• ベストアンサー
  • 困ってます

特許の補正について

特許出願の際の補正は新規事項の追加をしてはいけませんが、その「新規」の基準はどの時点になるのでしょうか。最初に願書に添付したものか、補正後のものなのでしょうか。 たとえば、一度補正で減縮した請求範囲を再度補正で元に戻すことは可能なのでしょうか。 また、特許での補正の基準は意匠、商標でも同じでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1324
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

弁理士です。 新規かどうかの基準は、出願当初の明細書になります。以下のように条文から明らかです。 (願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面の補正) 第17条の2 3 第1項の規定により明細書、特許請求の範囲又は図面について補正をするときは、誤訳訂正書を提出してする場合を除き、願書に最初に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面・・・に記載した事項の範囲内においてしなければならない。 新規事項の観点からは、一度補正で減縮したものを再度補正で元に基づくことは可能です。 但し、最後の拒絶理由通知を受けた後は、以下の規定によりさらに制限されますので、減縮したものを元に戻すことはできません(言い換えると、最後の拒絶理由通知を受けた後は、新規事項でないことという制限に加えて、以下の条文によって規定される制限が加わります)。 第17条の2 5 前2項に規定するもののほか、第1項第1号、第3号及び第4号に掲げる場合(同項第1号に掲げる場合にあつては、拒絶理由通知と併せて第50条の2の規定による通知を受けた場合に限る。)において特許請求の範囲についてする補正は、次に掲げる事項を目的とするものに限る。 1.第36条第5項に規定する請求項の削除 2.特許請求の範囲の減縮(第36条第5項の規定により請求項に記載した発明を特定するために必要な事項を限定するものであつて、その補正前の当該請求項に記載された発明とその補正後の当該請求項に記載される発明の産業上の利用分野及び解決しようとする課題が同一であるものに限る。) 3.誤記の訂正 4.明りようでない記載の釈明(拒絶理由通知に係る拒絶の理由に示す事項についてするものに限る。) 以下のページに特許庁の解説があります。 http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/tukujitu_kijun/hypertext.html 第III部 明細書、特許請求の範囲又は図面の補正 第1節 新規事項 第2節 発明の特別な技術的特徴を変更する補正 第3節 最後の拒絶理由通知後の特許請求の範囲についての補正 第4節 明細書、特許請求の範囲又は図面の補正に関する事例集 意匠と商標の補正は、特許とは全く別物と考えた方がいいと思います。 意匠では、要旨変更にならない範囲で補正を行うことができますが、事実上、実体的な補正はできないと考えた方がいいと思います。以下のページに特許庁の解説があります。 http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/shiryou/kijun/kijun2/isyou-shinsa_kijun.htm  第8部願書・図面等の記載の補正  第1章補正<PDF 349KB>  第2章補正の却下<PDF 34KB> 商標では、商標自体の補正は意匠と同様に、事実上行うことができませんが、拒絶理由がある指定商品・指定役務を除外するために、指定商品・指定役務を削除したり減縮したりすることができます。以下のページに特許庁の解説があります。 http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/shiryou/kijun/kijun2/syouhyou_kijun.htm  第12 第16条の2及び第17条の2(補正の却下)<PDF 239KB>

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

たいへん役に立ちました。ありがとうございます。ただ、やはり、商標、意匠の補正については理解がむずかしいですね。 もっと勉強します。

関連するQ&A

  • 特許法49条6号の解釈

    特許法49条6号の解釈について教えてください。お願いします 「その特許出願が外国語書面出願である場合において、当該特許出願の願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載した事項が外国語書面に記載した事項の範囲内にないとき。」とありますが、この場合の当該特許出願とはどういう意味なのでしょうか? また、この外国語書面出願とは補正のことをいうのでしょうか?

  • 特許 追加補正

    1ヶ月前に個人で特許出願申請しました。これで完璧と思ったのですが、ここをこうしたら尚、完璧ということ考えつきました。こういう場合、出願した特許申請に追加補正のようなことはできるのでしょか?それとも、もう一回、追加補正したものを改めて申請し直した方がいいのでしょうか?ご回答お待ちしております。

  • 特許出願と商標登録出願

    特許を出願することを特許出願といいます。 しかし、実用新案と意匠、商標は登録出願といいます。 なぜ、特許登録出願とはいわないのでしょうか?逆に商標出願とはいわないのでしょうか? 条文を参照しましたが、特許出願、商標登録出願とあるだけで明確な答えがわかりません。 よろしくお願いします。

  • 特許法について

    特許法第29の2で甲が独自にした発明イ、ロについて特許出願Aをした日後、乙は独自にしたイについて 特許出願Bをした。その後、甲がAの願書に添付した明細書及び図面について補正をしロのみがその明細書又は図面に記載されることとなったときであっても BがAをいわゆる拡大された範囲の出願として特許法 第29条の2の規定により拒絶される場合があるかどうか教えて下さい。

  • 特許法39条と補正の関係について、何方か教えていただけないでしょうか。

    特許法39条と補正の関係について、何方か教えていただけないでしょうか。 弁理士短答式試験の平成20年15問目の問題の変形で、『甲は、特許出願Aをし、その願書に添付した特許請求の範囲に自らした発明イを記載した。乙は、特許出願Bをし、その願書に添付した特許請求の範囲に自らした発明ロを記載し、その明細書の発明の詳細な説明のみに、自らした発明イを記載した。A及びBは、同日に出願され、その後、出願公開がされた。さらに、その後、乙は、発明イを特許請求の範囲に含める補正をした。』 この場合、発明イについて、出願Aと出願Bは、同日出願となり、特許法39条2項に基づいて甲と乙の協議が必要になるのでしょうか? それとも、出願時点では、発明イは出願Bの明細書の発明の詳細な説明にしか記載されていなかったのだから、39条2項の問題にはならず、発明イについては、出願Aだけが登録になるのでしょうか? 乙の補正により39条2項の同日出願となり、甲と乙の協議が必要になると思うのですが、この理解で正しいでしょうか? よろしくお願いします。

  • 特許法第49条6号の解釈について

    QNo.1739151に似ているのですが、特許法49条6号の解釈について教えてください。 「その特許出願が外国語書面出願である場合において、当該特許出願の願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載した事項が外国語書面に記載した事項の範囲内にないとき。」 とありますが、「外国語書面」というのは、願書に添付した明細書、特許請求の範囲または図面のことだったと思うので、それらが 「外国語書面に記載した事項の範囲内にないとき」 というのは、自分自身が自分自身の範囲内にないということになって自己矛盾しているように読めてしまいます。 正しい解釈を教えてください。

  • 特許法 補正

    特許法17条の2第3項の新規事項追加について質問いたします。 これまで私の認識では、上位概念から下位概念への補正はこれに当たらないと思っていたのですが、審査基準を見ると、主として当業者判断の自明か否かによって判断されるとなっていて、その中には上位から下位概念への補正でも、新たな技術的事項の追加となっています。 この審査基準を見ていると、なんだか上位概念から下位概念への補正も認められない方が多いのじゃないかとさえ思えてきます。 聞きたいのは、 「上位概念から下位概念への補正はこれに当たらないと」という私の認識はやはり間違いだったのでしょうか? ということです。受験機関でそう教わったのは何だったのかと混乱してます。 宜しくお願い致します。

  • 特許法 パリ優先権と新規性喪失の例外について

    特許出願Aを意匠イについて意匠登録出願Bに変更する場合で、A及びBがパリ条約4条の優先権主張を伴い、第一国出願よりも前に自らが意匠イを刊行物に公表していた状況においては、公表から6月以内に特許出願A及びそれを変更した意匠登録出願Bが新規性喪失の例外適用を受けて出願されていなければならないのでしょうか? それとも特許出願Aが公表から6月以内に新規性喪失の例外適用を受けて出願されていれば意匠登録出願Bについては公表から6月経過後にAからBに変更しても問題ないのでしょうか? 私の疑問は、パリ優先権の主張を伴う出願はすべて、公表から6月以内に新規性喪失の例外適用を受けた出願をしなければならないのか否かというものです。 以上 宜しくお願い致します。

  • 特許法について

    特許出願時に願書に添付する「特許請求の範囲」についての用件で、「請求項に区分して」とありますが請求項ってなんですか? 難しい用語ではないと思いますが、なかなかイメージができず特許法を読み進めるためにもきちんと理解したほうが良いと思って質問いたしました。

  • 海外特許出願 から 意匠出願への変更

    意匠のパリ優先権は半年と短いので、特許の優先権1年を利用して、PCT出願を行った場合、 国内移行後に、当該特許出願を意匠出願に変更することは可能でしょうか。 なお、原特許出願時に、意匠の5面図を図面として用いる予定です。