• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

速度定数

CH3COOC2H5+H2O→CH3COOH+C2H5OH この式の反応速度vは、速度定数をkとすると、 v=k{CH3COOC2H5}{H2O}で表される。 とあったのですが反応の次数が2であるというのは反応式から判断していいのでしょうか????

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数727
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#160321

どんな反応も二次の反応に還元されてしまいます。 というのは三つの分子が一ヶ所に偶然出会うことなど無いからです。 三次以上の反応は初めの二次の反応が非常に速く「平衡」に達している「前平衡」が起きているときだけです。 さてこの場合、反応式から次数を判断するのではなく、逆に測定結果から二次反応に合うかどうかを求めます。 通常、酢酸エチルを大量のみずにとかし生ずる酢酸の時間変化を観測します。 これを擬一次反応速度と申します。 次に酢酸エチル大量に水少量で同じ事を行い、やはり擬一次反応速度定数を求めます。 両方に対して一次ずつならば反応はおよそ二次であると考えて構いません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 速度定数について

    BZ反応の空間パターンにおいての速度定数の質問です。 1次元の式だとvelocity = 2(k[H+][BrO3-]D)^1/2の式から速度定数kが出せるのですが、この式だと溶液の厚さが含まれてないので使えないことがわかりました。それで溶液の厚さを含む速度定数を求める式を探しているのですがなかなか見つかりません。非平衡系の本をあさってみたりHPで検索したのですが発見できなかったのでどなたか知っている方がいらっしゃいましたら助けてください。お願いします。

  • 酢酸エチルの逆反応が無視できないときの速度式

    酢酸エチルの反応で、逆反応を無視できるときと、無視できないときとで、加水分解の速度式がどう違うか、という質問がでました。 逆反応を無視できるときの速度式というのは -d[CH3COOC2H5]/dt=k[CH3COOC2H5][H2O][H+] となるようですが、この式の意味はわかりますが、この式も、自分でたてることはまだできません。 ただ、反応式の左辺の物質の濃度をかけるだけでいいのでしょうか? また、逆反応を無視できないときにはどのようになるのでしょうか? -d[CH3COOC2H5]/dt=k[CH3COOC2H5][H2O][H+][CH3COOH][C2H5OH][H+] こんな感じになるんでしょうか。 ぜんぜんわかっていません^^; よろしくおねがいします。

  • 速度定数の計算

    次のデータは500Kでの気体状ブタジエンの濃度の時間変化を示しています これらのデータから反応の次数を決め、そのときの速度定数を計算して下さい t/s               195 604 1246 2180 4140 4655 6210 c×10**-2/mol*l**-1  1.62 1.47 1.29 1.10 0.89 0.80 0.68 よく分かりません、どなたかよかったら教えて下さい。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#62864

>反応式から判断していいのでしょうか???? いけません。 つまり、反応次数は基本的に1次か2次です。 例えば、放射性同位元素の核分裂は1次ですし、化学反応でも特定の物質の分解が律速段階(最も遅い段階)になっている場合には1次になります。 また、上で述べたのは「素反応」と呼ばれるものの話です。 素反応というのは、反応の最小単位のようなものであり、多くの反応は複数の素反応の組み合わせでできており、見かけ上は簡単な反応でも、実は多段階の反応であるということもあります。 さらに触媒を加えれば、その濃度が関係してくることもあります。酵素反応のミカエリス・メンテン式は有名ですね(関心があれば検索してみて下さい)。ご質問の反応でも、酸触媒などが添加されていればその濃度も関係してきます。 そんなこんなで、要するに実験で調べてみなければ確かなことはわからないということです。ただし、経験的に予測できることは多いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • 2hen6
  • ベストアンサー率54% (18/33)

no.1さんの説明の前提の話と追加説明をしておきますと、 化学で計算やなんやらをやっているとついつい忘れがちな基本事項なのですが、ほとんどの化学反応は分子の衝突によって起こり、衝突の瞬間に違う物質に変化しますよね。 「三つの分子が一か所に偶然に出会うことはない」というのは、3つの分子が同時に衝突して、3つの分子が一度に接している状況になることがないということ。そしてこれは分子の動くスピードがめちゃくちゃ速いからこそ、のことなんですよ。 で、衝突の仕方や回数が、反応の形や速度を決める、ってことです。 no.1さんの言うように、次数の決定は実験が1番ですよ☆

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 平衡定数からの計算

    CH3COOH+C2H5OH = CH3COOC2H5 + H2O というエステル化の反応式があって 開始時に 1 :  1   :    0   :   0 の割合ですと 平衡時は 0.35 : 0.35   :   0.65   :  0.65 の割合になるそうです。 そこで次に開始時に 1  :  10   :    0  :    0 の割合だと平衡時はいったいどうなるのかという 問題に悩んでいます。 平衡定数はK=3.4です。 どうやって考えればよいのでしょうか。

  • 速度定数

    一次元反応速度定数が大きい/小さいなど決まりありますか?

  • 化学平衡における水の扱い

    化学平衡に関する質問です。よろしくお願いします。 化学平衡で質量作用の式を立てる際に水を式に含める 場合と含めない場合があるのはなぜなのですか? 例えば・・・ 1)酢酸エチルの合成の場合 C2H5OH + CH3COOH ⇔ CH3COOC2H5 + H2O 平衡定数Ka = [CH3COOC2H5][H2O]/[C2H5OH][CH3COOH] 2)酢酸イオンの加水分解の場合 CH3COO- + H2O ⇔ CH3COOH +OH- 加水分解定数Kh =[CH3COOH][OH-]/[CH3COO-] ある参考書には 2)のとき、 水溶液内の平衡に関しては[H2O]は平衡定数内に含まれて いると考えてよい と書いてありました。 書いてある意味はわかるのですが、なぜ1)の場合には 含まれていないのかがわかりません。 1)は水溶液内の平衡ではないということでしょうか? この2つの場合に限らず、[H2O]を質量作用の式に 含める場合と含めない場合の違いがおわかりになる方、 いらっしゃいましたら、教えてください。 よろしくお願いします。

  • 速度定数

    たびたび、すみません。 前回の活性化エネルギーを調べる時に速度定数を計算したしたのですが初濃度~5分の間の速度定数のみ他の値に比べ低かったのですがなぜでしょうか? 速度定数は5分おきに濃度を調べ計算しました。自分的には全て同じよな値にあるものだと思っていたのですが、3回の実験全てが同じ結果でした。

  • アセトアルデヒドの分解反応の速度定数

    試験の問題でアセトアルデヒドの分解反応の問題があるのですが解き方がわかりません。 解き方を教えてください。 問い アセトアルデヒドの分解反応はメチルラジカル(CH3・)によって進行する。 以下の素反応から定常状態近似を使って、メタン生成の速度式をアセトアルデヒドの濃度[CH3CHO]および各速度定数を用いて求めなさい。(ラジカルは ・ で表示しています。) 素反応 1 CH3CHO→CH3・+CHO・      速度定数k1  2 CH3・+CH3CHO→CH4+CH3CO・ 速度定数k2 3 CH3CO→CO+CH3・         速度定数k3 4 2CH3・→C2H6             速度定数k4 この問題に対して私は以下のように考えました。 定常状態近似を使うので中間体のCHO・、CH3・、CH3CO・の 濃度の時間変化がゼロであると考え、 d[CHO・]/dt=k1[CH3CHO]=0 d[CH3・]/dt=k1[CH3CHO]+k3[CH3CO・]     -k2[CH3・][CH3CO・]-k4[CH3・][CH3・]=0 d[CHCO・]/dt=k2][CH3・][CH3CHO]            -k3[CH3CO・]=0 になると考えました。 でも上記式から -d/[CH3CHO]dt=k1[CH3CHO]             +k2[CH3・][CH3CO・] を解こうとしたら解けませんでした。 この問いはどの様にしたらよいのでしょうか? 解き方、どこが間違っているかを教えて欲しいです。 よろしくお願いします。                          

  • 物理化学 反応次数と速度定数を求める問題

    1Lに22.9gのシアン酸アンモニウムを含む水溶液を65℃に保ったところ、下表の速度で尿素を生じた。反応次数と速度定数を求めよ。 時間 min 0 0  50   65  150 尿素濃度 g/L 0 7.0 12.1 13.5 17.7 この問題の答えがなくてあっているのかわからないので、解説と答えをよろしくお願いします。 ちなみに、自力でやって反応次数は1、速度定数はK=-4.39×10^-3がでました。 あと、このタイプの問題で使う公式って反応前の濃度しかつかえないのでしょうか。 どうやってやったらよいかわからず反応後の濃度を使って計算してしまいましたが、これでようのでしょうか。グラフは右上がりの直線になってしまいました。

  • 平衡定数と速度定数で困っています

    ある平衡反応において、平衡定数をK、正反応(左辺から右辺)の速度定数をk1、逆反応(右辺から左辺)の速度定数をk2とおきます。 ここで、平衡状態の時K=k1/k2が成り立つそうなのですが、理由がイマイチわかりません。 どなたかこのバカに理由をご教授ください。お願いします。

  • 化学反応速度定数の問題が解けません。誰か教えてください。

    問題.ある化学反応の速度定数kは、絶対温度Tの関数として、次の    Arrhenius形の式で与えられる。      logk=12.8-6300/T    この反応速度が300Kの値の10倍になる温度はいくらか。    (1)310K (2)315K (3)330K (4)390K (5)473    5択問題ですが、解き方がわかりません。    誰か、詳しく教えてもらえませんか?         

  • 速度定数について

    大学受験生です。よろしくお願いいたします。 ある反応A→B+Cでこの分解速度をvとすると、v=k[A]ですよね。(kは速度定数、[ ]はモル濃度です) この反応をもっと高い温度で行えば、kは大きくなるのですか?逆なら、kは小さくなるのですか?もしそうならば、このことはどんな反応(分解反応ではなくても、吸熱反応でも発熱反応でも、などなど)でも当てはまるのでしょうか?教えてください。 (言葉が勉強不足のため不適当かもしれません。すみません)

  • 加水分解の一次反応

    酢酸エチルの加水分解・一次反応の反応式が CH3COOH2H5+H2O→CH3COOH+C2H5OH なので、この式から見ると 「水の濃度」も反応速度に関係あるように思うのですが、 実際は「エステル」のみに関係するようです。 何故なのですか?