• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

【企業価値評価/NOPATについて】

【企業価値評価/NOPATについて】 DCF法で評価する場合、キャッシュフローを算出するもととして NOPAT(Net Operating Profit After Tax)を使いますね。 NOPATは 営業利益×(1-実効税率)ですが、なぜ実際の税額 を使わずに、営業利益×実効税率 を使うのでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1469
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

NOPATでは、法人の主たる営業活動についての法人税額を控除した部分を計算します。 しかし、実際の税額は、営業利益だけでなく経常損益や特別損益も加味した金額になっているため、法人の主たる営業活動についての法人税額にはなりません。 さらに、我々企業外部の人間にとっては、公表された財務諸表が企業価値評価の資料になりますから、「営業利益×(1-実効税率)」よりも細かい計算ができません。 本来、企業コンサルタントで内務情報に精通した人間であれば、NOPATを算定する際には営業利益に関する法人税額を一つ一つ計算するかもしれません。 このような理由から、「営業利益×(1-実効税率)」で計算します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たしかに、非事業用資産は 別に計算するので、事業用資産 だけの分で法人税額を計算しないと 変になりますね。 という意味では、ざっくり計算で あることは承知のうえで 営業利益×(1-実効税率) で計算するということ、納得です。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 【企業価値評価】NOPLATを使う理由

    【企業価値評価】NOPLATを使う理由 企業価値評価の一般的な手法として、 「NOPLAT+減価償却-投資 = 営業フリーキャッシュフロー」 で算出したで営業FCFを現在価値に割り引く方法が ありますが、 なぜ、実際のフリーキャッシュフロー(キャッシュフロー計算書 上の、営業CFマイナス投資CF)で計算しないのでしょうか? 資金調達の一貫性を保つ(負債の影響をなくす)という趣旨ならば、 キャッシュフロー計算書をもとにしたFCFに、支払利息を足し 戻せば済む話だと思うのですが。 アドバイスよろしくお願いします。

  • プロジェクト評価のためのフリー・キャッシュフロー

    あるプロジェクトの事業性評価を行う際に使用するフリー・キャッシュフロー(FCF)について、勉強しています。FCFに関する以下の不明な点について、識者の方のアドバイスをよろしくお願いいたします。 このFCFについては、一般的な図書では、以下で示されています。 FCF=税引前営業利益×(1-実効税率)+減価償却費-設備投資額-増加運転資本(又は-減少運転資本) 減価償却費以降については理解していますが、税引前営業利益×(1-実効税率)について以下の事項が分かりません。 1.税引前純利益ではなく、税引前営業利益を使う理由 おそらく、支払利息の影響を排除するためだと思い、これについて色々調べてみましたが、以下の二つの理由があるようです。どちらの理由が正しいのでしょうか。それとも他に理由があるのでしょうか。 (1)投資資金の借り方により、プロジェクト自体の良し悪しが影響されるので、この影響を排除するために、無金利として、プロジェクト本来の良し悪しの評価を行う。 (2)NPV法やDCF法で評価する際に、FCFをWACCで割り引くが、WACCの中に既に支払利息が入っているので、FCFに支払利息を考慮しておくと、利息の負担分を二回計算することになってしまう。 2.法人税等の支払額を、税引前営業利益×実効税率で計算する理由 上式で計算される法人税等は、当期の利益に対するものでありますが、支払時期は、決算終了後の来期になります。したがって、当期に支払う現金額というのは、前期の利益に対するものですので、当期のFCFを計算する際に、当期と前期の利益の差に対する税率分だけFCFにズレが生じると思います。しかし、どの書籍をみても、そのような説明は書かれていません。毎年の営業利益が一定という条件であればこのような式でもよいかとは思いますが、考え方としては間違っておりますでしょうか。

  • 継続価値の計算って・・・

    よろしくお願いします。 継続価値のの計算で 予測期間の翌年のフリーキャッシュフロー((1))/WACC-フリーキャッシュフローの成長率 とありますが、(1)の予測期間の翌年のフリーキャッシュフローはどのように出すのでしょうか? フリーキャッシュフローは 営業利益*(1-法人税率)+減価消極費ー運転資本の変化ー投資 とあるのですがどうやって”予測期間の翌年”のフリーキャッシュフローが出てくるのでしょうか? また、企業価値を出す際に”継続価値の現在価値”を出すと思うのですが、これは継続価値を割引率(WACC?)でわればいいのですか? 教えてください。よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • aokisika
  • ベストアンサー率57% (1042/1811)

端的に言うとスタン&スチュアート社がそう定義したからなのですが、それでは答えになりませんよね。 ほとんどの企業は複数の事業を行っており、税は個々の事業ではなく企業全体の利益について課されます。そのため個々の事業について税額のどの部分がその事業に対する税なのか適切に判断することが困難です。原価計算での共通費の配賦のような問題が生じてしまうため、任意性が大きくなってしまいます。ですから、こういう大まかな計算でNOPATを決めているのです。 私はそう考えているのですが、本当のところは定義を決めたスタン&スチュアート社に聞いてみないとわかりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 企業価値の計算にて質問です。

    企業価値の計算にて質問です。 中小企業診断士の財務・会計の問題を解いているのですが、どうも腑に落ちない問題に出くわしました。 どなたか教えていただけますでしょうか。 中小企業診断士 最短合格のためのスピード問題集2 財務・会計 TAC出版 P.36に記載の問題より 次のM社の資料をもとにM社のn年度末の企業価値として最も適切なものはどれか。【単位:百万円】 【n年度末データ】 FCF 100百万円 加重平均資本コスト  11% FCFの成長率 1% 売上高 1500百万円 減価償却費 10百万円 実効税率 40% ア  700 イ  707 ウ 1000 エ 1010 オ 1100 「与えられているデータがn年度末のデータであり、 問われているのがn年度末の企業価値であることからn+1年度末時点の企業評価額は FCF 100 * FCF成長率 1.01/(WACC 0.11-FCF成長率0.01) =1010となる。よってエが正解である。」 と記述されているのですが ■企業価値=予測期間のFCF現在価値+継続価値の現在価値 の式から考えれば解答の計算では「継続価値の現在価値」の部分しか計算していないように感じるのです。 「予測期間のFCF現在価値」=Σ(FCF/(1+WACC)=100/(1.11)               =90.09≒90 企業価値=90+1010=1100となり、オではないかと考えたのです。 どなたか教えていただけますか?

  • 営業利益の英訳

    こんにちは!基本的な質問で失礼します。 辞書で調べたところ「営業利益」の英訳には「operating profit」と「operating income」の二種類が出てきました。 どちらも同じですか?また、違いはありますか? 何卒よろしくお願いします。

  • フリーキャッシュフローは支払利息とか引かないの?

    フリーキャッシュフローを算出する公式は、 営業利益×(1-実効税率)+原価償却費-運転資本増減額-設備投資額 これは分かるのですけど、簡単な損益計算書として、 営業利益  10000 支払利息  4000 税引前利益 6000 法人税等  2400 当期純利益 3600 というケースが想定されていると、支払利息は支払うからなくなってしまう金額だよな~と 考えて引いてしまうと間違っているぽいです。なぜ? 原価償却費は、現金がなくなっていないにもかかわらず計算上引いているので、足さなければならないことは分かるのですけどね。

  • EVA

    EVA=NOPAT-WACC×投下資本で表わされるようですが、右辺の式を構成する内容に ついて質問させてください。 NOPAT=税引き後営業利益ですが、営業利益+受取利息・割引料×(1-税率) でよいでしょうか? 投下資本について 短期借入金+固定負債+株主資本、でよいでしょうか? 投下資本 首・期末・期首+期末平均値のいづれを使うのでしょうか?

  • 税率40%って何?

    個人事業を始めようと思い、収支計画書を記入しているのですが、本を読むと、「売上総利益-経費=営業利益」となっています。ここまでは分かるのですが、税引後利益が、「営業利益×0.6(税率40%)」として計算されています。そんなに税率って高いのですか? 例えば、営業利益が1000万円あったとしたら、税金が400万円、営業利益が600万円って事になるのですよね?それって、営業利益が100円だったら、税金40円、営業利益が60円ってことですか? 上記のことが正しければ、税率の税って、何税のことなのでしょうか。また40という数字はどうやって計算された数字なのでしょうか?

  • NOPATとNOPLATの違いについて

    NOPAT(税引前営業利益)とNOPLAT(みなし税引前営業利益)の違いが分かりません。 ほぼ同じ意味だとは思いますが、具体的な違いが分かりません。いろんな資料を見ていると、混在して使われているようです。また、「みなし」という用語についても、どのような意味なのでしょうか。また、この両者は、どのように使い分けをしたらよいのでしょうか。どなたか、よろしくご指導お願いいたします。

  • 負債の節税効果について

    企業価値計算の勉強をしている中で、以下の理屈が理解できません。 「資本よりも借入金を増やしたほうが、企業価値=キャッシュフローを増大させることができる」 「なぜなら、企業の得たキャッシュフローは、1.債権者 2.税金 3.株主の順に払われるので、借入金が多いほうが税金が少なくなる」ため http://www.nsspirit-cashf.com/manage/setsuzei_kouka.html ですが、ここで借入金の有無がなぜ税金の額に影響するのでしょうか。借入金を返済しようがすまいが会計上の利益には関係なく、税額は変わらないような気がするのですが。。。 添付の説明の中では、「キャッシュフローにかかる税率」なる言葉も出てきますが、言葉自体理解できません。 どなたかご教示いただければ幸いです。

  • 中小企業診断士二次試験事例IVの質問

    平成24年中小企業診断士二次試験事例IVに関する質問です。 平成24年の問題ですが、以下のとおり、D旅館が改修工事をすると初年度のようになります 今年度 営業利益 △13,490 減価償却費 25,400 初年度 営業利益 +18,730 減価償却費 43,400 この投資(改修工事)の初年度の差額CFは以下のどちらが正しいのでしょうか。税率40%。 (1)今年度のFCF=△13,490+25,400=11,910 *営業利益が赤字なので(1-税率)を乗算をしない 初年度のFCF=18,730×(1-0.4)+43,400=54,638 差額CF=初年度のFCF-今年度のFCF=54,638-11,910=42,728 (2)差額CF=(18,730-(△13,490))×(1-0.4)+(43,400-25,400)=37,332 この両者の違いは、今年度の営業利益がマイナスの時に税計算をするかしないかの違いです。 どちらが正解なのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 営業キャッシュフローについて

    休みの日に、ゆっくりですが財務について勉強中です。 わからない点が2点ほどありますので、よろしければお教えください。 キャッシュフロー計算書 投資キャッシュフロー -203,512千円 財務キャッシュフロー 50,254千円 現金及び現金同等物の増加額 227,174千円 損益計算書 営業利益 251,632千円 経常利益 154,330千円 当期利益 30,487千円 売上高対経常利益率 14% 1.営業キャッシュフローマージンは何%でしょうか。 営業キャッシュフローと売上高が、わからないので 計算方法がわかりません。 2.営業キャッシュフロー当期利益率は何%でしょうか。 どちらか片方、もしくはヒントになるホームページでも構いませんので よろしくお願いします。

  • 営業利益と営業キャッシュフローの比較

    自社の財務分析で営業利益と営業キャッシュフローの各月の比較を 行っているのですが両データが全く収束しません。 2年分くらいの毎月のデータを比較しているのですが合計額で 営業キャッシュフローが営業利益の3倍ほどあります。 これは何が原因なのでしょうか?