• ベストアンサー
  • 困ってます

加水分解の一次反応

酢酸エチルの加水分解・一次反応の反応式が CH3COOH2H5+H2O→CH3COOH+C2H5OH なので、この式から見ると 「水の濃度」も反応速度に関係あるように思うのですが、 実際は「エステル」のみに関係するようです。 何故なのですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数3343
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • wolv
  • ベストアンサー率37% (376/1001)

「水の濃度」も反応速度に関係するが、 通常水は「エステル」より相当濃いので、 水の濃度変化は無視できます。 これが理由です。 ------ 酢酸エチルを相当濃くしなければ、 水の濃度の変化は事実上無視できます。 水のモル濃度は 55.55555 mol/l であるから、 通常の試薬濃度の mmol/l のオーダーに比べて非常に大きい。 酢酸エチル濃度 C 、水の濃度 Cw , 反応速度定数を k2 とおけば、 反応速度 v は v = k2 Cw C となります。(2次反応と見たばあい) 仮に酢酸エチルと水の1分子あたりの体積が同じだとすると、 酢酸エチル0.1 mmol/lのとき水55.5545 mol/l 酢酸エチル1 mol/lのとき、水54.5555 mol/l となります。 酢酸エチルの濃度はこの場合 10000倍変わるのに、 水の濃度は 1.02 倍程度しか変わりません。 つまり、酢酸エチルの濃度に関する1次反応、とみても、 誤差は 2 %程度ですみます。 1 mol/l よりも薄い場合は、誤差はもっと小さくなります。 一時反応と見る場合の反応速度定数 k1 とおくと、 v = k1 C なので、 k1 = k2 Cw となります。 ------ 注意: もちろん、1分子あたりの体積は、水と酢酸エチルでは違う。 逆反応は考慮していない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 加水分解

    加水分解CH3COO(-)+H2O→CH3COOH+OH(-) って式についてなのですが右辺CH3COOHとOH(-)っていうのは中和してしまわないのでしょうか????

  • 加水分解の式が分からない

    加水分解の式で弱酸、弱塩基から生成したイオンはHやOHと結びつきにやすいとあります。 式が、  H2O→←H+OH  CH3COOH+H→CH3COOH +__________  CH3COO+H2O→←CH3COOH+OH と書いてあるのですが、 酢酸と水素イオンがくっついたり、くっつかなかったと不安定な状態なのでこの式なのでしょうが、足し算をしているのだから CH3COO+H3O→←CH3COOH+H2Oとならないのでしょうか。 ただテキストが理解しやすくするためにこう書いてるだけなのかな。 ご指導お願いします これは反応がいったりきたりする

  • 塩酸の触媒作用

    酢酸エチルの加水分解・一次反応 CH3COOH2H5+H2O→CH3COOH+C2H5OH という実験をしました。 この反応ではHCl(正しくはH+)が触媒作用をしていますが、 HClの濃度が反応速度にどのように関係しているかを 知るためにはどのような方法がありますか?

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • loveobo
  • ベストアンサー率48% (102/210)

rei00さん、ご指摘ありがとうございます。 「- d[CH3COOC2H5]/dt = k [CH3COOC2H5][H+] 」は、まさに 『濃度条件を選ぶことによって速度論的な取り扱いを簡単にする』 の場合ですね。ご質問では「加水分解・一次反応の反応式が ・・・」 とのことですから、加水分解の平衡は無視できる範囲が対象と思います。 プロトン化の平衡、言われてみると私の説明は怪しい気がしてきました。 プロトン化した酢酸エチルを「AcOEtH+」とでも書いてみますと、 AcOEt + H+ → AcOEtH+ の速度も AcOEtH+ → AcOEt + H+ の速度も 速そう、K = [AcOEtH+]/[AcOEt] [H+] の平衡が成立しそうですね。 ちゃんと調べていなくて恐縮ですが、 律速段階は AcOEtH+ + H2O → CH3C(OH)2(OEt) + H+  「カルボニル酸素のプロトン化(の平衡)が律速段階の速度を支配」 だったでしょうか? そうなら、- d[AcOEt]/dt = k' [AcOEtH+] [H2O] にプロトン化の平衡 [AcOEtH+] = K [AcOEt] [H+] を代入すれば - d[AcOEt]/dt = k' K [H2O] [AcOEt] [H+] 加水分解の平衡を無視できる範囲なら、[H2O] の経時的変化は小さくて 一定とみなせ、 k' K [H2O] [H+] = k [H+] が一次反応の速度定数。かつ、 加水分解の平衡を無視できる範囲は [H2O] = 55 mol/Lに近いところ に限られる(回答#1~2)ということになりましょうか? わかっているつもりのことも、改めて考えると、誤魔化して憶えていた ことに気づいたりします。自信なしに転落ですね。(^ ^; こういうテーマには Org*******さんがお強かったような・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • rei00
  • ベストアンサー率50% (1133/2260)

 loveobo さん,お久し振りです。ANo.#1 の rei00 です。  律速段階については私も考えなくもなかったんですが,どこが律速かが判断付かず『そう見做せる様な条件を選んでいるからです。』の表現になりました。  なお,rheart さん,「酢酸エチルの酸触媒での加水分解」は平衡反応であるため,通常は加水分解側へ反応(平衡)を進めるには何らかの工夫が必要です。通常は多量の水を使う事で反応を進めます。ですので,この時点で「水の濃度が無視できる状況」になっています。  ここまでは「自信あり」です。以下は「自信なし」です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ところで,loveobo さん,よろしければ教えていただきたいのですが・・・。  上記の様に「酢酸エチルの加水分解」の各ステップ(プロトネーションの段階も)は平衡反応だと思います。この様な平衡反応の場合に,『速度式は - d[CH3COOC2H5]/dt = k [CH3COOC2H5][H+] となります』と言っていいものでしょうか?  今,「化学反応の速度と機構」(J.H. エスペンソン 著,荻野 博 訳,マグロウヒル 刊)を見直していますが,この様な場合,一般的には平衡定数や逆反応の速度定数も入った複雑な式になるように書かれています。  さらに,『実際は,しばしば濃度条件を選ぶことによって速度論的な取り扱いを簡単にする。』ともあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • wolv
  • ベストアンサー率37% (376/1001)

前の回答で,「水の濃度うんぬん」と答えたものです. なるほど.律速段階の考え方を忘れていました. そうすると,この反応の速度は, pHに依存する,ということですよね.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • loveobo
  • ベストアンサー率48% (102/210)

先の回答にある「水は大過剰にあるので 1000/18 = 55 mol/L で一定」も理由の ひとつかもしれませんが、「エステル加水分解の反応機構」が本質でしょう。 (実際は反応速度の解析等によって反応機構が明らかにされたのですが) 酸性条件では、カルボニル酸素にプロトンが付加するところが『律速段階』で、 その後に「水分子」がカルボニル炭素を攻撃してエタノールが脱離する段階は 相対的に速いため、全体の速度に影響しません。 速度式は - d[CH3COOC2H5]/dt = k [CH3COOC2H5] [H+] となりますが、 H+はリサイクルされるので [H+] は経時的に変化せず、一次反応になります。 一方、アルカリ性条件では、水酸化物イオンがカルボニル炭素を求核攻撃する 段階が律速で、反応の進行にともなって OH- は消費されるので、 - d[CH3COOC2H5]/dt = k [CH3COOC2H5] [OH-] は二次反応になります。 こちらも速度式に [H2O] は登場しません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • rei00
  • ベストアンサー率50% (1133/2260)

>「水の濃度」も反応速度に関係あるように思うのですが、  はい,その通りです。この辺りは過去質問「QNo.146453 酢酸エチルの加水分解反応について」(↓)の Organomets さんの回答が参考になると思います。なお,私も回答していますが,若干のミスがありますので,ご注意下さい。 > 実際は「エステル」のみに関係するようです。  これは,『「エステル」のみに関係する』のではなく,そう見做せる様な条件を選んでいるからです。つまり,酢酸エチル量に比べて多量の水の存在下で測定を行なっているはずです。  そうする事で,反応が進行しても水の濃度が変化しない(一定)事になり,水の濃度を定数として扱う事が可能になります。

参考URL:
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=146453

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 加水分解の意味について

    例えば酢酸の加水分解を考えた場合 CH3COO^- +H2O ⇔ CH3COOH +OH^- と示され CH3COO^- は H^+ と結びついて CH3COOH となってます。 この結合している反応は私の中での分解という言葉のイメージと 合わないのですが、これはどうとらえるとよいのでしょうか? サルでもわかる感じで説明して頂けますと助かります。

  • 「塩の加水分解」という用語について

    塩の水溶液の液性を考えるときによく「加水分解」という言葉が使われます。 本によっては塩化ナトリウムは加水分解されないが酢酸ナトリウムは加水分解されるという表現も使っています。NaClはイオンに別れて存在しているだけですが酢酸ナトリウムは水との間で CH3COO-+H2O→CH3COOH+OH-   の反応が起こります。イオン性物質が水に溶けるとイオンに別れて存在します。酢酸ナトリウムは塩化ナトリウムの変化よりの1段階変化が多いということになります。 この変化に対して「加水分解」という用語を使っています。でも水によって分解は起こっていません。エステルの「加水分解」は意味がハッキリしています。エステルの結合が水によって切られています。 塩に対するこの加水分解という用語は間違っていると思います。 アレニウスの電離説以前の電解質のイメージが長いこと使われていました。未だに食塩の分子式とか分子量とかの言葉を使う人がいます。 ファラデーは電解質を電圧をかけたときだけイオンに別れる物質と考えていました。NaClという分子で存在すると考えていても食塩水が中性であるということでは変更の必要はありません。ところが酢酸ナトリウムはアルカリ性を示すのでどうしても水との反応を考えないといけません。だから「加水分解」というのは水によってCH3COONaの結合を切ってしまう変化だと考えていたのだと思います。 上の式ではなくてエステルの加水分解と同じように考えた次の式だということになります。 CH3COONa+H2O→CH3COOH+NaOH   (応用分野の化学のテキストの中ではよく見る式です。) アレニウスが電離説を出してから100年以上経っていますが未だにイオンと分子が混乱した使われれかたをしています。塩の「加水分解」はこの混乱に基づいた用語ではないでしょうか。

  • 加水分解について

    加水分解といわれる反応で反応式をみてみると ○+△→□ という反応式の矢印の上にH2Oがかいてあったり H+が書いてあったり OH-が書いてあったりします。 全て加水分解の表記はH2Oで統一してしまってはいけないのでしょうか?

  • 酢酸エチルの加水分解の問題です

    お世話になっております。 化学12の新研究にあった、 加水分解の反応速度の問題なのですが、、、 <問題文> 希塩酸を触媒として、温度一定に保ちながら酢酸メチルの加水分解を行った。 CH3COOH + H2O → CH3COOH + CH3OH 反応開始後、30分ごとに反応液の1.0mlをピペットで取り出し、 それを0.02mol/lの水酸化ナトリウム溶液で滴定し、下表のような結果を得た。 反応時間(分) | 0    30    60    90    完了時 滴定量(ml)  | 5.0   9.35   12.95  15.95  30.0 t = 0,30, 60, 90分における酢酸メチルの濃度はそれぞれ何mol/lか。 ただし反応完了時には酢酸メチルは完全に加水分解されているものとする。 という問題です(この続きもありますが最初からもやもやしています) t = 0のときの5mlというのは、塩酸に使っているもので、 t = 完了時に計30mlということは、酢酸エチルが完全に酢酸になったとき その酢酸を中和するのにNaOHは30-5=25ml必要 これからt = 0の酢酸エチルが求まり・・・ という具合にやるみたいですが、 1mlずつとって滴定しているので、 塩酸も酢酸エチルの量も微妙に変わっていかないでしょうか。 どの時間においても、塩酸の滴定に5ml要するというのが腑に落ちません。 たとえば最初酢酸エチル20ml、塩酸10mlの溶液だったとしたら t=0で1ml取り出すと塩酸は10*(1/30)=1/3 = 0.33333・・・ml含まれています。 しかし1ml取り出した溶液においては、 29ml中に塩酸が10 - 1/3 = 9.67ml 含まれているから、 この溶液を次t = 30に1ml取り出してたら、9.67 *(1/29)=0.33345・・・ml その次は・・・ (今計算したら全部0.333まで同じなので、同じとみなしてよい と思えてきました・・) 同じように、酢酸エチル(酢酸)についても、全体量は変わっているから、 完了時に存在している酢酸の量と、t=0における酢酸エチルの量は 等しくないですよね? とてもわかりにくい日本語で恐縮です。 無視できるような僅かな差なので 考慮しなくていいということでしょうか。 ご教授いただけますと幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • これはどこが加水分解?

    エステルに塩基の水溶液を加え温めると、カルボン酸塩とアルコールになる。このように塩基を用いた加水分解をけん化という。 と書いてあるのですが、どうしてこれが加水分解なのかわかりません。 確かに気質であるエステルは分解されていますが、-Hと-OHがでてきていないので、不思議です。以前加水分解について質問したのですが(No.773588)、それを見てもわかりません。教えてください。

  • エステルの加水分解とけん化の判断

    「エステルXを水酸化ナトリウムと混ぜて加熱し、この反応液に希硫酸を加えたところ、2種類の化合物が得られた」 マーク模試の問題文ですが、この問題文で、加水分解(-OHと-COOHができる)が起きているのか、それともけん化(-ONaと-COOHができる)なのかって判断付くのでしょうか? この問題に関して言えば加水分解を意味してるのですが、ただの加水分解でも水酸化ナトリウムって普通加えるのでしょうか?

  • シュウ酸の加水分解

    シュウ酸の加水分解の式を書く問題で C2O4^2- + 2H2O → H2C2O4 + 2OH^- と書いたらこれは誤答で、正しい式は、 C2O4^2- + H2O → HC2O4^- + OH^- でした。 前者はどこがまずいのでしょうか?よろしくお願いします。

  • エステル加水分解反応機構

    エステル加水分解反応機構って分かりますか? R-CO-OR' +H2O → R-CO-OH + R'OH Oに電子が引っ張られて、C+になって求電子試薬になって、水の電離で生じてるOH-の電子がくっつく。 これでいいですか? 大学レベルで回答できる方、どうか分かりやすくおしえてください。 お願いいたします。

  • 加水分解について

    酢酸ナトリウムの加水分解についてなんですが、教科書には次のように説明されていました。 酢酸ナトリウムはイオン結合の物質であるから水中ではほぼ完全に電離する ここでCH3COO&#65293;は弱酸のイオンであるから一部は水分子からH+を奪ってCH3COOHになる。 その結果、OH-がH+より多く存在するので塩基性となる。 ほぼ理解できるのですが、一つだけ良く分からないところがあって、酢酸ナトリウムが電離することによって現れるNa+は新しくできたOH-とは反応することは無いのでしょうか? 友人に聞いてみてもそもそもそんなところを気にする人すらおらず、よくわかりません。 どなたか教えていただけないでしょうか。お願いします。

  • 加水分解について

    初歩的な質問で申し訳ありません。加水分解の定義を教えてください。大学受験生なのですが、もうそんなことは当たり前なのか、書いてある箇所が見つかりません。またサイトも見ましたが、難しいものばかりで・・・。私はなんとなく「H2Oが分解される反応」と思っていました。すいません。 それと、アセチレン→アセトアルデヒドの反応の種類を選べ。という問題で、私は加水分解だと思ったのですが、答えは付加でした。わかりません(付加の意味はわかります。確かに付加してますが、水が分解されてる気もします)。どうして加水分解ではないのか教えていただけないでしょうか。