• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

鹿児島県民に聞きたい?

鹿児島県民に聞きたい、私はエネルギー不足、電力不足から原発稼働に消極的賛成ですが、今鹿児島県民の、何人かが川内原発再稼働反対するために裁判所に提訴しましたが、あなたはどう思いますか?原発止まれば電力不足で計画停電で事業所も停止、そうなると給料も下がり、悪くまた悪くなると思います、それでも原発再稼働に反対ですか? 経済効果からも早く原発再稼働お願いします、

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数126
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

問題は、原発が「危険なのか」どうかであって、経済効果云々で考えてはいけません。 東京電力は、一部ですでに危険性が指摘されていた原子力発電所の「リスク」を軽視して対策を怠り、行政機関もそれを見過ごしていました。一方で、ずっと震源に近かった女川原子力発電所では、東北電力が「リスク」を無視せず、万全とは言えないまでもそれなりに対策を施していたので、周辺にはほとんど被害を出していません。 このことからわかるのは、原発は扱う者の心がけが一番大事だということです。このような事故を起こした以上、東京電力には二度と原子力発電所を取り扱わせてはならないと思います。 しかるに、「給料も下がり、悪くまた悪くなると思います」から、「経済効果からも早く原発再稼働お願いします」などというのは、経済性を「重視」してリスクを軽視してきた東京電力と同じレベルのメンタリティと言えましょう。そんな了見の国民には、原子力という危険物を取り扱う資格はありません。 自分自身、ヒステリックに反原発を唱えることには決して同調しませんが、ここ最近、やはり日本国民には原子力発電所を取り扱う資格は無いのではないかと思い始めています。その理由は、今すべきことは個々の原子力発電所がいったいどういうリスクを抱えていて、それに対してどのような対策をとっているかを赤裸々に議論し、安全性が高いことを確認できた原子力発電所から順次運転を再開することであるにもかかわらず、どこの電力がどの程度足りなくなるかを喧伝し、その「必要性」の議論を「安全性」の議論に優先するきらいがあるからです。 こういう質問サイトなどで、このような「了見」を目にするたび、やはり原発はあきらめるしかないのかなぁ、と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 川内原発の再稼働に反対したい?

    http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG13008_T10C14A3MM0000/  ここ2年間原発は1台も動いていませんが、川内原発が再稼働することになりそうです。 この再稼働を容認すれば日本はまた何十台も原発を動かすことになります。  個人的に絶対に反対したいと思います。 さて、具体的にどこに連絡してどんな行動をすれば原発を止めることが出来るでしょうか? 原発は反対・賛成の議論はお待ちしておりません。  私がどう行動すれば川内原発を止めることが出来るのでしょうか?

  • 東京電力の計画停電

    福島県民です。 東京電力の計画停電は、 福島原発が使えなくなって電力不足になったため、 計画停電を実施していると思っていました。 しかしヤフコメを見てみると、 被災地が電力不足だから東京電力で協力するために、 計画停電しているという感じのコメントが結構ありました。 実際どうなのでしょうか? 被災地のための計画停電なのでしょうか?

  • 川内原発再稼働おめでとうございます。

    こんにちわ。 川内原発の再稼働喜ばしい限りです。 さて、仮に、以下のような状態になった場合、原発や日本はどうなってしまうのでしょうか? ・何らかの方法で、108t級のTNT爆薬を川内原発や、これから再稼働する原発に直撃させた場合、どうなるのでしょうか?  (迎撃失敗したと仮定します) ・何らかの方法で、北朝鮮が所有しているといわれる核弾頭を、川内原発や、これから再稼働する原発に直撃させた場合、どうなるのでしょうか?  (迎撃失敗したと仮定します)

  • 【祝:新知事】反原発派 三反園訓 当選【鹿児島県】

    昨日投開票の参議院選挙、並びに後日実施される東京都知事選挙に隠れて目立ちませんでしたが、昨日10日投開票された鹿児島県知事選挙で、無所属新人の三反園訓さんが現職の伊藤祐一郎を破り当選しました。 負けた伊藤祐一郎は国内で唯一稼働中の川内原発の再稼働を許可し容認しましたが、三反園訓新知事は川内原発の一時停止を公約に掲げ、当確後も「安全性が確保されていない原発を動かすわけにはいかない」と述べてます。 鹿児島で反原発側、若しくは安全重視派の知事がおめでたくも誕生したことになります。 【質問】 1、 おめでたいですよね。 2、 安倍晋三とネトウヨは悔しがりますよね。 それで、原発停止を直ちに要請するにしても九州電力がそれに応ずるのか、それとも次の定期点検後の再稼働の許可を知事権限で出さないという手法で対応するのか。地元原発に関する知事の権限は絶大です。 いずれにしても「安全性の確保」が理由になると思われますが、立地近隣市町村や避難計画に関連してもやり方はかなりあるように思いますが、どうでしょうか。 以上、必要に応じて敬称略。

  • 今夏、計画停電の可能性~

    我が、九州電力管内でも、計画停電の可能性と、その時のグループ割の通知が、 はがきで来ました。 実際に、停電すると、電気を使う便利な生活に慣れている先進国の住民にとっては、 この上なく不便で、苦痛を感じる物です。 結局の所、電力不足は、全国の「原発停止」による物だと思われます。 福島第一原発の事故までは、全国の原発は普通どうりに動いていたわけで、「全原発の停止」は、 東京電力のせい・・・東京電力が、自分ところの原発だけではなく、全国の原発に迷惑を かけている、と言う事になるでしょうか。 大飯原発3号機が再稼働しましたが、一基だけで120万キロワットのパワーは、やはり魅力的です。 こんな、パワーは、他にあるでしょうか。 反対する人は、夏場、計画停電でエアコンの止まった 部屋で、考えて見て下さい。 一度、原発事故が起きれば結果は重大ですが、一方的に「原発=重大事故」と考えるのは、 短絡的ではないでしょうか? 

  • 噴火した御嶽山の脇に【原発】が有ったら、

    御嶽山が噴火して死者・重軽傷者が出てますが、事前の噴火予知は困難だったようです。 降灰や噴石はもとより、火砕流も発生した可能性も有るようで、もし原発がそばに有ったらどうなっていたんでしょうか。 原発に被害があるような火山・カルデラの噴火が有れば、原発周辺の住民は皆殺しになるので、そういう時には原発で比較的大きな事故が発生しても、「死人に口なし」、「死人は二度死なない」 という原理でOKなんですかね? もうすぐ再稼働されそうな鹿児島県の川内原発は、噴煙活動が活発化しつつある桜島火山周辺の巨大カルデラである姶良カルデラや、その他複数カルデラの比較的近くに位置します。 これらカルデラは1万年に1回程度の頻度で巨大噴火を発生させてますが、再び活動して周囲に火砕流をまき散らせば川内原発近隣の住民は皆殺しされますので、そんな時には川内原発が大事故を起こしても、「死人に口なし」? 「死人は二度死なない」? 原発は火山に安全でなくとも良く、死人は避難する必要もないので、避難計画が雑でもいいという理屈なのかも? ちなみに活断層の安全判断は「過去数十万年間」に活動した形跡があるかないかですが、川内原発周辺に沢山あるカルデラは「過去数千年から数万年」前に活動してますけど。 その度に川内原発まで火砕流が到達している模様です。

  • 停電被害の補償はあるのでしょうか?

    この夏、停電(計画停電)による被害があった場合、政府、自治体、電力会社のいずれかからの補償はあるのでしょうか?  あるとしたら上記のどの組織でしょうか? もしかすると、停電の原因は節電しなかった国民にあり、そのため補償は無く、泣き寝入りとかも?  冷凍倉庫の食品とか、24時間停止できない工場の設備が停止した場合の損害、信号が停止したことによる交通事故とか。家庭内医療器の停止とかも。  去年の計画停電の原因は福島の原発の停止で、直接の契機は天災によるものだと思っています。  福島の原発による直接的な被害は政府、東電が補償しています。  今年の夏の停電(計画停電)の原因は、原発の再稼働に反対する例えば大阪市長などの明らかに人為的なものです。政府や電力会社は稼働させようとしているようですから。  この場合再稼働に反対する自治体が補償するのが合理的だと思いますが。  もちろん、現在各電力会社の供給力に議論があって、もしかすると停電は起きないかもしれないことは承知しています。もし停電したらの場合です。

  • 川内原発 と 火砕流

    原発に火山の火砕流が流れ込んでくると、いかなる手段も講ずることはできず、手をこまねいているうちに大爆発を起こすと言われています。 この火砕流の危険性が大きい原発が日本には幾つもあり、代表的なものが、泊原発(北海道)、伊方原発(愛媛)、玄海原発(佐賀)、川内原発(鹿児島)です。 ● 火砕流が原発襲ったら「完全にお手上げ」 専門家が吐露 http://dot.asahi.com/science/s-general/2013021300005.html 先般、原子力規制員会での優先審査の対象として川内原発があげられ、恐らくは再稼働第1号になる見込みです。 この川内原発には過去に敷地内に火砕流が到達したとされ、しかし九州電力は危険性が十分に小さいと断じています。 ● 川内原発、3万年前に火砕流到達 九電が再現試算提示 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014031901002162.html 地元では火砕流他、火山灰の影響を過小評価しているとして、再稼働反対の動きが有ります。(近くでは活断層の新発見もある) ちなみに、地元の県知事は再稼働容認の方向らしいですが、前の徳田毅氏の辞職に伴う衆院鹿児島2区補欠選挙(27日投開票)に「新党ひとりひとり」から反対派の新人が立候補予定。 例によって完全募金主義、完全ボランティア主義で動き出した模様。 ● 衆院鹿児島2区補選 反原発の山本氏、有川氏を擁立 http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=55878 http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20140402-OYS1T50002.html http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/140402/plt14040213390007-n1.html そこで質問ですが、火砕流無視で川内原発を動かしてもOK? 3万年前の大噴火で敷地内に火砕流到達したとされるが、活断層は12~40万年の基準であるところを、火砕流が3万年で危険性無視とは釣り合いが取れてないのでは? その合理的説明は存在しているのでしょうか? 注) 火砕流は地面との摩擦が少なくその速度100km/hを超えることもあり、時には海面上を渡る時もある。

  • 川内原発への【火砕流】で日本民族は絶滅する

    原発に火山の【火砕流】が流れ込んでくると、いかなる手段も講ずることはできず、手をこまねいているうちに大事故に至るとされています。 【火砕流】は1000m級の山を越え、海を渡り、速度100km/hを超えることもあります。 この火山リスクが最も大きいとされるのが鹿児島県の川内原発です。 九州地方で数千年から数万年に一度の頻度で発生する巨大カルデラの破滅的噴火によって、川内原発を【火砕流】が襲い、原発は壊滅的被害をこうむり、人は近寄れず原発事故を収束させることもできず、放射能を大量に含む死の灰が西風に乗って日本全国を数年間に渡って襲い、日本民族は日本国土を放棄し、全世界に流浪の旅に立つ。。。という予想があります。 川内原発の大規模事故により他の原発からも人員避難が行われると思われ、よって西側から順次に各放置原発の暴走事故が連鎖的に発生していきます。 そこで質問ですが、 1. 今のうちに逃げる。 2. 放射能を浴びてから逃げる。 3. 絶対安全だという嘘を信じる。 4. 座して死を待つ。 5. 絶対安全だと嘘をつき続け、カネを儲ける。(九電) 6. 自分が生きているうちは来ないと思って、人生を遊び暮らす。 7. 危ないから原発を止める。 8. 二酸化炭素の方が危ないと思って原発を動かす。 どれが最も良い災害対策なのでしょうか? 中国や韓国は地殻が安定していて、地震も活断層も火山リスクも日本に比較すれば桁違いに少ない。 しかし地殻活動が活発で火山だらけの日本においては全国の原発に【火山リスク】が見込まれ、このリスクに対応しない(又は対応不能な)原発は立地不許可→廃炉へと進むことが、原子力規制委員会の規制基準で定められています。 しかし現在まで原子力規制委員会には火山リスクに関する専門家が不在で、電力会社による信憑性の薄いリスク評価がまかり通ってきました。 川内原発は他の原発に先駆けて再稼働へ向けた優先審査が行われておりますが、しかしこの川内原発においては九州電力のリスク評価があまりにも恣意的・不自然なため、原子力規制委員会は評価し直しの指示を出しました。 火山リスクが高いと目される原発は、川内、泊、東通、玄海、伊方ですが、(その他原発にもリスクはある)、中で最もリスクが高いのが川内原発で、その周囲にはカルデラが6個存在しています。(カルデラは巨大噴火を起こした跡で、今後も同様の噴火が見込まれる) 川内原発敷地には過去の巨大噴火の【火砕流】が到達したとされ、再び同様なことが有れば、人間は即死、原発は跡形もなく破壊されつくし、人は近寄ることさえできず、放射能のだだ漏れになります。 そこで次の質問ですが、 詳細に検討されている活断層や地震のリスクよりも、火山リスクはかなり高い発生頻度で、遥かに大きなダメージが出るのですが、原発推進するためには止むを得ないとの覚悟を日本民族は決めたんですかね? そんな日本民族の尻の後に、あなたは 付 い て 行 き ま す か。

  • 浜岡原発は再稼働お断りの目算?

    鹿児島県の川内原発の再稼働が来年以降行われる目算が高くなってますが、この川内原発においては 原発稼働に必要となる「地元の合意」の、「地元」の範囲が立地自治体の薩摩川内市と鹿児島県に限られ、隣接の複数市町村は地元の範囲から排除された上での名目的な地元合意が強行されました。 これには鹿児島県知事の地元民をまるで無視するかのような強引な手法が用いられました。 一方F1事故以後、各地の原発立地において、立地自治体のみならずその周辺の多数の市町村を原発業者との安全協定に参加させる枠組みを造るべく、各地で交渉が行われています。 この度静岡県では原発近隣自治体11市町を全て原発業者との安全協定の枠組みに含め、それら自治体の全てが再稼働に同意せざるば原発稼働は不可能との仕組みをつくり上げました。 ■ 知事、浜岡原発稼働に「11市町の同意必要」 http://www.yomiuri.co.jp/local/shizuoka/news/20141110-OYTNT50394.html ■ 浜岡再稼働「31キロ圏11市町同意必要」 知事が表明 http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20141111/CK2014111102000094.html 静岡県の現状を考えるとこれは事実上、浜岡原発の再稼働お断りの宣言と言ってOKかと思いますが、どんなもんなのでしょう。 浜岡原発においては以前から県知事の反原発方向と伺える言動が注目されていましたが、これ以外にも「住民投票」が必要であるとも県知事は表明しています。 現知事退任の後までも静岡県においては原発再稼働を阻止できるめどが立ったと考えてよいのでしょうか?