• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ロシア・ウクライナ

簡単な質問だったらすみません ロシアとウクライナでガスの供給についての問題があるようですがあれの原因は何なのでしょうか? このニュースに対する意見があればそれも聞いてみたいと思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数298
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • nacam
  • ベストアンサー率36% (1238/3398)

ロシアとウクライナの問題は、大筋で決着がついたようですね。 天然ガスは、当初4倍以上の値上げであったのが、2倍程度に抑え、ウクライナをロシア産天然ガスが通る料金を若干値上げという事のようです。 さらに、ロシア産天然ガスを減らし、ロシア産より安い中央アジア産ガスをまぜた物を、ウクライナのロシア系企業に供給し、そこからウクライナへ供給とするようです。 これにより、ロシアとしては、ウクライナのロシア系企業に対する圧力を阻止する事もできるようになるわけです。 ただ、天然ガスの通過料の値上げ分を、どうするかがまだ未定らしいです。 (ロシアが負担するのか、ヨーロッパ諸国の値上げとなるか) ロシアとすれば、非友好国に、なにも国際価格を大幅に下回る価格で、天然ガスを供給する必要は無いという事でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • なぜロシアがウクライナとのガス紛争において責められなければならないのでしょうか?

    ロシアがウクライナへ供給するガスの値上げを行った事を非難する人がいますが、なぜロシアが非難されなくてはならないのですか? ロシアはウクライナやベラルーシなどの旧ソ連国家に対し、自分たちと縁があるからという理由で格安の身内価格でガスを提供していたんですよね?ですが、ウクライナは欧米に擦り寄るためにロシアとの縁を切った。ならばロシアが格安でガスを提供する理由はありません。値上げといいますが、もともと格安に値下げしていたガスをEUに提供するときの通常価格に戻しただけ。こんなのは値上げとはいえないのでは? ロシアはEUで1バレル250ドルで売っていたガスをウクライナに1バレル50ドルで売っていたのを、ウクライナがEU寄りになったということで230ドルにしただけ。EUへ売る価格よりもまだ安いのですから、これで払えないというのはただの我侭のような気がします。 そもそもウクライナ自身ロシアから格安で購入していたガスを高値でEUに売り飛ばしていたわけでしょう?ロシアがEUに売る際の値段とは変わらないとはいえ、原価の数倍で転売するなどという事をされればロシアだって怒っても不思議ではありません。 このガス紛争のことでロシアは自分に逆らうものに圧力をかけている悪い国だという批評が数多くありますが、私に言わせればロシアのどこに非があるのでしょうか? 自分と縁があると理由でガスの値下げをしていたのに縁を切ろうとした上、格安で売ったガスを高値で転売していた。これでウクライナに対して何の措置もとらず今までどおり格安の値段でガスを売っていたらロシアはただのアホじゃないですか。 今のところはガスの値上げについての質問であり、他にもいろいろと疑問点がありますが、それは追って補足します。

  • よく分からないウクライナのEU寄り

    冷静に考えればロシアと西側の緩衝地帯となっているウクライナが西側寄りになればロシアの態度が硬化する事は充分予想出来たのではないだろうか。 しかもソチで冬季五輪をやっている最中にその様な動きを起こす事は無かったのではないだろうか。 結果としてクリミアは奪われロシアからのガスの供給も今後難しくなるだろう。困るのは国民であるし結果としてEUも困るものと思われる。 うまい事立ち回ってEUにもロシアにも双方にメリットのある国を目指せなかったのだろうか。 それともロシアから何らかの不適切な圧力を受けていたのだろうか。 事情通の方のご意見を伺いたい。

  • ロシアとウクライナはなぜ仲が悪い?

    こんにりは。ロシアとウクライナは民族的にも近いはずなのに、主に天然ガスを巡って揉めていますが、なぜロシアとウクライナは仲が悪いんでしょうか? ウクライナもロシアを刺激してまで急激な親米路線に走ってもあまりメリットがないような気がします。一方、ベラルーシは 親ロ的ですが、ウクライナとベラルーシではどこが違うのでしょうか。 また、ベラルーシとウクライナの関係はどうなんでしょうか。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

一般的には、2004年にウクライナの政権が変わってから、ロシア離れが進み、これを阻止するために行っているといわれています。旧ソ連のモルドバなどもロシア離れが進んでおり、他の旧ソ連諸国に対する見せしめ的な意味合いもあると思います。 また、これに対してウクライナ側も黒海のウクライナ領にあるロシアの海軍基地の使用料の値上げや、レーダ基地の閉鎖、ミサイル部品の供給の停止などをちらつかせて対抗していたことも、実際に供給停止に踏み切った要因のひとつにあると思います。 私個人的には、他のヨーロッパ諸国に比べれば格安でガスの供給を受けている訳ですし、当然このような事態も想定できた訳で、ウクライナ側の危機管理に甘い部分があったのではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ウクライナはロシアから独立したので、またロシアから

    ウクライナはロシアから独立したので、またロシアから支援を受けるのが許せない国民性というのは重々承知していますが、ウクライナってデフォルトを起こしていますよね?もうロシアからの支援がないと社会経済インフラすべてがストップするわけで、なぜどうしても避けられない運命で、さらにロシアが支援してくれる。EUは嫌だと言っているのに、なにをわがままを言っているのでしょう?早くロシアから支援を受けるべきでしょう。自立出来なかったのに、なぜまだ悪あがきをするのでしょう?諦めてロシアの支配下に戻ってください。違いますか?

  • ウクライナとロシアの問題で

    ウクライナとロシアの問題で今年、来年に第三次世界大戦が行われる可能性はどれぐらいですか?

  • ウクライナ、クリミアとロシア

    ウクライナ、クリミアとロシア  なぜなのかしら? 関係を 教えて頂けませんでしょうか?

  • ソ連が崩壊した時ウクライナはなぜロシアと分かれたの

    ウクライナ情勢がややこしくなってますが、そもそもなぜソ連が崩壊した時点でロシアとウクライナに分かれたのですか? 政治音痴なのでわかりやすく教えてください。

  • ウクライナ問題について

    ウクライナ問題について自分なりにざっくりまとめてみました。 1) 間違いや、肝心な部分で抜けがあったら指摘お願いします。 2) ロシアがウクライナに進軍してからのことがイマイチよくわかりません。 進軍~現在の状況はどうなっているんでしょうか? ----- ウクライナの真ん中には東西を二分するように川があり、 それを隔てて西側は親EU派、 東側は親ロシア派となっている。 比率は4:6。 ↓ 長らく親ロシア政権だったものの、2004年アメリカの干渉の元 親EU派の政権が発足。 ↓ ウクライナのEU加盟はEUにとってメリットがあった。 ・鉄鉱石や石炭などの資源が豊富な資源を関税なく手に入れられる ・軍事大国であるロシアを封じ込めるのに有利な土地 ◇ そのためEUはウクライナに資金援助をし歩み寄りを図るが、EU加盟の条件(財政赤字が対GDP比3%以下)をウクライナがクリアすることができず難航。 ↓ ロシアとしては隣国ウクライナがEUやNATOに加入すると大変な脅威なので、ウクライナのEU加盟を阻止したかった。 ◇ そのため親EU政権発足後は、天然ガスの価格をつりあげるなどして圧力をかけた。その後一転してガス価格の引き下げと資金援助を提案。 飴と鞭作戦によりウクライナは2010年 再び親ロシア政権に。 新政権によりEU加盟交渉は打ち切られた。 ↓ しかし親EU派からの不満の声が高まり、大規模なデモに発展。 親ロシア政権は制圧されトップは亡命。 これにより2014年 親EU暫定政権が発足した。 ↓ これに目をつけたのがアメリカ。 ロシアとウクライナを引き離す=ロシアからEUへの天然ガスの供給がストップ(ウクライナのパイプラインを使っているため)=自国のガスを売るチャンス と考え、暫定新政権を正式に認めるようEUに圧力をかけた。 ↓ 親EUウクライナ政府軍は、東側へ進軍。 ↓ ロシアはウクライナに住むロシア系住民の保護や、不法クーデターに対する治安維持を理由にウクライナに軍事介入。 ↓ ロシアはまずはじめにクリミア半島に軍を派遣。 黒海に面したこの港は軍事的に非常に大事な土地であったこと、 また住民の多数をロシア系が占めるクリミア半島自身から援助を求める要請があったためだった。 ↓ クリミア自治共和国で親ロシア派の新首相が誕生、独立宣言を行った。 それに続き、東部の都市も続々と独立宣言を行った。 ↓ 資源や地政学的にも東側地域は価値があり、西側はチェルノブイリなど負の遺産をかかえていたことなどから、ウクライナ政府軍は東側の独立に強く反発。攻撃を強めた。 ↓ ウクライナ政府軍は政変に対抗する東側市民を「テロリスト」とし、攻撃を正当化した。 アメリカはこれを支持。 ロシアはウクライナ軍と交戦。 ↓ アメリカとEUはロシアへ経済制裁。 しかしロシアからも負けじと経済制裁が行われた。 ↓ 国内の混乱は未だ収束していない。

  • ロシアのウクライナ侵攻

    クリミア以外でもいろいろ暴動を起こさせているようですが、ロシアの狙いはどこにあるんでしょうか? 黒海の要地であるクリミアを奪いたかったのはわかるのですが、それ以外のウクライナの田舎を狙う意味があるのでしょうか? クリミア侵攻に成功したのだから、あとはクリミアとロシア本土の間に橋でもつないで、 これ以上国際関係を険悪にしないように手を引いてここらで話をまとめればいいのにと思うのですが。 ロシアにはどんな狙いがあるのでしょうか?

  • ウクライナ問題

    ウクライナ問題による、日本のロシアへの追加制裁をかけたこどで、とうとうロシアが『失望した』と表明してしまいましたね? 日ロ関係は良くした方がいいのに、やばいですよね?? ロシアか 厄介な中国と手組みそうにみえますが、違うでしょうか?? ウクライナ問題って解決するのにどれぐらいかかりそうですか?

  • ウクライナのクリミア民兵の支援者は露国ロシア軍黒海

    ウクライナのクリミア民兵の支援者は露国ロシア軍黒海艦隊らしいです。 ウクライナの反ロシアの首都・キエフを占拠している国民市民は、ロシアから供給された武器で、ロシアと戦っています。意味が分かりません・・・ なぜロシアは反ロシアに武器を供給したのでしょう?ロシアの武器で親ロシアウクライナ人と反ロシアウクライナ人が戦って、その間にウクライナの主要機関はロシア軍が偽装したウクライナクリミア民兵が制圧しています。 ロシアがしようとしている工作。どういう策略なのか教えてください。 ウクライナクリミア民兵と偽装して、次々にロシア軍が入ってきています。ロシアの国旗は付けていません。

  • ウクライナはドイツの勝利で、ロシアの敗北では?

    ウクライナ問題で多くの専門家はロシア、プーチンの勝利で欧米の敗北と主張しています。 木を見て森を見ずの愚かな考えです。 ソ連は崩壊後25年で東ヨーロッパに続き、ソ連を構成した共和国すべてをEU(=ドイツ)に取られ残るはロシアのみです。 無論ドイツの目的はウクライナのようなチンケなものでは無くロシアです。 ロシアをEUに併合することによりドイツの目的(ヒトラーが発動したバルバロッサ作戦)は完遂します。以上が私の見解ですが、皆様はどう思われますか?

  • ウクライナの紛争について

    ウクライナの現政権は反政府デモ(クーデター)の結果出来たものです。親ロシア政権のヤヌコビッチ大統領は追い出されたのですよ。ロシアがウクライナに軍事干渉するのは当然ではないのでしょプか。世界はロシアが悪者の様に言ってますが、ウクライナにもロシア系国民はいます。今まで仲良く暮らしていたのにEU寄りになったからロシアは危機感を持っているのです。ウクライナへのロシアの軍事介入を防ぐにはクリミア自治共和国を独立させてロシア側にさせる事で双方を納得させれば良いと思います。クリミアが完全にロシア側になって不都合な事が有るのでしょうか。そうじゃないでしょうか皆さん。