• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ウクライナをEU派とロシア派の二つの国にすれば?

ウクライナでEU派とロシア派の衝突が激化しています。 この際、二つの国に分けることはできないのでしょうか? 国を分断すると、何か問題が起こる可能性はありますか?

noname#194660

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数209
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7191/21831)

右と左、という具合に、はっきりと住み分けが 出来ていれば可能なんでしょうけどね。 現実は、複雑に入り組んでいる訳です。 引っ越すたって、仕事も愛着もあるし、悪い場所に は行きたくないし・・・。 しかも、バックにはEUとロシアが控えて、 色々と工作しています。 国家が固まるまでは多くの血が流れる、という のは歴史の示すところです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。 EUとロシアは、どんな裏工作しているのでしょうか。 とても興味があります。 デモ隊の中に、お互いのサクラがいたりして(^^;)

関連するQ&A

  • よく分からないウクライナのEU寄り

    冷静に考えればロシアと西側の緩衝地帯となっているウクライナが西側寄りになればロシアの態度が硬化する事は充分予想出来たのではないだろうか。 しかもソチで冬季五輪をやっている最中にその様な動きを起こす事は無かったのではないだろうか。 結果としてクリミアは奪われロシアからのガスの供給も今後難しくなるだろう。困るのは国民であるし結果としてEUも困るものと思われる。 うまい事立ち回ってEUにもロシアにも双方にメリットのある国を目指せなかったのだろうか。 それともロシアから何らかの不適切な圧力を受けていたのだろうか。 事情通の方のご意見を伺いたい。

  • ウクライナはロシアから独立したので、またロシアから

    ウクライナはロシアから独立したので、またロシアから支援を受けるのが許せない国民性というのは重々承知していますが、ウクライナってデフォルトを起こしていますよね?もうロシアからの支援がないと社会経済インフラすべてがストップするわけで、なぜどうしても避けられない運命で、さらにロシアが支援してくれる。EUは嫌だと言っているのに、なにをわがままを言っているのでしょう?早くロシアから支援を受けるべきでしょう。自立出来なかったのに、なぜまだ悪あがきをするのでしょう?諦めてロシアの支配下に戻ってください。違いますか?

  • なぜロシアがウクライナとのガス紛争において責められなければならないのでしょうか?

    ロシアがウクライナへ供給するガスの値上げを行った事を非難する人がいますが、なぜロシアが非難されなくてはならないのですか? ロシアはウクライナやベラルーシなどの旧ソ連国家に対し、自分たちと縁があるからという理由で格安の身内価格でガスを提供していたんですよね?ですが、ウクライナは欧米に擦り寄るためにロシアとの縁を切った。ならばロシアが格安でガスを提供する理由はありません。値上げといいますが、もともと格安に値下げしていたガスをEUに提供するときの通常価格に戻しただけ。こんなのは値上げとはいえないのでは? ロシアはEUで1バレル250ドルで売っていたガスをウクライナに1バレル50ドルで売っていたのを、ウクライナがEU寄りになったということで230ドルにしただけ。EUへ売る価格よりもまだ安いのですから、これで払えないというのはただの我侭のような気がします。 そもそもウクライナ自身ロシアから格安で購入していたガスを高値でEUに売り飛ばしていたわけでしょう?ロシアがEUに売る際の値段とは変わらないとはいえ、原価の数倍で転売するなどという事をされればロシアだって怒っても不思議ではありません。 このガス紛争のことでロシアは自分に逆らうものに圧力をかけている悪い国だという批評が数多くありますが、私に言わせればロシアのどこに非があるのでしょうか? 自分と縁があると理由でガスの値下げをしていたのに縁を切ろうとした上、格安で売ったガスを高値で転売していた。これでウクライナに対して何の措置もとらず今までどおり格安の値段でガスを売っていたらロシアはただのアホじゃないですか。 今のところはガスの値上げについての質問であり、他にもいろいろと疑問点がありますが、それは追って補足します。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • StuG3
  • ベストアンサー率26% (18/68)

まず、ウクライナの分断は、EUもロシアも望んではいない。 ウクライナの西部はEU寄りだが、ここはたいした産業もなく、引き受けるEUはそんなところの面倒をみるのはまっぴらごめん。 東部と南部はロシア寄りだが、西部がEU圏に持っていかれたらその後東部もEU圏の影響下に入ってしまうのはあきらか。 それから、ウクライナ人も分断は望んではいない。 国が小さくなったら国力も人口も小さくなり、周辺国家からの干渉や経済支配にさらされることになる。 西部はEU寄り、東南部はロシア寄りだが、それぞれの支配下に入る気も属国になる気はさらさらない。 EUもロシアも別にウクライナ人の幸せなんて興味ない。彼らが欲しいのは資源、労働力、食料、領土、利権だ。 そしてそれを狙っているのは、EUとロシアだけではない。 ポーランド、ルーマニア、ドイツ、トルコ等の周辺諸国だ。これらの勢力はEUの後ろにいながら別の狙いも持っている。 その狙いに警戒しているのがイギリスとフランス。EUも一枚岩ではないし、脆い集合体でもある。 ロシアもウクライナの混乱や分裂により、それがロシア南部に波及することを恐れている。せっかく大資本を投下して強行したソチオリンピックもロシア南部の混乱により水泡に帰する可能性がある。 グルジアなどのコーカサスの「反ロシア」勢力やイスラム諸勢力が勢いを増すことはロシアとしても避けたい。 ウクライナの混乱は、日本にとって他人事ではない。 もしウクライナが分断し、EU対ロシアの代理戦争として紛争を起こすことになるのは、当のウクライナ人もEUもロシアもアメリカも望んではいないが、唯一地球上でそれを望んでいる国があるとしたら中国であろう。 欧州の混乱は、東アジアの支配権拡大に有利になるからだ。 ロシアも極東を中国に簡単に明け渡す可能性が高くなる。 現に中国は、ヤヌコビッチ大統領に接近して経済・核の面での協力関係を申し入れた。 親ロシアのヤヌコビッチ政権だが、ロシアとの交渉道具として中国というカードを使った。そのことがロシアの逆鱗に触れ、今回のキエフ暴動をロシアは黙認したと思われる。 ウクライナの混乱は、単にひとつの国の混乱に収まらず、世界的規模の混乱に発展する可能性もあるし、その兆候はすでに現れはじめている。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。 ロシアもEUも、ウクライナにとっては、ハゲタカファンドですね(^^;) 悲劇のウクライナ、どうなるのでしょう・・・

  • 回答No.3

ここからこっちはEU派、あっちはロシア派と分割しているのではありません。 二分しても両方に両派が居ることになる。強制移住などは独裁者が存在しなければ無理。 内乱が細分化された内戦と両国間の戦争になるだけ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。 簡単に住み分けすることはできないのですね。

  • 回答No.2
  • km0710
  • ベストアンサー率26% (145/553)

そうやって国と言う物は成熟していくものなのです。 日本でも幕府軍と新政府側に別れて殺しあいをした結果、新しい日本が生まれた。 ウクライナも旧ソ連から分離独立したものの国家として成熟しているさいちゅうなのです。 どちら側に決まろうともウクライナ単独で勝敗は決しなければならない。 ロシアも含めて他国が介入してはダメなのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

日本は最終的にアメリカによる民主化が行われました。 私がウクライナ人だったら、EUに入りたいですが。 ソチの街の様子を見ていると、どうもロシアは怪しいです。

  • 回答No.1
  • 19740
  • ベストアンサー率2% (6/204)

あなたも暇な方ですな 日本人がそんなこと思ったら ウクライナのひとが怒るよ内政干渉だと それは彼らが考えることだ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。 ウクライナは豊かになったと言われています。 しかし、キエフに送電していたチェルノブイリ原発事故の影響は、 未だにあると言われています。 恐らく、激しい貧富の差が、衝突を生んでいるのではないかと考えます。

関連するQ&A

  • ウクライナとロシアの問題で

    ウクライナとロシアの問題で今年、来年に第三次世界大戦が行われる可能性はどれぐらいですか?

  • ウクライナ問題について

    ウクライナ問題について自分なりにざっくりまとめてみました。 1) 間違いや、肝心な部分で抜けがあったら指摘お願いします。 2) ロシアがウクライナに進軍してからのことがイマイチよくわかりません。 進軍~現在の状況はどうなっているんでしょうか? ----- ウクライナの真ん中には東西を二分するように川があり、 それを隔てて西側は親EU派、 東側は親ロシア派となっている。 比率は4:6。 ↓ 長らく親ロシア政権だったものの、2004年アメリカの干渉の元 親EU派の政権が発足。 ↓ ウクライナのEU加盟はEUにとってメリットがあった。 ・鉄鉱石や石炭などの資源が豊富な資源を関税なく手に入れられる ・軍事大国であるロシアを封じ込めるのに有利な土地 ◇ そのためEUはウクライナに資金援助をし歩み寄りを図るが、EU加盟の条件(財政赤字が対GDP比3%以下)をウクライナがクリアすることができず難航。 ↓ ロシアとしては隣国ウクライナがEUやNATOに加入すると大変な脅威なので、ウクライナのEU加盟を阻止したかった。 ◇ そのため親EU政権発足後は、天然ガスの価格をつりあげるなどして圧力をかけた。その後一転してガス価格の引き下げと資金援助を提案。 飴と鞭作戦によりウクライナは2010年 再び親ロシア政権に。 新政権によりEU加盟交渉は打ち切られた。 ↓ しかし親EU派からの不満の声が高まり、大規模なデモに発展。 親ロシア政権は制圧されトップは亡命。 これにより2014年 親EU暫定政権が発足した。 ↓ これに目をつけたのがアメリカ。 ロシアとウクライナを引き離す=ロシアからEUへの天然ガスの供給がストップ(ウクライナのパイプラインを使っているため)=自国のガスを売るチャンス と考え、暫定新政権を正式に認めるようEUに圧力をかけた。 ↓ 親EUウクライナ政府軍は、東側へ進軍。 ↓ ロシアはウクライナに住むロシア系住民の保護や、不法クーデターに対する治安維持を理由にウクライナに軍事介入。 ↓ ロシアはまずはじめにクリミア半島に軍を派遣。 黒海に面したこの港は軍事的に非常に大事な土地であったこと、 また住民の多数をロシア系が占めるクリミア半島自身から援助を求める要請があったためだった。 ↓ クリミア自治共和国で親ロシア派の新首相が誕生、独立宣言を行った。 それに続き、東部の都市も続々と独立宣言を行った。 ↓ 資源や地政学的にも東側地域は価値があり、西側はチェルノブイリなど負の遺産をかかえていたことなどから、ウクライナ政府軍は東側の独立に強く反発。攻撃を強めた。 ↓ ウクライナ政府軍は政変に対抗する東側市民を「テロリスト」とし、攻撃を正当化した。 アメリカはこれを支持。 ロシアはウクライナ軍と交戦。 ↓ アメリカとEUはロシアへ経済制裁。 しかしロシアからも負けじと経済制裁が行われた。 ↓ 国内の混乱は未だ収束していない。

  • ウクライナはドイツの勝利で、ロシアの敗北では?

    ウクライナ問題で多くの専門家はロシア、プーチンの勝利で欧米の敗北と主張しています。 木を見て森を見ずの愚かな考えです。 ソ連は崩壊後25年で東ヨーロッパに続き、ソ連を構成した共和国すべてをEU(=ドイツ)に取られ残るはロシアのみです。 無論ドイツの目的はウクライナのようなチンケなものでは無くロシアです。 ロシアをEUに併合することによりドイツの目的(ヒトラーが発動したバルバロッサ作戦)は完遂します。以上が私の見解ですが、皆様はどう思われますか?

  • ロシアとウクライナはなぜ仲が悪い?

    こんにりは。ロシアとウクライナは民族的にも近いはずなのに、主に天然ガスを巡って揉めていますが、なぜロシアとウクライナは仲が悪いんでしょうか? ウクライナもロシアを刺激してまで急激な親米路線に走ってもあまりメリットがないような気がします。一方、ベラルーシは 親ロ的ですが、ウクライナとベラルーシではどこが違うのでしょうか。 また、ベラルーシとウクライナの関係はどうなんでしょうか。

  • ロシア・ウクライナ

    簡単な質問だったらすみません ロシアとウクライナでガスの供給についての問題があるようですがあれの原因は何なのでしょうか? このニュースに対する意見があればそれも聞いてみたいと思います。

  • ウクライナの紛争について

    ウクライナの現政権は反政府デモ(クーデター)の結果出来たものです。親ロシア政権のヤヌコビッチ大統領は追い出されたのですよ。ロシアがウクライナに軍事干渉するのは当然ではないのでしょプか。世界はロシアが悪者の様に言ってますが、ウクライナにもロシア系国民はいます。今まで仲良く暮らしていたのにEU寄りになったからロシアは危機感を持っているのです。ウクライナへのロシアの軍事介入を防ぐにはクリミア自治共和国を独立させてロシア側にさせる事で双方を納得させれば良いと思います。クリミアが完全にロシア側になって不都合な事が有るのでしょうか。そうじゃないでしょうか皆さん。

  • ウクライナ、クリミアとロシア

    ウクライナ、クリミアとロシア  なぜなのかしら? 関係を 教えて頂けませんでしょうか?

  • EUの今後の加盟国は?

    明日、ブルガリア・ルーマニアがEUに加盟しますが、 この後、EU加盟する国は出て来るのでしょうか? 今月、EUはトルコの一件もあり、 拡大EU路線を見直すみたいなことを 決めたらしいですが、 トルコと共に、加盟交渉している クロアチアはどうなりますか? 他にも旧ユーゴスラビア諸国の国 (ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、モンテネグロ、マケドニア)はどうなりますか? また、直に加盟とかではなく、 概念的にEU加盟対象最大範囲というのは、 主にヨーロッパが対象だと思いますが、 ロシアが加盟することはないにしても、 旧ソ連から独立した ウクライナ、モルドバ、ベラルーシは そのEU加盟対象最大範囲に含みますか? それと、2回国民投票で否決された ノルウェーは今後、EU加盟の可能性はありますか? 他、スイス、リヒテンシュタイン、アイスランドは どうでしょうか? では、回答をお待ちしています。

  • ソ連が崩壊した時ウクライナはなぜロシアと分かれたの

    ウクライナ情勢がややこしくなってますが、そもそもなぜソ連が崩壊した時点でロシアとウクライナに分かれたのですか? 政治音痴なのでわかりやすく教えてください。

  • ロシアがEU及びNATOに加入する可能性は?

    ロシアがEU及びNATOに加入する可能性は? 軍事力も所詮、経済力に比例すると思います。 従って中国の経済成長が今後も続づき、近い将来ロシアが中国に併合される危険性は十分にあると思います。 その場合、ロシアはEU及びNATOに助けを求め、EU及びNATOもOKすると思います。 日本としてはロシアがEU及びNATOに加入すると北方領土交渉は今以上に困難になると思うのですがどうでしょうか?