解決済み

専従者給与(控除)と配偶者控除はなぜ併用できない?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9537952
  • 閲覧数69
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 89% (321/357)

白色専従者控除、あるいは青色専従者給与をうけると、
扶養控除・配偶者控除・配偶者特別控除は受けられなくなりますが、
なぜ、併用が認められていないと皆さん思いますか?

確かに専従者は収入を得ているのだから、扶養の控除を受けるのはおかしい、かもしれませんがよく考えると
そもそも、専従者控除(白色)は、実際に給与をもらっているとは限りません。
(給与ゼロでも最大86万控除を受けれます。)

専従者給与(青色)であれば、確かに給与をもらっていたとしても、収入が103万(これから150万)以下であれば、普通にパートとかしてる人と同じ扱いにしてあげないと不平等ではないでしょうか? ただ働いてる場所が身内の店か他社かの違いってだけですし…。


(法律でそう決まっているから、ではなく趣旨など理解の上での質問です)
一度、同様の質問をしたのですが言葉足らずだったので、再度質問させていただきました。
皆様、是非

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 22% (3628/16106)

マネー カテゴリマスター
 
>給与ゼロでも最大86万控除を受けれます
二重控除はずるいでしょ
 
お礼コメント
gummiis

お礼率 89% (321/357)

おっしゃる通りですね。
ご回答ありがとうございました!
投稿日時 - 2018-09-17 11:23:43
感謝経済、優待交換9月20日スタート

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 44% (414/921)

「配偶者控除制度の変遷と政治的要因(豊福実紀 著)」によればサラリーマンの優遇措置として配偶者控除が拡充されてきた結果のようです。
http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/sakuin/kikanshi/0104.htm

いろいろ変遷があるようですが、先に専従者控除があって、サラリーマンのために配偶者控除が創設された経緯から同時に適用できないことになっています。

その上で自営業者とサラリーマンの税制上の優遇措置のバランスで今の制度、控除額になっているようです。

不平等と言えば不平等かもしれませんが、専従者の勤労実態が非常に曖昧なことや、被用者保険の加入が免除されている点、給与所得控除などその他の優遇措置とのバランスなど、制度全体を見渡して議論すべきでしょう。
お礼コメント
gummiis

お礼率 89% (321/357)

ご回答ありがとうございます。
投稿日時 - 2018-09-17 11:23:05
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ