• ベストアンサー
  • 困ってます

税理士の守秘義務

弁護士は受任した依頼人の訴訟内容や個人情報は守秘義務が有るので第三者に漏らしたり出来ません。税理士にも全く同じような守秘義務が課されているのでしょうか?また、それぞれ、違反した場合、どのような刑事罰が科せられるのでしょうか?それとも民事の損害賠償責任だけですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数217
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • f272
  • ベストアンサー率45% (5668/12331)

たいていの職業には,その職務に応じて守秘義務が課されていますよ。 税理士の場合,刑事罰としては2年以下の懲役または100万円以下の罰金です。 税理士法38条 税理士は、正当な理由がなくて、税理士業務に関して知り得た秘密を他に洩らし、又は窃用してはならない。税理士でなくなつた後においても、また同様とする。 税理士法59条1項 次の各号のいずれかに該当する者は、二年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。 三  第三十八条(第五十条第二項において準用する場合を含む。)又は第五十四条の規定に違反した者

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細なご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 税理士の守秘義務違反

    ある税理士に確定申告のことで相談をし、その税理士にしか相談していないことを第三者が知っておりました。その税理士が情報を漏らしたことに間違いはないのですが、証拠がありません。税理士会に申し立てしても良いのでしょうか?また情報を漏らされたことにより損害を受ける可能性があるのですが、実際に損害を受けた場合、情報を漏らされた証拠がないので、損害賠償訴訟などは出来ないのでしょうか? どなたか法律に詳しい方、ご教授願います。

  • 守秘義務はちゃんと守られている?

    弁理士には守秘義務があると聞きますが、その守秘義務はどれだけ守られているのでしょうか? 弁理士が守秘義務を守らなくてはいけないといっても、弁理士が守秘義務を守ったというのは誰が判断するんでしょうか? あるアイデアを持ったAさんが弁理士にアイデアを相談したとして、そのアイデアを魅力的に感じた弁理士がAさんのアイデアを自分のアイデアとして出願してしまったら、アイデアを盗まれた!って分かるのはそのアイデアを弁理士に話したAさんだけということになります。 そのAさんがいくら『この弁理士は守秘義務を守ってくれませんでした。私のアイデアを盗んだんです。』と主張しても第三者はAさんが本当の事を言っているのか、それとも弁理士がアイデアを盗んだんではなくて元々弁理士のアイデアだったのかは分からないと思います。 実際にこういった事も起こりうると思います。 ですので、僕は弁理士に守秘義務があると聞いても不安が解消されません。 守秘義務に関する僕の見解は間違っているのでしょうか? そんな心配必要ないよという意見が聞けたらうれしいのですが、でもやっぱり確実な助言が欲しいです。 実際のところどうなっているんでしょうか?

  • 守秘義務は合法?

    様々な会社・機関では、内部規約等で「守秘義務」があります。 一方、日本国憲法では言論の自由が保証されいます。 自由ではあるが喋ってはいけない、というのは矛盾しているような気がします。 守秘義務、というのは合法なのでしょうか? 合法の場合、その法的根拠は? 守秘義務に同意した時点で、言論の自由を放棄したことになり合法になるのでしょうか? 内部規約に同意して就職している以上、規約違反になる、という考えもありますが、 合法でなければ、違法な契約は無効では? 喋った結果、プライバシーの侵害・名誉毀損・損害賠償等になる場合があるのは理解していますので、 そのような回答はご遠慮下さい。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • 177019
  • ベストアンサー率30% (1038/3439)

税理士で無くても普通の会社員でも、業務上知り得た秘密を第三者に漏らすことは「守秘義務違反」になります。なお、その内容にもよりますが刑事罰には該当しません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 守秘義務について

    守秘義務について 現在、フルコミッションの営業をしてます。同業他社(競合ではありません)より、うちでやらないか?と誘われております。フルコミッションなので、コミッション料率の話もするのですが、その料率の内容をメールでやり取りしていました。しかし、私の落ち度もあり誤って会社のメールアドレスで具体的な料率のやり取りなどをしてしまい、それが社長に見られてしまいました。 まだ、社長と何も話をしていないのですが、同僚にお灸をすえる。的な事を言っているそうです。 平身低頭謝りますが、社長の性格から、損害賠償なり言って来そうです。 特別、料率を教えたから実害があるとは思いませんが、損害賠償とか言ってきた場合、どのように対処すればよいでしょうか? 宜しくご教授ねがいます。

  • 警察の守秘義務について

    先日、子供が小さな事件に巻き込まれました。 警察は実況見分中、通りがかった第三者に事件の概要を説明したため 翌日、学校中に知れ渡りました。 守秘義務違反になりますか? 子供は小学生です。 第三者とはたまたま同じ小学校の父兄で、「どうしたのか?」と聞かれ その人を追い返すための手段として話したと警察は言っていました。 しかし、対象者が少年であることや、なにより「職務上知りえた秘密を漏らすこと」は 地方公務員法第34条の「守秘義務違反」に値すると思うのです。 これについて、実際に他言した警官の上司に訴えたところ、 「謝ってほしい、ということですか?」という有り得ない返事が返ってきました。 「守秘義務違反」であることを認めないばかりか、しゃべってしまった 第三者に「他言しないよう」口止めまでしています。 なんとか、警官本人にこの違反を認めさせ、正式な形で処分を求めたいのですが、 どのような手段がありますか? 警視庁の広報課公聴係には「苦情」として連絡済みです。 しかし、その回答はいまだ貰っていません。

  • 司法書士の守秘義務について

    司法書士や弁護士は依頼者のプライバシーを守るために守秘義務があるそうですが、その守秘義務が守られず第三者にその全てが筒抜けになっていたとするならばどうなるのでしょうか? 1、その苦情を受け付ける公的機関は? 2、その精神的被害の賠償は? 3、責任の追及はどうすればよいのでしょうか? どなたか詳しい方はいらっしゃいませんか?お教えください。 尚、このプライバシーとは、   財産放棄の為の個人の戸籍(個人の生立ち、養子縁組等)に関する問題です。  

  • マンション管理士の守秘義務

    「守秘義務」について詳しく教えてください。相談者の特定にあたる個人情報? 相談内容についての情報? 「守秘義務があるのでお答えできません。」と言われた時はそれ以上聞く事は出来ないのでしょうか? お尋ねする権利のようなものはありませんか?

  • 守秘義務契約を交わしてない場合

    守秘義務契約を交わしてない場合、 派遣先のことをべらべらしゃべっちゃっていいんでしょうか? もちろん損害や迷惑を絶対にかけない程度にですが。 みなさんはけっこうしゃべっちゃってますか?

  • 警察官の守秘義務について

    あるトラブルが発生したため、110番通報により警察官の臨場を願いました。警察官の到着後、突然、通報者である私の名前をトラブルの相手や全く関係のない第三者の前で大声で呼ぶことは、地方公務員法第34条などの「職務上知り得た情報」を漏らしてはならないことを禁ずる法律(守秘義務)に抵触すると私は考えています。 しかし、名前を大声で呼ばれたことに関しては、守秘義務の存在にかかわらず、職務上知り得た秘密を開示することが認められた「正当な理由」として、許されることなのでしょうか。 トラブルの相手に少々不安があるため、今後、報復など家族の安全に関し懸念があります。 警察官も法律上の守秘義務が課せられているはずですが、この問題に関しての対処法を教えてください。 私は法律には素人であるため、できれば法律の専門家の方の助言を宜しくお願いします。 

  • 税理士にも守秘義務があると聞きましたので、その件について質問します。

    税理士にも守秘義務があると聞きましたので、その件について質問します。 数年前から知人会社に紹介された税理士と顧問契約をしています。 定期的に税理士に面談するのですが、その都度紹介してくれた知人会社の経営状況を世間話の雰囲気で聞かされます。 また、知人会社の経理担当者から、当方の経営状況売上げ等の話を税理士から聞いているような内容を聞かされます。 世間話として、あそこは景気がいいね・・ということはあってもいいのかと思いますが。守秘義務という点からみるとどうなのでしょうか。

  • 守秘義務の範囲

    守秘義務の範囲 こんばんは タイトルのとおり、守秘義務について質問させてください 現在、会計事務所に一般職員として勤めています いまの事務所にお世話になって丸3年が経ち、4年目に入ったのを機に一般企業への転職を考えています そこで、似たような業種の顧問先があり、その業種特有の仕訳や取引の流れなどを知っていることを面接の際などに言ってしまっていいのだろうかと思った次第です もちろん、顧問先の会社名や個人名、住所、電話番号、年商(年収)などは論外ですし、そこで働いている方々のことも言う気はありません 他の税理士のサイトを見てもお決まりの一文があるばかりで、具体的な例となると個人情報関連のものしかありません よろしくお願いします

  • 学校長の守秘義務

    保護者間でのトラブルのために、 最悪の場合、刑事告発・民事訴訟になる事を告げて 小学校の担当教員に指導書などの資料を請求したのですが、 学校長が、実名でPTA会長に内容を伝えてしまいました。 相手側の行為は、PTAの名前を使った行為ですが、 私は、学校の介入を要求した訳でもないし、PTA会長や他役員まで出てくるとは想像もしていませんでした。 学校側に守秘義務が有ると思うし、教育委員会・市・県へは報告しても問題無いと思いますが、 PTA役員たちへは無断で漏らしても良いのでしょうか? どのような法律が有るのでしょうか?

  • 公務員の守秘義務

    公務員の妻の守秘義務は法律上どうなっていますか。公務員の夫からは一切の個人情報を聞いていないはずだから妻自身で探り出した情報を何でもかんでもばらまくのは自由なのでしょうか。まったくなんの拘束もないのでしょうか。