• 締切済み
  • 困ってます

通関実務に関する質問

通関実務に関する質問です。 今年の春(先週)から、通関士の資格取得に向けて独学で勉強を始めました。現在は、通関書類の作成及び通関業務に関して勉強中です。輸入申告と輸出申告は、比較的簡単にクリアできたのですが、課税価格の計算方法のところで行き詰っています。基本的には、現実支払価格+加算価格=課税価格なのだそうですが、問題を解いていると、何を足したり引いているのか、いまいちわかりません。また、CIF価格と課税価格は等しいのでしょうか? どなたか、通関業務に詳しい方、おしえていただけませんでしょうか?よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数238
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2
  • WEST247
  • ベストアンサー率26% (98/375)

更に補足します。 現実支払価格+加算価格=課税価格 CIF=課税価格 FOB+保険+運賃=課税価格 と、なります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • WEST247
  • ベストアンサー率26% (98/375)

CIFとは、Cost, Insurance and Freightの略称です。つまり製品原価、海上保険、運賃の意味です。商品が買主の指定する場所に届いた時点でその商品の所有権が買主に移転するという取引条件です。 課税はCIFに対して品目や品種により決められた税率で課税します。 例えばCIF価格\1,000で輸入税率10%なら税額は\100となります。FOB取引(本船渡し)の場合は価格に海上保険と運賃を加算した合計金額に対しての課税となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 通関士について

    こんばんわ 僕は今大学3回生で現在通関士の資格を取ろうかどうかを検討しています。 自分で通関士についての本も軽く読み、ネットでも様々調べたんですがどうもすっきりしない点が多いです。ずっと目標にしていた資格なんですがはっきり自分の中でつかめない状態で挑みたくないので質問させていただきます 一点目 実際の通関士になるためには実務経験がいると聞きました。大学の先生に公務員になれば実務経験が詰めるといわれたんですが、通関士自体は公務員ではないはずです。僕は公務員にはならず一般企業で通関業務をやりたいと考えているのでその場合どのように実務経験を積めばよいのでしょうか?また国が運営する税関などで公務員として通関業務を担当している方は通関士資格と公務員資格両方を持っているということなのでしょうか?やはりまず公務員にならないと意味がないのですか? 公務員で実務経験を積んで一般企業に行かないといけないなら通関士の多くは転職なさった方ということになるのでよくわからなくなっています。 二点目 通関士資格は貿易や通関業務における唯一の国家資格です。通関士資格を持っていても通関士の認定は受けずに普通に企業で働いている方もいると聞きます。僕は最終的には通関士になれたらいいなとは思っていますが、まずは流通や貿易関係の会社に普通に就職したいと思っています。その場就職活動において通関士の資格というのは「貿易全般に関する有用な知識を持っている」と企業にどの程度見てもらえるのでしょうか?通関士の資格を持っていてもあまり就活には役立たないという話も聞くので心配しています。貿易実務検定を勉強することも考えましたがどちらがより一般的な就職にゆうりでしょうか? 少し分かりずらいかもしれませんが回答お願いします。

  • 通関士 輸出入事務担当でも業務可能?

    外資メーカーで輸出入事務を担当しており、現在通関士の勉強をしている者です。 勤務している企業では、通関業務は通関業者さんに委託をしています。 でも稀に、緊急の貨物があるのに土日の通関を断られてしまうケースなどがあり、そういう時に自社通関できれば良いのにな、と思う事があります。 通関士として名乗る(通関業務を行う)為には、企業で登録して税関長の許可が必要と聞きますが、この場合は通関士と名乗る者は主な業務内容が通関で、且つ恒常的に通関業務をしている必要があるのでしょうか? それとも、普段は輸出入事務を担当していても、通関士として登録し、必要に応じて単発で通関業務を行うようなことも可能なのでしょうか? 現在関税定率法までしか勉強が進んでおらず、通関業法まで進めばわかるのかもと思いましたが、ご存じの方がいましたら教えて頂けると幸いです。

  • 通関士試験合格に関して、名刺への明記

    こんにちは。 私は昨年の通関士試験に合格しました。会社の名刺に通関士試験合格という旨を明記したいと思っているのですが、以下のどちらとも明記可能でしょうか? ・通関士試験合格 ・通関士資格保有 はっきり「通関士」と名乗れるのは、通関業務に従事して税関長の確認を受けた方のみですので、私の場合「通関士」ではなく上記のどちらか(できたら後者)を名刺に明記してもらいたいです。 私は現在商社で輸出業務に携わっていますので、通関士試験に合格しているということを名刺に書いておくと少しでもプラスにはなると思うのです。 詳しい方、教えて頂けますか? 宜しくお願いします。

  • 通関士の仕事について

    通関士の仕事に興味があります。 貿易実務に4年間従事してきましたが 船積だけでなく輸出通関、輸入通関に携わって仕事をしたいと 思い明日専門学校の通関士試験合格講座に申し込みに行こうかと思います。働きながら資格を取りたいと思います。 通関士の仕事はどんな仕事ですか。 どなたかお教えいただけませんか。 また、ライフワークバランスはどうですか。 アドバイスいただきたくよろしくお願いします。

  • 通関士

    3年ほど前に通関士試験に合格しましたが、名刺に資格名を記載しても問題ないでしょうか? いま企業に勤めていますが、通関手続きなどの直結するような業務にはついていません。ただ、貿易に絡む仕事ではあるので名刺に書いておきたいと思って質問します。 社労士なども持っていますが、これは社労士会への登録など必要な手続きがあるので不可なのは分かっているのですが、通関士ってどうだったかなと思ってます。 通関士の場合、業務をするには税関長の確認を受ける必要があったと思いますが、実際に通関業務をしない場合はいかがでしょうか??資格の名称の使用に制限や罰則はありましたでしょうか??

  • 通関士・貿易実務検定とは?(質問多いです)

    こんにちは、経済学部に通っている大学生です。 将来、貿易会社(もしくは貿易に関する仕事)で働きたいので、最近、資格についていろいろ調べてみたところ、通関士と貿易実務検定に興味ができました。 ゆっくり時間を置いて「取りあえず挑戦~」するには時間もないし非効率的なので詳しく調べてからどちらかを選んで勉強したいと思っていますが、 1.通関士に受かると「通関士」という職業になるのですか? (簡単にいいますと、通関士という職業があるのか。) 1-1.もしそうだとしたら、通関士に受かったら貿易実務検定は要らないでしょうか。 2.貿易実務検定はA、B、C級あります。、それぞれ通関士に比べたらどれぐらいの難易度ですか? 例)通関士>A級>B級>C級 3.貿易実務検定は民間資格だそうですが、就職に有利でしょうか。 4.大学生の3~4年のレベルなら、貿易実務検定のどのレベルに受験するのが適当でしょうか。 (できればストレートにA級に受けたいですが、受験料も安くないし、そもそもできないレベルだったら無理矢理挑みたくありません。) 5.同じく、大学生の3~4年のレベルで通関士の勉強をして受かるのは現実的に可能ですか? 6.私は台湾人の留学生ですが、外国人でも通関士と貿易実務検定が受けれるんでしょうか。 (一応、制限無しと聞いたことはありますが・・・) 7.あの2つ以外、貿易(もしくは経済に関する仕事)に関する資格があったら教えてください。 (語学除き) 質問が多いですが、知らない質問はパスしてもOKです。 できるだけ書いてくだされば嬉しいです。

  • CIF条件での課税価格への算入について

    CIF条件での課税価格への算入について (1)輸入申告書に記載する価格はCIF価格、つまり関税定率法第4条~4条の8までに規定する方法により算出された課税価格であり、それは買手が実際に売手に対して支払った金額とされています。 (2)貿易において、CIF条件では輸出者が輸出国内の運賃、輸入港までの海上運賃・保険料を支払うことになっています。 この2つの文は矛盾していると思うのですがどうでしょうか? 買手が輸出国内の運賃、輸入港までの海上運賃・保険料を支払わなくても(売手が先のものを支払っても)課税価格に輸出国内の運賃、輸入港までの海上運賃・保険料を算入するのでしょうか? よろしくお願いします!

  • 通関士

    今商社勤務で、貿易実務の仕事をしています。主に輸出・輸入・三国間の書類作成などをしています。現在、貿易実務検定C級の資格を持っていますが、さらにスキルアップをしたいと考えています。 そこで考えたのが通関士です。国家資格だし、どうせ勉強するなら、ってことで考えてますが、実際この資格をとって仕事に活かせることができるのでしょうか。 また、転職などする際にこの資格は有利になるのでしょうか。 今の職場を転職する気は今のところありませんが、将来を考えて今から勉強をしたいのですが。この資格が活かせるのかどうかが気になります。 通関士資格を持たれてる方などの意見を聞かせてもらえたらな、と思います。 宜しくお願い致します。

  • 通関士

    通関士の募集では実務経験者が優遇されるようですが、その理由は即戦力が必要ということだと思います。資格を取ったとしても即戦力になれるとは限らないのでしょう。 でも疑問があります。通関士の資格を勉強するときは例えば減免税の制度・税額の計算などの実務的な部分や法律的な部分などある程度の基礎知識はを学ぶと思います。ただ細かい他方令の知識などは実際の仕事を通じて学んでいくことだと思いますが、実務経験者が有利な点とは実際の業務ではどのようなことなのでしょうか? 毎日の業務とともに実務経験者ならば職場(会社)が変わっても仕事上進めやすい点などを説明していただけますでしょうか?宜しくおねがいします。 ※通関実務に詳しい方・通関の現場で活躍されている方が回答してください。

  • 課税価格決定について(買手が売手に支払う手数料)

    通関士の勉強をしているのですが、課税価格決定について疑問がありました。 「買手が売手に支払う仕入書価格の中に、輸入貨物に関わる輸入取引に関し売手が販売代理人に支払う販売に関する手数料が含まれているときであっても、当該手数料の額が明らかになっているときは、当該手数料の額は課税価格に含まれない」 過去問にこのような問題があり ○か×かということで、この答えは×でした。 買付手数料を除く販売手数料や仲介手数料などの費用は”買手”が支払う場合には課税価格に含むと思い込んでいたため、混乱してしまいました。 この問題では”売手”が支払っているのに何故販売手数料を課税価格に算入することになるのでしょうか?