• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

守秘義務は合法?

様々な会社・機関では、内部規約等で「守秘義務」があります。 一方、日本国憲法では言論の自由が保証されいます。 自由ではあるが喋ってはいけない、というのは矛盾しているような気がします。 守秘義務、というのは合法なのでしょうか? 合法の場合、その法的根拠は? 守秘義務に同意した時点で、言論の自由を放棄したことになり合法になるのでしょうか? 内部規約に同意して就職している以上、規約違反になる、という考えもありますが、 合法でなければ、違法な契約は無効では? 喋った結果、プライバシーの侵害・名誉毀損・損害賠償等になる場合があるのは理解していますので、 そのような回答はご遠慮下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数804
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

簡単なことなんですね。  要するに憲法は,国家権力の濫用を防止するためのものであって,一般市民間に適用されることはないんです。  だから、市民同士の間で,言論の自由は問題にはなりませんし,国が規制しているわけではないので,公共の福祉とも違います。  情報というのはきわめて価値のある財産なんですね。それを企業が守ろうとするのは当然なんです。  だから、あらかじめ雇用契約を結ぶときに,特約として入れておいて,縛りをかけておきます。  法的な根拠といったら、いわゆる私的自治(自らのことは自らが決めるという民法の大原則)ということになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 国が言論の自由を侵害してはいけない、と解釈していいのでしょうか? 私的自治という言葉は初めて聞きましたが勉強になりました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 守秘義務について

    守秘義務違反と内部告発の関係について教えてください。 どの企業でも守秘義務というのはあると思いますが、それに対して内部告発するということは守秘義務に違反するということですか? 教えてGOO!

  • 守秘義務について

    守秘義務について ほぼ解雇に近い状態の自主退職した事務員がいました。 色々と問題があったので辞めていったのですが、この元事務員が会社の内部の情報をべらべらと他所で喋るって、辞めてからも守秘義務違反ということになるのでしょうか? また、そういうことがあればどのように対応すれば良いでしょうか? よろしくお願いします。

  • 裁判官の守秘義務

    裁判官には裁判所法で評議の秘密については規定がありますが、その他の職務上知り得た秘密についての一般的守秘義務は負わないのでしょうか? 国家公務員法上の守秘義務を負わないことは知ってますので、それ以外で法的根拠を教えてください。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
  • SCNK
  • ベストアンサー率18% (514/2762)

秘密といってもいろいろありますね。 まず基本をおさらいすると、弁護士や医師には刑法で守秘義務違反を犯罪としています。それとは別に公務員は公務員法や特別職公務員の場合なら個別の法で職務上知りえた秘密について守秘義務が謳われています。さらに日米防衛援助協定に基づく秘密保護法による守秘義務というのもあります。これらは一応、議会の議決した法律によるものですから問題はありませんね。もちろんこれを違憲とする人もいるでしょうが、過去に違法とした判例については聞いたことが私はありません。 問題となるのはこれら以外の守秘義務についてですね。企業などの雇用関係においては法理論として特別権力関係があるとされています。勿論、実定法として法典になっているわけではないので議論のあるところです。これによれば秘密を守れと命ずることができるわけです。ただし特別権力関係の働く部分に限定されるでしょう。職務に関係のない秘密については守る義務はまったくないわけですね。 次に契約に基づく場合が考えられるでしょう。契約とは債権の種類の一つですが、債権は一応、当事者の同意があれば、その意思を表明するだけで、当事者間のみ成り立ちます。ただし民法は違法な契約や公序良俗に反する契約は認めていません。また権利の乱用も排除しています。これらの例外を除けばどのような契約もできるわけですので、守秘義務を契約で定めることは問題ないとされるのでしょう。ただ、違法についてはある程度解釈が限定されますが、公序良俗や権利濫用は該当の有無の判定に幅がでることにならざるを得ません。つまるところここから先は司法が判断すべきものであります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 通常の雇用契約内での守秘義務は違法ではないようですね。 ありがとうございました。

  • 回答No.4

「言論」の意味の解釈が相違しているようです。 「言論」とは言葉を交わして論じることであって、 「情報公開」そのものが言論に相当するとは思えません。 (外部の者が「情報公開」によって不正を暴くことは言論に相当するでしょうが) 従って、違法ではないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

いえ、情報公開っていうわけではないのです。例えば、会社の人間がファミレス等公の場で社外秘のことを論じ合ったとします。近隣の人に知られてしまうため、厳密に言うと、このケースも守秘義務違反ってことになりますよね。

  • 回答No.3

第三者の表現の自由を侵すことを強要するような契約条項は無効だと思いますが、契約当事者が自ら自分の自由の一部を制限するのは問題無いと思います たとえば、憲法では財産権も保障されているわけですが、自由意志で自分の財産権を手放すことが違法だとしたら、商取引は(各々が自らの財産権を譲渡するのですから)みな非合法になってしまいます また、守秘義務に関る情報というのは、守秘義務を前提として初めて得られた情報であって、本来その人に属するものではないでしょう 契約を結ばずにその情報を得ないという選択肢もあったにも関らず、自由意志で契約を結んで情報を得た以上は、契約に拘束されるのは仕方が無いと思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。やはり自分で権利を放棄した、ということになるのですね。

  • 回答No.2

もともと憲法で定められている「自由」には制限があるでしょう? 第12条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであって、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。 第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。 「公共の福祉」というポイントを付けて但し書きが入ります。 たとえば精神科のお医者さんが患者の相談内容をもらしたり、弁護士が被告にとって不利な情報を暴露したりしたら困りますよね?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。公共の福祉になるもの、ならないもの、の線引きは難しいですね。 医者・弁護士といった一定の職業の人は守秘義務が法律で定められているので分かります。

  • 回答No.1
  • AREC
  • ベストアンサー率32% (23/70)

守秘義務とは、「組織に属する者が組織に居る事で知りえた情報を漏らしてはならない」ということです。 守秘義務も法律で定められています。 従いまして、違法ではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 ただ、法律でさだめられている守秘義務は、ある一定の職業だけだったと思います。 その他の職業の場合はどうなのか?と思いまして・・・

関連するQ&A

  • 身内や恋人に相談が守秘義務違反??

    給与未払いのことで、親と交際している方に相談しました。 それが、守秘義務違反だと言われました。 そんなことってありえるのでしょうか? じゃぁ、誰にも相談したらいけないのかと聞くと会社であったこと(もうとっくに辞めていますが)を一切話をしてはいけないと言われました・・・。 来院患者に給与を支払っていないんだってと言われたらしいのですが、それに対しても名誉毀損だといわれました。 私は辞めてから患者に知り合いもいなく親や彼氏が誰かに言ったということもまずありえません。 それを、私だと決め付けて名誉毀損と守秘義務違反と言われました。 会社の言うことが正しいのでしょうか。

  • 裁判官の守秘義務について

    裁判員制度について調べていたのですが、 裁判官にも裁判員と同じように 守秘義務が当然あると思って憲法を調べたのですが、 載っていませんでした。 どの法律に定められているのでしょうか?

  • 医療事務の守秘義務について

    教えてください。 働き始めたばかりでまったくわからないのですが、守秘義務の誓約書を署名しました。 医事課に配属されているのですが、守秘義務にはどういうものが含まれるのでしょうか? もちろん患者さんや、内部に関することを漏らすのはだめでしょうが、 たとえばブログに「こういう患者さんが今日きて、こういう事務の人がこういう対応をとっていた。 それについてよく思わなかった。」的なことも守秘義務にはいるのでしょうか? ぶっちゃけていえば、「ブログに愚痴を書きたい」ということなんですが。。。 病院名を出さなくても、自分が何県の出身とかいうのを過去ブログに書いてたら、 特定しようとしたらできるかもしれませんよね。。。 職場のことを書くこと自体、守秘義務でだめなのでしょうか?

  • 元看護師の守秘義務について

    私の知人に50歳代の元看護師の方がいます。 看護師には守秘義務があると思うのですが、以前の職場での出来事をよくお話しされます。 その中で、ある妊娠中絶手術の事を、事詳しく聞かされました。素人の私にはそれは「殺人」なのでは?と思ってしまう内容でした。 現在、その女性は退職し、また看護師も辞めています。そのせいか、自分に守秘義務が課せられているとは、微塵も感じていない様子です。 この病院には、今、私の縁戚にあたる者が勤務している事もあり、、元看護師という立場の人が、病院の内部事情を人様にお話ししているのを見過ごす訳にはいかなくなりました。 元看護師の守秘義務違反はどのような処罰があるのでしょうか? また、告発する場合、当該病院の他、窓口などはありますか?

  • 会社の守秘義務

    近々、守秘義務の契約書を書かなければ ならないかもしれません それだけならよいのですが その中の項目に 「退職後1年間は同業の会社に勤めてはならない。 守れなければ、退職金をへんかんしてもらう」 との項目があります。 普通こんなことに同意しなければ、ならないのでしょうか。 非常に嫌です。 どうなのでしょうか。

  • 弁護士の守秘義務と弁護士倫理

    弁護士の守秘義務と弁護士倫理に関連して、架空の事件を例にお尋ねします。 (1)長年 大相撲について取材をしてきたフリーライターが、大相撲関係者の内部告発を元に 日本の国技である大相撲で八百長が行われているとして 週刊誌に断定的内容で取材記事を掲載しました。 国技としての大相撲の伝統や威信、存続に危機感を覚えた日本相撲協会が、週刊誌の発行元と記事を書いたフリーライターを名誉毀損で訴訟を提起することを検討しています。  その際、日本相撲協会が顧問弁護士に、実際は八百長が行われていることを正直に話した上で、そのことを証明する金銭の授受などの明確な証拠が存在しないと確信して 日本相撲協会は、日本の国技としての大相撲の存続、伝統や威信を守るために 週刊誌の発行元と記事を書いたフリーライターを相手取り 日本相撲協会と八百長で名指しされた力士に対する名誉毀損で訴訟を提起するよう依頼し 弁護士はその依頼を受任する決断をしました。 このとき、弁護士倫理に照らして 弁護士の決断は正しいと言えるのでしょうか。 (2)弁護士が依頼人に対し、弁護士の絶対的な守秘義務について説明したところ 依頼人が信用して 思想的信条に基づいて、日本国の象徴や国家的要人の暗殺計画や、外患誘致や大規模なテロ計画について言及し 弁護士としてできれば聞かなかったことにしたい内容でしたが 結果として守秘義務の例外というべき情報を心ならずも知ることになりました。 このとき、弁護士はどのように行動すべきでしょうか。 また、その行動について 法的責任を問われますか。

  • 警備員にも警備業法か何かで守秘義務が課せられて・

    警備員にも警備業法か何かで守秘義務が課せられて、漏らしたら犯罪とかになるんでしょうか? 公務員とか弁護士とかだけだと思ったのですが、守秘義務に違反したら刑事罰をくらう職業は・・・ 普通にイオンの警備員や万引きGメン(保安員)が防犯カメラの設置場所とか内部事情をいろいろ喫茶店で、話し合っていたので(同業者同士だからか?いや違う職業の人らしいのも混じっていたし・・・) 漏らしても別に問題ないのかなと思いましたが・・・ まぁ不正競争防止法はありますが・・・どうなんでしょう?

  • インターネットプロバイダの守秘義務

    ホームページの掲示板に対する悪戯行為に大変迷惑しております。 悪戯というのは「意味の無い文字の羅列」「陰部・汚物・性行為の名称書き並べ」 といった、ある意味他愛もないもの・・・子供の悪戯程度のものなのですが度が過ぎると困りものです。 当初、悪戯に対しては「無視。飽きるのを待つ」という手段をとっておりましたが効果は無いようです。 なぜなら友達仲間を呼んで増長したり、第三者が真似しだしたり。 結局、一人の悪戯を彫っておくとどんどんエスカレートしていくばかり。 それぞれのIPアドレスから該当プロバイダへ警告を発し、利用者へ注意を促すことによって悪戯する者は減ってきました。 ところが、プロバイダに拠っては「守秘義務」を理由に悪戯した者への注意をすることを断るところがあります。 会員が会員規約に反する行為をしたと苦情を言われてもIPアドレスから個人を特定する事も注意警告をする事も「守秘義務」に反するから出来ません。 違法行為があると思われるならばしかるべき公的機関へ通報してくださいとの事。 しかるべき機関とは警察の事でしょうが、掲示板やチャットへの悪戯程度で警察は動いてくれるのでしょうか? やや、本題からずれました。戻します。 今回、お伺いしたいのは「会員が会員規約に反する行為をしたと苦情があり プロバイダ自身が調査・警告行為を行う事」は守秘義務に反する行為なのでしょうか?   (別に被害者に謝罪しろとか名を明かせとかいう事ではなく、あくまでも    プロバイダの会員規約内でプロバイダと会員同士の行為だけのことなの    です。どうもプロバイダ側の説明にしっくり来ないもので) 専門的名回答と共に皆さんの意見もお伺いしたいと思います。 よろしくお願い致します。

  • 守秘義務違反に当たるかどうか

    約半年前に当方と共同で建築作業を行っている企業さんに努めている子の一人の勤務態度や行動の面等に問題があって、其の事を社長さんに手紙で伝えたのですがあろう事かその手紙を当人に渡したようでした(最近人づてに知りました) 告発文を被告発者に渡すなんて信じられないと思ったのですが、このような行為は守秘義務違反かあるいは他に犯罪に当たったりしないのでしょうか? もし違法行為等にあたったら内部告発等を考えておりますが、どのような機関に告発したらいいのかを教えていただきたいと思います 因みにその企業は徳島市の小企業です

  • 産業医の守秘義務についてお教え願います。

    産業医の守秘義務についてお教え願います。 どのカテゴリが適当か分かりかねましたので、カテゴリ違いでしたらご容赦願います。 ネットで調べた範囲ですが、刑法第134条には秘密漏示罪が規定されており、産業医にもこれが適用され、労働者の同意なく健康管理情報を上司に伝えてはならない、とありました。 私は傷病で休職していましたが、復職にあたっての面談、復職後の定期面談、いずれも会社の人事部が同席しておりました。これでは、健康管理情報を上司に伝える以前の話ではないか、との違和感を感じました。 今回の件は、産業医から会社側への必要な報告の範囲内として、秘密保持の適用外でしょうか? また、会社側の面談への同席についての妥当性はどのようなものでしょう? よろしくご回答をお願いします。