• ベストアンサー
  • 困ってます

企業価値におけるWACCの計算

企業価値におけるWACCの計算で、資本コストは、税引き後であるため、(1-実効税率)をかけなくてよいとあるのですが、なぜ資本コストは税引き後なのでしょうか? 初心者の質問で申

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数2098
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

(自己)資本コストとは主として株式配当のことで、配当は税引き後に残る純利益が元手だからです。 では逆にWACCを考える上で、なぜ他人資本コストに(1-実効税率)をかけるかというと、最初に次のようなケースで考えてみます。 売上高が100円、費用が60円の場合、利益は40円なります。 税率が40%とすると、法人税として16円もっていかれ、企業に残るお金は24円です。 次にそこに支払利息など他人資本コストが10円だけ追加で必要になった場合を考えると、それが費用に上乗せされ費用70円となり、利益は30円になります。 法人税として40%の12円だけもっていかれるので、企業に残るのは18円になります。 他人資本コストとして10円が流出しても、企業に残るお金は6円(=24円-18円)しか違わないのは、その差の4円(=10円-6円)が、もともと税として持って行かれるはずの分で、それが他人資本コストに振り替られたと考えられるからです。 すなわち、他人資本コストとして10円が必要であったとしても、そのうち4円分はどうせ税で持って行かれるものだったのだから、他人資本コスト10円の実質的は負担増は6円であると考えられます。 そのためWACCを考える上で、他人資本コストの実質的な負担分を計算式と表すと、他人資本コスト×(1-税率)となります。 一方、配当金などの自己資本コストは費用計上するものではなく、税引き後利益から持って行かれると考えれるので、他人資本コストのように「もともと税のために流出する分」というのがないので、(1-税率)をかけたりしないんです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

非常に分かりやすいご回答ありがとうございました。 配当金は税引き後利益からもっていかれるという点のみならず、 負債コストに(1-実効税率)をかける理由の例まであげていただき、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 企業価値の計算にて質問です。

    企業価値の計算にて質問です。 中小企業診断士の財務・会計の問題を解いているのですが、どうも腑に落ちない問題に出くわしました。 どなたか教えていただけますでしょうか。 中小企業診断士 最短合格のためのスピード問題集2 財務・会計 TAC出版 P.36に記載の問題より 次のM社の資料をもとにM社のn年度末の企業価値として最も適切なものはどれか。【単位:百万円】 【n年度末データ】 FCF 100百万円 加重平均資本コスト  11% FCFの成長率 1% 売上高 1500百万円 減価償却費 10百万円 実効税率 40% ア  700 イ  707 ウ 1000 エ 1010 オ 1100 「与えられているデータがn年度末のデータであり、 問われているのがn年度末の企業価値であることからn+1年度末時点の企業評価額は FCF 100 * FCF成長率 1.01/(WACC 0.11-FCF成長率0.01) =1010となる。よってエが正解である。」 と記述されているのですが ■企業価値=予測期間のFCF現在価値+継続価値の現在価値 の式から考えれば解答の計算では「継続価値の現在価値」の部分しか計算していないように感じるのです。 「予測期間のFCF現在価値」=Σ(FCF/(1+WACC)=100/(1.11)               =90.09≒90 企業価値=90+1010=1100となり、オではないかと考えたのです。 どなたか教えていただけますか?

  • 企業価値 / 成長率と資本コストについて

    企業価値 / 成長率と資本コストについて 企業価値評価の基礎的な方法として、 永久成長を前提とした、  キャッシュフロー ÷ (資本コスト - 成長率) という式がありますが、 成長率が資本コストを上回ると、企業価値が マイナスになってしまい、式が破たんしてしまう ように思います。 成長率が資本コストを上回る、というのは どういう状況なのでしょうか? そういうことは、あり得ないことなのでしょうか? ご教授よろしくお願いします。

  • 加重平均資本コスト(WACC) について

    こんにちは。 現在、中小企業診断士資格取得のため某資格学校に通っているものです。 現在、財務会計の学習をしており、昨日「加重平均資本コスト」について習いました。 そこで質問です。 教科書に WACC = D/(D+E) × (1-t) × rd + E/(D+E) × re という公式が載っており、続いて設問として 問 A社の調達資本コストおよび税引前資本コストが次のように与えられているとき、A社の加重平均資本コストを求めよ。なお、法人税等の実効税率は40%とする。 他人資本→帳簿価格:30,000、 時価:30,000、税引前資本コスト:4% 自己資本→帳簿価格:18,000、 時価:20,000、税引前資本コスト:5% という設問で、公式に当てはめれば簡単に解けるのですが、 先生が授業中に、 「税引前資本コストだから(1-t)を掛けることで税引後の資本コストに変えてやる」と説明していました。 が、なんか税引前資本コストというのにひっかかっています。。 授業終了後、先生に質問に行くと 「税引後資本コストが与えられていた場合、(1-t)は掛けなくてよい」 と言われました。 (1-t)を掛けなくていいのなら、公式が変わってきます。 公式の説明には、税引前だとか税引後の説明書きは一切ありません。 本当に、税引後資本コストが与えられている場合は(1-t)を掛けなくて良いのでしょうか? (1-t)を掛けている理由を簡単に説明してください。 自分の中では、いろいろ調べて「負債には節税効果があるので、他人資本には実効税率の分だけ割引かれている」と解釈しているのですが・・・。 いかんせん財務については無知なもので、よろしくお願いします。

  • 企業価値について

     最近、企業に求められるもののひとつに<企業価値>の向上が必要だ、という話を聞きます。、いったい企業価値って何なんでしょうか?  {今日の企業価値}と{昔(1960から80年代の企業)の企業価値}って違うんでしょうか?  また企業価値を評価するものとしてEVA(economic value added)がありますが、その他の方法では評価できないのでしょうか?  企業にとって、今なぜ企業価値が必要なんでしょうか?  よろしければこの質問に役立つサイトや書籍があれば教えてください

  • 【企業価値評価/NOPATについて】

    【企業価値評価/NOPATについて】 DCF法で評価する場合、キャッシュフローを算出するもととして NOPAT(Net Operating Profit After Tax)を使いますね。 NOPATは 営業利益×(1-実効税率)ですが、なぜ実際の税額 を使わずに、営業利益×実効税率 を使うのでしょうか? よろしくお願いします。

  • バリュー投資と企業価値評価について。

    バリュー投資で利益を出すのであれば、財務諸表と企業価値評価を理解しなければいけないと知人に言われ今学んでいるところなのですが企業価値評価が理解しがたいです。「企業価値評価の基本と仕組みがよ~くわかる本」で基本をと思い購入したのですがわかりづらいのです。 初心者でも理解しやすい本ってありますか? また、バリュー投資のために企業価値評価を全て理解しなければいけないのでしょうか?

  • 企業価値

    企業価値について調べる上で、調べやすい企業があれば教えて下さい。

  • DCFのWACCについて

    DCF法のWACCについて質問です。 負債比率が高く純資産が小さい会社の企業価値を算定したいと思います。アーリーステージの会社に対する増資のイメージです。 リスクが高いので株主の資本コストは30%と高く設定しても、負債部分のコストは実績の借入金利2,3%であるとすると、加重平均するとWACCが5%程度しかならず、上場会社のWACCとあまり変らないので、過大評価されてしまいます。増資をすれば純資産の割合が上昇して、負債比率が低下するので、直近の純資産と負債の比率でWACCを求めるのはいかがなものかと考えます。このようなケースではWACCをどのように考えればいいのか、ご教示いただければ助かります。よろしくお願いします。

  • EV(企業価値)にの求め方について

    EV(企業価値)にの求め方について 現在ファイナンスの基礎の基礎を勉強している者です。教科書を読んでいるとEV(企業価値)=時価総額+ネット・デット(有利子負債額-現金同等物)だと説明があり、それを元に計算を行うのですが、この式では有利子負債の大きな会社ほど企業価値が高いことになり、無借金経営の会社は価値が低いということになります。この結果がなかなか理解できません。有利子負債の大きい会社の方が企業価値が高いのでしょうか。

  • 「企業価値」って一体何でしょうか?

    今回のニッポン放送株争奪戦で、フジサンケイグループもライブドアも同様に、企業価値の維持あるいは向上ということを主張しています。ただ、それぞれの主張に耳を傾けてみれば、実は両者で若干ニュアンスが異なっていることに気付きます。フジサンケイグループ側は、ニッポン放送はフジテレビの傘下にいた方が企業価値は維持されると主張し、ライブドアは放送と通信の融合によって企業価値は向上すると主張しています。 ニッポン放送株争奪戦を寓話的に表現すると、こんな感じでしょうか。ニッポン放送という未婚で年増の女性がいた。彼女自身は、今まで何くれとなく世話をしてくれた父親(フジテレビ)とこれからは一緒に生活したいと思っていた。彼女は父親の言うことなら何でもきく世間知らずの女だったため、嫁に行きそびれていた。そこへライブドアという男性が現れて、強引な方法で彼女と結婚しようとした。でも彼女自身はフジテレビという父親へのファザーコンプレックスゆえ、結婚など眼中になかった。悩んだ彼女は父親に頼み込んだ。何とかしてあの男を追い払って欲しい、と。そこで父親はとても強引な方法に出た。そして言った。「娘の価値は私の所で一生暮らし続けることで最も高まる」と。しかし男は反論した。「いや、彼女の価値は私と一緒になることで高まる」と。 この寓話で言いたいのは、企業価値の維持(向上)ということが娘や父親、あるいは強引に結婚しようとしている男からしか提示されておらず、本来それを判断すべきステークホルダーからは一切なされていない、つまりそれだけ自己中心的な主張ではないかということです。例えば株式時価総額など何らかの客観的な数値で示されるのならともかく、そういったものが全くない状態でお互い「企業価値」と念仏の様に唱え合ってみても、おそらく裁判所もこれに関しては判断しない、と私は思うのですが…。