• 締切済み
  • 暇なときにでも

少年法は改正すべき

昔も今も変わらず犯罪を犯しても 少年法に守られている現状は、 おかしいと思う。 成人だからとか未成年だからとか 関係無く、犯罪を犯したならば 正しく裁かれなければならない。 それは、次の犯罪の抑止力にも なると思うから…。 今回騒がれてる18歳と17歳の 少年の残忍な殺人。 あの事件でも、少年法に守られ、 犯罪を犯しても、実名や素顔は 公表されてはいない。 犯人に人権やその後の人生が あるのならば、その被害者にも 人権や人生があるはずだ。 何人たりとも、それを奪う事は 許されない。 いつになったら、こうした犯罪を 無くす事が出来るのだろうか…。 少年法は改正すべきと思うが、 皆さんはどうお思いだろうか…。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数12
  • 閲覧数282
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.12

> 今回騒がれてる18歳と17歳の > 少年の残忍な殺人。 ↑ 十六歳以上の少年の殺人事件については、原則として、 家庭裁判所がこれを検察官に送致する決定をしなければなりません (少年法第二十条)。 検察官が少年を殺人で起訴した場合、 その事件は裁判員の参加する刑事裁判の対象となりますし、 死亡した被害者の配偶者、直系の親族又は兄弟姉妹は、 その事件の手続への参加の申出をすることができます。 (危険運転致死傷罪で被害者を死亡させた事件についても同様です。) 少年法は、少年に対する刑罰よりもその性格の矯正に重きをおいていますが、 故意の犯罪行為によって被害者を死亡させた罪に係る、 罪を犯すとき十六歳以上だった少年の事件については、 結果の重大性に鑑みて、 検察官に刑事処分が相当かどうかを判断させています。 罪を犯すとき十八歳未満だった者に対しては、 死刑をもって処断すべきときは、 無期刑が科されます(少年法第五十一条第一項)。 裁判所が刑事事件の事実審理の結果、 少年の被告人を保護処分に付するのが相当であると認める場合には、 決定をもって、その事件を家庭裁判所に移送します(第五十五条)。 ☆ 日本弁護士連合会ウェブサイト : 裁判員制度: 知っておきたいこと http://www.nichibenren.or.jp/ja/citizen_judge/becoming/images/c2.gif ↑ 「少年事件の審理の流れ」を参照 > それは、次の犯罪の抑止力にもなると思うから…。 危険運転致死傷罪が2001年に創設された後で、 飲酒運転で事故を起こした者が、 刑罰が重い同罪の適用を免れるべく逃走して酔いをさますという事例が、 問題となりました。 大人に対してでさえも、 罪刑規定による犯罪予防効果には限界があります。 少年が自分の性格が異常だと認識し、 人を殺せば死ねると考えて殺人を犯した事件もありました。 少女がインターネットの掲示板で売春相手を募るなど、 なぜそれが社会的に悪いことだとされているかを理解しないままに 少年が罪を犯す場合もあります。 > いつになったら、こうした犯罪を > 無くす事が出来るのだろうか…。 大人も少年犯罪を防ぐことを意識して行動すべきでしょう。 大人が暴力をふるう姿を日常的に見ることや、 大人から理解され愛されていることを実感できないことが、 少年の犯罪につながる場合もあると考えられます。 少年の社会性や適応力、 そして他人の痛みを思う力を育む環境を、整えるべきだと思います。 ☆ 少年法 (改行して抜粋) “(この法律の目的)  第一条 この法律は、少年の健全な育成を期し、   非行のある少年に対して性格の矯正及び環境の調整に関する保護処分を行うとともに、   少年の刑事事件について特別の措置を講ずることを目的とする。” “(検察官への送致)  第二十条 家庭裁判所は、死刑、懲役又は禁錮に当たる罪の事件について、   調査の結果、その罪質及び情状に照らして刑事処分を相当と認めるときは、   決定をもつて、   これを管轄地方裁判所に対応する検察庁の検察官に送致しなければならない。  2 前項の規定にかかわらず、家庭裁判所は、   故意の犯罪行為により被害者を死亡させた罪の事件であつて、   その罪を犯すとき十六歳以上の少年に係るものについては、   同項の決定をしなければならない。   ただし、調査の結果、   犯行の動機及び態様、犯行後の情況、少年の性格、年齢、行状及び環境その他の事情を考慮し、   刑事処分以外の措置を相当と認めるときは、この限りでない。” “(家庭裁判所への移送)  第五十五条 裁判所は、事実審理の結果、   少年の被告人を保護処分に付するのが相当であると認めるときは、   決定をもつて、事件を家庭裁判所に移送しなければならない。”

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 少年法61条についてです。

    少年法61条についてです。 少年法を改正するなら、この61条を廃止したほうがいいと思います。 実名報道したら更生の可能性がなくなると、バカな人権団体はいますが、実名報道される成年以上の大人は更生不可能と受け止めかねず、差別につながりますから。 みなさんは61条の廃止に賛成ですか? 少年法61条についてはこちら https://kotobank.jp/word/少年法61条-888828

  • 少年法はなくなるべきですよね。

    年齢で一律に区別出来ないし。 凶悪犯罪には実名・顔写真つきで報道すべき。 少年と言っても犯罪を犯す恐ろしい人間です。 少年だからといって自分の周囲の人が事件にあっても実名報道なしですぐ世間に戻ってくるってのは許せません。 罪は罪なので年齢問わず罰を与えるべきと思います。 未成年というだけで、加害者は法に守られ、比較的軽い刑で済み、ある程度の年数がたてば社会へ戻れます。 犯罪に少年も大人もないはずです。 それに、中には少年法で守られてるのを分かってて犯罪を犯す者もいます。 コンクリート殺人の犯人は、自分達が少年法で守られてるからたいした刑にならない。と言っていたとか。 なくなるべきですよね。

  • 少年法はなくなるべきですよね?

    未成年というだけで、加害者は法に守られ、比較的軽い刑で済み、ある程度の年数がたてば社会へ戻れます。 犯罪に少年も大人もないはずです。 それに、中には少年法で守られてるのを分かってて犯罪を犯す者もいます。 コンクリート殺人の犯人は、自分達が少年法で守られてるからたいした刑にならない。と言っていたとか。

  • 回答No.11

現行の制度では、問題があるといわざるを得ません。 しかし、法律を変えたところで そういった謀反な少年が極度に減るとは 到底思えません。 「本来、反社会行為であるべきの犯罪が行われてしまう」 →このことは法律に問題があるわけではなく むしろ少年自身の問題なのです。 その少年は社会的常識を知ることがなく、 いや教えてもらうことがなく、中学高校と年を 重ねています。 この問題の根本は、親がしっかりと少年に 常識とは何か、社会の中で「してはいけないことは何か」 ということをおしえていなかったことなのです。 「してはいけないこと」、 それは「盗み」「暴力」「殺人」のことなど 最低限の事柄です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.10

少年法の理念はわかりますか? 時代が違う?そうかもしれません。 でも、子供は親や学校や地域住民が育てるわけです。 少年犯罪が凶悪化しているのは親や学校のせいだと思います。 生まれながらに悪い子っているんでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

少年法の理念は、理解しています。 ですが、犯罪を犯しても成人に 比べると遥かに生易しく、犯罪の 抑止力になるには、ならないかと 思います。 確かに、子供同士だろうが犯罪を 犯すまで、放っておいた周りにも 問題はあるでしょう。 育った環境も違えば、意思も違う。 対立しない方が、おかしい。 でも、思うんです。 それらが、例え引き金になろうとも 実行に写す子供自体にも問題があると…。 親が悪い。環境も悪い。 でも、犯罪を犯して良い理由には なりませんよね? 子供にだって意思がある。 少年犯罪が凶悪化してるのは、 犯罪を犯罪として、子供に 解らせて来なかった結果です。 親や学校、社会だけが 悪いのでは無いと思います。 人としてしてはいけない事を 子供にちゃんと解らせないのが イケないんです。 犯罪を犯したならば、きちんと 更正するまで、元の場所には 戻れないんだと、罪の重さを 知らなくてはイケません。 生まれながらにして悪人はいませんが、 犯罪を犯したならば、その人が 子供だろうが、大人だろうが 犯罪は犯罪。 犯罪を犯したならば、それ相応の 罰は、受けなければなりません。 子供だからと、甘くしていては 被害にあった人達は、きっと 浮かばれないですよ。

  • 回答No.9
noname#218778
noname#218778

少年法を無くしても犯罪は無くならないんじゃね。(´・ω・`)大人の犯罪だって無くなってないし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • mrst48
  • ベストアンサー率9% (303/3050)

成人と少年。 事件の経緯、背景、結果が同じでも 年齢だけで、「区別」。 少年法の理念と言うモノがあるのはわかるが 少年法が出来てから、何年が経った?。 少年法が出来た時の状況と、今の状況が全く違っている。 やはり、改正が必要かと。 ただし、ただ厳罰にする。だけでは意味が無いとも感じる。 「どうせ~、だから」と、自棄になって 被害者が増える事態は、避けなければ。 難しいです。 ところで、 上村君殺害事件は、現少年法で。 その結論次第では、世論がどうなるか。 そちらも、気になる・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

年齢制限を細かく分けて、 10歳以下、12歳以下、15歳以下、それ以上は大人と したほうがいいと思います。 中学くらいで世間の常識はわかるはずですから、 15以上で大人扱いが適当と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

少年法の精神を勉強しなおせばいいと思う。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#235638
noname#235638

少年死刑囚は、今でもいますから たとえば、少年法を廃止するならば それは 犯罪の芽 を摘み取れなくなるので 都合が悪い。 犯罪を確定させなければ、手を出せない...と。 少年法改定については 改定してもいたちごっこのような気がします。 法律だけの問題ではなくて、総合的な見守りが必要だ そう・・・思いました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

選挙権が18になる様なので、そうすると少年じゃないでしょうから、少年法も18歳までといずれなるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

今18歳から選挙権を与える動きですが、選挙法の改正で18歳から選挙権が与えられたら、変えざるを得ないでしょう。少年法の対象年齢を18歳以下に。楽しみに待っていて下さい。 どうやら民主、社民、共産は反対のようですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • もしも少年法が改正されるなら

    先日、じゃがりこに爪楊枝を混入した少年が逮捕されましたが、彼は「少年法改正のためにやった」と話しています。彼の望み通りになるかどうかは別として、今度少年法が改正され、次のいずれかが実現するとしたら、あなたはどれを希望しますか? (1)実名報道+顔写真公開 (2)未成年者への死刑の適用 (3)(1)と(2)の両方 これ以外に何か意見があれば、お聞かせください。

  • 少年法・・・。

    少年法・・・。 どうして日本は未成年者を庇うんでしょうか?20年程前の『コンクリート女子高生』をご存知の方は分かると思います。あの事件の犯人は当時、未成年という理由なだけで未だ生存して出所済みなんですよね?あれがどうも納得出来ません。彼ら(犯人)はあの事件の後、何度も殺人を繰り返していると聞きました。それでも未成年ということからやはり懲役何年で済まされるんですよね?彼らじゃなくても、今、未成年の犯罪は絶えません。それでもこれから先、『少年法』が改善されることはないんですか?また、未成年者の犯罪の罪を軽くすることでなにかメリットはあるんですか?

  • 少年法撤廃

    少年法なんて撤廃てし未成年でも犯罪を犯したら実名公表 するべきではないでしょうか? 軽犯罪らともかく、殺人、強姦、強盗などはもう大人と同じ 刑で裁く方がいいと思いませんか? 未成年で人を殺した人間が少年院を出てまともに暮らせるとは 思いません。 ニュースでも 東京都新宿区北新宿のマンション駐輪場で、母親を殺害したとして逮捕された男(22)が 16歳だった2001年10月、父親を殺害したとして逮捕されていたことが26日、分かった。 また簡単に殺人を犯す。 以前の姉妹殺害、放火事件の犯人も中学生時代に母親をバットで撲殺した過去など・・ 少年法なんて甘い考えやめて中学生だろうが高校生だろうが成人と同じ刑、死刑など 行った方がいいと思いません?

  •  少年法は必要でしょうか!

     少年法は必要でしょうか!  どんな酷い犯罪を犯そうとも少年Aのままでいいのでしょうか?  もし、貴方の身内が未成年者の犯罪に巻き込まれて殺されても少年Aでいいですか!?    この間も少女AとBが放火殺人を犯した。  無免許運転の未成年の車がバイクをひき逃げした。    まだまだ書けば足りなくなるほど酷い現状になっていると思うのですがどうでしょうか!  

  • 少年法はいるのか?いらないのか?

    以前質問したのですが少年法の存在意義です。 少年法は本来「少年の保護・再教育」を目的としています。 それに反して昨今少年が犯す凶悪犯罪が起こっていました。 そのたびに少年法改正が叫ばれてきています。 だがその人たちは少年法の本来の目的を知っているのでしょうか? 僕には被害者の視線でしか物事を見ていない気がします。 確かに少年法は加害者の人権を守るものでもあります。 被害者は守られないのかと言われれば苦しいところです… それを逆手にとって犯罪を犯す少年もいるかもしれません。 しかし多くの少年が少年法を意識しながら犯罪を犯すでしょうか? さらに少年法を廃止したとしてはたして少年犯罪というものが減少すると言えるのでしょうか? どなたでも、どんな意見でもかまいません! 是非なにかコメントを頂けたらと思います!! よろしくお願いしますm(_ _)m

  • 少年法の改正

    憲法では、『法の下に国民は平等』と規程されている。 1.成人に殺された場合に、被害者遺族は、加害者の個人情報を知ることができるし、裁判も傍聴できる。また、加害者は死刑になることもある。 しかし、 2.未成年に殺された場合、特に18歳以下に殺された場合、加害者の情報は被害者遺族に教えられないし、裁判を傍聴するのもできない。なおかつ、犯人はどんなに残虐であっても死刑にならない。 これって、『平等規程』に違反しているんだな。 だから、少年法は改正すべきなんだよ。 少年法の改正ができないのなら、憲法を改正しなさいよ。 皆さんも そう思いませんか?

  • 少年法を撤廃したら

    よく、未成年者による凶悪事件が起きると、少年法を目の敵にする声が多数聞かれます。 しかし、少年法を撤廃して 未成年でも 成人と同じように扱ったら、未成年者による犯罪は減るでしょうか?

  • 少年法の改正を要求します。

    少年法の改正を要求します。 ・警察官独自の判断で少年を射殺 無警告発砲で少年を射殺できるという。現行犯はもちろん、逃げたり、職質を拒否したりなどした場合は射殺してもよい。流れ弾として民間人が死亡した場合、少年を殺人容疑で逮捕できる。つまり、走り回る暴走族を合法的に虐殺できるという。 ・加害者少年の親に対する罰則 少年が逮捕されたら、親が出頭しなければならない。出頭拒否したら、入院など病的な理由を除き、逮捕される。抵抗したら即射殺。加害者の罪の重さに応じて、極刑の対象となり、場合によっては、親族全員極刑となる。 ・少年法61条を廃止 被害者が実名報道されてるのに、加害者が実名報道されないのは、差別において他なりません。海外の少年法では、加害者少年の実名報道が合法となっています。 ・少年を監視して管理する 昔あった治安維持法そのものを参考にしました。正当な理由もなく、夜に少年が外にいたら、即逮捕の対象となる。抵抗したら即射殺。 ・タバコや酒やギャンブルなどをやったら逮捕 説明するまでもありません。 ・学校に警察官毎日立ち入り いじめなどを行った生徒を状況証拠だけで逮捕できる。隠蔽しようとした学校関係者も逮捕の対象になるが、証拠隠滅罪です。 こんな感じです。共通するのは、少年に対する恐怖を与えることです。当初は今までと変わりませんが、少年が射殺された、親や兄弟まで逮捕されると、次第に恐怖を抱いて、犯罪を行わないでしょう。 少年法改正に反対するのは、普段から少年犯罪を行っている少年や元少年、日弁連や日教組など左翼勢力です。 少年が国家元首や政治家を殺害しても、少年法に守られているので、罪は軽微です。左翼勢力は、少年法を悪用してクーデターを起こす可能性があります。 これを阻止するために、少年法の改正が必要なのです。 みなさんはこの改正案に賛成でしょうか?

  • 少年法を廃止したら

    昔は犯罪とか犯すなら少年法の範囲でというのが考えでしたが。 今は単に加害者を保護するというのが法律の前提になってるので しかも、気に食わないから虐めるとかいうのが多くなったので 少年法を無くせばというのもいいですが、大人顔負けの犯罪を 犯したら大人と同じ刑罰を与えるといったほうがいいように思えます。 実名で公表。初犯の万引きとかは守られるけど複数回とか誰かがやらせているとかだったら 少年法の適用としないとかね。 みなさんは どう思いますか?

  • 少年法は無くすべきだと思いませんか?

    先ほど、川崎の殺人事件のニュースが流れていました。きっとこのあまりに酷い高校生たちも、少年法で守られるのだと思うと、反吐が出る気分です。 なぜ少年法なんてものがあるのでしょうか。子供だろうが大人だろうが、「人を殺した」「犯罪を犯した」という事実は一切変わりません。それなのに、なぜ大人と子供とで処分が違うのでしょうか?殺された子供の親の方が、気の毒で仕方ないです。 少年法は廃止すべきだと思いませんか?犯罪を冒した人間を守るべき理由なんて、何一つ無いです。ましてや殺人なんて…到底考えられません。 皆様の意見をお聞かせください。