• ベストアンサー
  • 困ってます

速度定数kにおける2次反応の手順について

v=-d[A]/dt=k[A]^2をAの2次とし、この形の2次反応の速度定数kの求め方を調べよ。(実験のように図と文章で説明) とありますが、自分で考えても全く進まず、実験の手順が載ってないか調べたのですが見つけられず困っている状況です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数403
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1602/3252)

まずは積分して濃度の時間変化の式にしてみる.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません、遅くなりました。何とか頭のいい友達にも教えてもらい解決しました。もちろん積分でした。

関連するQ&A

  • 速度定数

    たびたび、すみません。 前回の活性化エネルギーを調べる時に速度定数を計算したしたのですが初濃度~5分の間の速度定数のみ他の値に比べ低かったのですがなぜでしょうか? 速度定数は5分おきに濃度を調べ計算しました。自分的には全て同じよな値にあるものだと思っていたのですが、3回の実験全てが同じ結果でした。

  • 逆反応の速度定数の問題

    298.15Kにおいて次の反応が平衡にあるとき温度ジャンプを加えたところBとC の濃度がわずかに増加し、緩和時間は3.0μsであった。 A平衡B+C この系の平衡定数は298.15Kで2.0×10∧ー16mol/Lで、BとCの平衡濃度はどちらも2.0×10∧ー4mol/Lであった。1次の正反応と2次の逆反応の速度定数を求めよ。 という問題で、「温度ジャンプ」や「緩和時間」なるものがよくわからず解くことができません。どなたか教えていただけませんか。よろしくお願いします。

  • 逐次反応 各速度定数

    ある化学系で,分子BはAについての1次反応A→Bで生成し,自身についての1次 反応B→Cで消滅する.各速度定数をkA,kBとし,いずれの逆反応も無視できるものとする。 この場合反応時間tによる[B]の変化ってどうやって求めるんですか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

Wikipedia 日本語版の「反応速度」の項に,二次反応速度の考え方も書いてあります.それは,まさにc80s3xxxさんのおっしゃる「積分」なのです. そうすれば,   何と何とをグラフにプロットすればよいか が見えてくることでしょう ただ,実験精度がどの程度高いかは,私にはわかりません.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

Wikipedia 日本語版の「反応速度」の項に,二次反応速度の考え方も書いてあります.それは,まさにc80s3xxxさんのおっしゃる「積分」ですね. そうすれば,   何と何とをグラフにプロットすればよいか が見えてくることでしょう ただ,精度がどの程度高いかは,私にはわかりません.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • アセトアルデヒドの分解反応の速度定数

    試験の問題でアセトアルデヒドの分解反応の問題があるのですが解き方がわかりません。 解き方を教えてください。 問い アセトアルデヒドの分解反応はメチルラジカル(CH3・)によって進行する。 以下の素反応から定常状態近似を使って、メタン生成の速度式をアセトアルデヒドの濃度[CH3CHO]および各速度定数を用いて求めなさい。(ラジカルは ・ で表示しています。) 素反応 1 CH3CHO→CH3・+CHO・      速度定数k1  2 CH3・+CH3CHO→CH4+CH3CO・ 速度定数k2 3 CH3CO→CO+CH3・         速度定数k3 4 2CH3・→C2H6             速度定数k4 この問題に対して私は以下のように考えました。 定常状態近似を使うので中間体のCHO・、CH3・、CH3CO・の 濃度の時間変化がゼロであると考え、 d[CHO・]/dt=k1[CH3CHO]=0 d[CH3・]/dt=k1[CH3CHO]+k3[CH3CO・]     -k2[CH3・][CH3CO・]-k4[CH3・][CH3・]=0 d[CHCO・]/dt=k2][CH3・][CH3CHO]            -k3[CH3CO・]=0 になると考えました。 でも上記式から -d/[CH3CHO]dt=k1[CH3CHO]             +k2[CH3・][CH3CO・] を解こうとしたら解けませんでした。 この問いはどの様にしたらよいのでしょうか? 解き方、どこが間違っているかを教えて欲しいです。 よろしくお願いします。                          

  • 速度定数

    CH3COOC2H5+H2O→CH3COOH+C2H5OH この式の反応速度vは、速度定数をkとすると、 v=k{CH3COOC2H5}{H2O}で表される。 とあったのですが反応の次数が2であるというのは反応式から判断していいのでしょうか????

  • 平衡定数と速度定数で困っています

    ある平衡反応において、平衡定数をK、正反応(左辺から右辺)の速度定数をk1、逆反応(右辺から左辺)の速度定数をk2とおきます。 ここで、平衡状態の時K=k1/k2が成り立つそうなのですが、理由がイマイチわかりません。 どなたかこのバカに理由をご教授ください。お願いします。

  • 速度定数について

    大学受験生です。よろしくお願いいたします。 ある反応A→B+Cでこの分解速度をvとすると、v=k[A]ですよね。(kは速度定数、[ ]はモル濃度です) この反応をもっと高い温度で行えば、kは大きくなるのですか?逆なら、kは小さくなるのですか?もしそうならば、このことはどんな反応(分解反応ではなくても、吸熱反応でも発熱反応でも、などなど)でも当てはまるのでしょうか?教えてください。 (言葉が勉強不足のため不適当かもしれません。すみません)

  • 触媒上反応における速度定数の単位

    大学の試験で次のような問題がありました。 四酸化三コバルト(Co3O4)触媒上での一酸化炭素の酸化反応速度は、COに1 次、O2に0次である。その速度定数は222Kで3.2、250Kで10、286Kで3.2x10、333Kで1.0x10^2であった。 この問題の設問1が、『この速度定数の単位を記せ(g-cat.は触媒1gの意味である)』だったのですが、教科書など見ても未だに全く分からない状態です。 どなたか、説明して頂けると助かります。

  • 速度定数の単位の換算

    大学院の入試問題の答えがわからず困っています。 「系の全圧が1.013×10^5 Paの時、ある気体の2次反応の300 Kでの速度定数は8100 ppmv^-1 s^-1 である。これをPa^-1 s^-1 の単位で表せ。」 答えには選択肢があり、(1)12.5 (2)8000 (3)8200 (4)80000 (5)82000 の中から選択です。 数字を見た感覚で恐らく(4)が答えだとは思うのですが、どのように換算していけば全圧を利用できるのかわかりません。よろしくお願いします。

  • 化学反応の速度定数

    A→Bという1次反応で、Aの減少速度をVa,Bの増加速度をVb,各々の速度定数をka、kbとすると、 Va=ka×[A]と表すことはわかるのですが、 Vb=kb×[A]と表すことができるのが何故なのか わかりません。Vb=kb×[B]では駄目なんでしょうか?この式でもOKなら当然kbの値は違ってきますが・・・。どなたか教えてください!緊急でお願いします!

  • 二次反応速度式についての質問です。

    二次反応速度式についての質問です。 こんばんは。 二次反応速度式なんですけど、 A+A→B という反応式があった場合、私は -(d[A]/dt)=2k[A]^2 だと思ったのですが、教科書では -(d[A]/dt)=k[A]^2 となっており、2がありませんでした。 本当は2kだけれども2kをkとあらわしているだけかなと思いました。 その証拠に、別の反応では反応式の矢印の上に速度定数が記述してあってこれと似たような反応のときには2が付いていました。 しかし、自分の大学の授業ノートを見返してみると、反応式の矢印の上に速度定数が記述してあり、その速度定数をそのまま使ったにも関わらず2が付いていませんでした。 先生の書き間違いか私の写し間違いでしょうか。

  • 速度定数の計算

    次のデータは500Kでの気体状ブタジエンの濃度の時間変化を示しています これらのデータから反応の次数を決め、そのときの速度定数を計算して下さい t/s               195 604 1246 2180 4140 4655 6210 c×10**-2/mol*l**-1  1.62 1.47 1.29 1.10 0.89 0.80 0.68 よく分かりません、どなたかよかったら教えて下さい。

  • 物理化学 反応次数と速度定数を求める問題

    1Lに22.9gのシアン酸アンモニウムを含む水溶液を65℃に保ったところ、下表の速度で尿素を生じた。反応次数と速度定数を求めよ。 時間 min 0 0  50   65  150 尿素濃度 g/L 0 7.0 12.1 13.5 17.7 この問題の答えがなくてあっているのかわからないので、解説と答えをよろしくお願いします。 ちなみに、自力でやって反応次数は1、速度定数はK=-4.39×10^-3がでました。 あと、このタイプの問題で使う公式って反応前の濃度しかつかえないのでしょうか。 どうやってやったらよいかわからず反応後の濃度を使って計算してしまいましたが、これでようのでしょうか。グラフは右上がりの直線になってしまいました。