• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

【企業価値評価】NOPLATを使う理由

【企業価値評価】NOPLATを使う理由 企業価値評価の一般的な手法として、 「NOPLAT+減価償却-投資 = 営業フリーキャッシュフロー」 で算出したで営業FCFを現在価値に割り引く方法が ありますが、 なぜ、実際のフリーキャッシュフロー(キャッシュフロー計算書 上の、営業CFマイナス投資CF)で計算しないのでしょうか? 資金調達の一貫性を保つ(負債の影響をなくす)という趣旨ならば、 キャッシュフロー計算書をもとにしたFCFに、支払利息を足し 戻せば済む話だと思うのですが。 アドバイスよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1483
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

No.1です。 お礼投稿ありがとうございます。 質問者さんは「(NOPLATをもとに計算した)営業FCFも(運転資金増のため)悪化する」との認識をされています。 私自身NOPLATについてはあまり馴染みがないので念のため確認をしてみたのですが、やはりネットに記載されている情報を見る限りではNOPLAT自体は運転資金増による悪化はないように思います。 私の理解違いであればおっしゃる通りご質問の回答にはなっていないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 NOPLAT自体ではなく、NOPLATをベースにしてそこから 運転資金などcashの出入りを調整した"営業free cash flow"を まず計算し、それをNPVに割り引く形で価値計算をする、 というのが教科書的なやり方なので、やはり運転資金の動きは 加味されると思います。 すると、結局、CF Statement上のfree cash flow(ただし 金利は控除する必要あり)で計算するのも、NOPLATベースの "営業free cash flow"で計算するのもあまり大差ないように 思われ、なぜ手間のかかる後者がスタンダードになっている のかなと思った次第です。 もう少し勉強してみます。

関連するQ&A

  • 企業価値の計算にて質問です。

    企業価値の計算にて質問です。 中小企業診断士の財務・会計の問題を解いているのですが、どうも腑に落ちない問題に出くわしました。 どなたか教えていただけますでしょうか。 中小企業診断士 最短合格のためのスピード問題集2 財務・会計 TAC出版 P.36に記載の問題より 次のM社の資料をもとにM社のn年度末の企業価値として最も適切なものはどれか。【単位:百万円】 【n年度末データ】 FCF 100百万円 加重平均資本コスト  11% FCFの成長率 1% 売上高 1500百万円 減価償却費 10百万円 実効税率 40% ア  700 イ  707 ウ 1000 エ 1010 オ 1100 「与えられているデータがn年度末のデータであり、 問われているのがn年度末の企業価値であることからn+1年度末時点の企業評価額は FCF 100 * FCF成長率 1.01/(WACC 0.11-FCF成長率0.01) =1010となる。よってエが正解である。」 と記述されているのですが ■企業価値=予測期間のFCF現在価値+継続価値の現在価値 の式から考えれば解答の計算では「継続価値の現在価値」の部分しか計算していないように感じるのです。 「予測期間のFCF現在価値」=Σ(FCF/(1+WACC)=100/(1.11)               =90.09≒90 企業価値=90+1010=1100となり、オではないかと考えたのです。 どなたか教えていただけますか?

  • 企業価値(DCF法)について

    企業価値を求める際、その事業が将来生み出すキャッシュフローを現在価値に割り引いた値段(事業価値)と投融資の和で求められると学びましたが、キャッシュフローだけではなく、例えば自社ビルの土地や、建物、商品製造装置等の営業資産の時価は加えなくていいのでしょうか?

  • フリーキャッシュフローと受取利息・支払利息について

    フリーキャッシュフロー(FCF)と受取利息・支払利息について教えてください。 まず、FCFの説明を見ると、営業CF+投資CFとなっております。 一方、受取利息と支払利息は営業CFに記載することもできるが、受取利息は投資CFに、支払利息は財務CFに記載することもできるとなってます。 だとすると、キャッシュフロー計算書の書き方ひとつで、フリーキャッシュフローの値は変わってきてしまうということなのでしょうか? 因みに、フリーキャッシュフローの本来の意味合いから考えると、受取利息とか支払利息は控除して考えるべきだと思ってしまうのです。 FCF = NOPAT+償却費-設備投資-増加運転資本 NOPAT= EBIT[経常利益-受取利息+支払利息]x(1-実効税率) どなたかご享受いただけないでしょうか。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

営業CFの変化が必ずしも企業業績の好調・不調を表さないということが理由にあると思います。 一般的に売上が伸びている企業はたとえ利益が好調でも営業CFは低く出てしまいます(場合によってはマイナスに出ることも珍しくありません)。 逆に売上が落ち込んでも営業CFは前期比高く出てしまう企業の方が一般的です。 さらに、在庫の水準や資金の回収や支払の条件の変更によっても影響を受けます。 つまり好調で売上が伸び続けている企業の計算上の価値が低く出て、不調な企業の価値が高く算出されてしまうという変な結果が頻発することになるのです。 業界によっては質問者さんが言われる方法で計算する方が良いケースもあると思いますが一般的に使える計算方法ではないと思います。 以上ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 成長による資金需要が原因でCFが 悪化するというのはおっしゃる通り 大事なポイントですが、 そのような場合は、(NOPLATを もとに計算した)営業FCFも(運転資金 増のため)悪化するので、 「なぜキャッシュフロー計算書上の 数字ではなく、NOPLATをもとにわざわざ 算出した営業FCFを使うのか」という質問 の答えにはなっていないように思います。

関連するQ&A

  • 【企業価値評価/NOPATについて】

    【企業価値評価/NOPATについて】 DCF法で評価する場合、キャッシュフローを算出するもととして NOPAT(Net Operating Profit After Tax)を使いますね。 NOPATは 営業利益×(1-実効税率)ですが、なぜ実際の税額 を使わずに、営業利益×実効税率 を使うのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 企業価値について

     最近、企業に求められるもののひとつに<企業価値>の向上が必要だ、という話を聞きます。、いったい企業価値って何なんでしょうか?  {今日の企業価値}と{昔(1960から80年代の企業)の企業価値}って違うんでしょうか?  また企業価値を評価するものとしてEVA(economic value added)がありますが、その他の方法では評価できないのでしょうか?  企業にとって、今なぜ企業価値が必要なんでしょうか?  よろしければこの質問に役立つサイトや書籍があれば教えてください

  • バリュー投資と企業価値評価について。

    バリュー投資で利益を出すのであれば、財務諸表と企業価値評価を理解しなければいけないと知人に言われ今学んでいるところなのですが企業価値評価が理解しがたいです。「企業価値評価の基本と仕組みがよ~くわかる本」で基本をと思い購入したのですがわかりづらいのです。 初心者でも理解しやすい本ってありますか? また、バリュー投資のために企業価値評価を全て理解しなければいけないのでしょうか?

  • 企業価値評価

    企業価値評価の良書を薦めていただきたいです。 よろしくお願い致します。

  • 継続価値の計算って・・・

    よろしくお願いします。 継続価値のの計算で 予測期間の翌年のフリーキャッシュフロー((1))/WACC-フリーキャッシュフローの成長率 とありますが、(1)の予測期間の翌年のフリーキャッシュフローはどのように出すのでしょうか? フリーキャッシュフローは 営業利益*(1-法人税率)+減価消極費ー運転資本の変化ー投資 とあるのですがどうやって”予測期間の翌年”のフリーキャッシュフローが出てくるのでしょうか? また、企業価値を出す際に”継続価値の現在価値”を出すと思うのですが、これは継続価値を割引率(WACC?)でわればいいのですか? 教えてください。よろしくお願いします。

  • 企業価値 / 成長率と資本コストについて

    企業価値 / 成長率と資本コストについて 企業価値評価の基礎的な方法として、 永久成長を前提とした、  キャッシュフロー ÷ (資本コスト - 成長率) という式がありますが、 成長率が資本コストを上回ると、企業価値が マイナスになってしまい、式が破たんしてしまう ように思います。 成長率が資本コストを上回る、というのは どういう状況なのでしょうか? そういうことは、あり得ないことなのでしょうか? ご教授よろしくお願いします。

  • 正味現在価値について

    投資案件(7年償却)の検討の際に、正味現在価値での評価を考えておりますが、4年目までは、利益(税引き後)がでており、フリーキャッシュも+ですが、6年目以降がFCF(フリーキャッシュフロー)がマイナスになります。この際、割引きの扱いをどうすればよいのか?悩んでおります。6年目ですと、割引率0.56なのですが、例えばFCFが-1000万円の場合、現在価値は割り引いて-560万円なのか?逆に赤字の場合 -1000÷0.56等、現在価値では余計に赤字が膨らむようにする(私は現実的にはこちらかなとおもっっていますが)のか?分かりません。どなかかご教授願います。

  • 正味現在価値の計算について

    投資案件(7年償却)の検討の際に、正味現在価値での評価を考えておりますが、4年目までは、利益(税引き後)がでており、フリーキャッシュも+ですが、6年目以降がFCF(フリーキャッシュフロー)がマイナスになります。この際、割引きの扱いをどうすればよいのか?悩んでおります。6年目ですと、割引率0.56なのですが、例えばFCFが-1000万円の場合、現在価値は割り引いて-560万円なのか?逆に赤字の場合 -1000÷0.56等、現在価値では余計に赤字が膨らむようにする(私は現実的にはこちらかなとおもっっていますが)のか?分かりません。どなかかご教授願います。

  • フリーキャッシュフローを調べて分かることは?

    フリーキャッシュフローは企業が自由に使えるお金であり、社債の償還などに使える資金をあらわすと書いてあったのですが、普通のキャッシュフロー情報からの正味の現金増減額ではなぜだめなのでしょうか? なぜFCFは企業価値に影響を与えるのでしょうか?いまいちCFとFCFから得られる情報の違いについて理解できないので教えてください

  • 企業価値評価に関する良書をご紹介頂けないでしょうか?

    企業価値評価に関する良書をご紹介頂けないでしょうか? よろしくお願いいたします。