• 締切済み
  • すぐに回答を!

気流止め、防湿シートなどについて

過去の質問を見たりしたのですが、いまいち分からないことがあります。 もうすぐ在来工法(筋交い有、構造用合板なし)で着工します。良く、気流止めはしっかりしてください、とありますが、床は根太がないやり方なので気流止めにはなっています。が、天井?屋根部分はどうも気流止めはされていないようです。壁の断熱材(パーフェクトバリア耳付き)と天井の断熱材(同じもの)が続いており、そのまま屋根の下から軒部分へと空気が流れるようになっています。気流止めは、上下止めるものだと思っていたのですが、こういう構造は普通なのでしょうか?これとは別に、外壁と透湿防水シートの間に通気層はあります。 それから、室内側には防湿シートがありません。工務店に聞くと、「うちでは、つけた事がありません」との事。「施工が難しい」とも言っていました。いろいろ検索してみたところ、ないとまずい、という事が書かれていましたが、なくても良いという場合はあるのでしょうか? パーフェクトバリアは、透湿性が高く、そのまま通気層へ逃がしてしまえば問題ない(壁内結露しない)のかな、と素人的に考えているので、なくても良いのかな?と思うのですが・・・ 施工経験がないところでお願いするより無い方がいいのかなとも。 それとも、絶対にないとまずいのかしら。壁内結露は避けたいです。 気流止め、通気層、防湿層など・・・素人にとって、考えれば考える程訳が分からなくなっています・・・ どなたか、簡単に教えていただけたらありがたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2

>防湿気密シートを正しく施工すれば、気流止めはされるのですね。 下地材できちんと防湿気密シートを抑えることが必要です。 また、その外側(外気側)には、断熱材が存在していなければなりません。 >ちなみに、気流止めをして、防湿気密をつけない場合、やはり、部屋の中の湿気が壁に溜まって逃げ場がなくなり、結露するのですよね? 違います! 木材による気流止めがあることで、湿った空気が断熱材を通過して外に向かう時に冷やされるのを防ぎます。また、外気の流入により壁内が冷やされて壁内結露するのを防ぎます。 ただ、木材での防湿気密は、十分とは言えないということです。 湿気が壁に入っても、その部分が断熱気密内であって冷やされなければ結露しません。これは、十分断熱気密された室内が結露しないと同じことです。 >反対に、防湿気密シートを付け、上部分の気流止めがされていないと、結露はなさそうですが、寒い家になるという理解でよろしいのでしょうか? 違います! 外気の流入により壁内が冷やされて壁内結露の元となります。寒いだけではありません。 断熱のみ→結露する! 気密のみ→結露する! 断熱+気密→結露しない 断熱と気密はセットで、両方が成り立って初めて、結露しない、省エネで快適な環境が得られるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなりすみません。 やっと、理解できました。が、工務店&主人がなかなか理解してくれず、気密シートも気流止めもない家の基礎作りが始まりました・・・ 私は、正直残念です。せっかく楽しみにしていた新築の家が、結露と寒さ&暑さの家になると思うと、この先の内装決めをする気にもなりません。 上棟までに、理解してもらい、施工してもらえるよう説得はしますが。(せめて木材での気流止めでも)

  • 回答No.1

(我が家は2x6なので気流止めで頭を悩ます必要も無かったですし、在来工法は詳しく見たことないのですが) まずは、 住宅金融公庫の木造住宅工事共通仕様書 http://www.itcprince.jp/17140653jikugumi.pdf の7.4.10通気止め(114~116ページ)と7.6気密工事(118~122ページ)を一通りお読みください。 グラスウールメーカーの施工説明です。 間仕切り壁と気流止め、間仕切り壁上部の気流止め方法です。 http://www.glass-fiber.net/manual/sekou9.htm 壁です。桁まで張り上げるのが必須です。 http://www.glass-fiber.net/manual/sekou6.htm その他、参考です。 http://www.iesu.co.jp/data/serialize_q_a/index.htm http://www.iesu.co.jp/data/serialize_q_a/sh_8_3.htm http://saiken.ftw.jp/u56826.html http://www.sotodan-souken.com/lecture/wooden_structure/new/page006.html 次の3番目の「防湿シートの破れ・貼り忘れと隙間風」 http://house110.com/J110/kiji400/J110_439.shtml 以上から、防湿気密シートは無くても気流止めは出来なくはないといったところでしょうが、十分な気密性能を得るのは難しいかと思えます。 防湿層のある耳付きGWや耳付きロックウールを使っていても、防湿気密シートの施工を、大手HMなどで良く行われているのを写真を目にします。 施工経験が無くとも、頼んで施工してもらえるのでしたら、防湿気密シートも施工してもらった方が良いのではないでしょうか。 。 防湿気密シートは、気密性能のためにも0.1mmでなく0.2mmの厚さのものを使うのが望まれます。 さらに言えば、気密コンセントボックスも効果あります また、GWだったら高性能GW16kくらいの性能のものを厚さ一杯に入れるべきです(壁、天井、床全て。床がポリスチレンなら90mm)。 僅かな部材コストで大きな効果が得られ、冷暖房コストですぐに元は取れるだけでなく、快適な住環境を得ることが出来ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 防湿気密シートを正しく施工すれば、気流止めはされるのですね。 ちなみに、気流止めをして、防湿気密をつけない場合、やはり、部屋の中の湿気が壁に溜まって逃げ場がなくなり、結露するのですよね? 反対に、防湿気密シートを付け、上部分の気流止めがされていないと、結露はなさそうですが、寒い家になるという理解でよろしいのでしょうか?

関連するQ&A

  • 木造の建物を建築予定です。左官壁の特長を最大限に活かし、壁内部結露を防

    木造の建物を建築予定です。左官壁の特長を最大限に活かし、壁内部結露を防いで木材腐朽菌を発生させないためには、どのような壁の構造にするのがよいのでしょうか? もうすぐ着工する予定ですが、壁の構造について不安な点があり、建築にお詳しい方、アドバイスを頂けないでしょうか。 今回建築するのは木造の建物で、壁は、私の希望により、外壁は西洋漆喰、内壁はシラス壁の予定になっています。 左官壁を希望した理由は、壁内部結露による木材腐朽を防ぐため(真壁ではなく大壁なので、柱は壁の中に隠れてしまいます)、化学物質過敏症への対策、メンテナンスが少なくて済む…等です。 現時点で不安に思っているのは、壁の構造です。壁内部結露による木材腐朽を防ぐための対策は、設計士さんや建築会社さんによって意見が様々で、インターネットで調べてみても、充填断熱や外張り断熱のそれぞれに相反する意見が存在しますし、通気層や気流止めについても色々な意見があります。また、ベーパーバリア(防湿層)についても相反する意見が存在します。 今回の設計では、外張り断熱になっており、断熱材はポリスチレンフォーム、西洋漆喰の下地は木造用不燃サイディングとなっています。そこで疑問が湧いてくるのですが、それは、 ●せっかく吸放湿性のある左官壁にするのに、透湿性のないと思われるポリスチレンフォームを断熱材に使ってしまったのでは、壁内部結露による木材腐朽を防ぐという点で、意味がなくなるのでは?(しっかりと隙間のない外張り断熱材の施工により、結露発生は構造材の外側でしか起こらないから大丈夫ということなのでしょうか?) ●外張り断熱の場合、断熱材と外壁材の間に通気層を設ける場合が殆どだと思いますが、これだと西洋漆喰の断熱性の特長を活かせないのでは?(冬に通気層を冷たい空気が通るから) ●外張り断熱の場合、断熱材から外側(断熱材・下地のサイディング・漆喰)の重さをビスで支えることになると思うのですが、重さは大丈夫なのでしょうか? ということです。 吸放湿性のある左官壁の特長を最大限に活かし、壁内部結露を防いで木材腐朽菌を発生させないためには、どのような壁の構造にするのがよいのでしょうか? 素人なりに考えてみたところでは、内壁から外壁までのすべての素材を透湿性のあるもの(断熱材も透湿性のあるもの)にして、通気層は作らず(気流止めをしっかりする)、壁内部に水蒸気が入っても、外壁材・内壁材を通って放出されるようにするのが一番いいのかな???と思うのですが。。。しかし、この場合、壁内部に入る水蒸気の量と、壁外部に放出される水蒸気の量のバランスがとれていないと、結局は結露が発生してしまうことになるような気がします。また、万一雨漏りが発生した場合、通気層がないと危険のような気もします。 色々な建築関係のホームページを見ていると、充填断熱でも外張り断熱でも、断熱材の内側にベーパーバリア(防湿層)を設けるのが不可欠のように書いてあるものが多くあります。壁内部への水蒸気の流入を制限して結露を防ぐということなのだと思いますが、左官壁にする場合は、ベーパーバリア(防湿層)を設けると、左官壁の調湿機能を妨げることになってしまいますよね?それとも、断熱材の内側にベーパーバリア(防湿層)を設けることで、それがしっかりとした施工であれば効果的でしょうか?(この場合、外壁・内壁から壁内部に入った水蒸気は、同じく外壁・内壁それぞれの調湿作用で、また入ってきた側へと放出されるから結露は発生しないと考えてよいのでしょうか?) ちなみに、建築する地は、多雨・多湿・多雪の北陸です。 アドバイス、どうぞ宜しくお願いします。

  • 温暖地に壁内防湿シートは必要ないですか?

    家を新築する予定ですが、工務店に温暖地では壁体内結露はほとんどないので、防湿シートは必要ないということですが、これは信じてもよいのでしょうか。壁の仕様は外から、 鋼板+ダイライト+通気層+防水透湿シート+断熱材+せっこうボード+珪藻土 です。防湿シートは断熱材とせっこうボードの間に入れる必要があると思っているのでしょうがいかがでしょうか。ちなみに4の地域です。

  • 断熱材の施工ミス

    このたび家を新築したのですがとても寒いと思い床下、天井上を見たところ、壁と床の取り合い部分に空洞がありそこから壁内に向かって冷気が入っているようです。通常、取り合い部分は床断熱剤をいれその上かグラスウールの防湿層、気流止めをするのが一般的だと思うのですが? また、壁も上部は30cmくらいグラスウールがはいっていませんでした。これは施工ミスではないでしょうか?  施工業者に言ったところ、うやむやの返事でとりあえず取り合い部分は木で塞ぎますと言うだけでした。この場合、通り取り合い部分の断熱材、気流止め、防湿施工は必要ないのでしょうか?しなくても断熱性能、結露防止、家の耐久性など問題ないでしょうか 当方の建築地は鹿児島です 長文で申し訳ありませんがどなたか教えてください。

  • 断熱材の入れ方他

    断熱などについて何度かこちらで回答をいただき、大変参考になりました。サッシをアルミ樹脂にしたり、屋根通気層を作って棟換気をつけてもらいました。また新たに疑問ができましたので教えていただければと思います。 外壁の断熱材を高性能GW16k 50mm(耳つき、裏面防湿)にし、外壁下部と床の境目は乾燥木材で気流止めをしてくださいます。 1:外壁の断熱材上部は、桁?(名前がわかりません、横渡しの材木)まで張り上げて、断熱材の上は材木でふさがるので気流止めはしなくて大丈夫と説明を受けました。間仕切り壁は上下に気流止めをするとのことです。外壁上部は不要ですか?小屋裏収納があり屋根断熱です。 2:断熱材がのる材木の寸法が120mmで、断熱材が50mmなので、透湿シートとの間にかなりすき間ができます。外壁→通気層(胴縁?)→透湿シート→すき間→断熱材となりそうです。これは大丈夫ですか? (120mmぴったりのサイズのGWはないので、仮に断熱材をふやしてもすきまはできますとのことです) 3:外壁はパワーボードの予定ですが、調べると外壁材がALCの場合は通気層をとらないとか、透湿防水シートをはらないと書いてあるサイトも見かけました。そうした場合、長年の間にもし塗装にキズが生じて水が入ってきたら、止める部分がないので困るのではと思うのですが…今の工務店さんは、通気層や透湿シートを利用する考えのようです。それで不都合はないですか? 頑張って勉強していますが知識に乏しいため、おかしな事を書いているかもしれません。どうかよろしくお願い致します。

  • 新築の防湿層の設置について

    現在、新築を計画中なのですが、 断熱を現場発泡ウレタンフォーム(フォームライトSL)で施工した場合の 防湿層の設置について教えてください。 当方の計画は、IV地域・木造軸組で、 フォームライトSLというのは、断熱気密性は高いが、透湿性も高い (一般硬質ウレタンフォームに比べ吸水性が高くなる)という物で 室内側から順に、 エコクロス、石膏ボード(壁12.5mm天井9.5mm)、フォームライト、防水透湿シート、同縁18mm(通気層)、サイディング という内容で次世代省エネをクリアできるように依頼しています。 そして施工して貰う工務店が、今まで一般型省エネルギー基準での施工しかしたことがなく、 いままで防湿シートも施工していなかったようです。 外注で防湿シートの施工を専門業者にお願いすることも可能だと思うのですが、 コンセントの設置等、その他の工事で防湿シートに破れ等起こる可能性もあるのかと思い それならば、いっそのこと施工しない方が良いのかと悩んでいます。 ちなみにメーカーに問い合わせた所、透湿層は設置した方がよいが、 「住宅の省エネルギー基準の解説」によると防湿層を省略できる条件として 透湿抵抗比が一定値以上あれば良く、当方は計算上クリアできているので省略できます という回答を貰いました。 当方素人の為、見当違い、またその他必要な情報が抜けているかもしれませんが、回答よろしくお願いいたします。

  • 気流止め~柱は呼吸できるの?

    現在新築中の者です。 九州地方/木造軸組/外壁通気/内壁断熱/袋入りロックウール55mm/モルタル 依頼しているHMは断熱材を丁寧に充填してくれないため、(現場監督に要求しても大工さんが言うことを聞いてくれない!)大工さんが作業を終えた後に夜な夜な自分たちで断熱材の手直し・床の気流止めをしています。 床と壁の取り合い部は発泡ウレタンやロックウールを切ったものなどで気流止めをしました。 天井部の気流止めは引き渡し後に屋根裏へ入ってするつもりです。 と、ここにきて疑問に思うことがでてきました。 1.外壁(外壁通気層)に面する壁。 2.断熱材が入っていない間仕切り壁。 3.断熱材が入っている間仕切り壁。(ユニットバスと脱衣所が断熱材で囲われています。) 以上3種類の壁があるのですが、全て同じ方法で上下気流止めを施していいものか・・ 特に 2と3に関しては柱が呼吸できるのだろうか、更に3については袋入りロックウールが結露しないだろうか・・と心配になってきました。 連日の作業もあり、頭がパンクしそうです~~ 皆さんのアドバイス、どうか宜しくお願いいたします。。

  • 外断熱と通気層

    INAXの断熱材一体型下地材「HYBRIX」に関する質問を出しましたが、なかなかコメントいただけないようなので、もっと単純化して質問したいと思います。 内断熱(充填断熱)の場合、外壁通気層は、部材の透湿抵抗を外側通気層に対して徐々に小さな値に設定することで、内壁に浸入した湿気を通気層に排出でき、極めて有用だと理解しています。一方、外断熱(外張り断熱)の場合、ボード系断熱材の透湿抵抗が高く、壁内の湿気は外側通気層に排出されません。それにもかかわらず通気層を設けているということは、外壁への日射による温度上昇を通気層で緩和し、断熱材・駆体側への影響を軽減する、雨水の駆体への浸入を通気層で食い止めるの2つの役割と理解します。 とすれば、外壁と断熱材を緊密に密着させ、十分な雨水浸透対策と断熱対策を施せば、通気層はなくても良い、と理解して良いのでしょうか? その場合、壁内に入った湿気は室内側に戻す工夫が必要だと思いますが、どのような部材構成とすれば可能になるのでしょうか?何故、このようなことを聞くかというと、外断熱の弱点である反響音を壁内にグラスウールを充填して緩和しようと思っているからです。グラスウールは袋入りにする予定で、構造用面材より透湿抵抗が高いため、浸入した湿気はPB経由室内へ排出されず壁内にとどまってしまうことを心配しています。 まずは壁内に湿気が入らないようにする工夫が第一だと思いますが、万が一、外断熱で施工し壁内に湿気が入った場合、それを排出するのにどのような方法があるのでしょうか、という質問です。 それとも、外断熱の場合、室内と壁内の温度環境が同じであるため、壁内結露は考える必要はないと理解して良いのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • ペーパーバリア不完全の場合

    はじめましてです。宜しくお願いいたします。 現在新築中の者です。内装材について質問です。 福岡地区 木造軸組 外壁通気工法 モルタル 断熱材は袋入り耳付ロックウール 室内側はプラスターボード です 断熱材は柱内にタッカー止めするため、防湿層(ペーパーバリア)は不完全な状態です。 このような場合、壁内結露をさけるためには、プラスターボードに施す内装材は透湿性の低いもの(ビニールクロス)にした方が良いのでしょうか?ビニールクロスは見た目が嫌いなのですが。。。 ちなみにリビングはタナクリーム(生石灰クリーム)を施工、その他の場所はクロス張りの予定です。 考え過ぎでしょうか?どうぞ、みなさん突っ込んでやってください!! お願いします!

  • 壁の気流止め方法について教えてください

    現在、在来工法住宅にすんでおります。 熱損失を抑えた家にするためには、壁内の気流止めが有効のようですが、我が家は確認した所、気流止めがなされていませんでした。そこで自分で気流止めをつけようと考えています。 天井裏から間仕切壁を見るとぽっかりと10cm近く開いているので、ここはグラスウールを丸めて入れようと思います。 (1)次に床下を見るとさほど隙間が開いておらず、もしかしてグラスウールではなくてもいいのかなと考えました。 この場合単純に隙間を埋め、床下から壁内へ空気が流れないようにすればいいと思われますが、例えばテープ(しっかりしたテープ。気密テープなど?)止めなどでも問題はないでしょうか?剥がれないよう対策すれば施工も簡単で安価に出来そうな気がします。 (2)壁内の上下を気流止めすればたしかに空気の移動がなくなり、冬場暖房時期は天井裏に熱気が逃げず、熱損失は減ると思います。 ただ夏場に関しては、常時冷房していれば問題ないと思いますが、共稼ぎ等で日中不在で冷房を切っている場合、当然部屋は暑くなっています。もし冷房を入れたとしても壁内の空気も熱くなっているわけで、気流止めしているためかなりの時間熱が逃げない状態かと思います。逆にこの場合は気流止めが無い方が天井へ熱気が逃げ、冷房の効きも良くなる気がしています。 以上2点質問させて頂きたいのですが、良きアドバイスを宜しくお願い致します。

  • 断熱材の室内側の防湿気密シートの必要性について

    工務店に依頼して新築の家を計画中です。次世代省エネ基準を満たす仕様でお願いしています。壁について工務店側の仕様案は高性能グラスウール16k(防湿シート付きでないもの)90mmですが、断熱材の室内側に防湿気密シートの計画はありません(室内側から珪藻土→石膏ボード→グラスウール→構造用面材ハイベストウッド→防水シート→通気胴縁です)。また屋根断熱ですが、屋根についても同様に防湿シートがありません。  防湿シートなしで内部結露がおこらないか心配です。その点にについて工務店側に問い合わせたところ、 (1)冬は室内側はむしろ乾燥しているから、湿気はそれほどでない(ちなみに暖房はFFストーブの予定)。 (2)IV地域なので冬季でもそれほど外気温が下がらない。  以上の理由で内部結露の心配はないから防湿気密シートは必要ないとの説明がありました。この説明の通りなのか、やはりシートの施工を求めた方がいいのか教えていただけませんか。