

  • バリオス エンジン始動・アイドリング不調

    タイトルの通り、バリオスのエンジンが安定しません。 先月までは普通に始動し、走行もできていましたが、今朝になって約1ヶ月ぶりにエンジンをかけたら下記のような症状があらわれました。 ・チョークを引いてセルを回すと、いつもならすぐにかかっていたのが、急にかからなくなった。 ・チョークを使わず、アクセルをあおってやるとかかります。 ・アイドリングが安定せず、回転が急に下がった状態(300回転くらい)になるため、アイドルスクリューを高くする方に少し回すといきなり3000回転くらいまで上がり、この状態でほかっておくとまたアイドリングが下がってしまいます。アクセルを少し開けるとまた高い回転数まで上がるのですが、しばらくするとまた止まりそうなくらいまで回転数が落ちるといった具合です。 その後は怖くて走行はしていません。一応キャブは半年くらい前に軽く清掃はしてあります。説明がへたくそで分かりづらいと思いますが、何が原因として考えられるか、バイクに詳しい方よろしくお願いします。

  • XT250(3Y5)のキャブOH

    XT250(3Y5)の再生に挑戦しています。 キャブのOH後、チョークを「引かない」とエンジンは始動するものの 数秒たつかアクセルを開けるとストールする状態でした。 再度キャブのOHをして、組み付けたのですが チョークにかかわらずエンジンがかからなくなってしまいました。 この際キャブ以外で手を入れたのはプラグのみで、新品に交換しました。 プラグに火は飛んでいます。 やはりキャブの問題なのでしょうか? キャブが正常で、他の問題があるというのは考えられますか? お心当たりある方がいらっしゃいましたら教えてください。

  • BALIUSIIのエンジンがかからない

    キャブクリーナ(泡)を使用してからエンジンがかからなくなってしまいました。 キャブの詰まりを疑い、キャブのOHを行いましたがかかりません。  →OHはメインジェット、パイロットジェットを外して清掃。   その他穴という穴をパーツクリーナを吹き付けて清掃しました。 ・セルは元気良く回る。 ・プラグの火は飛んでいる。 ・チョークを引き、押しがけをしたら、かかるときがある。  →チョークを戻した瞬間エンスト。  その際マフラーから、白煙が…おそらく、エンジン内に入ったキャブクリーナと思われる。 ・アイドリングの回転数を上げて、チョークを引き、押しがけでかかったとき、 チョークを戻してもエンジンはかかっていたが、回転数を下げたら、エンスト。 ・数回の押しがけ後(エンジンはかかっていない)、プラグを確認すると、ガソリンで濡れている。  →ガソリンは出ている? また、二次エアを吸っていたとして、このような症状は出るものなのでしょうか? このぐらいの情報量では難しいかも知れませんが、お願いします。

  • エンジン不調?教えてください

     はじめまして。教えてください。 GB250に乗っています。最近急にエンジンの調子が悪くなり、原因がわからないので質問させていただきました。    エンジン始動時、素直にかかり、安定したアイドリングをするのですが、回転数を上げようとすると4000回転辺りまで上がった後、回転数が下がってしまいます(エンストすることもある)。また、一気にアクセルを空けると、回転数は上がらず、一瞬でエンストしてしまいます。  いくら暖気をしてもこの症状は改善されないのですが、チョークを引っ張り、強引にレッドゾーン付近まで回転数を上げると、その後は調子よく回るようになるのです。(なんででしょう?)  一度回転数を上げられれば、その後は何の問題もなく走りつづけられます。この症状は、エンジンが完全に冷えているときにだけ発生するようです。  私自身では、  ○スプレーのキャブクリーナーでキャブの清掃          ○プラブ交換 をしてみたのですが、まったく改善されませんでした。    あまり金銭的な余裕がないものですから、自分で出来ることなら自分でしたいと思っています。(あまりバイクに詳しくはないのですが)皆さん原因がわかりましたら、対策などを教えてください。  お願いします。  

  • カブC50-049**** キャブ交換後、不調

    3年放置の車体番号C50-049****カブ復活途上です。 キャブレターが粉吹いていたので分解清掃に挑戦しましたが洗浄液に漬けてもなかなか粉が取りきれずクリーニングをあきらめてホンダ系列店で車体番号から適合する新品の純正キャブレターを購入、自分で交換しましたが以下のような症状でまともにエンジンがかからず困っています。キャブレターは箱から出してそのまま取り付けました。 「ガソリンタンクは錆び取り処理済。ガソリンも新しいのを入れている。エンジンオイルも交換済」 「チョークをかけてアクセルを吹かしている状態の時だけ時々エンジンがかかる」 「エンジンがかかっている状態でチョークを解除するとアクセルをどの位置に吹かしていてもエンジンは停止する。逆にチョークがかかった状態でアクセルを戻したときもエンジンは止まる」 「チョークをかけ、アクセルを開けてエンジンがかかり、そのままの状態でおいてもいくらかエンジンが回った後、プラグがかぶるためかエンジンはとまる」 「プラグは新品に交換済。火花は散る」 「エアスクリュー(2-1/2回転開放)やアクセルスロットを調整する スクリュー(2回転開放)の開放回転数はホンダ系列の店から教わったとおり」 「インマニホールドとキャブの間にかまされている板も交換済」 「エアクリーナーは問題なさそう(素人目ながらはずして見たがそれほど汚れていない)」 「CDIやイグニッションコイル、ACジェネレーターの抵抗値もテスターで見たが問題なさそう(カブ青と白のサービスマニュアルを頼りに素人目でみて計測)」 という状態です。自分自身で考えられる原因はこれでほぼ手詰まりです。タイヤやチューブ、チェーンもがんばって交換し、後の問題はほぼエンジンのみです。後一歩でじれったい思いをしています。チョークをかけなくても普通にエンジンがかかりアイドリングも安定して、普通に乗れるようにしたいです。 詳しい方、なにとぞご指導よろしくお願いします。

  • エンジン回転が高くなってしまいます

    規制後ジョグ(SA12J)に乗っています。 エンジンをかけてアイドリングはするのですが、 一度アクセルをあおると回転が落ちずタイヤが回りっぱなしになってしまいます。 インマニ交換、エアクリ清掃、プラグ交換をしましたが、直りません。 規制後のキャブにはエアスクリュー、アイドリングスクリューのねじがないのでその調整はできないようですが、 どうすれば直るでしょうか? よろしくお願いします。

  • cbr400fの単車で低回転でかぶります。

    cbr400fの単車で低回転でかぶります。それとアイドリング状態でチョークをあげていればエンジンは、止まらないのですが、チョークをさげたらエンジンが止まってしまいます。(アクセルを回していれば止まりません。) それと走行したとこ5000回転ぐらいから普通に戻ります、スピードをだしたとこ160キロぐらいかぶることなくでました(160キロと書いてありますがまだでる状態です)。ですので低回転だけかぶる原因は、なんででしょうか? 状態 最初は、動かない状態から買ったので最初の状態は、分かりません。 キャブは、一応、自分で清掃しました。 プラグも新品に換えました。 エンジンが温まってもチョークをひかなければ、かかりにくいです。 アイドリングは、どんなけ調整しても止まってしまいます。 とりあえずわかるとこは、それだけです。素人なので詳しく教えてもらえれば嬉しいです。 どなたか、分かるかた教えて下さい、宜しくお願いします。

  • かかっていたエンジンが。。キャブ等OH後

    98年式ヤマハ ビーノ YJ50R(型式5AU2)についてです。 何年か乗っていなかったものを復活させる為に、キャブのOH、プラグ交換、エアクリ掃除(フィルター交換)、バッテリー充電を行いました。 キャブのOHは分解清掃で、マニホールドは劣化していた為、新品に交換済みです。 上記を行う前に、ガソリンの交換を行い、キックを何回も行ったところ、エンジンがかかり、走ることもできました。ただ、アイドリングが不安定だったりした為、キャブのOHを行ったところ、うんともすんとも言わなくなってしまいました。。原因として何が考えられますでしょうか? ちょっと見てみたところ、キャブにガソリンが供給されてないような感じもするのですが・・・。 以前、ライブディオを復活させた時、バッテリーが死んでいるとガソリンを吸い上げないのでキャブに供給されないといわれたことがあったのですが、そういった原因なのでしょうか? ガソリンタンクからキャブまでの間のフューエルコック?の弁は、キャブを取り外す際に締めたので、今回元通りに開けた状態にはしております。 上記は私の憶測で物を言わせて頂いたのですが、他に考えられる原因はございますでしょうか?何でも結構です。ひとつずつ潰して行きたいと思いますので、教えてください。よろしくお願い致します。

このQ&Aのポイント
  • スマフォからのテキスト印刷がグレーとなり見ずらい
  • パソコンもしくはスマートフォンのOSはwin10で、接続は無線LANである
  • 電話回線の種類はひかりである
回答を見る