• ベストアンサー
  • 困ってます

医者と弁護士はどちらが性格が悪いですか?本性どおね

  • 質問No.9701753
  • 閲覧数75
  • ありがとう数10
  • 気になる数1
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 59% (157/266)

医者と弁護士はどちらが性格が悪いですか?本性どおねがいします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 27% (397/1465)

こんにちは。 
どちらも性格の良い、悪いは有るでしょうが…

一般的に『使えない医者』は少ないでしょう。
症状にも寄りますが、患者は外科、内科、循環器科等々、その症状に適当な医者に診てもらいますよね。

一方、弁護士は、離婚、ストーカーに始まり、傷害、殺人、特許権等々の多岐に渡って仕事をすることから『使えない弁護士』が多数居ます。
要するに苦手なんですが、医者と違って依頼を断ることはしませんよね。

よって、一般人の側からすると弁護士の方が性悪と映るかと思いますよ。
「冷たい感じ」「威張っている」「人の意見を聞かない」等々、苦手を認められない御仁が多いせいでしょう。

僕の会社でも、会計士には文句が出ないのに弁護士をクビにしろと良く聞きます。
お礼コメント
unnoun

お礼率 59% (157/266)

あらあら、ありがとうございました。
投稿日時:2020/01/15 21:22

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.7

ベストアンサー率 28% (4389/15467)

職業でそういうことは決められない。
人それぞれです。

医者でも弁護士でもないけど医者や弁護士よりも遥かに性格が悪い人なんていくらでもいるでしょ?
もし具体的な人を思い浮かべてこんな質問しているとしたら…「自称」かもしれませんよ。
弁護士なら弁護士バッチがあるはずだし、正規の弁護士なら問い合わせれば本物か偽物かわかるはずです。ネットでも調べられたはず。
医師の場合は・・・広義の意味で「医療関係者」だから医師でもいいよね?と言うつもりだとしたら看護師かもしれないし院内の清掃業者かもしれないし受付事務かもしれないし・・・

そういうことを人に聞く人のほうが性格悪いってこともありますからね。
補足コメント
unnoun

お礼率 59% (157/266)

自称では無いと想います。
投稿日時:2020/01/15 21:24
  • 回答No.6

ベストアンサー率 17% (265/1529)

医者は技術職ですから、例えば大学病院であればある水準以上の医者がいると思います。町医者も評判の力は馬鹿に出来ません。
弁護士は、本人の適性、専門性などかなり差があります。よくこういった質問で弁護士に相談して訴えるといった相談がありますが、そもそも裁判した経験のない弁護士はざらにいます。そういう意味では、医者より、よく評判を確認した方が良いですね。
お礼コメント
unnoun

お礼率 59% (157/266)

ありがとう。
投稿日時:2020/01/15 21:23
  • 回答No.5

ベストアンサー率 29% (5960/19906)

他カテゴリのカテゴリマスター
犯罪を犯した人間にああだこうだと理屈と屁理屈をこねくり回して罪を軽くさせたり、挙句には無罪にしちゃうわけですから、弁護士のほうがタチが悪いでしょうね。
それに弁護士を上手に使えば、合法的に恐喝を行うことができますからね。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 20% (193/944)

unnounさまはじめまして。keaget09です。

私は弁護士のほうが性格が悪いような気がします。

よく聞くのが、『裁判に勝てないと分かった瞬間示談を持ちかける弁護士』らしいです。

『やったことを認めちゃって、正当防衛を主張したほうがいい。』とか。
まぁ、いろいろ噂は尽きないらしいです。

あくまで噂なので、本当なのかどうかはわかりません。
お礼コメント
unnoun

お礼率 59% (157/266)

ありがとう。
投稿日時:2020/01/16 02:54
  • 回答No.2

ベストアンサー率 25% (14/56)

決められない。どっちにも同じくらい凶悪なのがいるから。

どちらかがもう一方よりわずかに性格悪くても、どっちもどっちです。どんぐりの背比べです。
お礼コメント
unnoun

お礼率 59% (157/266)

なるほど市民の敵ですね。
投稿日時:2020/01/15 01:07
  • 回答No.1

ベストアンサー率 56% (3481/6155)

 医者は患者を治せば良いわけです。

 患者のことを「早く死んで保険が入ってくればうれしい」と思っている類いの人たちをガッカリさせるかもしれませんし、健康保険の財源や退院後の生活保護予算が少なくなってきたと悩んでいる官僚を苦しめるかもしれませんが、基本的にダレも苦しめない仕事です。喜ぶ人だけ。

 ま、自分が論文を書くために、あえて患者を苦しめたり治療しなかったりする医者などもいるようではありますが、例外でしょうね。

 他方弁護士は、依頼人を勝たせるために、全能力を使って相手を負かします。相手を苦しめることになります。それを知っていて弁護士になった人たちです。

 もちろん、例外的に、庶民が知らない手続きなどの知識を教えてお金をもらっているような弁護士がいないとは言いませんが、ほとんどの人が相手を苦しめるために知識・知恵を使うのが平気な人たち。

 そうでない弁護士は弁護したり得ません。私は依頼したくないです。

 ですが、どっちの性格が悪いか、と問われれば明らかなように思います。
お礼コメント
unnoun

お礼率 59% (157/266)

医者はお金の話が大好きで例外が無かったです。余程自分に非が無い限りプライドは高く「お前、○○科ならバイトすればいい収入だ二千万はくだらないだろう」とか「○○はクズだ。○○の○○科主任はクズ」「(下手な芝居で感動する)」「容易い」「気になることは徹底的に知りたがる病」「患者からよく病気をうつされている」「へいきで人を裏切れる」「恩返ししたいは嘘」「自分のメリットしか考えない」でした。
弁護士は、余り付きあったことが無いんですが法務局とかにいる輩はやたら自慢が多くプレイボーイで、簡単に話をしない、俗に言う町弁は堅物が多いと思います。どちらが今は難しいのでしょうか?。
投稿日時:2020/01/15 01:05
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ