• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

少年犯罪者の動機

 現代社会では動機の不透明な少年犯罪が数多く起きていますよね。   しかし、なんとなく彼らの気持ちがわかるという心境が私にはあります。  そこで、具体的に彼らの心理を知りたいのですが、どうやったらそういう情報が得られるでしょうか?。  特に  バスジャック事件  神戸のさかきばらせいと事件  容疑者自殺で終わった神戸殺人事件  宅間守容疑者  奈良幼児殺害事件の小林容疑者  の、情報が知りたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数321
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

池田小事件に関しては、↓の本で指摘されているのですが、質問に挙げられている他の事件も概ね↓の問題が潜んでいると感じいます。 http://takapan.nobody.jp/hon/h_sekennome.html http://www.ringolab.com/note/daiya/archives/002046.html ただ、(主にマスコミが)事件を扱う際に、↑の問題を無視して扱い「心の闇」などという言葉で片付けるので、物事の本質が見え難くなっているのではないかと思います。 http://www.kt.rim.or.jp/~igeta/gr00/mk/03.html#3-3b http://moon.ap.teacup.com/bluebird/226.html http://moon.ap.teacup.com/bluebird/221.html 「世間(の目)」をキーワードにして探ってみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

先日の宮崎被告の死刑においても裁判通して明確な動機の解明はなされませんでしたよね。 「心の闇」なんて一言で片付けて、みんななぜ疑問をもたないのでしょうか?。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 少年犯罪

    最近の少年犯罪の報道について疑問に思うことがります。警察庁の調べによれば、少年犯罪の発生件数は昭和20年代から今までを比べてみても、現在のほうが少ないようです。凶悪事件が増加したといっても、その頃でも殺人事件はおきているようです。 少年犯罪が「心の闇」という形で大々的に報道されていますが、なぜ今「心の闇」や人間関係に原因が直結されているのでしょうか? インターネットなどの情報技術の発達、テレビゲームなどの娯楽の充実といった問題が「現代」にあるからでしょうか? 気になって仕方ありません。参考になるような本やホームページがあれば、教えていただければ幸いです。

  • 未成年の頃の犯罪は報道される?

    大阪の姉妹殺害事件の山地悠紀夫容疑者ですが、16歳の時に母親を殺害している事が報道されています。 「母親殺害」について、私は知らなかった(もしくは覚えていない)んですが、当時は「未成年」なのでおそらく実名報道はされていないと思います。 そこでふと思ったのですが、神戸連続殺傷事件の元少年(酒鬼薔薇聖斗)が成年となった今(たしか退院(出所?)してますよね?)、殺人などの事件を起こしたら「この容疑者は、○歳の時に「酒鬼薔薇聖斗」と名乗り神戸連続殺傷事件を起こした元少年で・・・」といった報道がされるのでしょうか?

  • 少年犯罪の共産化

    最近の少年犯罪は大勢で1人を吊し上げる、いわゆる共産党で言う所の 「総括」に似ています。 これは、学校でのクラスの中の虐めに通じることだと思いますが。 また、なぜこんなことを子供がするのかを考えた場合、誰かにやり方を 教えられた。または実際にやられた。としか考えられません。 女子高生コンクリート詰め殺人事件の時にも思ったのですが、共産党員 の親が毎日、同僚を言葉でやり込めているのを見て「ああ、人をかしづか せ、言うことを聞かせるのはあれが一番だ」と思ったに違いありません。 埼玉の事件でも、この事件を起こした少年は学校で何を習ったのか?。 おそらく吊し上げのやり方と問い詰める言葉だけを習ったのでしょう。 日教組の成果ですね。 犯罪国家を作るためのものです。 どう思いますか。

  • 殺人事件と殺害事件

    くだらない質問で申し訳ありません。 ニュースを見ていると、○○殺人事件とか殺害事件とかありますけど、そもそも殺人事件と殺害事件の差ってなんなんでしょう? 勝手に名前を付けているだけ?

  • 少年犯罪の受け止め方の差異

    先日の少年による放火殺人事件のことで、ひとつ疑問に感じることがあります。 一人で三人も殺害し、その中にはいたいけな子供が二人いました。 相当な凶悪犯罪だと思うのですが、犯人を強く非難する声があまり聞こえてきません。 今までは、少年少女の凶悪犯罪に対しては、 「少年法が甘すぎる!!」 「高校生(or中学生)くらいなら善悪の判断は十分できるのだから、大人と同様の量刑を与えろ!!」 といった意見に接することが多かったですが、今回の事件ではそういった声がほとんど聞こえてきません。 いたいけな子供を焼殺するなどという行為は、残虐性においてコンクリート詰め女子高生殺人や酒鬼薔薇聖斗の殺人などにひけをとらないように感じるのですが。 私が感じている疑問について、どのような観点でも結構ですのご意見を頂ければ助かります。

  • 自殺した少年が高専殺人事件の犯人と断定される証拠があるのですか?

    高専の女子学生殺害事件の指名手配の19才の少年が結局は自殺で見つかりましたが、この事件は当初は目撃者もいなくて、鍵のかかった密室での殺人事件としてセンセーショナルに報道されていました。 おそらく被害者の交友関係を当っていくうちに問題の少年の所在が不明だったので手配したのかと思うのですが、この少年が犯人に間違い無いという明確な証拠(物的証拠、状況証拠)でもあるのでしょうか? それともあくまでも疑わしい容疑者という立場のままなのでしょうか?

  • 少年犯罪は悲しすぎる、同情は?

     すべての少年犯罪がそうではありませんが、動機の背景にはとても悲しい同情すべき点もあるように感じます。  みのものたのように「やったら死刑!」というのはストレートで正論であり、世間の風潮も「少年でも殺せ!」と言っているように感じます。  私も親族・隣人を殺されたらそうなるでしょう。しかし、私が他人事と感じているからだと思いますが、俯瞰で見ている私からすると「少年の人生はあわれだな・・・」と思ってしまいます。    たとえば、大阪で起きた姉妹殺害事件ですが、犯人の生い立ちは涙なしには読めません。父親の理不尽な行動と早すぎる死。それからなる貧困生活。母親の過度な干渉。頑張れと言われても結局生まれた環境で培われたいしづえがその後の人生を大きく左右するわけで、自立しても不安定な生活を強いられます。誰もが奇跡のような出世を頑張ればできるというわけでもありません。  もちろん、被害者の殺され方も涙なしには読めないのですが。  問題を解決するためには一体どうすればいいんでしょうかね?。  やはり、どんなに生まれた環境が不遇でも悪いことは許されない!という姿勢だけで解決はされると皆さんはお考えでしょうか?

  • 殺人と殺害の違い

    ニュースなどで「殺人事件」と言う場合と「殺害事件」と言う場合があります。使い分けの基準はあるのでしょうか。

  • 池永容疑者は殺人罪以外でも…?

    三鷹の女子高生殺害事件で逮捕された池永容疑者は殺人未遂(被害者が死亡したので殺人罪に切り替わると思いますが)だけではなく犯行直前に鈴木さんの猥褻な画像や動画をネットに載せています。 そちらの容疑で再逮捕って事はありますか?

  • どう違うのですか

    殺人事件と殺害事件とは、一見同じ様に思いますが、 分ける理由なんてあるのですか それとも、根本的に何かが違う訳ですか 法律に詳しい方々、是非教えてください。