• ベストアンサー
  • 困ってます

ビジネスモデル特許について質問があります。

ビジネスモデル特許について質問があります。 最近、スマートフォンがでてきて、業務スタイルも変化してきていると思います。 システム構築を主にやってますが、そういった新しい機器等を使用したシステムを構築してもビジネスモデル特許に抵触しているものがあり、現実的に特許使用料を考えると、よいアイデアがあってもビジネスがすすみません。 たとえば、電子カタログやセルフオーダーシステムなど。 ビジネスモデル特許に抵触しないで、特許使用料を払わなくてよい案とかはありませんか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数170
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

> ビジネスモデル特許も、特許だと思ってましたが違うのでしょうか? ビジネスモデル特許も特許です。ただし、特許査定率が一般的な分野に比べてかなり低いものです。それで、「特許になりにくい」と説明しました。特許査定率については以下のURLをご参照下さい。以前に比べてましになっていますが、まだまだ低いです(他の分野では50%)。http://skiplaw.blog101.fc2.com/blog-entry-117.html > セルフオーダーシステムの場合は、以下のようなビジネスモデル特許があります。 > 「来店客が、居酒屋に訪れた際、入り口のレジ等で、メニュー端末を受け取り、 > 飲食する席で、来店客自身が、メニュー端末で 注文し、その注文が、無線で > キッチンに入り、また無線でレジに入り、来店客が帰る際、端末を持ってレジで > 精算するまでの一連のビジネススタイルが、特許となったものです。」 別の方も指摘していますが、これはクレームではなく、発明のイメージを表したものに過ぎないと思います。重要なのは、クレームの文言の全てを充足しているかどうかです。 そのビジネスについて、単に公開公報が公開されただけではなく、特許が成立しているのか、特許が成立しているとすれば、どんなクレームなのかについて検討する必要があります。 > 一つの要素でも実施しなければ侵害にならないということは、この場合では、たとえば、 > 端末を持ってレジで精算しなければ、問題ないのでしょうか? 基本的にはその考えでいいと思います。ただし、極めて近い行為をする場合は均等論が成立擦る可能性があるので、やばいところを狙う場合は専門家に相談するのがいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有り難うございました。 弁理士さんに相談し、結論を出したいと思います。

関連するQ&A

  • ビジネスモデル特許というのはITなどに関連してないと取れないのですか??

    新しいビジネスアイデアというだけでは不十分ですか?? すでに世の中にあるサービスにあるアイデアを加え今までになかった新しいビジネスモデルを考えたのですが これはビジネスモデル特許の対象となるのでしょうか? 製作過程でコンピューターは使いますがこれだけでは不十分でしょうか?

  • ビジネスモデル特許-システム化とマイクロソフト

    ITを使ったシステムモデル特許で質問です アイデアをITコンピューティング=システム化でビジネスモデル特許化、実用化した場合、 マイクロソフトさんの特許である 「分散コンピューティングシステムと、分散アプリケーションの自動化された設計、展開、および管理とのためのアーキテクチャ」 にほぼすべてのビジネスモデル-システム化はひっかかってしまうと思うのですが、実際どうなのでしょうか? ビジネスモデル特許取得した上でマイクロソフトさんにも上記特許の利用料を払っているということなのでしょうか?

  • ビジネスモデル特許と著作権の違い

    ビジネスモデル特許の場合、 そのビジネスモデルは、通常、システム(サーバー)やソフトウェアで実現されます。 従って、そのうちソフトウェア(プログラム)については、特許権と著作権の両方の権利が発生しますが、 この場合の特許権と著作権の権利自体の違いや、活用方法、また、どちらが強い権利になるかなどを教えて下さい。

  • ビジネスモデル特許のシステムの別利用について

    既存のビジネスモデル特許に使われている情報システムについて、 その申請されているビジネスモデルの分野とは別の分野で、 全く同じシステムを使ったり、全く同じシステムを組み込みながらも、 別の収益構造を構築することは、侵害に該当するのでしょうか? 例えば、 「買い物カゴシステム」を従来の「買い物」に使うのではなく、 「旅費計算システム(行き先を買い物カゴに入れるように、 複数選択して、最後の確認画面でその交通費の合計がでる等)」 に利用する。 「買い物カゴシステム」はシステムのごく一部分で、実際に、 利益を上げるのはそのシステムに絡んだ別プログラムのために 可能となる等です。 イメージとしては、 ビジネスモデル特許に申請されたシステム単体では目的とする 利益は見込めないが、そのシステムをカスタマイズ・機能追加 することによりはじめてビジネスモデルが出来上がるといった イメージです。 理解しにくいと思いますが、詳しい方宜しくお願いします。

  • ビジネスモデル特許の買取金額

    ビジネスモデル特許を申請しているものです。 アイデアを複数の企業に持ち込んだところ、先方からフィーを希望していますか?システムの買取を希望していますか? 又、その時の金額はいくらを希望されていますか? との質問を貰いました。 ビジネスモデル特許自体は稼動すれば、月々広告費が入ってくるものとなっています。 メールでの質問が来たのですが、本日中に返事を出そうと考えています。 そこで質問なのですが、通常フィーや買取の金額はどの位が妥当なのでしょうか? (1)ライセンスフィーとはどの様なものなのでしょうか? (2)ライセンスフィーの算出方法などがありましたら教えてください。 (3)システムの買取を選択した場合の金額の算出方法などがありましたら教えてください。 全くのシロートなので、詳しい方よろしくお願いします。

  • ビジネスモデル特許について

    当社があるインターネットを利用した ビジネスモデルを考案しました。 ビジネスモデルのスキーム自体は当社のアイデアですが、 それを実現するシステムのサーバー処理などの技術を 他社に開発委託した場合、 特許は技術に対する権利なので、 その他社の発明となり、 当社は発明者にならないでしょうか? それとも、ビジネスモデルのスキーム自体は当社のアイデアなので、共同出願か、その開発会社との開発委託契約書上で、特許の権利帰属を当社にすれば、当社の発明として当社が特許出願していいのでしょうか? それとも、特許先願主義なので、開発会社に断りなく 当社単独の発明として出願しても特許法上は違法になりませんでしょうか。

  • メールマガジンのシステムの特許やビジネスモデル特許について

    メールマガジンを自前で発行するシステムを作って売りたいのですが(C言語やPerlやPHP)、このメールマガジンのシステム自体は特許やビジネスモデル特許があるのでしょうか?それとも自前で(コードを独自に書いて)作成し売る分には問題ないのでしょうか?宜しくお願いします。

  • ビジネスモデル特許

    ある教育企業がインターネットを使ったラーニングシステムを紹介し、サイトで 「・・・ビジネスモデル特許申請中)を開発しました。この教育システムは日本で唯一、当社だけが提供できるもので」 と書いてあるものを見つけました。そのシステムは 相手のディスプレイに先生の顔と黒板のような役割をする部分を映しだし教えるというものです。 このようなシステムはアメリカの大学がさきがけで、いまでは日本の大学(院)などでよく見られるシステムで 目あたらしくはないんですが、この会社がもし特許をとれてしまったら、 日本の大学やほかの教育会社はこのようなソフトウェア(or ウェブサイト)を独自開発したとしてもそれを使えないのでしょうか? この会社にどの部分で(プログラム?ネット教育システム?)特許申請したのか問い合わせたわけでもなく、宣伝文句かと思うのですが、特許という世界、なにがあるかわからず質問しました。 文章でシステムを紹介したのでわかりずらいと思いますが、 わからなければ補足します。よろしくお願いします。

  • ビジネスモデル特許の不思議?

    お世話になります。 インターネット上で折込みチラシを紹介するサイトの運営を考えています。 この手法は、ある個人の方が2002年3月出願・2003年9月公開をしています。 大日本印刷のオリコミーオという同じようなサイトは 2001年11月に既にサイトを運営しています。 ビジネスモデル特許は、新規性が問われるとの事ですが、先発サイトがあっても出願者が出願時点で公開してなければ、特許は認められるのでしょうか?この場合、大日本印刷は先に運営しているにもかかわらず、その後に他者が出願・公開したビジネスモデルで使用料とか、サイトの差し止めを請求されたら屈しなければならないのでしょうか?謎ですし、自分のサイトにクレームがつくような場合もあるし・・ 広告主に迷惑がかかりそうなので、詳しい方よろしくお願い致します。

  • ビジネスモデル特許の新規性喪失について

    あるインターネットを利用したサービスについて ビジネスモデル特許を出願する予定です。 但し、そのサービスは近日開始したいので、 特許出願する時間がありません。 そのサービスを実施してしまうと、 公知となり、新規性喪失で、 特許を出願する権利はなくなりますか? それとも、そのサービスを実現するシステムや サーバー処理(データベース構造やデータ処理など) の具体的な技術内容が公開されてはいないので、 技術内容自体が公知ではなく、 新規性喪失はしないと考えていいでしょうか?