• 締切済み
  • すぐに回答を!

少年法は必要ですか?。

皆さんは少年法は必要だと思いますか?私はいらないと思います。少年の将来の更生の弊害にならないようにというのが存在意義ですが、私は川崎の中1殺害事件の加害者が更生し社会復帰できるとはとても思えません。成人の犯罪者でも、刑期を終え出所し真面目に働いてる人もいるのですから、少年だからといって、顔や名前を公表すると社会復帰が妨げられるというのはおかしな話です。事件性のない犯罪ならそもそも報道すらされないでしょうし、したとしてもいちいち国民は覚えていません。なので少年法はいらないと思います。皆さんはどう思いますか?。 ※一番かわいそうなのは被害者ですよね。何も悪いことしていないのに、たちの悪い人間に目を付けられ、殺された挙句、名前と顔写真公表の上、その家族は死ぬまで好奇の目で見られるのですから。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数11
  • 閲覧数393
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.11
noname#219804
noname#219804

一部の凶悪犯ばかり大きく報道されるから、少年犯罪の全部が凶悪犯だという誤解が広がっているようですね。 本当に更生の見込みのないクズは、実際にはごく一部です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 少年法で守るべきは

    少年法で守るべきは、精々頑是無い子供のいたずら程度のモノ、万引きとかスカートめくりとかに限定すべきだと思います。 この程度であれば、お灸を据えれば十分更生の可能性があるからで、徒に将来を戒めるべきではないと思います。 逆に、凶悪犯罪には少年法の規定を適用すべきではないと思います。こういう奴等は、罪を軽減してみたところで更生の可能性が低く、また社会への迷惑の量も半端無いからです。 量刑が懲役以上(執行猶予含む)の場合は、少年法による保護の対象外で良いと思います。 みなさんは どう思いますか?

  • 少年法は改正すべき

    昔も今も変わらず犯罪を犯しても 少年法に守られている現状は、 おかしいと思う。 成人だからとか未成年だからとか 関係無く、犯罪を犯したならば 正しく裁かれなければならない。 それは、次の犯罪の抑止力にも なると思うから…。 今回騒がれてる18歳と17歳の 少年の残忍な殺人。 あの事件でも、少年法に守られ、 犯罪を犯しても、実名や素顔は 公表されてはいない。 犯人に人権やその後の人生が あるのならば、その被害者にも 人権や人生があるはずだ。 何人たりとも、それを奪う事は 許されない。 いつになったら、こうした犯罪を 無くす事が出来るのだろうか…。 少年法は改正すべきと思うが、 皆さんはどうお思いだろうか…。

  • 少年法はなくなるべきですよね。

    年齢で一律に区別出来ないし。 凶悪犯罪には実名・顔写真つきで報道すべき。 少年と言っても犯罪を犯す恐ろしい人間です。 少年だからといって自分の周囲の人が事件にあっても実名報道なしですぐ世間に戻ってくるってのは許せません。 罪は罪なので年齢問わず罰を与えるべきと思います。 未成年というだけで、加害者は法に守られ、比較的軽い刑で済み、ある程度の年数がたてば社会へ戻れます。 犯罪に少年も大人もないはずです。 それに、中には少年法で守られてるのを分かってて犯罪を犯す者もいます。 コンクリート殺人の犯人は、自分達が少年法で守られてるからたいした刑にならない。と言っていたとか。 なくなるべきですよね。

  • 回答No.10

以前、殺人を犯した少年が裁判において、“人を殺しても法律で守られているので死刑にはならない”と言って、遺族感情を大いに損ねたことがありましたね。 要するに犯罪を犯しても、“どうせ少年法で守られる”という知恵が働いて、悪さをするということです。 少年犯罪自体は減少していますが、犯罪を犯した少年の再犯率は4割に上っています・・・ということは、ロクに更生などしていないという実態が透けて見えます。 少年法は、精神的に未熟な未成年の更生を前提として刑罰を規定していますが、再び4割も犯罪を犯しているということは、もはや説得力がないことを意味しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9

問題を相対化させて加害者を擁護しようとしている人たちがいますが、騙されてはいけません。 法制度で必要なのは、全てに対して適用される法律を作るのではなく、時代や状態に合わせて適切な処理のできるシステムを作ることです。その意味で、最早少年法はその意義を失っています。 なぜなら、凶悪犯罪を起こした少年犯罪者のうち再犯を犯すものが少なからず存在するからです。これは、少年法によるシステムが彼らの更生に繋がっていないことを示すとともに、我々は彼らの更生する権利を擁護するために、自分の生存する権利を脅かされているのだということに気付かねばなりません。 少年法は軽度~中程度の犯罪では必要な措置だと思われます。適切な判断力を持たない子供が過失や故意であってもそれによって生じる損失を想像し得ないことが十分に考えられるからです。 従って、刑法で言えば最高刑期が無期懲役や死刑であるもの以外であれば少年法を適用すべきだと私は考えています。しかし、傷害致死、過失致死、殺人、放火などは少年法を適用すべきではありません。なぜなら、彼らへの教育として『自分が犯したことで、不可逆的な損失を生じさせた場合は、子供であっても大人と同様に責任を取らねばならないのだ』ということを教育するためです。ですので、特段の事情がある場合はこれらでも適用されるべきだと思います。それこそ親から虐待され、過剰防衛として親を殺してしまった場合などです。 日本は教育刑を採用していますから、あくまでも少年法不適用の理由は教育が主軸でなければなりません。 また、それと同時に被害者保護法は成立させなければなりません。最近では少年Aによる手記の販売が物議を醸しましたが、米国の法に習いそれによって得た収入をすべて被害者に渡るようにするというシステムの構築が必要でしょう。 加えて、報道の自由と被害者の生活の自由を比べた時に、後者の自由を守られるべきという観点に立ち報道は一定期間しか顔写真を公表できないこととしたり、被害者やその家族が拒否した場合には報道してはならないとすべきだと思います。 さらに、少年法でも赦されない例外として先程は刑期を述べましたが、それに性犯罪を加えるべきだとも思います。 というか、日本は治さねばならない法律が多すぎるのです(心神喪失の項目、強姦罪が男性には適用されないこと、強姦罪・強姦致死が極めて軽度の犯罪として扱われていることなど)。一部のバカどもが憲法や法律は変えてはならないものだと勝手に勘違いしているからそんな事態になっているのですが、願わくば二次被害に遭う被害者の方がいなくなることと、少年法であっても殺人などの重犯罪は軽減されぬことを切に願います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • tokx367
  • ベストアンサー率10% (40/372)

私は川崎の中1殺害事件の加害者が更生し社会復帰できるとはとても思えません。・・・Aこういう言う私見は、不要です。B:たちの悪い人間に目を付けられ、殺された挙句、名前と顔写真公表の上、その家族は死ぬまで好奇の目で見られるのですから。・・・➡法律解釈とマスコミ報道結果とを、同じディベートテーマにするのは、論点別次元です、 表面的な解釈は、危険。 法律解釈を安直愚劣に行わない事、何を投稿者様が、こだわるのかは不明ですが、少年法の存在意義ではなく、非行と突発的な強行・暴行・殺人等の余りに成人顔負けな事件が、発生していても、事件起こす前から、少年だから最悪極刑迄はないのだからと言う、司法全体の事等考えもしない本能に任せた無計画かつ悲惨な事件が発生しますが、法律の基本概念は、少年と言う定義の中で、精神保護と将来へのかすかな期待を込める事こそが、最終的に”少年の保護となり、他の少年同世代への警鐘をしなければ、ならないと、言う事が、骨子でしょう。被害者の家族への影響を斟酌すべきや否やは、法律制定時点では確かに行き届かない面がある為、法曹家の皆様だけでなくて、広く一般人の方も”裁判員制度適用にて、裁判の在り方改善を、現実にされておりますでしょう。現代社会は、あまりにも野放図だから、出来るだけ、より良き”少年法が、必要なのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
  • tokx367
  • ベストアンサー率10% (40/372)

☆少年法は、必要です。民主主義の根幹は、法律順守コンプライアンスです。但し、現状法律体系の見直し含めて、少年法も改訂・修正・一罰百戒等の、類似条項は、改訂を要すでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

いえ必要ないです。テレビで報道されても社会復帰してる人はいるんですから、顔と名前がさらされると、少年は更生できないという理屈はおかしいです。

  • 回答No.6
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7194/21843)

少年の将来の更生の弊害にならないようにというのが存在意義ですが   ↑ ちょっと違います。 少年の人格が可塑性に富むから、というのが 第一義的理由です。 つまり教育次第で何とかなる、ということです。 事実、一般犯罪については成人犯罪よりも、再犯率が 20%以上低くなっています。 しかしです。 殺人などの凶悪犯罪については、逆に高くなって います。 少年法は必要ですか?    ↑ と、いうことで一般犯罪については必要ですが、 凶悪犯罪には不要、というか、少年法は害悪ですら あります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

あり方を議論するなら、少年法のお陰で更生できた子がどれだけいるかってことを調べて比較しないといけませんよね。ある一方の事象だけを見て判断するのはフェアではありません。 たぶん質問者さんは被害者の父親が「仇をとりたい」と言ったことに刺激を受けたと思うのですが、そもそも被害者の子は事件に遭ったときに母子家庭。 http://mushimegane-news.blog.so-net.ne.jp/2015-03-03 離婚の原因は「父親の暴力」だったというのですから、私は「お前の口が言えた義理か」と思いますよ、正直。父親がシャンとしてれば家庭も崩壊せず、彼も事件に巻き込まれるようなことはありませんでした。少なくと父親は被害者じゃなく、加害者の側だよ。 蛇足:上記ブログの記事を読んで思い出しました。そういや、母親がどえらい美人で話題になりましたね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

父親は関係ないでしょ。親の責任といっても限界がやはりあります。いちばん悪いのは加害者に間違いはありません。

  • 回答No.4

現行の少年法にあり方に問題があるようには思いますが、だからといって無くせば良いといった乱暴な対応は宜しくないと思います。現行法にはどういった不備があるのかを見直して改善していけば良い話だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#214054
noname#214054

何故 未来にも「犯罪ありき」で 物事を考えるの? どうして 犯罪の無い世界が 頭に浮かばないの? 人間の心が 元々は 良心だけだったって事には気づかないの?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

不要とは思いませんが、改正は必須だと思います。 情状の酌量の余地がなさそうな事件がクローズアップされがちですが、 殆どのケースでは情状の酌量の余地があるようなものばかりなのではないでしょうか?ひどい親に育てられたとか・・・。 一言に殺人と言っても、被害者が誰も認めるようなわるいやつであるケースもあるような気もします。そういった場合にも少年であるがゆえにブレーキがかからない事も考えても良いのではないかと思います。 質問文を読んでいて、そもそもが、殺された方は善人・殺したほうが悪人、という前提があるような気がしました。そうとも限らないから困ってしまうわけだと思います。 しかしながら、更生、という発想がそもそも無茶なのかもしれません。 サイコパスと呼ばれるような人が多数潜んでいるそうです。今やっているような更生プログラムでは全く太刀打ちできません。 このサイコパス問題に対応スべく、早急に刑訴法全体を改正して欲しいと思う次第です。 そもそも、法律、と言うものの限界である、とも感じますけれども・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

一言に殺人と言っても、被害者が誰も認めるようなわるいやつであるケースもあるような気もします。←こんなケースほとんど見たことも聞いたこともありませんが、何を根拠にそうおっしゃってるの?

関連するQ&A

  • 少年法の改正

    16歳以上の20歳未満の者が、凶悪犯罪を行った場合、少年法は適用されない。という法律を作るのはどうですか? 酒鬼薔薇生徒の事件からすれば、もっと下でもいいかもしれませんが。 佐世保の女子高生による女子高生殺害事件が起きたことで、母の日に、母親を殺し、首を持って、出頭した高校生の事件を思い出しました。高校生ともなれば、能力的には大人。少なくとも、殺意を持って成人を殺せるだけの能力がある? とにかく、少年法は、改正すべきと思います。 そこで質問です。そういう考えは幼稚ですか?

  • 少年法は無くすべきだと思いませんか?

    先ほど、川崎の殺人事件のニュースが流れていました。きっとこのあまりに酷い高校生たちも、少年法で守られるのだと思うと、反吐が出る気分です。 なぜ少年法なんてものがあるのでしょうか。子供だろうが大人だろうが、「人を殺した」「犯罪を犯した」という事実は一切変わりません。それなのに、なぜ大人と子供とで処分が違うのでしょうか?殺された子供の親の方が、気の毒で仕方ないです。 少年法は廃止すべきだと思いませんか?犯罪を冒した人間を守るべき理由なんて、何一つ無いです。ましてや殺人なんて…到底考えられません。 皆様の意見をお聞かせください。

  • 少年法はどうして必要か?

    昨今の少年犯罪を見ていると目に余るものがあります。大人顔負けの凶悪な犯罪も少なくありません。 しかし、しかし、そんな犯罪を犯した少年も少年法に守られて、成人に比べると罰則が非常に手緩いです。その為に、殺人事件なんかだと、被害者遺族は余計に無念が大きくなることは容易に想像できます。 しかし、刑罰と言うのは 悪いことをしたらそれなりの罰を受けるということにあると思うんですが、 犯罪を犯す少年だって、善悪の判断はできるだろうし、成人と同等の罰を受けるのが筋だと思うんです。 少年を甘やかすから つけ上がるんだと思います。 極端な話、9歳の少年が放火をして3人以上が死亡したら、死刑にすべきだと思います。 ただ、私は高卒で素人の感情論でしか物を語れないない馬鹿ですが、法律に詳しい有識者の方々は 少年法をどのように解釈しますか? また、少年法を撤廃したら どのような弊害が起きますか? なお、この質問は同調の意見を集めるものではありませんので、ぼくの考えに間違いがあったら、 容赦なくご指摘ください。

  • 少年法はなくなるべきですよね?

    未成年というだけで、加害者は法に守られ、比較的軽い刑で済み、ある程度の年数がたてば社会へ戻れます。 犯罪に少年も大人もないはずです。 それに、中には少年法で守られてるのを分かってて犯罪を犯す者もいます。 コンクリート殺人の犯人は、自分達が少年法で守られてるからたいした刑にならない。と言っていたとか。

  • 少年法を廃止したら

    昔は犯罪とか犯すなら少年法の範囲でというのが考えでしたが。 今は単に加害者を保護するというのが法律の前提になってるので しかも、気に食わないから虐めるとかいうのが多くなったので 少年法を無くせばというのもいいですが、大人顔負けの犯罪を 犯したら大人と同じ刑罰を与えるといったほうがいいように思えます。 実名で公表。初犯の万引きとかは守られるけど複数回とか誰かがやらせているとかだったら 少年法の適用としないとかね。 みなさんは どう思いますか?

  • 少年法は廃止すべき

    クズはどう足掻いてもクズ。少年だろうが死刑はきちんとすべき 未成年が少年法があるのを理由に犯罪を平気でする時代です。なくなって欲しいです。 少年法はもう存在理由がわかりませんね。 友達だった人間を複数人で虐殺するような連中に更生のチャンスなんてあるわけないでしょうに。 少年時代に犯罪を起こした人はまだ厚生の余地があるからって言われていますが、 犯罪を起こす人たちはもう根っからの犯罪者なのです。 同等に刑罰を与えるべきですよね?

  • 少年法 『保護主義』

    少年法は14歳まで引き下げられたものの 実刑になることは少ないですよね いわゆる『保護主義』が全面的に出ているような気がします 確かに更生される可能性が高いから、とか 精神的に未熟だから、とか 理由はわかります でも、皆様本当に『保護主義』に賛成ですか? 例えば数年前の『酒鬼薔薇事件』や『女子高生コンクリート詰め事件』の犯人は 更生して社会に復帰できると思いますか? 『保護主義』に賛成か、反対か その根拠があれば、教えてください お願いします

  • 少年法について質問

    少年法について質問 過去幾多の殺人犯が少年法で護られ 短期間服役の後に出所している現状 殺人犯は戸籍を変え氏名も変え 普通に一般人として生活している これで本当に良いのだろうか? もし自身の家族が殺害されたら? どう感じるのだろうか? 日本は少年少女の犯罪に甘い 少年法を撤廃して死刑適用も 考えるべきと感じている 世の中の記憶から薄れた感じの事件 女子高生コンクリート詰め事件 加害者である少年達は既に出所している 遺族よりも更正が勝つのだろうか? 殺人を犯した犯罪者は例え少年少女で あっても絶対に許されるべきでは無い 人を殺したら自身の命で償うのが道理 少年法の撤廃が難しいのなら 少年法の厳罰化は否めない そもそも少年少女の殺人事件を 家庭裁判所で審議する事自体が 間違っていると思う 殺人犯なのだから刑事事件として 通常裁判で審議し裁かれるべき 少年少女の殺人事件が無くならない のは大人達が敢えて抜け道を造って いるのが問題で殺人=死刑になる事を 徹底的に学校等で教えるべきと思う 少年法必要ですか?

  • 少年法を撤廃したら

    よく、未成年者による凶悪事件が起きると、少年法を目の敵にする声が多数聞かれます。 しかし、少年法を撤廃して 未成年でも 成人と同じように扱ったら、未成年者による犯罪は減るでしょうか?

  • 少年法・・・。

    少年法・・・。 どうして日本は未成年者を庇うんでしょうか?20年程前の『コンクリート女子高生』をご存知の方は分かると思います。あの事件の犯人は当時、未成年という理由なだけで未だ生存して出所済みなんですよね?あれがどうも納得出来ません。彼ら(犯人)はあの事件の後、何度も殺人を繰り返していると聞きました。それでも未成年ということからやはり懲役何年で済まされるんですよね?彼らじゃなくても、今、未成年の犯罪は絶えません。それでもこれから先、『少年法』が改善されることはないんですか?また、未成年者の犯罪の罪を軽くすることでなにかメリットはあるんですか?