• ベストアンサー
  • 困ってます

守秘義務の範囲

守秘義務の範囲 こんばんは タイトルのとおり、守秘義務について質問させてください 現在、会計事務所に一般職員として勤めています いまの事務所にお世話になって丸3年が経ち、4年目に入ったのを機に一般企業への転職を考えています そこで、似たような業種の顧問先があり、その業種特有の仕訳や取引の流れなどを知っていることを面接の際などに言ってしまっていいのだろうかと思った次第です もちろん、顧問先の会社名や個人名、住所、電話番号、年商(年収)などは論外ですし、そこで働いている方々のことも言う気はありません 他の税理士のサイトを見てもお決まりの一文があるばかりで、具体的な例となると個人情報関連のものしかありません よろしくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数933
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

客観的な判断をさせていただきますと、 「A」という特殊な職種の仕分けや取引などの作業をしていた(知っている)、 ということそのものは別に守秘義務に違反しないと思いますが、 そのやり方で「××(会社名)」が特定できてしまう (その会社オリジナルの作業の仕方)というのであれば避けるべきです。 ほかの方もおっしゃるように、作業のノウハウも守秘義務の範疇ですが、 もし「A」という特殊な業種というくくりであれば、 その会社でなくても習得できるスキルであり、 それは経験として転職の際に伝えても差し支えないと判断できるからです。 微妙なことについては、「何かが特定できるかどうか」が重要になってくると思います。 端的に書きますと、バレたときに「それをバラしたのが自分だ」と 特定されてしまうかどうか、責任問題にならないかどうか、を考えてみてください。 それ以外のことに関しては、 すでにご理解いただいているようですので割愛させていただきます。 一意見として参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答、ありがとうございます 「何かが特定できるかどうか」がカギ なるほど、確かにそのとおりです すっきりしました

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

こんばんは。 専門家ではないので一般論になってしまうかもしれませんが・・・。 私が以前勤めていた会社もセキュリティに厳しい会社でした。 顧客情報はもちろんですが、会社のノウハウ等も漏らしてはいけないと教わりました。 ですので、次の就職先に今の仕事を説明するときに具体的な仕事の方法は明かさずにお話をされたら良いのではないでしょうか? また、面接の時等に『守秘義務がございますのでお答え出来る範囲で答えさせていただきます。』と付け加えればそう嫌な印象はないのでは?と思います。 あまりお役に立てなかったかもしれませんが・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答、ありがとうございます そうですね 具体的な取引例はさすがに口にできません 聞かれたときはおおよその概要だけ答えることにします

関連するQ&A

  • マンション管理士の守秘義務

    「守秘義務」について詳しく教えてください。相談者の特定にあたる個人情報? 相談内容についての情報? 「守秘義務があるのでお答えできません。」と言われた時はそれ以上聞く事は出来ないのでしょうか? お尋ねする権利のようなものはありませんか?

  • 裁判官の守秘義務

    裁判官には裁判所法で評議の秘密については規定がありますが、その他の職務上知り得た秘密についての一般的守秘義務は負わないのでしょうか? 国家公務員法上の守秘義務を負わないことは知ってますので、それ以外で法的根拠を教えてください。

  • 守秘義務について

    税務署に行き一般的な質問する際にボイスレコーダーを使用しようとしたら守秘義務違反になるからと言われ拒否されました。そのような理由で質問を拒否することができるのでしょうか?

  • 税理士の守秘義務

    弁護士は受任した依頼人の訴訟内容や個人情報は守秘義務が有るので第三者に漏らしたり出来ません。税理士にも全く同じような守秘義務が課されているのでしょうか?また、それぞれ、違反した場合、どのような刑事罰が科せられるのでしょうか?それとも民事の損害賠償責任だけですか?

  • 公務員の守秘義務の範囲は?

    LOBBです。 皆さんよろしくお願いいたします。 市役所で福祉課の人間が税務課の人間に、職務上知りえた個人のプライバシー等教えても福祉課の職員は守秘義務違反に成らないのでしょうか?

  • 守秘義務とは?

    一般企業に勤めるパートにとっての守秘義務って、決まりはあるんでしょうか? 私は、ある企業の子会社に勤務してます。 会計入力などもしているため、人件費のデータを見ることがあります。 べつの営業所にもう一人パートがいるのですが、彼女は勤務二年で、私は十年。 時給も仕事量も当然違うし、勤務時間も私のが長いにもかかわらず、ボーナスの額がほとんど同じな事が度々ありました。 査定にかなり差があるものと思い、納得がいかず同僚に話しました。金額は言っていません。 それにデータが入っているフォルダは従業員であれば誰でも見る事が出来ます。 あえて、その部分に保護もされていません。 最近、私がその話をもらした事が社長に伝わり、守秘義務違反として、懲戒処分を受けました。 処分を受けなければならないような事なのでしょうか?

  • 俳優 守秘義務?

    友人が俳優を目指していてこの間ある人気ドラマにちょい役で出させてもらったらしいんです。 今はもう放送終了したもので、レンタルして見ようと思い、「何話に出たの?」と友人に尋ねてみました。 そうしたら「守秘義務だから~(汗)」と言われてしまいました(汗) 仕方ないので探そうと思いますが、この友人の言う守秘義務ってなんですかね? 友人はまだ事務所に所属している人間ではありません。 ですがこの間ジュノンのオーディションで二次くらいまで行ってました。 そのちょい役はどこを通って手に入れたのかはわかりませんが、この情報だけで推測できる方いらっしゃいますか? これからも友人として付き合っていく上で、芸能界の常識も知っておかないと、既にファンも何人かいる彼の迷惑になる行動してしまうかも知れません。 彼が教えてくれないことをこんなところで聞くのもいけないことなのでしょうか?

  • 守秘義務について

    顧客へ代金の未払いの催促の電話をしたところ(当方の顧客は奥さんで旦那さんには内緒で購入をしました)電話口に旦那さんが出たので個人名を名乗り本人に代わってもらい話をしました、その際子機にて我々の会話を旦那さんが聞いていらしく(本当かどうかはわかりません)当方が守秘義務を破ったと言われ支払いを拒否されています。 電話をかける日に関してもあらかじめ聞いていた旦那さんがいないという日を狙ってかけました、しかも万が一旦那さんが出ても安心できるように女性がかけて、本人に代わってから私(男性)話をするなど配慮を行いました。2回ほど同じように電話をしたのですが1回目は「かけ直す」との言葉を信じすぐに切りました、その後連絡がないので2度目の電話で用件を伝えました。未払いの人に対し感情を押し殺して出来る限りの配慮で催促を行ったつもりでしたが当方の行為は守秘義務違反にあたるのでしょうか?どなたか宜しくお願い致します。

  • 会計士との契約解除後の守秘義務

    よろしくお願いいたします。 当社が一部上場会社に吸収合併されることになりました。 が、締結が完了するまで外部には絶対漏らさないように警告を受けました。 (インサイダー取引防止等) そして、その際今取引している会計事務所との取引を解除し 上場会社が取引している会社を契約するように言われました。 解除予定の会計事務所とは先代の頃からのお付き合いで 契約書等は作っていません。 我社の事情をよく知っているだけに当然合併の流れも 察してしまいます。 契約書等を締結してない会計事務所との 守秘義務は守られるものでしょうか?

  • 公務員の守秘義務

    公務員の妻の守秘義務は法律上どうなっていますか。公務員の夫からは一切の個人情報を聞いていないはずだから妻自身で探り出した情報を何でもかんでもばらまくのは自由なのでしょうか。まったくなんの拘束もないのでしょうか。