• 締切済み
  • すぐに回答を!

バイクがおかしい

VFR400R(NC30) 好調で走ってたいた時に 急に アイドリング不調 2気筒停止 最後はセルは回るがエンジン掛からない その後キャブOHしエンジン始動すると アイドリング1500rpm程でほぼ安定。 でもリアバンクの左側のシリンダーが停止 たまに「ボッ、ボッ」と火が入る 完全に火が入ると回転数が5000まで上昇します エンジン停止直後 プラグ見ると湿ってます。 あとプラグのネジ山の上の方がオイルまみれ キャブから白い煙りが出てきます プラグは火花飛びます チェックの時、感電しました 急に回転数が上昇するのはシリンダに貯まったガソリンが一気に燃えたためですか? 白い煙はオイルですよね? もしやオイル下がり? 回答お願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.4

質問者のバイクの事は良く解りませんが(見れないため)まず私がするとしたら最初にプラグの点検(電極などの隙間も含め規定値かどうか)その後高圧コードの状態を確認(感電はどの部分から?)VFRと言うことはかなり前の物なので高圧コードもそろそろ駄目になっているのでは・・・? 多分イグニッションコイルの所から交換できるタイプだと思うので市販品で高圧コードとプラグキャップを新品にする(偶にコイルと一体の物があるけど)私のバイクでも10年目くらいに失火するようになり交換してますからこの辺りは消耗品と思って下さい。 プラグが湿っていると言うことなので失火していると言う用に思ったのですが後はキャブのオーバーホールが適切になされているかこちらも良く観察しながら実施して下さい(ダイヤフラムのゴムはどうでしたか)後は二次エヤーの事も忘れないこと・・・ 其所までしておかしいなら一度圧縮圧力を測ることを考える。 又実際にV4の分解経験は有りませんがヘッドカバーの当たりを確認して下さい、オイルがにじんでいる程度かも知れませんが漏れていませんか、それがプラグホールに溜まっているだけでは・・・この場合ヘッドカバー外してパッキンの交換だと思います。 キャブから白い煙の様な物はおそらくガソリンが気化した物が吹き返した物では(私は見たことがないので完全に想像です)なお、オイル上がりやオイル下がりはシリンダー内にオイルか入って燃えることですからマフラーからオイルの臭いがする排気や煙が見えます(今の時期蒸気と間違うかも)臭いで解ります。 ピストンとスリーブの間からオイルが上がればオイル上がり、バルブステムからオイルが入ればオイル下がり(簡単に言えば)その修理はカム周りのオーバーホールやシリンダー周りのオーバーホールで治すことは出来ます(一言で腰上オーバーホール)実際に質問者のエンジンに起きているかどうかまで解りません、この判断はオイル漏れが無ければ微量のオイルの減少で判断出来ますがオイル上がりか下がりの判断は実際に見ないと無理(白煙か臭いなど)冷却水の燃焼室内に漏れていても臭いで判断できます(今回は関係ないと思うけど) 従って点火系、燃料系、エンジン本体の順番で私が書いていることを基本に点検して下さいおそらくエンジン本体は大丈夫と思います(オイルなどもきちんと有った状態でしたら)ただし、色々と消耗品関係の交換などはしないと行けないエンジンだとは文章から感じました(もちろんキャブや点火系も含めてね)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

点火もしていて、キャブレタOH済み(キャブは問題なし)という前提だと、解明が難しいですね。 参考までに、低回転時に特定の気筒だけがまったく点火せずに回転をあげていくと突如点火して回転が上がるという症状は、大抵はスロージェットの詰まりが原因の症状です、要はスロージェットの詰まりで低回転域(低負圧時)では点火しないようなスカスカの混合気で、回転を上げてメインジェット側からガソリンが供給が増えたことでいきなり点火するっていう感じです。 他に考えられるのはインシュレーターのヒビ、もしくはフロート部分の不具合かな? でもキャブはオーバーホール済みなんですよね.... オイル下がり/オイル上がりの可能性もありますが、前者の場合はバルブガイド、後者の場合はピストンリングかシリンダの摩耗ですね。オイル下がり/オイル上がりの場合、初期症状となる特有の前兆(排気にオイルが混じって2stのような排ガスになる等)のがあって徐々に症状が進行します。このような前兆はありましたか? 火が飛ばなくなってしまうほど症状が重いオイル下がり/オイル上がりが突然発生するというのは考えにくいです。 >プラグのネジ山の上の方がオイルまみれ 重篤なオイル下がり/オイル上がりで点火不良の場合、2stでカブったときのようにプラグの先端までがオイルまみれになります。 解明が難しいですね。 なんとなく、キャブのような気がするのですが...

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

見ないと判りませんが、オイル下がりでなくオイル上がりでシリンダーリングの摩耗だと思います、プラグが湿っているのは点火していない電気系統(キャブコンピューター故障かも)急に回転数が上がるのもキャブに入るガソリンと空気の混合比の不安定だと思います、これもコンピューター制御が上手く行っていないのだと思います、一度白煙が出ると言う事からバイク店でシリンダーの圧縮圧を計って貰いリングの摩耗か圧縮が出て居ればリングではないのですが、白い煙が出るのであればリングの摩耗の可能性が大です、それが原因でガソリンと空気の混合比の制御が来るっているため回転数に安定性がないのかもしれません、唯プラグが湿っているのは火が飛んでいないからですね、電気が来たと言う事から考えるとプラグの劣化かプラグの接点不良等しか考えられません、専門家でないと原因の解明は無理かもしれません、何も役に立たなくてすみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

多分、PGMのトラブルかも? キャブから出る白い煙みたいなものは、 霧状に気化した、ガソリンと思われます。 一度点火時期のチェックを! おそらく、PGMだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • バイクのエンスト

    皆さんお知恵を貸してください。 私はSUZUKI KATANA750(GSX750S)初期型に乗っています。 最近、エンストが発生し困っております。 症状としては、アイドリング中を含め、回転数が1500以下になると、「ストン」とエンジンが停止してしまうのです。 2000回転以上で走行している際には、何ら問題なく走行でき、信号で停止するなど低速走行で回転数が1500以下になると、エンジン停止してしまうのです。 元々、アイドリングが低く(1000よりやや下)、時間があるときに調整しようと思っていたのですが、仕事が忙しく1ヶ月ぶりに乗って見ると、この症状が発生しました。 エンジンが暖まっても同じです。 最近行った作業(2,3ヶ月中)としては、エンジンオイルの交換とウインカーリレーの交換ぐらいです。 ちょっと気になる事とと言えば、今回のオイル交換時に財布が厳しく、純正オイルを使用せずちょっと安めのオイルを使用したというところ位です。(粘度は指定通りです。) この6月に車検を受け、プラグやフィルターも問題なかったので、気になるところと言えばキャブづまりくらいかと思いますが、見落としや他の原因もあるかもしれません。 できる限り自分で対応したいと思いますので、ご意見(問題可能性)やご指導(対処法)をいただければ幸いです。 よろしくお願いします。

  • 続 ジェンマ

    こんにちわ。 また質問させていただきます。 ジェンマはキャブのなんちゃってOHをはじめ各箇所を 掃除してきました。 今日エンジンを掛けたらなんと掛かりました! キーがなくてもエンジンがかかるんですよ・・・なぜ?・・・ なのでエンジンを切るためにプラグを抜こうとしたら 感電しました・・・他に切り方ないでしょうか。 あとクランクケースから煙が出ていたので ミッションオイルがないんだと思いミッションオイルを追加してもまだ煙が出てきます。 これは、どういうことでしょうか。 あと、アイドリング中にもタイヤがかなりの早さで回っています。 アクセルを回している状態とは別です。 アクセルを回せば、しっかりとキャブの吸気音が大きくなります。 一体どういうことでしょうか。。。 わかるかた回答お願いします。

  • バイクのエンジンがかかりません

    ジェベル200に乗っていましたが、最近、信号待ちなどでアイドリングが安定せずにエンストすることもありました。ある日、バッテリーをあげてしまって交換しましたが、しばらく運転すると、エンジンが止まってしまい、それ以来、セルは回るのですがエンジンがまったくかかりません。押しがけも駄目ですし、プラグを交換しても駄目でした。火花もとんでます。ガソリンは、キャブからエンジンにまではきています。なにが考えられるでしょうか?バイクは古いのですが、オイルは変えたばかりですし、それでも急にエンジンが終わることとかってあるんでしょうか?ちなみに最近、エアクリーナーはずっと交換せずでした・・・。

  • ジェイド 250のエンジン不調について

    ジェイド 250のエンジン不調について ホンダのジェイド 250、走行距離39000キロの車体に乗っています。 3年位放置していた車両。エンジンかからなかった為キャブレター清掃しエンジン始動はできたがアイドリング不調。 全部の穴を通して再度組み付け、エンジン始動したところアイドリングは何とか維持できるが1発火が入らないような感じがします。 症状は 1.左から3番目のシリンダーが点火しない 2.スロットルを開けると2次エアーを吸ったように回転数が下がらず1分弱3000回転のままでその後少しずつ回転数がさがる 3.アイドリングが2000回転以下になるとシリンダーかクランクケースのあたりから「カチカチ」と言うような異音がでる 以上のような症状が出てとても乗れるような状態ではありませんでした。 2次エアのような症状ですが、インマニとキャブの間にキャブクリーナを吹きかけてみましたが、回転数の変化がなかったので恐らく2次エアーではないと思います。 異音に関しては、タペットの音かもしれないと思うのですが、タペットのクリアランスが狂うとこのような症状が出るのでしょうか? 考えられる原因がありましたら教えて下さい。 (プラグは四個とも素人判断ですが、同じく焼けています。 圧縮はまだ測ってません。プラグ外して手で塞ぐと吸われる感じはありました。)

  • 【キャブ調整】 RGV250 VJ22 M型 

    最近、不動車のΓをレストアしているのですが、キャブの調整方法について2点質問があります。  1.エア(パイロット)スクリューはないのでしょうか。    キャブを分解洗浄した際、それらしき調整ネジが見当たらず、サービスマニュアルにも見当たりませんでしたが、Γにはないのでしょうか。低回転は、パイロットジェットでのみ調整するという理解で正しいですか。    2.アイドリングの正しい調整方法。    サービスマニュアルでは、「スロットルバルブとキャブとの間に0.6ミリのドリルが通る隙間に調整する」とありますが、手持ちにドリルがなかったので、以下の方法で調整しましたが、問題があるものなのか、教えてください。    【我流調整方法】     1.片方のプラグキャップを外してエンジンが片方しかかからないようにする。     2.エンジンを始動させる。(プラグキャップがついてるシリンダのみ始動)     3.始動しているエンジンが1千回転にアイドリング調整ネジを調整する。     4.逆のシリンダで同じことをする。     5.プラグキャップを両方もとに戻し、エンジンを始動させると1千500回転くらいで安定してアイドリングする。 以上、お詳しい方、よろしくお願い致します。

  • 一気筒がすぐ死んでしまう・・・

    皆さんの指摘を受け、プラグ交換をしましたら気筒がよみがえり快調に走るようになりましたが、しばらく乗っていると低回転でカブリしまいにはアイドリングでエンジンストップしてしまいます。やはりキャブなんでしょうか?当方ビンボーなので出来れば自分でメンテしたいのですが、キャブになるとショップにお任せした方がよいですか?ZRX400なのですがキャブを外すのは大変ですか? ちなみにプラグは黒いオイルでべっとりになります。

  • VFR400のアイドリング

    最近VFR400を知り合いから購入しました。 不動車だったのでキャブ掃除等しました。 エンジンかかるようになったのですが、アイドリングの状態で7000回転まで上がってしまい、色々と見たのですが原因が分かりません。 電気系かなと思うのですが、教えてください。

  • 冬季保管バイクのキャブレター

    冬の間乗らないで3ヶ月ぶりぐらいで久々にエンジンかけたらアイドリング不調ですぐエンストします。 しばらくアイドリングを高めにして回していたらだんだん直ってきました。 キャブ内のガソリンは抜いておいたのですが3ヶ月ぐらいエンジンかけない場合はメインやスロージェットは外して別保管しておいた方がいいでしょうか。 それから久々にエンジンかける場合、オイルが下がりきっているので最初はあまり回転上げないでしばらくアイドリングさせておくのが正しいのでしょうか。 エンジンは4ストシングルでバッテリレスにしてます。

  • バイクの調子が悪いです

    ZRX400に乗っているのですが、最近アイドリングの回転数が始動直後は500~1000回転位とかなり低く、走り始めてエンジンが温まってくると2500回転ぐらいまで上がっていまいます。 恐らく以前キャブを掃除した時に調整が狂ってしまったのだと思うのですが、どのように調整し直せば良いでしょうか?

  • NSR250焼き付き?キャブ不調?

    こんにちは。 焼き付きか単なるキャブ不調か、お詳しい方教えてください。 先日NSR250(88年式)でツーリング途中に走行中ストンとエンジン急停止。キックしてもエンジン掛かりません。キックした感じ圧縮はあるようです。プラグ外して見た所2気筒のうち片方(フロント側)カブっていたので交換しましたが復旧せず。火はプラグまで来ています。キャブが原因かと思い外見だけ確認した所フロート周辺からガス滲みがありました。オイルはあります。タンク内小サビあり(念のため燃料フィルター付けていました) 停止時は3速4000~5000回転くらいでスロットル開度3分の1程度、水温70℃でした。