• ベストアンサー
  • 困ってます

偏微分方程式の解き方(補助微分方程式利用)

P(x, y)∂z/∂x+Q(x, y)∂z/∂y=0を解く際に、 補助微分方程式として、 dx/P(x, y)=dy/Q(x, y)・・・(*) を考えますが、(*)の形を思いつく過程を教えて頂けると嬉しいです。 また、1階の斉次線形偏微分方程式は、すべて(*)の形の補助微分方程式利用で解けるのでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数446
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • kiyos06
  • ベストアンサー率81% (63/77)

70) (50)で考える。 71) (51)の平面をy =0(xu平面)で切断する。 71.1)直線は、傾きa(=∂u/∂x) 71.2)x =0 --> u =u0 --> Δu =0 71.3)x =1 --> u =u0 +a --> Δu =a 72)x =0(yu平面)で切断 72.1)傾きb(=∂u/∂y) 72.2)y =0 --> Δu =0 72.3)y =1 --> Δu =b 73)y =0,1で切断 73.1)直線はΔu =0.1bから傾きa 73.2)x =0 --> Δu =0.1b 73.3)x =1 --> Δu =0.1b +a 73)y =0,2で切断 73.1)Δu =0.2bから傾きa 73.2)x =0 --> Δu =0.2b 73.3)x =1 --> Δu =0.2b +a ... 74)y =1 74.1)Δu =bから傾きa 74.2)x =0 --> Δu =b 74.3)x =1 --> Δu =b +a 75)x =1, y =1で a +b

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Arigato

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • kiyos06
  • ベストアンサー率81% (63/77)

>の部分を詳しく解説して頂けますと 60)どこが(どう)分かりませんか? (or 受け入れにくい?) 60.1)平面から(51.1) 60.2) (51.1) --> (52) 60.3) (51.1) + (52) --> (53) 61)or 頭の中で掴む方法が分からない。

参考URL:
http://qanda.rakuten.ne.jp/profile/answer/history/u946114.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとう

質問者からの補足

「61)or 頭の中で掴む方法が分からない。」のです。

  • 回答No.3
  • kiyos06
  • ベストアンサー率81% (63/77)

>全微分自体も、ちょっと消化不良でよくわからない 50)x,y,uの直角座標の空間を考える。u =f(x,y) 51)微小変動範囲では、関数は平面扱いできる。 51.1) (u -u0) =a(x -x0) +b(y -y0) 52)a =∂u/∂x, b =∂u/∂y 53)Δu =∂u/∂x Δx +∂u/∂y Δy >「Δx、Δy変化した時にΔu =0となる状態を考える。」 >という発想は、どこから導かれるのでしょうか? 54)u:一定(Δu =0)のxy平面上での等高線を求めている。 54.1) (5)は、その等高線を満足する式 54.2)注:微分方程式なので、任意の積分定数を含む。(複数の等高線が考えられる。) 55)Δx =0の時は、x一定のyu平面上での等高線 56)Δy =0の時は、y一定のxu平面上での等高線 57) (54),(55),(56)の内、2平面上の等高線が求まれば、x,y,u空間全体での 関数(解)を求めることができる。

参考URL:
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n285169

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとう

質問者からの補足

あなたの回答を見ていると、私まで頭がよくなった気がします。 もっと勉強してあなたに追い付きたいです。 微小変動範囲で関数を平面扱いできるというイメージが伝わってきました。 「51.1) (u -u0) =a(x -x0) +b(y -y0) 52)a =∂u/∂x, b =∂u/∂y 53)Δu =∂u/∂x Δx +∂u/∂y Δy」 の部分を詳しく解説して頂けますと嬉しゅうございます。

  • 回答No.2
  • kiyos06
  • ベストアンサー率81% (63/77)

>「P(x, y)∂z/∂x+Q(x, y)∂z/∂y=0」のことと思って間違いないでしょうか? 30)はい。zを間違えました。 30.1)uをzに読み替えてください。以後もuを使います。 >2.1)∂u/∂x Δx +∂u/∂y Δy =0(=Δu)」 >の部分が幾ら考えてもよくわかりません。 31)全微分(Δu)の表現式です。 31.1)xがΔxだけ、yがΔyだけ、両方変化した時のuの変化量Δuを(偏微分を使って)求める式 40)YahooやGoogleで「全微分 偏微分」を検索する。 40.1)到達できる検索法(参照URL)

参考URL:
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n320452

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとう

質問者からの補足

全微分のことなのですね。「Δ」って「d」のことだったのですね。 全微分自体も、ちょっと消化不良でよくわからないので詳説願いたいところなのですが、それよりも、 「Δx、Δy変化した時にΔu =0となる状態を考える。」 という発想は、どこから導かれるのでしょうか? 高校数学で増減表を作るときによくやっていた「(導関数)=0となるxを探す」的なことでしょうか?

  • 回答No.1
  • kiyos06
  • ベストアンサー率81% (63/77)

0)P(x,y)∂u/dx +Q(x,y)∂u/dy =0 0.1)∂u/∂x =-Q(x,y) /P(x,y) ∂u/∂y 1)微小変化Δx、Δy、Δuで考える。 2)Δx、Δy変化した時にΔu =0となる状態を考える。 2.1)∂u/∂x Δx +∂u/∂y Δy =0(=Δu) 3) (0.1)を(2.1)に代入 3.1) ( -Q(x,y)/P(x,y) ∂u/∂y ) Δx +∂u/∂y Δy =0 4)-Q(x,y) Δx +P(x,y) Δy =0 5)Δx/P(x,y) =Δy/Q(x,y) >すべて(*)の形の補助微分方程式利用で解けるのでしょうか? 10)いいえ、Δx=0の時とか、Δy=0の時のが出てきます。 11)dx/P(x,y,u) =dy/Q(x,y,u) =du/R(x,y,u) 20)補助微分方程式を使わない解法 20.1)参照URLの偏微分方程式を参照

参考URL:
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n296821

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

1行目の件、解決です。 ありがとう しかし・・・(補足2につづく)

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 1行目の、 「P(x,y)∂u/dx +Q(x,y)∂u/dy =0」とは何ですか? 「P(x, y)∂z/∂x+Q(x, y)∂z/∂y=0」のことと思って間違いないでしょうか? また、 「2)Δx、Δy変化した時にΔu =0となる状態を考える。 2.1)∂u/∂x Δx +∂u/∂y Δy =0(=Δu)」 の部分が幾ら考えてもよくわかりません。 詳説願います、数学博士!(><)

関連するQ&A

  • 線形微分方程式について

    微分方程式の分類に関して、 線形…y(x)及びその微分について一次までのもの。 と手元の資料には書いてるんですが、 これはy(x)もしくはdy(x)/dx のみを含んでいる、ということですか? 調べてみると、斉次2階微分方程式なるものもあるようで困っています。(斉次ということは線形ですよね?2次が含まれていていいんでしょうか?)

  • 微分方程式

    微分方程式は問題を解くやり方が異なると答えも若干ことなるのでしょうか? たとえば x^2*y'+y^2=0・・(1) y'=-y^2/x^2 z=y^2/x^2 ・ ・ としていけば y=cx/(x-c) となりますが (1)から  dy/y^2=-dx/x^2 ・ ・ y=cx/(x-c) また(1)から完全微分方程式とみなして x^2y+xy^2=c としてもいいのでしょうか? もうひとつ (x+1)y'=x+2y+3 という問いは y’-2y/(x+1)=(x+3)/(x+1) として一階線形微分方程式のように解くと y=(1/(x+1)^2)(x^4/4+3x^2/2+x+log(x+2)+c) とならないでしょうか?

  • 微分方程式

    次の微分方程式の解を求める過程を教えてほしいです。 dy/dx = (x+y)/(x-y)

  • 微分方程式について

    微分方程式について。 yやdy/dxの形ならば解けるのですが ちょっと変わった形になると解けずに困っております。 回答お願いします。 1 未知関数x(t),y(t)に関する微分方程式 x´(t)=y(t), y´(t)=-x(t)を 初期条件x(0)=a, y(0)=bの下で解け。 2 x=x(t)を変数tのC^∞級関数とする。 このとき、 d^2x/dt^2 +(dx/dt)^2 -4=0 を解け。 3 tの関数x(t)が次の微分方程式を満たすとする x´+x^2+a(t)x+b(t)=0 ただしx´=dx/dtである。 ・x(t)=u´(t)/u(t)のとき、関数u(t)の満たす微分方程式を求めよ。 ・微分方程式 x´=x(1-x)の一般解を求めよ。 長いですが回答お願いします

  • 微分方程式

    第1問 dy   y~2-x~2 --=--------- (ヒントz=y/xと置換しなさい) dx    2xy 第2問 一階線形微分方程式  dy --+ycosx=sinx×cosx---(1)がある dx 1、この方程式の同次の微分方程式を解きなさい 2、定数変化法により、この微分方程式(1)の特解を求めなさい。 また、その時の一般解を求めなさい

  • 微分方程式の解法

    こんにちは。微分方程式で分からない問題があります。 y=(dx/dy)x+4(dx/dy)^2 という問題がわからなくて困っています。 自分が微分方程式を解くときは完全にパターンで解いているのですがその中で(dx/dy)^2というものは見たことがありません。 右辺の二項目が「d^2y/dx^2」なら二階微分方程式に当てはめれば解けるのですが、「(dx/dy)^2」と「d^2y/dx^2」は違うものですよね?(まず、違うということが正しいのかが微妙です)では、この場合はどうやって解けばいいのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 微分方程式

    dx/dt=a^2-x^2 (aは実数の定数) (1)この微分方程式は1階の線形同次・線形非同次・非線形のどれにあてはまるか。 (2)この微分方程式の一般解を変数分離法で求めよ。 考えたことは(1)は非線形だと思いますが、合っていますか? (2)はdx/(x^2-a^2)=-dtと変形し、両辺積分します。  すると、1/(2a)log(|x-a|/|x+a|) = -t + C このあとx=が分からないです。 教えてください。お願いします

  • 微分方程式

    (y+3x)dX+(x+1)dy=0 この微分方程式の一般解を求めたいのですか、(y+3x)dXはyがあるので積分できないし、(x+1)dyはxがあるので積分できないです。どのように解けばいいですか?

  • 微分方程式

    1,(e^x +4y)dx+(4x-siny)dy = 0 2,(x+y+1)dx+dy=0 このふたつの微分方程式はどう解きますか??

  • 微分方程式つまらなさすぎる(?)悩み

    (1) dy/dx=f(ax+by+c)のときax+by+c=zとおいて zに関する微分方程式を作れ。 (2) (1)を利用して、微分方程式dy/dx=x+y+1を解け。 この問題について質問があります。まず(1)についてですが、 答えが dz/dx=a+bf(z) でした。私はもっと変形できるのかと 思いずっと悩んでいました。でもこれが答えだったんです。 何をもって”微分方程式”というのでしょうか?また(1)の答えは これ以外にはあり得ないのでしょうか?例えばdxじゃなくてdy が入っていてもいいと思うし、なぜxが選択されたのか不明です。 次に(2)の解説の中で、x+y+1=zとおくと、(1)から dz/dx=1+z・・・(1) 1+z=0 は(1)の解である。・・・ となっていました。なんで1+z=0 が(1)の解になるのでしょうか? これはすなわちdz/dx=0 ということだと思うのですが何をもって この解が導かれたのかさっぱりです。脚注にも説明はありませんでした。 またf(z)がzと表記が変わったことにも違和感を覚えます。 回答よろしくお願いします。