• ベストアンサー
  • 困ってます

漸化式

第n番目の数列をa(n)とします。 次の漸化式を求めよ。 a(1)=0として、 a(n+1)+a(n)=2のn乗 ちなみに、この数列は0、2、2、6、10、22、のようになります。 わかる方宜しくお願いします。 解法のポイントなども教えていただければ助かります。特に勘違いしやすいところとか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数251
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • f272
  • ベストアンサー率45% (5141/11389)

a[n+1]+a[n]=2^n のようにr^nが出てきたら両辺をr^(n+1)で割ります。これが定石です。 a[n+1]/2^(n+1)+(1/2)a[n]/2^n=1/2 移項する a[n+1]/2^(n+1)=(-1/2)a[n]/2^n+1/2 x=(-1/2)x+1/2をとくとx=1/3だから1/3を引く a[n+1]/2^(n+1)-1/3=(-1/2)(a[n]/2^n-1/3) だからa[n]/2^n-1/3は公比が(-1/2)の等比数列です。 a[n]/2^n-1/3=(-1/2)^(n-1)*(a[1]/2^n-1/3)=(-1/2)^(n-1)*(-1/3) a[n]/2^n=1/3+(-1/2)^(n-1)*(-1/3) a[n]=(2^n)/3+(-1)^n*(2/3)=(2^n+2*(-1)^n)/3 勘違いしやすいところなどどこにもありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

言われてみれば、おっしゃる通りです。 ありがとうございます。 これをみていると、なぜ出来なかったか不思議に思われます。 もちろん、知識と練習不足ですが。 それにしても、無駄のない解答だと思います。

関連するQ&A

  • 漸化式の問題

     漸化式の単元の問題でわからないものがあるので教えてください。問題は「数列{a_n}が次の漸化式を満たすとき、{a_n}の一般項を求めよ。 a_1=2 , a_n+1=2a_n+2n+1(n=1,2,3...)」というものです。  どなたか解法を教えて下さいませんか?よろしくお願い致します。

  • 2項間漸化式の問題

    はじめまして。 数列a(n)が漸化式 a(n)=1 a(n+1)=a(n)-3・2^(n-1)-2 によって定められているときにa(n)はどのように求まるでしょうか? 解法を教えてください

  • 漸化式について

    続けて質問してしまってごめんなさい(><) もう一つ分からない事があるのですが、漸化式で(等差数列)の漸化式と(等比数列)の漸化式と(階差数列)の漸化式の使い分けが全く分かりません。特に(階差数列)の漸化式自体良く分からないので、その辺も詳しく説明お願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

解法のポイントなども教えていただければ助かります。      ↓↓↓ 数列の基本的なものは、 1 定数数列 2 等差数列 3 等比数列 の3つです。 《例》 1 数列 5,5,5,5.5.・・・・・ の一般項anを求めよ。 解) an=5 2 数列 1,4,7,10,13,16,・・・・・ の一般項anを求めよ。 解) 初項 1,公差 3 の等差数列だから   an=1+(n-1)×3=1+3n-3=3n-2 3 数列 2,8,32,128,512,2048,・・・・・ の一般項anを求めよ。 解) 初項 2,公比 4 の等比数列だから   an=2・4^(n-1) のように、すぐに一般項 an が求まります。 だから、漸化式を上の1,2,3のどれかになるように式変形をします。 a(n+1)+an=2^n ・・・・・・(A) ですが、 (A)の両辺を 2^n で割ると、 a(n+1)/2^n+an/2^n=1 ・・・・・・(B) となります。 このとき、左辺に注目して、 a(n+1)/2^n は、 a(n+1) (第(n+1)項)に対して分母は n 乗 an/2^n は、 an (第n項)に対して分母は n 乗 となり、これは規則性がなさそうですね。 (B)をさらに、式変形をして、 a(n+1)/2^n+(1/2)an/2^(n-1)=1 ・・・・・(C)  とすると、左辺は、 a(n+1)/2^n は、 a(n+1) (第(n+1)項)に対して分母は n 乗 an/2^(n-1) は、 an (第n項)に対して分母は n-1 乗 となり、これは規則性がありますね。 どちらも、第N項に対して分母は 《 1 》少ない N-1 乗 になっています。 ということは、 an/2^(n-1)=bn とおくと、(C)は b(n+1)+(1/2)bn=1 となります。(← この方法でも、もちろん解けます。) ですが、 さらに工夫して、 (A)の両辺を 2^(n+1) で割ると、 a(n+1)/2^(n+1)+an/2^(n+1)=1/2 さらに、 a(n+1)/2^(n+1)+(1/2)an/2^n=1/2 ・・・・・(D) と変形すると、 a(n+1)/2^(n+1) は、 a(n+1) (第(n+1)項)に対して分母は n+1 乗 an/2^n は、 an (第n項)に対して分母は n 乗 となり、先ほどよりも、もっと規則性がありますね。 どちらも、第N項に対して分母は 《 同じ 》 N 乗 です。 ということで、 漸化式(A)は、 (D)に変形して解いていきます。 an/2^n=bn ・・・・・(ア) とおくと、(D)は b(n+1)+(1/2)bn=1/2 ・・・・・(E) この形の漸化式は、 b(n+1) と bn を x とおいて、 1次方程式 x+(1/2)x=1/2 ・・・・・(F) を解きます。 (3/2)x=1/2 x=1/3 これを、(F)に代入して 1/3+(1/2)1/3=1 ・・・・・(G) (F)-(G)を計算して、 {b(n+1)-1/3}+(1/2)(bn-1/3}=0 {b(n+1)-1/3}=-(1/2)(bn-1/3} ・・・・・(H) ここで、 bn-1/3=cn ・・・・・(イ) とおくと、(H)は c(n+1)=-(1/2)cn となり、数列{cn}は、等比数列になります。 初項は c1=b1-1/3=a1/2^1-1/3=0-1/3=-1/3 公比は -1/2 です。 これから、数列{cn}は、 cn=(-1/3)(-1/2)^(n-1) となり、次に、数列{bn}は、(イ)より bn-1/3=(-1/3)(-1/2)^(n-1) bn=(-1/3)(-1/2)^(n-1)+1/3 となり、さらに、数列{an}は、(ア)より an/2^n=(-1/3)(-1/2)^(n-1)+1/3 an=(-1/3)×2(-1)^(n-1)+(1/3)2^n =2(1/3)(-1)^n+(1/3)2^n =(2/3)(-1)^n+(1/3)2^n (={2(-1)^n+2^n}/3) と解けます。 特に勘違いしやすいところとか     ↓↓↓ n,n+1,n-1 などの勘違いやまちがい、 両辺に 2^n を掛けたときに、約分をまちがえたり、 -(-1)^(n-1)=(-1)^n や (-1/2)^n=-(-1/2)^(n-1) などの計算のとき、 何乗になるか、 等、気をつけて(落ち着いて計算して)下さい。 解き方の流れをしっかりと覚えて下さい。 1.2.3のいずれかの数列が作れば、 あとは、『ドミノ倒し』のように、 cn ⇒ bn ⇒ an と、順次求まっていきます。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

答えに至るまでの考え方など、丁寧に解説していただきありがとうございます。 うまくないが答えに辿りつける解法、これもいいけれど、もっといい方法もあるから、解き方の定石を活用するという考え方は大事だと思います。

質問者からの補足

(-1/2)^n=-(-1/2)^(n-1) のところですが、-1/2(-1/2)^(n-1)ではないのですか。他に変形の仕方はあるとおもいますが、苦手なところといいますか、いつも苦戦していますので確認のためにコメントしました。 宜しくお願いします。

  • 回答No.4
noname#223095

回答者No.2の方の計算法がもっとも分かりやすいでしょう.最後まできちんと計算されています.ご指摘されているように,この問題の場合ですと,与式の両辺を2のn+1乗で割るのです(2のn乗で割ってもいいですが,2のn+1乗で割る方が分かりやすいでしょう).一般に,ネット上ではaのb乗をa^bと表記します.これは正式な表記法ですから知っておいて下さい.ですから,2の(n+1)乗をこの表記法で表すと,       2^(n+1) となります.従って,質問者さんが示された漸化式をこの表記を用いて表すと,      a(n+1)+a(n)=2^n となります.この両辺を2のn+1乗,すなわち2^(n+1)で割るのです.すると      a(n+1)/2^(n+1)+a(n)/2^(n+1)= 1/2 さらに,上式の左辺の第2項において,1/2を1つ前に出して,(1/2)a(n)/2^nとして書き直すと,上式は,      a(n+1)/2^(n+1)+ (1/2)a(n)/2^n=1/2 さらに,質問者さんがより馴染みのある形にするために,上式の左辺の第2項を右辺に移すと,      a(n+1)/2^(n+1)=‐(1/2)a(n)/2^n+1/2・・・(1) となります.ここで,見やすくするために,a(n)/2^nをb(n)と書くとこにすれば,(1)の左辺については,      a(n+1)/2^(n+1)=b(n+1) と表されることが分かるでしょう.従って,(1)は,b(n),b(n+1)を用いて書き直すと,      b(n+1)=‐(1/2)b(n)+1/2・・・(2) この漸化式はもっとも基本的な漸化式で,その解法はおそらく質問者さんも知っておられるでしょう.ここで,b(1) = a(1)/2^1= 0 (なぜなら,a(1)=0)として(2)を解くと,      b(n)=(1/3){1‐(‐1/2)^(n‐1)} が得られるはずです.これで,a(n)/2^nが求まった訳です.すなわち,      a(n)/2^n=(1/3){1‐(‐1/2)^(n‐1)} この式の両辺に2^nをかけることで,      a(n)=((2^n)/3) {1‐(‐1/2)^(n‐1)} これで,a(n)が求まりました. 最後の結果は,頭の分子にある2^nを,中括弧{ }の中へ掛け込むことで,      a(n)=(1/3){2^n‐2・(‐1)^(n‐1)} と書き直すことができますが,是が非でもやるほどの変形ではありません. 以上,参考になりましたら.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

初歩的なところから教えていただきありがとうございます。 >回答者No.2の方の計算法がもっとも分かりやすいでしょう< まったく同感です。 「^」は今後活用します。

  • 回答No.3
  • bran111
  • ベストアンサー率49% (510/1034)

漸化式はいくつかの項の間の関係を明らかにすることが出発点です。 a(n+1)+a(n)=2^n                (1) これは2項間の関係のように見えますが右辺にnが入っているので一般論としてはうまくない。次のように考えます。 a(n)+a(n-1)=2^(n-1)                この二つから a(n+1)+a(n)=2(a(n)+a(n-1))             (2) ゆえに a(n+1)-a(n)-2a(n-1)=0               (3) この問題は本質的に3項間の漸化式ということがわかります。 p+q=1                    (4) pq=-2 (5) とおくと(3)は a(n+1)-(p+q)a(n)+pqa(n-1)=0 これは a(n+1)-pa(n)=q(a(n)-pa(n-1)=q^(n-1)(a(2)-pa(1)) (6) と書き換えることができます。同様に a(n+1)-qa(n)=p(a(n)-qa(n-1)=p^(n-1)(a(2)-qa(1)) (7) (6)-(7)を作ると (q-p)a(n)=[q^(n-1)-p^(n-1)]a(2)-[q^(n-1)p-p^(n-1)q]a(1)    (8) となり、一般項a(n)が求められそうです。注意しなければばらないのは q-pが0かどうかということです。そもそもp,qは何かということがわかっていませんでした。 それは(4),(5)よりp,qを解とする2次方程式 t^2-t-2=0を解けばよいことがわかります。 因数分解して (t+1)(t-2)=0 よってp,q=-1,2 p=-1,q=2 のとき(6)は a(n+1)+a(n)=2(a(n)+a(n-1))      (9) これは(2)そのものです。 p=2,q=-1 のとき(6)は a(n+1)-2a(n)=-(a(n)-2a(n-1)) (10) となります。つまり(2)はこのように書き換えることも可能ということです。 p≠qなので(8)からa(n)を求めることができます。ここでは穴地ことですが次のようにしてみましょう。 (9)より a(n+1)+a(n)=2(a(n)+a(n-1))=2^(n-1)(a(2)+a(1)=2^n (11) (10)より a(n+1)-2a(n)=-(a(n)-2a(n-1))=(-1)^(n-1)(a(2)-2a(1))=2(-1)^(n-1) (12) (11)-(12)より a(n)=[2^n+2(-1)^(n-1)]/3

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

くわしい解説ありがとうございます。 特性方程式がなぜ正しいかについては文字で考えるとその通りなのですが、 なんかしっくりこないのも事実です。 二次方程式の解と係数の関係、対称式の知識をこういうところでも活用することができることの一例だと再認識。

  • 回答No.1
  • gohtraw
  • ベストアンサー率54% (1630/2966)

ちゃんと解いてはいませんがアイディアだけ。 a(1)+a(2)=2 -(a(2)+a(3))=-2^2 a(3)+a(4)=2^3    ・    ・     ・ a(n-1)+a(n)=2^(n-1) ・・・(nが偶数の場合) -(a(n-1)+a(n))=-2^(n-1) ・・・(nが奇数の場合) これらを辺々加えて行くと、 左辺はa(1)とa(n)だけが残り、右辺は等比数列の和になります。 ただしnが偶数か奇数かによって左辺のa(n)の符号が変わるので 要注意かと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

チャート式でみかけたことあります。 最初この解き方をこころみたのですが、 練習不足、知識不足でうまくいきませんでした。 やっぱりこの解き方も知っとかないとと思います。

関連するQ&A

  • 漸化式の問題

    先日苦手な漸化式の問題が出され解いてみたのですがどうしてもうまくいきませんでした。どうしても解いてみたいので、回答と解き方を教えてください。 (問)漸化式(*) x_n+2=2x_n+1-2x_n=0 (n=1,2,…)をみたす数列    (x_n)_n=1,2,…全体のなすベクトル空間をVとする。  (1)Vの一組の基底及び次元を求めよ。  (2)α=1+i,β=1-i (i^2=-1)と置くとき、漸化式         (ⅰ) x_n+1=αx_n, (ⅱ) x_n+1=βx_n (n=1,2,…) をみたす数列(x_n)_n=1,2,…全体のなす集合をそれぞれW_1,W_2とする     と、これらは共にVの部分空間であることを示せ。  (3)漸化式(ⅰ),(ⅱ)をみたす例でない数列をそれぞれw_1,w_2とするとき、 Λ={w_1,w_2}はVの基底になることを示せ。  (4)Λに関する数列(1,1,…)∈Vの座標を求めよ。 以上です。 こんな簡単な問題も分からないのと思わず優しく教えてください。 お願いします。

  • 漸化式

    漸化式についてなんですが、 問題;数列{an}の初項から第n項までの和をSnとするとき、関係式Sn=2An+nが成り立っている。 n>=1のとき、Bn=A(n+1)-Anとおく。Bnをnを用いて表せ。 というものなんですが、どう変形したりしてもnで表せません。 答えはBn=-2^nなのですが、途中式が解法として載ってないのでよく分かりません。 ご解答お願いします。

  • 漸化式

    以下の問題ができなくて困っています。 誰か教えてください。 数列{an}が次の漸化式 a(n+1)=1/2(1-an) , (n=1,2,3,・・・) を満たしている。このとき lim(an) (n->∞)を求めよ。 っという問題なのですが、まずanを求める必要があると思うのですが、うまくいきません。ぜひ教えてください。お願いします。

  • 数列 漸化式

    A(n+1)=2A(n)+n (初項A(1)=1) という数列があるとします。 この一般項の形を求めるのに、この漸化式を満たす数列{B(n)}=αn+βを設定して、 この漸化式に代入、恒等式から{B(n)=-n-1}がわかります。 この{B(n)}の式が最初の漸化式を満たすわけですから、 A(n+1)=2A(n)+n B(n+1)=2B(n)+nの両辺を引いて A(n+1)-B(n+1)=2(A(n)-B(n))という等比数列が成り立つので、 A(n)=3*(2のn-1乗)-n-1   となると思うのですが、 ここから質問です。 なぜ最初の漸化式を満たした、B(n)=-n-1 と これまた漸化式を満たしている、A(n)=3*(2のn-1乗)-n-1 が異なっているのでしょうか? 回答お願いいたします。

  • 漸化式の…

    漸化式のα=pα+qを利用する方程式の教科書説明で 「p、qを定数、p≠1として漸化式が       an+1=pan+q で表されている時、この式がある値αを用いて       an+1-α=p(an-α) と変形できたとすると、数列{an-α}は公比pの等比数列になる。」ってところで、何故数列{an-α}なのでしょう?数列{an+1-α}ではないのでしょうか?

  • 数列  漸化式

    教科書を参考にしても、以下の四問が分からなくってかなりあせってます。答えまで導いていただいたら幸いです。よろしくお願いします!!  次の漸化式で表された数列の一般項a(n)を求めよ (1) a(1)=1、a(n+1)=a(n) / a(n)+1 (2) a(1)=1、a(n+1) / n+1=a(n) / n +2 (3) a(1)=1、n・a(n+1) =(n+1)・a(n) + n(n+1) (4) a(1)=3、a(n+1) = 3a(n) + 3のn+1乗

  • 数学Bの漸化式です

    数学Bの漸化式です。 わからない問題があるのでわかりやすく教えて下さい。 [問題] 漸化式A1=1、An+1=2An+2^n (n=1.2.3.....)で定められている数列{An}がある。 <1>Bn=An/2^nとおく。数列{Bn}の満たす漸化式を求めよ。 <2>数列{An}の一般式を求めよ。 [注意]^←この記号は二乗を意味してます。 と言う問題です。よろしくお願いします。

  • 漸化式(隣接2項間)・a_n+1=pa_n+q

    漸化式(隣接2項間)の問題・a_n+1=pa_n+q 隣接2項間の漸化式の問題で 例)α=&#65293;1より、a_(n+1)+1=3(a_n+1) これがなぜ「数列(a_n+1)が、初項a_1+1=2,公比3の等比数列であることを表している」のでしょうか? どなたかわかりやすくお願いします。

  • 漸化式 a_n = (n+1)a_(n-1) - (n+1)a_(n-2) +1 の解き方

    漸化式が解けなくて困っています. (漸化式): a_n = (n+1)a_(n-1) - (n+1)a_(n-2) +1 (条件) : a_1=1, a_2=4  この漸化式を解く方法,または,そのヒントをどなたか教えていただけないでしょうか? 出来れば,高校生が分かるレベルでの解法でお願いします. あと,係数に変数が入っている漸化式は,数学的帰納法を使えない場合,一般的にどうやって解けばいいのでしょうか? よろしくお願いします.

  • だれか漸化式について教えてください。

    もういい中年なのですが昔数学で苦手だった分野を 勉強しています。 いま『なるほど高校数学 数列の物語』と云う本を読んでいます。  漸化式のところでつまずいて前に進めません。  どなたか教えてもらえないでしょうか。  &#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;  初項がA1、An+1=PAn+Q n>1 P、Qは定数  の漸化式で確認しておきましょう。  An+1&#65293;α=P(An&#65293;α) つまり An+1=PAn&#65293;Pα+α  と与えられた漸化式       An+1=PAn+Q  を見て、定数項を比べると   Q=&#65293;Pα+α=α(1&#65293;P)  となり、この式から       α=Q/(1&#65293;P)・・・・・(1)  とすればよいことが判ります。このとき数列{An&#65293;α}は  An+1&#65293;α=P(An&#65293;α)より、公比Pの等比数列となり、その  初項は   A1&#65293;α=A1&#65293;Q/(1&#65293;P)・・・・・・・(2)  なので   An&#65293;Q/(1&#65293;P)=(A1&#65293;Q/(1&#65293;P))×Pのn-1乗・・・・(3)  よって   An=(A1&#65293;Q/(1&#65293;P))×Pのn-1乗+Q/(1&#65293;P)・・・・・(4)    と一般項が求まります。  &#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;  数列{An&#65293;α}の公比はPになることは直感的に判るのですが  初項はどうして求めるのだろうかと思って読んでいたのですが  最後に求まったのはAnの一般項でした。  それに(4)式にn=1を代入して出てくるのはA1で当たり前の結果  です。  ここでの漸化式はAn+1&#65293;α=P(An&#65293;α)の形式に持ち込めたら  公比Pの等比数列の公式をあてはめることが出来てnの一般項  が求まると云う主旨かと思うのですが、説明の流れがいまひとつ  つかめません。  解説のほどよろしくお願いいたします。