• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

下地処理でプラサフって必要?

今までいろいろと自分で塗装してきて失敗もあり成功もあったりするのですが 私の場合下地処理でプラサフを使用せずやってきましたが必要でしょうか?今回塗装するのはホイールのセンターキャップです。 今まで (1)まずサウンドペーパー320で塗装する面を磨く (2)耐水ペーパー600で綺麗にする (3)ここで食器洗剤用の中性洗剤で油分、汚れを落とす (4)マスキングする (5)スプレー塗装する 3~5分間隔で2,3度重ね塗りする (6)クリアをスプレーする でしたが、プラサフ作業は一度も工程に入れたこと無いですがどうでしょうか?ローコストでやろうとしているもので・・・

noname#123333
noname#123333

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数13419
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

昔、私も同じ考えで、プラサフ等しない時期がありました。初めて塗装らしき塗装をしたのは十代の頃で、ヘルメットでしたが、その後は四輪に転向、スポイラー等々、以前はプライマー・サーフェイサーと個別で買う必要がありましたが、最近ではプラサフで2つの効果を一本でできるようになり、確かに塗装の乗り、ざらつきを埋めてもらい、耐久性や仕上がりがよくなったと感じています。耐水ペーパー等で平らにしているとの事ですが、サーフェイサーの滑らかさ・平らさ、プライマーの、食い付きの良さで、上に塗る塗料の食い付きや艶も変わった事を覚えています。最近でこそ自家塗装するより、金にものを言わせて店任せですが、付きの悪い材質には特に有効だとは思います。ちょっとした衝撃で上に塗った塗料がハゲたりした事があり、それからプライマー・サーフェイサーを塗る様になってそういったハゲ方がしなくなりました。下地を整えるサーフェイサー、食い付きを良くするプライマー、2つのおいしいとこどりのプラサフ、是非ともオススメですけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
  • enyo-r
  • ベストアンサー率21% (191/892)

そもそもプラスチックには ペーパーをかけてもまともに塗料がのりません 素地じゃなければ少し違いますが 一般の塗料は鋼板の錆びを防ぐ為に開発され塗装しているからです 新車でプラスチックにボデー色を塗装するようになったのは 平成に入ったくらいからだと聞きました(バンパー ドアミラー等) それはプラスチック用のプライマーが少しづつ開発された為です 当初は新車の塗りでもプラスチック部分が良く剥がれたらしいですが~笑 それと 缶スプレーを多様する事は危険です 基本的に タッチペンや缶スプレー等を鋼板に塗るのは錆びの進行を早めます 俗にラッカーと呼ばれる硬化剤を使用しない1液型塗料は 昭和40年代の自動車に塗っていたラッカー塗料と同等なのですが 昭和50年代に入って 今までの製法のボデーの錆びの結果を視て あちこちの鉄板の合わせ目や ボンネット.ドア.トランク等のアウターパネルのヘミング加工際にシーリングをする事と同時に 塗料も 硬化剤を添加して焼き付ける事により表面を硬化させる 現在は当たり前の2液型ウレタン塗料が開発されて 自動車にラッカー塗料を使わなくなったのです (※現在はカラーベースが水性塗料) 2液型塗料を開発した要因が 1液型塗料では乾燥済みの塗膜中に水分を蓄えるので下の鋼板に錆びが発生しやすい為 もっと表面が強く水分を通さない塗膜が必要になった という問題を解決する為に開発されたという事です ので そもそも鋼板に1液型塗料を塗る事自体が 塗装本来の目的である錆び止め効果が薄いという事になります 2液型塗料を使用するにはそれなりの設備が必要になるので 仕方なく今でも1液型塗料しか一般には売られてないという事です プライマーは必須です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • enyo-r
  • ベストアンサー率21% (191/892)

そもそもプラスチックには ペーパーをかけてもまともに塗料がのりません 素地じゃなければ少し違いますが 一般の塗料は鋼板の錆びを防ぐ為に開発され塗装しているからです 新車でプラスチックにボデー色を塗装するようになったのは 平成に入ったくらいからだと聞きました(バンパー ドアミラー等) それはプラスチック用のプライマーが少しづつ開発された為です 当初は新車の塗りでもプラスチック部分が良く剥がれたらしいですが~笑 それと 缶スプレーを多様する事は危険です 基本的に タッチペンや缶スプレー等を鋼板に塗るのは錆びの進行を早めます 俗にラッカーと呼ばれる硬化剤を使用しない1液型塗料は 昭和40年代の自動車に塗っていたラッカー塗料と同等なのですが 昭和50年代に入って 今までの製法のボデーの錆びの結果を視て あちこちの鉄板の合わせ目や ボンネット.ドア.トランク等のアウターパネルのヘミング加工際にシーリングをする事と同時に 塗料も 硬化剤を添加して焼き付ける事により表面を硬化させる 現在は当たり前の2液型ウレタン塗料が開発されて 自動車にラッカー塗料を使わなくなったのです (※現在はカラーベースが水性塗料) 2液型塗料を開発した要因が 1液型塗料では乾燥済みの塗膜中に水分を蓄えるので下の鋼板に錆びが発生しやすい為 もっと表面が強く水分を通さない塗膜が必要になった という問題を解決する為に開発されたという事です ので そもそも鋼板に1液型塗料を塗る事自体が 塗装本来の目的である錆び止め効果が薄いという事になります 2液型塗料を使用するにはそれなりの設備が必要になるので 仕方なく今でも1液型塗料しか一般には売られてないという事です プライマーは必須です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • enyo-r
  • ベストアンサー率21% (191/892)

そもそもプラスチックには ペーパーをかけてもまともに塗料がのりません 素地じゃなければ少し違いますが 一般の塗料は鋼板の錆びを防ぐ為に開発され塗装しているからです 新車でプラスチックにボデー色を塗装するようになったのは 平成に入ったくらいからだと聞きました(バンパー ドアミラー等) それはプラスチック用のプライマーが少しづつ開発された為です 当初は新車の塗りでもプラスチック部分が良く剥がれたらしいですが~笑 それと 缶スプレーを多様する事は危険です 基本的に タッチペンや缶スプレー等を鋼板に塗るのは錆びの進行を早めます 俗にラッカーと呼ばれる硬化剤を使用しない1液型塗料は 昭和40年代の自動車に塗っていたラッカー塗料と同等なのですが 昭和50年代に入って 今までの製法のボデーの錆びの結果を視て あちこちの鉄板の合わせ目や ボンネット.ドア.トランク等のアウターパネルのヘミング加工際にシーリングをする事と同時に 塗料も 硬化剤を添加して焼き付ける事により表面を硬化させる 現在は当たり前の2液型ウレタン塗料が開発されて 自動車にラッカー塗料を使わなくなったのです (※現在はカラーベースが水性塗料) 2液型塗料を開発した要因が 1液型塗料では乾燥済みの塗膜中に水分を蓄えるので下の鋼板に錆びが発生しやすい為 もっと表面が強く水分を通さない塗膜が必要になった という問題を解決する為に開発されたという事です ので そもそも鋼板に1液型塗料を塗る事自体が 塗装本来の目的である錆び止め効果が薄いという事になります 2液型塗料を使用するにはそれなりの設備が必要になるので 仕方なく今でも1液型塗料しか一般には売られてないという事です プライマーは必須です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

塗装にサフは必須ですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

しないと数年で塗装が剥がれてくる可能性が高いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#213833
noname#213833

弾きやチジミというトラブルを避けるならプラサフは入れておいたほうがいいですね。 密着性も上がるので入れたほうがいいとは思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • プラサフ後の行程について

    今、ウレタン製のリップスポイラーを塗装していますが 手順は 足付け、脱脂、バンパープライマー、プラサフ。とまで来たのですが、 プラサフ後に耐水ペーパの1000番で慣らした後、パーツクリーナーで脱脂しようと思って居たのですが、ある記事を見ると プラサフ後の脱脂にパーツクリーナーや脱脂剤をしようすると プラサフが落ちて下地がダメになると書いてありました。 となるとプラサフ乾燥後の耐水ペーパで研磨した後の脱脂は何を使用したら良いのでしょうか?

  • プラサフ.ウレタンクリアなどの乾燥時間

    現在塗装面を耐水ペーパーで研磨し乾燥させているところです。 この後プラサフで下地、その上にカラーを乗せて最後に2液ウレタンクリアで保護しようと考えています。用意したスプレー類はソフト99の物。 ここで今迷っているのが乾燥時間。 プラサフ、カラーは2~3回重ね塗りするのでその間隔や、 プラサフからカラースプレーに移る際の乾燥時間、 またウレタン塗装に移る時間など、色々調べていると人によって乾燥時間がまちまちでした。 例えば… 色を塗った後は完全に乾燥させず、指触乾燥の状態でウレタン塗装しないと、クリアが剥離してしまう、硬化不良が起きる…など書いてありました。 予定では(昼間のまだ温かい時間に缶を湯せんし暖め行う) (1)プラサフを薄く塗装➡2時間程乾燥させ2度目塗り➡同じように2時間後に3度目。 (2)2時間程乾燥させたら塗りたい色を吹き付け(プラサフ同様最初は薄く徐々に厚く、乾燥時間も同じくらいで)。 (3)ウレタン塗装に移行する前にカラー塗装を十分に乾燥させる(半日程) のつもりでしたが、コレだとマズいでしょうか? 急がずあせらずじっくり乾燥させるつもりでしたが、 乾燥させ過ぎも良くないと目にして迷い始めています。 ちなみに塗装面の材質は不明ですが、オートバイのカウルです。

  • 缶スプレーでのヘルメットの塗装について

    缶スプレーでのヘルメットの塗装にチャレンジしています。 半ヘルの単色塗りです 1.下地つくり(耐水ペーパ600番で磨き) 2・サーフェサー 重ね塗り 3.磨き(耐水ペーパ1000番で磨き) 4.本塗り 重ね塗り 5.磨き(耐水ペーパ1000番で磨き) ↑ここまで終了 6.クリアー重ね塗り 7.仕上げ磨き とりあえず、以上の工程まで終わったのですが (間違ってるかもしれませんが・・) 5でさらに細かいペーパーで完全に 磨ききったあとにクリアーを塗るのか 1000番の磨きのあとでクリアーを重ね塗りして 最後に頑張って磨くのかがよくわかりません。 知ってる方いましたら教えてくださいませ。

  • 本塗り後のプラサフ

    ガンメタを99工房のスプレーで吹いて、パーツ自体を落としそうになりシャーペン先くらいの傷ができてしまい、 手直しするか迷うのですが、ガンメタ塗装したパーツの上からパテ補修し600位の耐水ペーパー出足付けし、プラサフ後に ガンメタを塗直しても、上手くいかないでしょうか? 最悪の場合やりかえるかもしれません。

  • リップスポイラー補修について

    フロントリップ車高落としてるからよくぶつけてひび入ったり割れたりするんです。そのたびにパテで埋め塗装していましたが一度めんどいので綺麗に最初から全て塗装しましたがまた割れちゃいました。それで部分的にマスキングをしてボディ色でない色にしたらラインの際は最初から覚悟していましたが同じ黒でもこんなに違うんだと思いまた天気の良い日に最初からやり直そうと思っています。全部は外さないといけないし今寒いので部分的にまたやります。本当は綺麗にしたいのならもう一度外して全て下地からプラサフしてスプレーでやるのは承知です。ですがあえて、教えてください。もうすでに塗装からパテまで硬化してしまいましたが、まずは私の手法としてマスキングの一番際をなんとかしたいと考えています。そしてそこまでもう何回も割れて補修しているので完璧を求めないため、小さい範囲なのでスプレーでなくタッチペンで塗装最後にクリアはスプレーでしますが、なるべく手持ちのものでやりたいと思います。際が今回一番聞きたいのですがぼかしスプレーとかありますが、クリアをかけて乾燥したら耐水2000で軽く磨いたら際目立たなくならないでしょうか?今回やる工程はもうパテを埋めたので(1)対象の箇所周辺にマスキングをする。行きつけの業者用の塗装缶スプレーのカラーを取る液体でまずは今回塗装したつや消し黒とクリアを消し取る。取れなさそうならペーパー350くらいをあてて剥離する、その後耐水600で前以上にせっかくだから綺麗にでこぼこないようにする、更に耐水2000を使用して下地終了、プラサフはなしとします、パテは100均のでなんと十分ですごい効果です。100均で唯一私が認められるカー用品です、量はむっちゃ少ないですが、絶対剥がれません、硬化はものすごいです。あとプラサフ必要しないのはこのパテの成分上ものすごい硬化度で正直カラーは落とせても上記の下地処理ではかなり必死にやらないといけないくらい硬化してるし塗装の密着度もすごいです。話はそれましたが、耐水2000まで終えたら今度はボディ色のタッチペンで手で塗り塗りタッチペンはスプレー缶と違い厚みが1回で十分なので乾燥したらクリアースプレーを2度くらいして乾燥したらマスキングテープを剥がして終わり。。。ではなく際です、必ず際が出来るので際をどうすればよいか教えてください。ぼかしスプレーまで買いたくないので 私の方法でよいのか 乾燥後その際を耐水2000で軽く磨こうと思っています。どうでしょうか?

  • FRP製品の初期段階の処理の仕方を教えてください

    この度、マイカーに取り付けるべく、リアルーフスポイラーを購入しました。 私の購入したリアルーフスポイラーのパーツメーカーでは、FRP素地(白色ゲルコート塗布)の段階でしか販売しないものでした。 本当は、塗装屋さんにお願いした方がいいのですが、金銭的な面もあり、できればDIYでできたらいいなと考えております。 そこで、FRPの素地から塗装までを仕上げていくわけですが、素人なので、分からない部分があるため、教えて頂きたいのでお願いします。 作業工程としては、次のように聞いています。 1.現在の白ゲルが付いた状態のFRPを、耐水ペーパー #400、#600、#800(人により耐水ペーパーの荒さ細かさの意見が違う)を使用して研磨する。 2.スアナの状態を確認し、パテ(通常のパテ、グラスファイバー用パテ、巣穴拾いパテを用いる等、人により意見が異なる)を塗る。 3.プラサフをスプレーを塗布する。 4.カラースプレーを塗布する。 5.クリアースプレーを塗布する。 6.乾燥後、液体コンパウンドで磨いて一応完了。#3000→#7500相当のチューブ型→#9000 7.場合によってはポリマーコーティングまでしても良い。 私が教えて頂きたいのは次の通りです。 Q1.作業工程1.の段階で使用する耐水ペーパーの最適な番号はどれくらいですか?   Q2.また、作業工程1.で、どれくらいまで研磨すればよいのかの目安を教えてください。   特にここが分かりません。どんな状態になったらOKなのか。 Q3.スアナを確認して塗るパテは、いったいどれがいいのか?また、全体に塗るのか、スアナの部分にだけ埋めればばよいのか? Q4.作業工程3.でプラサフをスプレーした後も耐水ペーパーで研磨した方がいいのか?もしそうなら何番くらいの耐水ペーパーを使用するのか? ご質問は以上になります。 <自分で普段しているる作業> FRPで塗装済のエアロ等を再度塗装したり、破損したFRP製の品物をアルミメッシュ、パテ、厚パテを使用し形成して、研磨、プラサフ塗、カラースプレー塗、クリアー、コンパウンド磨きはしています。 FRPの素地からは初めてなので、※特に初期段階、プラサフ塗装を塗る前までの工程を確認したいのでお問い合わせしました。 よろしくお願いします。

  • 耐熱プラサフ?

    近くヘッドカバーのガスケットを交換するのですが、折角 少し塗装がはげたカバーを外すので塗装(耐熱塗装)をしようと考えています。 ホームセンターに売っている普通の(600度)耐熱塗料(スプレー)です。 その際、プラサフを下塗りする(もちろん下地まで出した上です)のですが、これは普通の車体用のプラサフで良いのでしょうか? できれば 塗装後1年以上経て問題ない方の回答を期待します。

  • バイク塗装について

    もらった白の原付のカウル(プラスチック)を塗装するために下地つくりに励んでいます。 傷を耐水ペーパ#150でならして全体を#320or#400⇒#600で磨きました。所々下地は出てますがほとんど塗装が残っていますが大丈夫ですか?また、もっと細かい紙やすりで磨いた方がいいですか? 塗装はプラサフ等なしで直接200円くらいのラッカースプレーで黒に塗って鏡面になるくらいまで磨きラッカースプレーのクリアで上塗りして仕上げようと思いますが問題ありますかね? ちなみにお金のない高校生なのでウレタンスプレーには手が出ません…。 塗装の知識が全然ないので教えてくれると助かります((+_+))

  • 塗装(プラサフ)について

    板金塗装の職人さんに質問があります。 よろしくお願いします。 今回、バイク(マジェスティー)のカウルの塗装を試みています。 現在、足付けの段階なのです。 基本的に旧塗膜はそのままで上に塗ろうと思ってるので全体は1500番相当で足付けを行いました。 ですが、10円パンチのような線傷が大量にあり、さすがに1500番では消えないので400番くらいの物で消そうと試みました。大部分の物はそれで消えたのですが深い所は微妙に線が残ってしまいます。 といっても、パテをするほどではなく(素人判断ですが・・・)、触指で微妙にわかるかどうか位です。 この場合、プラサフを吹いて研磨すれば線は消えるのでしょうか? もしくはプラサフを吹かなくても線は消えるのでしょうか? また、400番で線が消えた所に関してですが、その後600、1000、1500と段階を追って研磨しました。当然、旧塗膜は削れ下地が出ています。この状態で塗装をした場合、色むらなどは出ますか?下地が出た場所はプラサフを吹いたほうがよろしいのでしょうか? 塗装はスプレーガンで行う予定です。 素人の質問で申し訳ございません。 お返事頂けたら幸いです。よろしくお願いします。

  • スプレーでカウルを塗装する際、プラサフと本塗装のメーカーは同じでないと

    スプレーでカウルを塗装する際、プラサフと本塗装のメーカーは同じでないとだめなんでしょうか? 貧乏なので(><;) カウルを買い替える余裕もなく、はげたり傷があるカウルを自家塗装することにしたのですが、できるだけ出費を抑えたいので、 1.へこみなどをパテで補修後、ペーパーで磨く 2.シリコンオフで脱脂後、プラサフで下塗り 3.またまた脱脂後ホームセンターの安物(一本198円)ラッカーで重ね塗り 4.ウレタンクリアーで艶・コーティング 5.かなり日数を空けてから、コンパウンド等で軽く磨く 上記の工程でやろうと思っています。 そこでシリコンオフ・プラサフ、ウレタンクリアーはsoft99等のしっかりしたものを使用しようと思っているのですが、本塗装のラッカーは安物で他のプラサフ等のメーカーと違う物を使っても大丈夫なんでしょうか? 上記工程・メーカーの統一について、実際にやった方などがいらっしゃいましたら教えてください (>o<)!!