• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

建設業経理士検定問題(繰り延べ資産の償却について)

建設経理士検定2級の問題でわからないところがありました。 「2014年度版 スッキリとける問題集 建設業経理士検定2級」という問題集の 繰延資産の償却に関するところで、問題文が下記のものです。 以下の資料により、決算で行う償却仕訳を示し、貸借対照表に計上される金額を求めなさい。 なお、繰り延べ資産は下記に示す期間で定額法により償却する(決算日は×6年3月31日、年1回) 資料 (1)諸勘定の残高(一部) 創立費    500,000円  開業費   1,000,000円  開発費 600,000円 株式交付費 180,000円  社債発行費 360,000円 (2)繰延資産項目の支出日と償却期間は次のとおりである。 (1) 創立費    ×1年4月1日(5年) (2) 開業費    ×2年4月1日(5年) (3) 開発費    ×3年4月1日(5年) (4) 株式交付費 ×5年4月1日(3年) (5) 社債発行費 ×5年4月1日(3年) こういう問題なのですが、 費用を償却期間で割って、1年分の償却費を求めて、 その1年分の償却費に決算日までの年数(支出日が全て4月1日なので月割り計算していません)を かけて解きました。すると、 (1)は500,000÷5で1年分が100,000円。決算日まで5年なので、100,000×5で500,000円。 (2)は1,000,000,÷5で1年分が200,000円。決算日まで4年なので、200,000×4で800,000円。 (3)は600,000÷5で120,000円。決算日まで3年なので、120,000×3で360,000円。 (4)は180,000÷3で60,000円。決算日まで1年なので、60,000×1で60,000円 (5)は360,000÷3で120,000円。決算日まで1年なので、120,000×1で120,000円。 このように償却費を求めて、【借方 ○○償却費  貸方 ○○】このようにして (1)から(5)までを問題用紙に記入して、残った費用も空白の解答欄に 【創立費 0円 開業費 200,000円】このようにして記入して答え合わせをしたところ… 開業費と開発費だけが間違っているんです。 例えば正解していた創立費については解説では 創立費償却:当期は設立5期のため、全額償却します。 この解説は理解できました。繰延資産の残存価額は0になるので、支出日から5年経ち0ですよね。 しかし、次の開業費のところで 開業費償却:1,000,000円÷2年(当期、次期)=500,000円 開発費のところは 開発費償却:600,000円÷3年(当期、次期、次々期)=200,000円 全く意味がわかりませんでした。繰延資産の償却は残存価額0で定額法ですから 例えば1年分の開業費の償却ですと、5年で償却になるので1,000,000円ある残高は5で割った 値の200,000であるべきですよね?それと支出日が×2年4月1日で×6年3月31日に決算日があり、 年1回とあるわけですから、まず決算日は4年分の償却がされて、次期に残りの分が償却されます よね? どういうことか全くわかりません。お手数おかけしますが、わかる方、アドバイスをお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1159
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

(2)開業費 支出日が×2年4月1日で5年償却ですから、前期までに  ×3年3月31日  ×4年3月31日  ×5年3月31日 と3回償却されているので、1,000,000円は残りの2年分です。 開業費償却:1,000,000円÷2年(当期、次期)=500,000円でもよいし、 当初の支出額を算出して  1,000,000円÷2年×5年=2,500,000円 その当初支出額を5年で割っても  2,500,000円÷5年=500,000円 結果は同じです。 (3) 開発費も同様です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

意味がわかりました!!!本当にありがとうございます。 つまり、資料(1)は×1年4月1日のものではなくて、 ×6年3月31のものなんですね。 だから、×6年3月31日になって決算日になったときに この時点の開業費の残高が1,000,000になっていて、 それまでの減価償却累計額(3年分)は引かれているので、 当期の減価償却と次期の減価償却の分で定額法により、 2(年)で割って残存価額が0になり、値は500,000という ことになるんですね! 助かりました!ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 繰延資産についてよくわかりません。

    繰延資産の説明に「当期において支出を行い、これに対するサービスなどを受けたが、その支出の効果が当期だけでなく時期以降に及ぶ場合、その支出額を時期の費用として繰り延べるために計上される資産」 と書いてありますが、ここで質問です。 繰延資産には、創立費・開業費・開発費・株式交付費・社債発行費がありますが、 1.ここで言っている用役とは何ですか? 2.用役の効果が時期に及ぶって何が言いたいのかよく意味がわかりません。それぞれの繰延資産の勘定科目ごとに、用役の効果が時期に及ぶとはどういうことかを例に挙げて教えて下さい。 3.なぜ繰延資産は償却するのでしょうか? 脳みそが小さいので、わかりやすくご教授お願いします。

  • 創立費は、営業外費用とするのか、繰延資産とするのか?

    創立費は、営業外費用とするのか、繰延資産とするのか? 経理のいろはもわからない超初心者です。 創立費の会計処理について、いろいろなサイトを読みました。こちらのサイトでも多くの質問がよせられているのですが、よくわからないので、質問させていただきます。 あるサイトで、創立費や開業費は、営業外費用として処理をすると説明がありました。ただし、繰延資産として計上することもできる、と。また、資産として計上した場合には、5年以内に定額法で償却しなければならない(任意の償却も可能)と覚えました。 営業外費用として処理するべきなのか、繰延資産として計上するべきなのか、基本的なところがわかりません。 私の理解では、 営業外費用の場合・・・その全額を初年度にかかった費用として、仕訳する。 繰延資産の場合・・・一括資産計上し、期末に償却の仕訳をする。 これであっていますか? 費用になるのか、資産になるのか、大きな違いがあるように思えるのですが・・・

  • 繰延資産の取得とはどういうことでしょうか?

    キャッシュ・フローで、繰延資産の取得による支出という勘定科目を見かけました。 繰延資産は開業費、創立費などその効果が将来にわたる費用とありますが、費用を取得するとはどういうことでしょうか?長期前払費用の取得というのもありますが、ご存知の方、ご教示お願いします。

  • 勘定科目について

    ただいま、確定申告をするために会計王10をつけています。何とか会計士さんに頼まずに申告書を作成したいと思っていますが、なかなかはかどりません。どなたかわかる方がいらしたら教えてほしいです。よろしくお願いします。 去年、6月に法人を立ち上げ、その会社設立の経費についてです。 経理ソフトでは創立費、開業費、繰延資産償却費の科目があります。法人が立ち上がるまでの設立にかかわるものは、創立費、設立から開業までの広告宣伝費などが開業費、というのは理解できています。繰延資産償却費は設立にあたり支出した費用とソフトでは解説されていますが、もっと明確で詳しい仕分けを教えてください。

  • 決算時、繰延資産とした開業費について

    決算時に、開業費を繰延資産としました。 次期期首において、どのように処理すればよいのでしょうか? 繰延資産を開業費に戻す仕訳が必要ですか? 繰延資産のままでよいのでしょうか? 仕訳の仕方をご教授いただければ助かります。 よろしくお願いいたします。

  • 繰延資産の償却方法

    例えば、繰延資産に当たる開業費が1000万だったとします。この1000万 を赤字が続くと思われる当初3、4年くらいは資産計上しておいて、5年 目以降から繰延資産として償却するということは可能なのでしょうか? ある経理関係の方は別に問題は無いと思うと言っていましたが・・・ 宜しくお願い致します。

  • 日商簿記2級 繰延資産

    簿記2級の繰延資産の意味が理解できないのですがテキストを見ると (創立費/現金) (創立費償却/創立費) となっていたので 会社創立時(増資時)に一括で計上した費用を後に少しずつ消していっている という解釈でいいのでしょうか? もしそうなら先に計上した費用を後から消していく意味はなんですか? 説明が上手く出来てなくて申し訳ないのですがよろしくお願いします

  • 繰延資産の償却について

    少々繰延資産について調べています。 いろいろと見たところ、 商法上では繰延資産は任意償却で、 税法上ではものによって違うことが分かりました。 ここで疑問がわきました。 商法にあたると5年以内の償却、とあるのに実際は任意償却となってます。 なぜでしょうか?別に定めがあるのでしょうか? 誰か教えてください。よろしくお願いします。

  • 創立費と開業費について

    創立費と開業費について 今期7期目の決算を迎えた法人ですが、黒字決算に なるため、今まで繰り延べてきた創立費と開業費を 償却したいと考えています。 創立費と開業費の償却費の計算は、 支出の効果が及ぶ期間を5年とし、 今期は12月/60月(5分の1)に相当する金額を 償却費とするしかないのでしょうか。 それとも任意償却なので、今期に全額(60月/60月)を 償却することも可能ですか。

  • (株式交付費など)繰延資産として繰り延べると何が良いのですか?

    株式交付費・社債発行費や創立費・開業費などを 繰延資産として翌期に繰り延べると何が良いのでしょうか? 日商簿記2級を勉強しています。 本では淡々と「繰り延べて翌期以降に償却する」と書いてあるだけで分からないのですが、 当期で発生したものを当期の費用として一括で計上せず、 わざわざ資産として(なぜ資産になるかも分からないのですが…) 翌期に繰延べ、分割して償却するのは何故なのでしょうか? 税法上メリットがあるのですか? 教えて頂ければ幸いです。