• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

少年法で守るべきは

少年法で守るべきは、精々頑是無い子供のいたずら程度のモノ、万引きとかスカートめくりとかに限定すべきだと思います。 この程度であれば、お灸を据えれば十分更生の可能性があるからで、徒に将来を戒めるべきではないと思います。 逆に、凶悪犯罪には少年法の規定を適用すべきではないと思います。こういう奴等は、罪を軽減してみたところで更生の可能性が低く、また社会への迷惑の量も半端無いからです。 量刑が懲役以上(執行猶予含む)の場合は、少年法による保護の対象外で良いと思います。 みなさんは どう思いますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数101
  • ありがとう数18

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • phj
  • ベストアンサー率52% (2343/4488)

少年法が「未成年を守る」法律になっているのは、質問者様もご存知のように「未成年者が未熟」だからです。ですから、判断が未熟で不適正なことをしても、それを正せばりっぱな大人になれる、という教育的配慮があるわけです。 逆に「少年だからといって、ある程度の年齢になれば判断力が無いわけではない。だから大人と同様の刑罰を科すべきだ」という意見はよくあります。 このとき「大人と同様の刑罰を科す」根拠は「少年といえども、判断力がある」ということです。 では、どうして酒・たばこを18歳にすること、いやそもそも18歳成人を否定する人が多いのでしょう。一説によると、少年法厳罰化に賛成の人は8割に上り、逆に18歳成人の否定は7割以上ですから、ほぼ同じだけの人が「少年法厳罰化には賛成だが、少年の権利付与は反対」と言っているのに等しいでしょう。 大人がなぜ刑罰を受けるかと言えば「判断力がある」とされるからです。心神喪失の状態では大人であっても刑罰を科されないこともあります。 ですので、少年法を厳罰化するなら、同時に18歳成人とか16歳ぐらいでも車が運転できるとか、そういう権利の付与も必要であると思います。 もし「いや少年に権利を付与しても、あぶないし、使い方が分からないだろう」というならそれは「(大人と同等の)判断力が身についていない」ということであり、少年法の厳罰化をむしろ否定すべきです。 そういう矛盾を解消しない限りは、これ以上の厳罰化は反対です。ま、これ以上厳罰化しても犯罪そのものは減りませんし、実際のところでいえば、年々少年犯罪は減少していて昨年は戦後最低を記録していますので、厳罰化はまったく意味がありません。 減少の根拠は http://www.npa.go.jp/safetylife/syonen/hodouhogo_gaiyou_H25.pdf 警察庁の資料です(H25版)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >そういう矛盾を解消しない限りは、これ以上の厳罰化は反対です。 多分、多くに日本人には 自分のことは棚上げして他人を厳しく咎める気質と 愛情よりも憎しみが勝るのと、虐待親や暴力教師のような支配者思想が 根付いているのだと思います。

関連するQ&A

  • 少年法はいるのか?いらないのか?

    以前質問したのですが少年法の存在意義です。 少年法は本来「少年の保護・再教育」を目的としています。 それに反して昨今少年が犯す凶悪犯罪が起こっていました。 そのたびに少年法改正が叫ばれてきています。 だがその人たちは少年法の本来の目的を知っているのでしょうか? 僕には被害者の視線でしか物事を見ていない気がします。 確かに少年法は加害者の人権を守るものでもあります。 被害者は守られないのかと言われれば苦しいところです… それを逆手にとって犯罪を犯す少年もいるかもしれません。 しかし多くの少年が少年法を意識しながら犯罪を犯すでしょうか? さらに少年法を廃止したとしてはたして少年犯罪というものが減少すると言えるのでしょうか? どなたでも、どんな意見でもかまいません! 是非なにかコメントを頂けたらと思います!! よろしくお願いしますm(_ _)m

  • 少年法

    少年法を厳罰化するよりなくす方が良いのではないでしょうか? 少年だからといって欲望の赴くまま人を騙したり、奪ったり、傷害を加えたり、殺害までこなす獣達に更生の余地など考える必要があるんでしょうか? 多くのメディアでは厳罰化するということでさえ『死刑のある国とない国を比較しても凶悪犯罪率に変化がないんだから厳罰化の意味はない』と言ってます。 そして『むやみに罰を重くしたら更生の余地を奪いかねない』と言います。 何故、殺人などの凶悪な暴力により傷ついた被害者の心情を慮らないのでしょうか? 死人は永久に黙ってるから無視していい、殺人者でも生きてる命をより大切にしたいとか本気で思ってるんでしょうか? 自分としてはやむをえない状況とかだったなら更生の余地を議論してもいいのでは?と考えます。 凶悪犯罪を犯した悪魔達は少年だろうと大人だろうと健常な臓器を取り出して移植に回す献体としてもいいのでは?とさえ残虐にも考えてしまいます。 まともに教育を受けている日本人なら凶悪な犯罪など犯しにくいと思ってます。 こういう生粋の日本人なら罰の軽さゆえに犯罪を犯す犯罪者達に襲われたくないと考えたことがあるんじゃないでしょうか? 自分は犯罪に巻き込まれないか不安はあります、厳罰化に意味がないと言われようが恨みを買わないように生活してれば厳罰化によって少しは安心して暮らせます。 厳罰化は感情や欲望で歯止めがきかず犯罪を犯すものは別として組織的に凶悪犯罪をしてる連中への牽制にはなると思いますし。 いつの日か自己の欲望のために犯した凶悪犯罪者たちなんか即決裁判で即刻死刑にするようになってほしい。

  • 少年法61条についてです。

    少年法61条についてです。 少年法を改正するなら、この61条を廃止したほうがいいと思います。 実名報道したら更生の可能性がなくなると、バカな人権団体はいますが、実名報道される成年以上の大人は更生不可能と受け止めかねず、差別につながりますから。 みなさんは61条の廃止に賛成ですか? 少年法61条についてはこちら https://kotobank.jp/word/少年法61条-888828

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7194/21843)

お~、良いことをいいますね。 言われてみればその通りです。 いくら未成年だからといって、凶悪犯罪も 軽微な犯罪も同じように処理してしまう、という のは問題です。 区分けをすべきですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

  • 回答No.1
  • gouzig
  • ベストアンサー率25% (535/2077)

その通りだと思います。 山口県光市事件などはそのいい例です。 そもそも少年法というのは、未成年はまだ幼いという認識の時代に作られたものです。 法律はその時代に合わせて改正していかなければなりませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 少年法について、教えてください。

    少年法について教えて下さい。 14歳未満の凶悪犯罪の場合、たとえば、13歳の少年が銃器で殺人を犯した場合、審判は家庭裁判所で行われるのでしょうか? また、処分としては児童自立支援施設送致ではなく、少年院送致となるのでしょうか?

  • 凶悪犯罪に対して少年法適用に反対

    凶悪犯罪に対して少年法を適用するのは私は反対です。 被害者にとって犯人が少年か大人かなど関係ないからです。 重い罪には重い罰を与えるのが自然だと思います。 ただ、軽犯罪に対しては少年法も必要な気がします。 軽犯罪に限って更生をはかるべきであり、凶悪犯罪は 少年であっても更生ではなく、大人と同じように罪を 償うべきと考えます。 そうでないと被害者やその家族は浮かばれません。 現在の少年法は犯罪者の為に作られていると思っています。 法律は弱者・被害者の為に必要なものであり、強者・加害者 の為ではないと確信しています。 何か問題点はありますか?

  • 少年法はなくなるべきですよね。

    年齢で一律に区別出来ないし。 凶悪犯罪には実名・顔写真つきで報道すべき。 少年と言っても犯罪を犯す恐ろしい人間です。 少年だからといって自分の周囲の人が事件にあっても実名報道なしですぐ世間に戻ってくるってのは許せません。 罪は罪なので年齢問わず罰を与えるべきと思います。 未成年というだけで、加害者は法に守られ、比較的軽い刑で済み、ある程度の年数がたてば社会へ戻れます。 犯罪に少年も大人もないはずです。 それに、中には少年法で守られてるのを分かってて犯罪を犯す者もいます。 コンクリート殺人の犯人は、自分達が少年法で守られてるからたいした刑にならない。と言っていたとか。 なくなるべきですよね。

  • 少年法の改正

    16歳以上の20歳未満の者が、凶悪犯罪を行った場合、少年法は適用されない。という法律を作るのはどうですか? 酒鬼薔薇生徒の事件からすれば、もっと下でもいいかもしれませんが。 佐世保の女子高生による女子高生殺害事件が起きたことで、母の日に、母親を殺し、首を持って、出頭した高校生の事件を思い出しました。高校生ともなれば、能力的には大人。少なくとも、殺意を持って成人を殺せるだけの能力がある? とにかく、少年法は、改正すべきと思います。 そこで質問です。そういう考えは幼稚ですか?

  • 少年法の厳罰化

    私は少年法の厳罰化には大賛成です。 未成年だからと甘えたことをぬかす連中をこれ以上 のさばらせるのは愚の骨頂です。 悪いことをしたら大人と同じ罰を受ける。 前科が残って、まともな暮らしもできない。 この条件で、少年犯罪は間違いなく半減します。 飲酒運転に対する厳罰化で、飲酒運転は激減しました。 昔は、ゴルフして一杯飲んで運転して帰るのがふつう だったそうですが、そんな人も見なくなりました。 厳しい罰則があれば、人間悪さはしなくなるものです。 職場のセクハラを見てもわかりますよね。 話は戻りますが、日本の少年法の問題点は、法律が加害者の立場に立って 作られている点です。 凶悪な犯罪の被害者にとって、加害者が大人か少年かなど 何の関係もありません。 少年だからと刑を軽くするのは、偏った法律だと思っています。 よって少年法の厳罰化は当然であり、被害者や被害者親族の 気持ちに沿ったものだと確信しています。 教育などで少年の凶悪犯罪が少なくなる事は無いでしょう。 むしろ少年の凶悪犯罪の罰を軽くすることで、より増えていく のが、犯罪先進国のアメリカで証明されています。 そしてアメリカでは少年犯罪の厳罰化が増えています。 欧米の長年の研究で100人中4人ぐらい、良心を持っていない 人間の存在が証明されました。 良心の無い人間に教育で良心を持たせる事は不可能でしょう。 それよりも凶悪犯罪を2度起こさせないような法律が 必要な気がします。 実際に殺人で服役後、出所してまた殺人・殺人未遂を犯した例が 幾つもあり、少年犯罪でも同じ例があります。 ぼくは高卒で感情論でしか物事を考えられない馬鹿ですが、有識者の皆さんは、どう思いますか?

  • 少年法52条(相対的不定期刑)について

    少年事件で、検察官送致、実刑判決となる場合の話です。少年法52条には 第1項 少年に対して長期三年以上の有期の懲役または禁錮を持って処断すべきときは、その刑の範囲内において、長期と短期を定めてこれを言い渡す。(以下但し書き略します) 第2項 前項の規定によって言い渡すべき刑については、短期は五年、長期は十年を超えることはできない。 第3項 (略します) とありますが、第1項の不定期刑は必ずどの案件にも適用されるというわけではないのでしょうか。 現に、5~7年程度の量刑の場合、不定期刑が適用されているのを結構見ますが、懲役10年を超えるような量刑の場合、あまり見受けられない(特に、マスコミ報道に取り上げられるような殺人事件)のですが、条文の解釈の仕方がいまいち分かりません。第2項の「長期は10年を超えられない」ということなのでしょうか。

  • 少年法廃止に賛成ですか?

    少年法廃止・刑事処分の年齢を引き下げの声が出ていますが、皆様はどう思いますか? 私の考えは、 少年法はあって良いと思います。ですが、今の少年法はあまりにも甘すぎるとは思います。 年齢が上がるに従って、権利も認められる・その代わり、責任も重くなる。 子供は、物事の分別が付かないから、知らない事が多いから、認められている権利は 少ないが、その分、責任は軽い。 これは、凄く当然の事だと思うのです。 長崎の事件は犯人が12歳だった事から、刑事処分は12歳以上に引き下げるべきだと 言われていますが、今回の犯人が、もしも8歳だったら、8歳以上に引き下げろと 言うでしょうか? 私は、20歳だったら許されない事でも16歳なら許される事があっても良いと思います。 16歳だったら許されない事でも12歳なら許される事があっても良いと思います。 結論として、同じ事をしても、年齢によって、刑罰の差はあっても 全然良いと思います。例え、凶悪犯罪であっても。 今の未成年に対する刑はあまりにも軽いので、これはもっと重くしても良いと考えますが。 ただ、被害者の家族の言葉を聴くと、とても今まで書いてきた事は思えなくなってきますね。 加害者が誰であれ、自分の大事な家族を奪われた訳ですから。 もしも、自分の家族が被害者にあったら、とてもこんな事は言えないと思います。 が、自分なりの客観的な意見として述べさせて頂きました。 良ければ、皆様の意見もお聞かせ下さい。

  • 少年犯罪の受け止め方の差異

    先日の少年による放火殺人事件のことで、ひとつ疑問に感じることがあります。 一人で三人も殺害し、その中にはいたいけな子供が二人いました。 相当な凶悪犯罪だと思うのですが、犯人を強く非難する声があまり聞こえてきません。 今までは、少年少女の凶悪犯罪に対しては、 「少年法が甘すぎる!!」 「高校生(or中学生)くらいなら善悪の判断は十分できるのだから、大人と同様の量刑を与えろ!!」 といった意見に接することが多かったですが、今回の事件ではそういった声がほとんど聞こえてきません。 いたいけな子供を焼殺するなどという行為は、残虐性においてコンクリート詰め女子高生殺人や酒鬼薔薇聖斗の殺人などにひけをとらないように感じるのですが。 私が感じている疑問について、どのような観点でも結構ですのご意見を頂ければ助かります。

  • 少年法 『保護主義』

    少年法は14歳まで引き下げられたものの 実刑になることは少ないですよね いわゆる『保護主義』が全面的に出ているような気がします 確かに更生される可能性が高いから、とか 精神的に未熟だから、とか 理由はわかります でも、皆様本当に『保護主義』に賛成ですか? 例えば数年前の『酒鬼薔薇事件』や『女子高生コンクリート詰め事件』の犯人は 更生して社会に復帰できると思いますか? 『保護主義』に賛成か、反対か その根拠があれば、教えてください お願いします

  • 中学生の少年審判について教えて下さい

    こんにちは, 少年法について調べています. すこし,理解しづらいところがあるので教えていただきたいのです.  少年審判は原則,非公開だと思いますが, 犯行当時15歳の人が凶悪犯罪を犯して,検察官に送致された場合にも,裁判(というのかどうかわかりませんが)は 非公開でしょうか? 検察官に送致されたあとの流れがよくわかりません.  現在問題としているのは,中学生が,凶悪犯罪を犯した場合には,非公開が原則であるか,それとも,公開裁判になったりするのかということが知りたいです.  私としては,被害者の家族が,凶悪犯罪を犯した加害者について,知ることが出来ないという事を述べたいので, どんな場合でも中学生であれば公開されないのかどうかを確認したいと思っています. おそらく,火曜日には締め切れると思いますので, よろしくお願いします.