締切済み

新入社員が入りました

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9455294
  • 閲覧数60
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数10
  • コメント数0

5年ぶりに4月より新入社員が入りました。

ほぼ素人に近いです。

小規模で経営しておりますので現場での指導にも限界があります。

本人より、
「一日も早く仕事を覚えたい」と、やる気は十分だけにうまく指導していきたいものです。

ただ、指導のプロではないので不安です。

初心者をうまく指導できる方法、またサイトなどありましたら教えてください。

アドバイスお願いします。

回答 (全10件)

  • 回答No.9

図面等を作成させる場合、参照とする図面に注意しないといけないと
思います。
例SS400(現在)SS40(旧)
といった旧表記と変更後表記の違いを明確にしないと、その作業のみ
で時間を取られてしまい、肝心の中身を伝える時間が少なくなってしまう
のでは無いでしょうか?

INTERNATIONAL ORGANIZATION SYSTEM

に関してと

JAPAN INDERSTORY SYSTEM

等の資料(各種本がありますが、現在ならインターネットを使用して閲覧可能です。 検索:international organization systemで出ると思います。)

僕は先輩に良く、使っている日本語が分からないと言われてしまうので
日本語(謙譲語、敬語、尊敬語等)を使える様に教えてあげては如何でしょうか?

中国の諺通り、百聞は一見に如かず

がeducateに必要なのかな~と思います。(;;
お礼コメント
noname#230358

百聞は一見に如かず 
確かにそのとおりです。
ありがとうございます。
投稿日時 - 2007-06-04 13:59:00
  • 回答No.8

基礎知識については、自分で勉強させたらどうでしょうか?
やる気があるのであれば、必要なことは自分で調べると思います。
その上で分からないことが出てきた場合に教えてあげれば
いいと思います。また、教えるときは出来るだけ答えを直接
教えずに、調べ方を教えてあげるのがよいでしょう。大切なのは
本人のやる気と探究心です。

何でも一から十まで教えてあげるのは、優しさではなく、
甘やかしているだけです。私も入社6年目の会社員ですが、
基本的なことは教えてもらわずに、自分で勉強しました。

回答(8)を補足します。

もしこの程度で根をあげているようであれば、社会人として通用しません。
本当は、「何も言われずとも自分で勉強して、分からないことも自分で調べろ」と言いたいぐらいです。社会人であれば自分で考えて自分で解決する能力が必要です。解決方法を教えてもらって調べるぐらい、学生でも出来ます。周りにも、「自分で学べ。誰も教えてなんかくれない。自分で自分のライバル増やしてどうするの?」と言う感じの人たちが多いのが現実です。ですので、それぐらいの覚悟がないと、プロにはなれません。

…が、あまり厳しくしすぎてやる気を損なわせてしまっては、元も子もありませんので、さじ加減は必要ですが…。少なくとも、質問には答えてあげるべきかな、と…。どうやって調べるにしろ、知識は人が作ったものですから、「他人に全く頼らない」と言うのは不可能でしょうし、人とのつながりを持つことも大切ですから。
お礼コメント
noname#230358

アドバイスありがとうございます。

やる気と探究心があれば吸収も早くなると思いますしね。

参考にさせていただきます。

確かにそうですね。

いろいろご鞭撻ありがとうございます。
投稿日時 - 2007-06-01 12:59:00
  • 回答No.7

おおやけ、つまりポリテクセンタの活用は?
政府もようやく腰が据わって注力してますし、最近では大手企業も教育に利用してるようです。

経営者の熱意次第では『裏口』?つまり申込み期限や定員が過ぎていても押し込むことも不可能ではないような気もします。

工業高校卒で、その程度の力が既にあるなら、技能検定の課題に挑戦させるのも手です。
お礼コメント
noname#230358

ありがとうございます。

早速、検討してみたいと思います。
投稿日時 - 2007-06-01 12:57:00
  • 回答No.6

人にものを教えるというのはとても難しいことですが、
教えることで自分も勉強させられていると感じてます。

私の場合自分の知らないことを質問され、それを調べてから説明することがあります。
調べることで私の知識となり、説明することで要点を理解しているか確認できます。

教え子にとっては頼りないかもしれませんが、知らないものはしょうがないし、自分の勉強と割り切っています。
お礼コメント
noname#230358

アドバイスありがとうございます。

たしかに教える側も勉強にはなりますね。
投稿日時 - 2007-06-01 12:56:00
  • 回答No.5

ものづくりのサイトですから、ひとこと。
学校ではありませんから、実務で気合をいれるしかなくて、うまいやり方なんて考えるべきではないと思ってます。古いかな? 教えられてるうちはプロ意識でてきませんよ。自分勝手にやり方を押し付けたっていいではないですか。自信のない先生を見習うもんですか。 常識や危ないことは壁に注意書きを書かせて、頭をたたきつけて、覚えさせるのも必要です。
 とにかく うまくやろうとしないことが大切で、それより、正直に 強く生きることが職人の生き方では。
お礼コメント
noname#230358

たしかにきれいに教えよう、やろうとしても良いとは限らないですね。

アドバイスありがとうございます。
投稿日時 - 2007-05-24 12:24:00
  • 回答No.4

ご心労、お察しいたします。
私は、海外からの研修生を主に対象としてCNCの操作から設計までを指導してきました。
したがいまして、手作りの教材が手元に有りますからご入用であれば送ります。操作、プログラミング編はエクセルです。
制御回路はVISIOとエクセルです。
日本語、英語版があります。
1時ブログに公開していましたが、今は非公開ですので、先ずは私のブログをご覧になって、判断してください。
ブログのコメントにでも連絡先を入れていただけたら、添付メールで送ります。
お礼コメント
noname#230358

アドバイスありがとうございます。

ブログを拝見させていただきました。

ぜひ、添付メールにて送信をお願いしたします。

ブログより連絡先を送信します。

よろしくお願いいたします。

迅速な対応ありがとうございます。

早速、添付資料を拝見させていただきます。

いろいろお気使いありがとうございます。
投稿日時 - 2007-05-24 12:23:00
  • 回答No.3

人を教える事は、自分の成長です。

自分の子供が出来た時に、
初めから良き父、母ではありません。
我が子と共に成長し、良き親になるのです。

最初から、指導のプロにはなれません。
その新人と一緒に成長するつもりでいきましょう。

忘れてはいけないのは、
自分も、最初は素人だったと言う事です。
お礼コメント
noname#230358

確かにおっしゃるとおりですね。

あせらずにがんばります。
投稿日時 - 2007-05-11 13:13:00
  • 回答No.2

回答(1)の補足です。(補足説明の付け方がよく分からなくて済みませぬ。)

少し前に、殆ど同じ質問(No.20110)が有るのですが、
そちらの方との関連は?

# 上杉鷹山は、確か米沢藩の人ですけれどね・・。
# (関係無い話で御免ね。)
お礼コメント
noname#230358

同じ質問をしてしまいました。
すいません。
またよろしくお願いします。
投稿日時 - 2007-05-08 16:59:00
  • 回答No.1

日々、高校を卒業して入学してくるド素人の学生に、
機械工学を教える者として、書いてみます。(当方、専門学校の教員です。)

山本五十六の語録に、
「やってみせて、言って聞かせてやらせて見て、
 ほめてやらねば、人は動かず」
というのがあります。
TWI技法とも通ずるこの言葉には、
人の深層心理にせまるものがあると思います。

特に、加工や製図等の実習科目では、実感しています。

尚、山本五十六のこの言葉は、
上杉鷹山の「してみせて、言って聞かせて、させてみる」から
影響を受けたとされていますが、
何れも、先人の知恵が垣間見える気がします。
(どちらも新潟県ゆかりの人で、少々身贔屓で済みませぬ。)

# 指導方法については、ちと古いのですが、
# 以下の文献を参考として掲げます。
 「職業訓練における 指導の理論と実際」
  労働省職業能力開発局 編
  財団法人 職業訓練教材研究会 発行
お礼コメント
noname#230358

お礼が遅くなってすいません。

勉強になります。

あわてずに育てて行きたいと思います。
投稿日時 - 2007-05-08 17:00:00
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ