• 締切済み
  • すぐに回答を!

気流止め、防湿シートなどについて

過去の質問を見たりしたのですが、いまいち分からないことがあります。 もうすぐ在来工法(筋交い有、構造用合板なし)で着工します。良く、気流止めはしっかりしてください、とありますが、床は根太がないやり方なので気流止めにはなっています。が、天井?屋根部分はどうも気流止めはされていないようです。壁の断熱材(パーフェクトバリア耳付き)と天井の断熱材(同じもの)が続いており、そのまま屋根の下から軒部分へと空気が流れるようになっています。気流止めは、上下止めるものだと思っていたのですが、こういう構造は普通なのでしょうか?これとは別に、外壁と透湿防水シートの間に通気層はあります。 それから、室内側には防湿シートがありません。工務店に聞くと、「うちでは、つけた事がありません」との事。「施工が難しい」とも言っていました。いろいろ検索してみたところ、ないとまずい、という事が書かれていましたが、なくても良いという場合はあるのでしょうか? パーフェクトバリアは、透湿性が高く、そのまま通気層へ逃がしてしまえば問題ない(壁内結露しない)のかな、と素人的に考えているので、なくても良いのかな?と思うのですが・・・ 施工経験がないところでお願いするより無い方がいいのかなとも。 それとも、絶対にないとまずいのかしら。壁内結露は避けたいです。 気流止め、通気層、防湿層など・・・素人にとって、考えれば考える程訳が分からなくなっています・・・ どなたか、簡単に教えていただけたらありがたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1975
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.2

>防湿気密シートを正しく施工すれば、気流止めはされるのですね。 下地材できちんと防湿気密シートを抑えることが必要です。 また、その外側(外気側)には、断熱材が存在していなければなりません。 >ちなみに、気流止めをして、防湿気密をつけない場合、やはり、部屋の中の湿気が壁に溜まって逃げ場がなくなり、結露するのですよね? 違います! 木材による気流止めがあることで、湿った空気が断熱材を通過して外に向かう時に冷やされるのを防ぎます。また、外気の流入により壁内が冷やされて壁内結露するのを防ぎます。 ただ、木材での防湿気密は、十分とは言えないということです。 湿気が壁に入っても、その部分が断熱気密内であって冷やされなければ結露しません。これは、十分断熱気密された室内が結露しないと同じことです。 >反対に、防湿気密シートを付け、上部分の気流止めがされていないと、結露はなさそうですが、寒い家になるという理解でよろしいのでしょうか? 違います! 外気の流入により壁内が冷やされて壁内結露の元となります。寒いだけではありません。 断熱のみ→結露する! 気密のみ→結露する! 断熱+気密→結露しない 断熱と気密はセットで、両方が成り立って初めて、結露しない、省エネで快適な環境が得られるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなりすみません。 やっと、理解できました。が、工務店&主人がなかなか理解してくれず、気密シートも気流止めもない家の基礎作りが始まりました・・・ 私は、正直残念です。せっかく楽しみにしていた新築の家が、結露と寒さ&暑さの家になると思うと、この先の内装決めをする気にもなりません。 上棟までに、理解してもらい、施工してもらえるよう説得はしますが。(せめて木材での気流止めでも)

関連するQ&A

  • パーフェクトバリアがネオマフォームに(長文)

    在来内充填断熱工法、構造用合板なし、通気工法、防湿気密シートなし、で建築中です。 過去にも質問させていただいたものですが、タイトル通り、今日、現場へ行ったら、パーフェクトバリア10k100ミリがネオマフォーム45ミリに変えられ、充填され始めていました。 パーフェクトバリアは耳を手前につけないといけないのですが、場所によっては(補強壁をいれたり、コンセント、筋交い・・・)耳がうまく付かず、石膏ボードとの間に隙間ができてしまうのを心配していたので、現場監督が、同じ断熱性能のネオマフォームを切って柱の間に当てはめ、回りを気密テープで止める方が、石膏ボードとの間に隙間ができなくきれいに納まる、と提案してくれていました(金額は変わらず) もともと高気密高断熱を施工している会社ではなく、私も中気密中断熱くらいが良いと思っているので、単純に断熱材の交換という事で、気密シートはつきません。(それでも、音が響いたり、パーフェクトバリアよりも、気密は高まるそうですが。本当なのかしら・・・?) 最初、棟梁が、補強の下地(手すりなど)を入れるために、ネオマを充填した後、柱に胴ぶちを打ち、その間に下地を入れ、そして胴縁の上に石膏ボードをつけると言っていました。つまり、15ミリ、壁がふかされるという事です。 下地のために壁がふかされるのはなんだかなぁという思いと、断熱材(ネオマ)と石膏ボードの間があいてしまうのはまずいと思い、ネオマの室内側に直に石膏ボードをつけてくださいと頼みましたところ、え?くっつけちゃっていいの?”と言われ、正直不安になっています。 気流止めは、”やらなくても、そんなに空気は流れないよ”、と言われているので、それならば、石膏ボードと断熱材の間に隙間が無い方が結露が起きないと思っているのですが、どうなのでしょうか?   それから、普通、発泡系断熱材のある面に手すりなどの補強下地をつける場合、どうやっているのでしょうか?  筋交い、コンセントまわりの発泡系断熱材施工はどのようになっているのでしょうか?

  • 繊維系断熱材の選定について

    繊維系断熱材の選定で悩んでいます。 ご意見をお聞かせ下さい。(住宅設計未経験です) 次世代省エネ基準を満足する程度で考えています。 次世代省エネ区分IV地域です。 何の迷いもなくグラスウールで考えていましたが、偶然ある工務店の施工事例で、パーフェクトバリアを推奨されており、メーカHPや、他の施工事例等を見まして、興味を持ちました。 予算が厳しいなか、コストアップ要因であることで悩むのもどうかしているかもしれませんが、 グラスウールとパーフェクトバリア(ポリエステル)のどちらにするか? いろいろと考え過ぎかもしれませんが、以下を参考にアドバイス、帆意見をお願いします。 無理してまで採用するほどの価値があるのか? その判断が付きかねています。 予算があれば、迷うことなくパーフェクトバリアを採用していますが・・・。 【 熱伝導率での比較 】 パーフェクトバリア10k・・・熱伝導率 0.045 W/m・K (グラスウール16kと同等) パーフェクトバリア13k・・・熱伝導率 0.038 W/m・K 高性能グラスウール16kと同等) 壁:熱抵抗値2.2 m2 ・K/W 屋根:熱抵抗値4.6 m2 ・K/W 上記基準で計算しますと・・・ 壁:高性能グラスウール16k t=100(基準83以上) ◎ 屋根:高性能グラスウール16k t=90+90(基準175以上) ○ 壁:パーフェクトバリア10k t=100(基準99以上) ○ パーフェクトバリア13k t=100(基準83以上) ◎ 屋根:パーフェクトバリア10k t=100+100(基準207以上) △ パーフェクトバリア13k t=100+100(基準175以上) ◎ パーフェクトバリア13k t= 70+100(基準175以上) △ ◎:基準性能を上回る ○:基準性能と一致  △:基準性能を若干下回る ×:基準性能を大きく下回る コストは、パーフェクトバリアの方が同等性能で【23%】高いようです パーフェクトバリアHPより引用(設計価格/熱抵抗値での比較、2005積算ポケット手帳による)(40坪の家の総額で約6~10万円のコストアップとのこと・・・?) *************************************** グラスウールについては、周知の事かとおもいますので、パーフェクトバリアについて調べた範囲で・・。(当然メリット・デメリットがあると思います) □パーフェクトバリアには防湿シート付がない(袋入耳付製品) 防湿シート施工する事になるが,外壁通気工法により外部に湿気が逃げる構造であれば、防湿シートを設けなくても結露しない場合もあるとのこと。 予定建物は通気工法ですから、防湿シートを設けなければ、その分のコストが浮きます。 (なしで本当に良いのかわかりませんが・・・理屈としては透湿抵抗値が高い方から低い方へを守れば、湿気は通気層に移動すると理解しています) ■それでも、余計な湿気は止めるに越したことはないと思います。 面材等の構成にもよるでしょうが、やはり防湿シートは施工しておくべきでしょうか?・・・・ □グラスウールのようにチクチクしないため、扱いやすい。 □復元力があり、ヘタリの問題もない。 □湿気をほとんど吸わない為、外壁通気層で放湿してやれば、壁内は常に乾燥状態を維持する。 □難燃性が高く、自己消火性をもっているようだが、300度程度で発火するようです。 対してグラスウールは不燃材で燃えなし、有毒ガスも発生しない・・・。 *************************************** 法22条関連の準防火性能での外壁の告示の認定についても、グラスウール充填75以上あれば、室内側に石膏ボードーがなくても、胴縁+合板仕上げが可能です。 パーフェクトバリアを充填の場合、個別認定等もありますが、それでも合板仕上げの場合、下地に石膏ボードが必要となる事には変わりありません。 ※ 延焼ライン内に、合板仕上げの部屋があります。 予算が厳しいため、コストを下げたいのですが、どこまで踏み込むか悩みどころです。 予算なないなら、迷うべきとことではない?との意見もあるでしょう・・。 どちらかと言いますと、パーフェクトバリアの魅力に感化されているとは思います。 一番の注目点は、ヘタレがない事でしょうか・・・。 実際にグラスウールが適切に充填されていない場合や、隙間や波打っていたりし、湿気を放出できないため構造材が不朽している事例は多いかと思います。 もちろん、適切な施工をされていれば何の問題にもならないのかも知れませんが・・・。 ■上記数値で△程度であれば、良しとするか、わずかな差でも体感差、室内環境に影響があるものでしょうか? パーフェクトバリアであれば、13kではなく10kとして多少でもコストダウンを図るか。 さらに、一般的なグラスウールで何も問題ないと考え、コストダウンを図るべきか? 当然、圧倒的にグラスウール採用率が高いわけで、施工方法をしっかりすれば何も問題ないのかもしれませんが・・・。 以上、よろしくお願いします。

  • 断熱材の変更(長文)

    在来工法、充填断熱、ネダレス、外壁通気層工法、気密シートなし、通気止めなしで、建築中です。(静岡県西部) 床はサニーライト400ミリが入り、これから壁と天井と2階床下にパーフェクトバリア(標準仕様)10k100ミリを予定していますが、工務店から”壁の断熱だけ、ネオマフォーム45ミリでやろうと思っています”と提案されました。(プラス料金なしです。) なぜこのようなことになったのかと言いますと、窓枠のまわりなどの狭い所は、耳付きパーフェクトバリアを切って施工している、つまり、耳が無くなった方に隙間ができやすい、という事と、下地(後々重い時計などをつけるための補強)を入れると、どうしても隙間ができる、ということからです。よく、石膏ボードと断熱材の間には隙間は作るな、と言いますよね?  ただ、現在の我が家の工法に、ネオマをつけてもあまり効果がないのではと思うのですが。 柱と、ネオマの間には、エースクロスという、気密テープをはるそうです。このテープの耐久性やネオマの収縮も心配です。ネオマの断熱の良さは知っておりますが、デメリットってありましたっけ? 何の問題もなく、しかも、少しでも効果があれば、使いたいのですが、 使うことによって何かデメリットがでてしまうのなら、パーフェクトバリアでいきたいと思うのですが。答えがでません。 単に断熱材だけの問題ではないので、本当に混乱してしまっています・・・ 高気密の家ではないので、夏涼しく、冬暖かいというのは無理という事は、承知しています。 ちなみに天井の100ミリは少ないと思うのですが(屋根はガルバです)

  • 回答No.1

(我が家は2x6なので気流止めで頭を悩ます必要も無かったですし、在来工法は詳しく見たことないのですが) まずは、 住宅金融公庫の木造住宅工事共通仕様書 http://www.itcprince.jp/17140653jikugumi.pdf の7.4.10通気止め(114~116ページ)と7.6気密工事(118~122ページ)を一通りお読みください。 グラスウールメーカーの施工説明です。 間仕切り壁と気流止め、間仕切り壁上部の気流止め方法です。 http://www.glass-fiber.net/manual/sekou9.htm 壁です。桁まで張り上げるのが必須です。 http://www.glass-fiber.net/manual/sekou6.htm その他、参考です。 http://www.iesu.co.jp/data/serialize_q_a/index.htm http://www.iesu.co.jp/data/serialize_q_a/sh_8_3.htm http://saiken.ftw.jp/u56826.html http://www.sotodan-souken.com/lecture/wooden_structure/new/page006.html 次の3番目の「防湿シートの破れ・貼り忘れと隙間風」 http://house110.com/J110/kiji400/J110_439.shtml 以上から、防湿気密シートは無くても気流止めは出来なくはないといったところでしょうが、十分な気密性能を得るのは難しいかと思えます。 防湿層のある耳付きGWや耳付きロックウールを使っていても、防湿気密シートの施工を、大手HMなどで良く行われているのを写真を目にします。 施工経験が無くとも、頼んで施工してもらえるのでしたら、防湿気密シートも施工してもらった方が良いのではないでしょうか。 。 防湿気密シートは、気密性能のためにも0.1mmでなく0.2mmの厚さのものを使うのが望まれます。 さらに言えば、気密コンセントボックスも効果あります また、GWだったら高性能GW16kくらいの性能のものを厚さ一杯に入れるべきです(壁、天井、床全て。床がポリスチレンなら90mm)。 僅かな部材コストで大きな効果が得られ、冷暖房コストですぐに元は取れるだけでなく、快適な住環境を得ることが出来ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 防湿気密シートを正しく施工すれば、気流止めはされるのですね。 ちなみに、気流止めをして、防湿気密をつけない場合、やはり、部屋の中の湿気が壁に溜まって逃げ場がなくなり、結露するのですよね? 反対に、防湿気密シートを付け、上部分の気流止めがされていないと、結露はなさそうですが、寒い家になるという理解でよろしいのでしょうか?

関連するQ&A

  • 気流止め~柱は呼吸できるの?

    現在新築中の者です。 九州地方/木造軸組/外壁通気/内壁断熱/袋入りロックウール55mm/モルタル 依頼しているHMは断熱材を丁寧に充填してくれないため、(現場監督に要求しても大工さんが言うことを聞いてくれない!)大工さんが作業を終えた後に夜な夜な自分たちで断熱材の手直し・床の気流止めをしています。 床と壁の取り合い部は発泡ウレタンやロックウールを切ったものなどで気流止めをしました。 天井部の気流止めは引き渡し後に屋根裏へ入ってするつもりです。 と、ここにきて疑問に思うことがでてきました。 1.外壁(外壁通気層)に面する壁。 2.断熱材が入っていない間仕切り壁。 3.断熱材が入っている間仕切り壁。(ユニットバスと脱衣所が断熱材で囲われています。) 以上3種類の壁があるのですが、全て同じ方法で上下気流止めを施していいものか・・ 特に 2と3に関しては柱が呼吸できるのだろうか、更に3については袋入りロックウールが結露しないだろうか・・と心配になってきました。 連日の作業もあり、頭がパンクしそうです~~ 皆さんのアドバイス、どうか宜しくお願いいたします。。

  • 温暖地に壁内防湿シートは必要ないですか?

    家を新築する予定ですが、工務店に温暖地では壁体内結露はほとんどないので、防湿シートは必要ないということですが、これは信じてもよいのでしょうか。壁の仕様は外から、 鋼板+ダイライト+通気層+防水透湿シート+断熱材+せっこうボード+珪藻土 です。防湿シートは断熱材とせっこうボードの間に入れる必要があると思っているのでしょうがいかがでしょうか。ちなみに4の地域です。

  • 断熱材の入れ方他

    断熱などについて何度かこちらで回答をいただき、大変参考になりました。サッシをアルミ樹脂にしたり、屋根通気層を作って棟換気をつけてもらいました。また新たに疑問ができましたので教えていただければと思います。 外壁の断熱材を高性能GW16k 50mm(耳つき、裏面防湿)にし、外壁下部と床の境目は乾燥木材で気流止めをしてくださいます。 1:外壁の断熱材上部は、桁?(名前がわかりません、横渡しの材木)まで張り上げて、断熱材の上は材木でふさがるので気流止めはしなくて大丈夫と説明を受けました。間仕切り壁は上下に気流止めをするとのことです。外壁上部は不要ですか?小屋裏収納があり屋根断熱です。 2:断熱材がのる材木の寸法が120mmで、断熱材が50mmなので、透湿シートとの間にかなりすき間ができます。外壁→通気層(胴縁?)→透湿シート→すき間→断熱材となりそうです。これは大丈夫ですか? (120mmぴったりのサイズのGWはないので、仮に断熱材をふやしてもすきまはできますとのことです) 3:外壁はパワーボードの予定ですが、調べると外壁材がALCの場合は通気層をとらないとか、透湿防水シートをはらないと書いてあるサイトも見かけました。そうした場合、長年の間にもし塗装にキズが生じて水が入ってきたら、止める部分がないので困るのではと思うのですが…今の工務店さんは、通気層や透湿シートを利用する考えのようです。それで不都合はないですか? 頑張って勉強していますが知識に乏しいため、おかしな事を書いているかもしれません。どうかよろしくお願い致します。

  • 断熱材の施工ミス

    このたび家を新築したのですがとても寒いと思い床下、天井上を見たところ、壁と床の取り合い部分に空洞がありそこから壁内に向かって冷気が入っているようです。通常、取り合い部分は床断熱剤をいれその上かグラスウールの防湿層、気流止めをするのが一般的だと思うのですが? また、壁も上部は30cmくらいグラスウールがはいっていませんでした。これは施工ミスではないでしょうか?  施工業者に言ったところ、うやむやの返事でとりあえず取り合い部分は木で塞ぎますと言うだけでした。この場合、通り取り合い部分の断熱材、気流止め、防湿施工は必要ないのでしょうか?しなくても断熱性能、結露防止、家の耐久性など問題ないでしょうか 当方の建築地は鹿児島です 長文で申し訳ありませんがどなたか教えてください。

  • 防湿シートについて

    ただいま住宅設計中で、建築士さんに図面を見せていただいたところ、疑問点が生じましたので、皆さんの意見も教えてください。 石膏ボード下地クロス貼仕上げの天井と壁の断熱材はグラスウール16kg品t=100(天井はt=100×2)で、床の断熱材はスタイロフォームt=80なのですが、防湿シートは壁と天井の室内側だけで、床面は必要ないのでしょうか? 室内の湿気が壁内に透過し、グラスウールが湿気ないために用いることは分かったのですが、壁と天井だけで床面に敷いてなければ、床を透過した湿気が上に上がって、壁と天井のグラスウールを湿気らす気がするのですが・・・ よろしくお願いしますm(_ _)m

  • 断熱材の室内側の防湿シートがなく、天井の結露がひどいです。

    2月中旬に棟上し、4月11日に施主検査がありました(在来軸組工法、通気工法、サイディング・陶器瓦、場所は九州です)。 天気の良い日がしばらく続いており気温20℃湿度50%程度の日だったのですが、2階の南東側の勾配天井(寄棟)に、すでに触ると手のひらにびっしょり付くほどの結露が一面にありました。 天井断熱材はロックウール100mmですが、工法として、(1)断熱材の室内側に防湿シートの施工がない事、(2)天井裏換気口が軒天換気のみな事、(3)間仕切り壁と床下の隙間に通気止めが無い事、で結露は心配しておりましたがやはりこの結果です。 HMは「新築の最初は一番湿度が高くなります。24時間換気をしばらくつけていれば大丈夫です。」との回答ですが、それで本当に大丈夫なのか非常に不安でこのまま決済して良いものか悩んでおります。 そこで上記の工法の不備3点を指摘しようと思うのですが、特にどこが問題だと思いますか? どこまでが、正当な要求なのか素人で分かりかねまして、みなさまにご相談した次第です。どうぞよろしくお願いします!

  • 外壁通気工法と壁内(内部)結露の関係を教えてください。

    外壁通気工法と壁内(内部)結露の関係を教えてください。 新築のため工務店と話を進めているのですが、そこは外壁通気工法を採用しています。壁内結露を防止するためだそうです。外壁材下側の水切り部から空気を入れて、断熱材と外壁の間に設けたすきまを通し、更に屋根裏から通気口に抜けます。これにより壁内結露が防げるとのことでした。 そんなものかと一度は納得したのですが、書籍やインターネットを見ていると「外壁上下(1階壁と、床下や天井や2階との間など)は気流止めすることで内部結露を防ぐ」との意見がありました。これって、外壁通気工法とは逆のことを言っているように思えます。 どっちが正しいのか私には解らなくなってしまいました。そもそも、外壁通気工法で内部結露は防げるのかなど、どなたか教えていただけないでしょうか?

  • 防湿シートについて教えてください

    現在住宅をリフォーム中です。今回改築にあたり蓄熱暖房機を導入する予定ですが、高気密高断熱仕様するにあたり防湿シートを断熱材に張り合わせますが、防湿シートを張ることでシックハウスや結露の発生が心配ですが防湿シートをはらずに蓄熱暖房機をいれて十分効果があるのでしょうか。ちなみに私の地区は次世代基準でいうところのII地区にあたります。宜しくお願いします。

  • 断熱材の室内側の防湿気密シートの必要性について

    工務店に依頼して新築の家を計画中です。次世代省エネ基準を満たす仕様でお願いしています。壁について工務店側の仕様案は高性能グラスウール16k(防湿シート付きでないもの)90mmですが、断熱材の室内側に防湿気密シートの計画はありません(室内側から珪藻土→石膏ボード→グラスウール→構造用面材ハイベストウッド→防水シート→通気胴縁です)。また屋根断熱ですが、屋根についても同様に防湿シートがありません。  防湿シートなしで内部結露がおこらないか心配です。その点にについて工務店側に問い合わせたところ、 (1)冬は室内側はむしろ乾燥しているから、湿気はそれほどでない(ちなみに暖房はFFストーブの予定)。 (2)IV地域なので冬季でもそれほど外気温が下がらない。  以上の理由で内部結露の心配はないから防湿気密シートは必要ないとの説明がありました。この説明の通りなのか、やはりシートの施工を求めた方がいいのか教えていただけませんか。

  • 床の断熱材の施工について

    現在、在来木軸にて新築中です。 1Fの床組および断熱材施工(パーフェクトバリアのボードタイプ40mm) ならびにコンパネの貼り付けが終わったとの連絡を受け、現場を見に行ったところ、 以下の状況でした。  ・根太と断熱材の間にところどころ隙間があり。  ・断熱材が垂れてきており、床コンパネと断熱材の間に隙間あり つまり断熱材の横方向にも上方向にも隙間がある状況です。 現場監督にコンパネを外して断熱材を入れなおすようにクレームを言ったところ、 床下にもぐって問題のあるところは修正するとのことでしたが、そのようなやり方で 大丈夫でしょうか? また、修正後に再度チェックする場合、どこを見れば良いか教えて頂けませんでしょうか。 尚、根太は角材でなく、桧の半割材を使っているため、根太の側面は真っ直ぐではなく、 パーフェクトバリアでは無理なような気もしています。 宜しく教えて頂きたく御願いします。