• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

統制勘定について質問させてください。

統制勘定について質問させてください。 今年の5月に行われた公認会計士の短答式試験の正誤問題で以下のような問題がありました。 「複式簿記で元帳が総勘定元帳と補助元帳に分割されている場合、帳簿組織における内部牽制機能を確立するためには総勘定元帳に統制勘定が設けられなければならず、仕訳も統制勘定を用いて行われる」 解答によるとこれは正しいということでしたが、なぜなのか分かりません。 例えば、売掛金に関して、「売掛金」という統制勘定で処理していようが、いくつかの人名勘定で処理していようが、内部牽制機能にどういった違いが出てくるというのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数724
  • ありがとう数20

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

人名勘定に散らばったままでは、帳簿組織に求められる記録の連続性、視認性が阻害されるということではないでしょうか。 人名勘定だけでは、人名勘定→残高試算表の関係を直接確認することができません。 「仕訳帳→人名勘定」、「仕訳帳→統制勘定」の連続性が確認できれば、「人名勘定の合計=統制勘定」といえると思います。 その設問の趣旨は、このようなことを云いたいのではないでしょうか。 余談ですが、コンピュータシステムでも補助元帳を集計した値と統制勘定(例:売掛金)が合わないケースが想定されているようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきありがとうございます。

質問者からの補足

「人名勘定→残高試算表の関係を直接確認することができません」とおっしゃられていることが分からないのですが、どういうことでしょうか? また、そもそも疑問に思ったのですが、仮に補助元帳として人名勘定を設けた場合、問題文にあるように「内部牽制機能を確立するため」などとことわるまでもなく、総勘定元帳のほうは必然的に統制勘定をつかうことにならないでしょうか? なぜなら、総勘定元帳も補助元帳も人名勘定であったらそもそも補助元帳を設ける意味はなく、総勘定元帳だけで充分だからです。

関連するQ&A

  • 青色申告特別控除(正規の簿記)について

    平成17年分より、青色申告特別控除は65万円になりましたが、これを受けるには、正規の簿記の原則(いわゆる複式簿記)によった帳簿書類を作らなければならないわけですが、複式簿記というと、仕訳帳と総勘定元帳でワンセットというイメージがあるのですが、仕訳帳に代えて、現金出納帳や銀行勘定帳その他の補助簿(いわゆる特殊仕訳帳)と総勘定元帳を備えていれば、「複式簿記」といえるのでしょうか? あと一点、期中は現金主義会計で処理し、決算修正仕訳で期首・期末の売掛金や買掛金を洗い替えて発生主義の金額にする方法は「正規の簿記」とはいえないのでしょうか? 専門家・経験者の方のアドバイスをよろしくお願いします。

  • 勘定科目って役割はなんですか?

    お金の動きが知りたいので記録を着けるため簿記の入門書を読んでました。 勘定科目って自分は「カテゴリ」かと思いましたが、借方と貸方の両方に勘定科目がありますよね? まだ入門書なので解らないのかもですが、伝票で記載する勘定科目は総勘定元帳へ転記する時の場所決めでしかないと言うことでしょうか? 勘定科目ごとに出入りが一致するとばかり思ってました。 複式簿記の必要性はなんとなくわかりましたが、勘定科目を別ける意味を分かりやすく教えて頂けると助かります。

  • 簿記3級 売掛金元帳(総勘定元帳)について

    売掛金元帳の総勘定元帳について質問です。 問題 「次の取引を売掛金鑑定に記入し、売掛金元帳に記入しなさい。ただし、商品に関する勘定は3分法によること。 1/5 九州商店に商品¥100,000を売りわたし、代金は掛けとした。 1/10 京都商店に商品を¥200,000で売りわたし、代金のうち¥50,000は同店振り出し小切手で受取、残額は掛けとした。 1/20 京都商店から売掛金¥200,000を同店振り出しの小切手で受け取った。」 (総勘定元帳) 売掛金 1/1 前期繰越 450,000   1/20 現金 200,000 1/5  売上  100,000 1/10 売上 150,000 そこで質問です。 1、何故、1/20は小切手を受け取ったのに、借方の欄に記入するのでしょうか? 2、1/10の小切手50,000は現金なので記入しないと解釈してますが、1/20の小切手は記入するのですか? この50,000は記入しなくていいのでしょうか? 3、何故、売掛金元帳には「前月繰越」、総勘定元帳には「前期繰越」と書くのでしょうか? 基本かもしれませんが、わかりません。 よろしくお願いします。

  • 電子記録の場合、紙の帳簿への転載は不要なのか

    弥生とかの会社がパソコンで会計ソフトを使えば 複式簿記を知らない人でも簡単に青色申告書が作れますと宣伝しています。   実際には簿記の知識があった方が望ましいとは思いますが、 簡単に作れるのは非常に魅力的です。 この間、税務署に行ったときもちらっと税務署員から勧められました。   そこで、ふと疑問に思ったのですが、複式簿記を知らない人は 総勘定元帳とかへの記載ができないということですよね? パソコンにデータを打ち込んで電子媒介にデータを残しておけば、 紙の元帳への記帳はやらなくてもいいということなんでしょうか。

  • 総勘定元帳について教えてください

    写真がすこしボケていて見づらいのですが、ご了承ください 仕訳帳から総勘定元帳に転記するところなのですが なぜ仕訳では仕入れに対する買掛金は貸方なのに総勘定元帳では仕入勘定で借方に記入するのでしょうか 今まで仕訳として勘定科目を設定し、貸借対照表および損益計算書にあてはめて借方・貸方と処理してきたので、すごく混乱しています 勉強始めたばかりですので、わかりやすく説明をしていただければ嬉しいです ちなみにこの本ではこのページで総勘定元帳の説明は終わっています

  • 勘定科目について

    会社役員が背任横領した会社の資金は、総勘定元帳のどの項目で処理すればよいのですか?

  • 青色申告の帳簿作成

    飲食業を営んでいますが、3年目になるので来年度から青色申告に変更しようと思います。 売上は、いまのところ1000万円を超えそうもないので当面課税業者になることはないと思います。 そこで、複式簿記による帳簿作成についてご相談します。 簿記は勉強していましたので、決算修正を含め、大抵の仕訳は作れます。エクセルも使えますので、現預金出納帳から試算表を作るくらいはなんとかなりますが、経費帳や総勘定元帳になると少し面倒な気がします。 できればフリーのソフトで、総勘定元帳まで作れてしまうようなソフトはないでしょうか? ご存知の方は教えてください。

  • 青色申告で65万円控除を受けるために必要な帳簿

    主要簿である「仕訳帳」「総勘定元帳」、 とりわけ売上、売掛金の科目の「総勘定元帳」を得意先別に作成し 摘要に品名、数量、単価などを記載している場合、 売上に関する補助簿(売上帳や売掛帳)は 「総勘定元帳」が要件を満たすので、 あえて作成、保存する必要はないものと思いますがいかがでしょうか?

  • 勘定科目明細書とは

    法人の確定申告書(含む勘定科目明細書)を出さなければいけないのですが、この勘定科目明細書は決算報告書に含まれている(手元では一緒に綴じてある) 「預貯金等の内訳書」 「売掛金の内訳書」 「人件費等の内訳書」 「地代家賃等の内訳書」 などのことですか。 総勘定元帳のことではありませんよね。 すみません、こんな質問で。 どうぞよろしくお願いします。

  • 青色申告に使う帳簿

    いつもお世話になっております。 今年分より青色申告をします。複式簿記で65万円控除したいと思っております。 私の場合、仕訳といえば (1)収入確定・振込で「売掛金/売上 普通預金/売掛金」 (2)品購入・払いで「 費用/未払金 未払い金/普通預金」 です。 この場合の使う帳簿についてなんですが、下記の物をつけようと思うのですが合っていますでしょうか、教えていただきたいです。 (1)(2)ともに→仕訳帳・総勘定元帳 (1)の場合→売上帳・金銭出納帳(通帳に振込みですが「現金」の場合に使うものなんでしょうか?) (2)の場合→経費帳と金銭出納帳 よろしくお願いいたします