• ベストアンサー
  • 困ってます

気流止め~柱は呼吸できるの?

現在新築中の者です。 九州地方/木造軸組/外壁通気/内壁断熱/袋入りロックウール55mm/モルタル 依頼しているHMは断熱材を丁寧に充填してくれないため、(現場監督に要求しても大工さんが言うことを聞いてくれない!)大工さんが作業を終えた後に夜な夜な自分たちで断熱材の手直し・床の気流止めをしています。 床と壁の取り合い部は発泡ウレタンやロックウールを切ったものなどで気流止めをしました。 天井部の気流止めは引き渡し後に屋根裏へ入ってするつもりです。 と、ここにきて疑問に思うことがでてきました。 1.外壁(外壁通気層)に面する壁。 2.断熱材が入っていない間仕切り壁。 3.断熱材が入っている間仕切り壁。(ユニットバスと脱衣所が断熱材で囲われています。) 以上3種類の壁があるのですが、全て同じ方法で上下気流止めを施していいものか・・ 特に 2と3に関しては柱が呼吸できるのだろうか、更に3については袋入りロックウールが結露しないだろうか・・と心配になってきました。 連日の作業もあり、頭がパンクしそうです~~ 皆さんのアドバイス、どうか宜しくお願いいたします。。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数2514
  • ありがとう数20

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

こんにちは。 先ず,すごい大工さんですね。断熱材は隙間なく入れるものです。たぶんHMの施工マニュアルにも書いていると思います。 決して,施主側が手直しする必要はありませんよ。大工さんに手直しさせて下さい。もしそれがダメなら,HMに言って大工さんを変更させてもらってください。 たぶん,そのようないいかげんな施工をする大工さんなので,他の施工もいいかげんだと思いますよ。 ご質問内容ですが… 柱は別に呼吸しなくたって,十分何十年何百年も持ちます。 木の天敵は湿度です。湿度が高くなり70%を超えると急速に腐敗菌が増殖して木を腐らせます。したがって,その湿気を抑えることが肝心です。呼吸できないから腐るのではありません。 また,基本的には断熱材は結露しません。窓などの熱伝導率が高い部分については,結露しますが…。 以上のような理由で1.2.3.全てに気流止めを施工して下さい。 冬場にランニングコストの差がでてきます。 これからですね。 いい家を造ってくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答、有り難うございます。 ほっと胸を撫で下ろしました。 在来工法なので、柱間はいろいろなサイズの隙間ができるのですが、このHMは袋入りロックウールの1サイズ(425)のみ使う予定だったのです。明らかにおかしいと思ったので、470サイズも使うように指示した次第です。。 きっと他のお宅は425サイズのみで隙間だらけで充填されているのでしょう。袋入りだから、ぱっと見は充填されているようにみえるだけで、肝心の中身の断熱材はスカスカ。。といった具合に。 壁に折り曲げてタッカー止めしているところもあって、「これでは外壁通気を塞いでしまうじゃない!」と全部取り去って自分で丁度いいサイズに切って、薄めの気密シートで覆い、タッカー止めしました。 昨日で、壁は全面完了しました!(夜中の1時まで・・) 知人の紹介・地元ではビックネームということもあり、信頼していたのですが、甘かった。。 mineokachanさんの最後の一言「これからですね。いい家を造ってくださいね」 のやさしいお言葉、とっても嬉しかったです。疲れも吹き飛びました!本当に有り難うございます。。

関連するQ&A

  • 気流止め、防湿シートなどについて

    過去の質問を見たりしたのですが、いまいち分からないことがあります。 もうすぐ在来工法(筋交い有、構造用合板なし)で着工します。良く、気流止めはしっかりしてください、とありますが、床は根太がないやり方なので気流止めにはなっています。が、天井?屋根部分はどうも気流止めはされていないようです。壁の断熱材(パーフェクトバリア耳付き)と天井の断熱材(同じもの)が続いており、そのまま屋根の下から軒部分へと空気が流れるようになっています。気流止めは、上下止めるものだと思っていたのですが、こういう構造は普通なのでしょうか?これとは別に、外壁と透湿防水シートの間に通気層はあります。 それから、室内側には防湿シートがありません。工務店に聞くと、「うちでは、つけた事がありません」との事。「施工が難しい」とも言っていました。いろいろ検索してみたところ、ないとまずい、という事が書かれていましたが、なくても良いという場合はあるのでしょうか? パーフェクトバリアは、透湿性が高く、そのまま通気層へ逃がしてしまえば問題ない(壁内結露しない)のかな、と素人的に考えているので、なくても良いのかな?と思うのですが・・・ 施工経験がないところでお願いするより無い方がいいのかなとも。 それとも、絶対にないとまずいのかしら。壁内結露は避けたいです。 気流止め、通気層、防湿層など・・・素人にとって、考えれば考える程訳が分からなくなっています・・・ どなたか、簡単に教えていただけたらありがたいです。

  • 断熱材の入れ方他

    断熱などについて何度かこちらで回答をいただき、大変参考になりました。サッシをアルミ樹脂にしたり、屋根通気層を作って棟換気をつけてもらいました。また新たに疑問ができましたので教えていただければと思います。 外壁の断熱材を高性能GW16k 50mm(耳つき、裏面防湿)にし、外壁下部と床の境目は乾燥木材で気流止めをしてくださいます。 1:外壁の断熱材上部は、桁?(名前がわかりません、横渡しの材木)まで張り上げて、断熱材の上は材木でふさがるので気流止めはしなくて大丈夫と説明を受けました。間仕切り壁は上下に気流止めをするとのことです。外壁上部は不要ですか?小屋裏収納があり屋根断熱です。 2:断熱材がのる材木の寸法が120mmで、断熱材が50mmなので、透湿シートとの間にかなりすき間ができます。外壁→通気層(胴縁?)→透湿シート→すき間→断熱材となりそうです。これは大丈夫ですか? (120mmぴったりのサイズのGWはないので、仮に断熱材をふやしてもすきまはできますとのことです) 3:外壁はパワーボードの予定ですが、調べると外壁材がALCの場合は通気層をとらないとか、透湿防水シートをはらないと書いてあるサイトも見かけました。そうした場合、長年の間にもし塗装にキズが生じて水が入ってきたら、止める部分がないので困るのではと思うのですが…今の工務店さんは、通気層や透湿シートを利用する考えのようです。それで不都合はないですか? 頑張って勉強していますが知識に乏しいため、おかしな事を書いているかもしれません。どうかよろしくお願い致します。

  • 気流止め

    私の家は軽量鉄骨プレハブ住宅です。スイッチ、コンセントから風が出ます。高気密、高断熱住宅だったので、驚きました。 HMに聞くと、気流止めは無いが、断熱材の回りの木枠の下桟「32mm」がその役目をしているといわれました。 気流止めは木造住宅に使われる言葉で、鉄骨系住宅には使われないのですか? 石膏ボードを止める木枠の下桟が気流止めをしてくれるのでしょうか? 教えてください。お願いします。高断熱、高気密住宅のタイトルでも質問しています。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

はじめまして! 気流止めも大事ですが、気密シートの施工は大丈夫ですか? これだけやられているとご存知と思いますが断熱の極意は断熱材、気密シート共にとにかく欠損部を作らない、です。せっかく気流止めしても壁から湿気が入ってしまっては壁内結露が起きます。 私も一般人で近々建て替え予定ですが、断熱材の施工は自分で行おうと思っています。貴方様の質問を拝見しまして、その思いが一段と強くなりました!(笑) 残念ですが、温暖地の場合、きちんと断熱施工されていない方が多いと聞きます。大工さんが言うことを聞かないって笑うに笑えないですね・・・・ きっと苦労は報われると思いますのでがんばってくださいね!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事が遅れて申し訳ありません。。 袋入りロックウールを柱内に充填のため、気密層(防湿層)は連続していません。。大工さんがプラスターボードを打ち付けるのにこれでないとダメ、と言われました。 HM、大工さん共に断熱材施工についてはプロとは言えない感じです。 今日、ショールームに壁紙を選びに行ったのですが、クロス表面に「汚れ防止フィルム」されているものがありました。普通のクロスより少しは防湿効果あるかな~なんて素人考えで選んできました。 家が完成したら、こまめに床下・屋根裏を自分で点検するようにしたいと思っています。 toraoyajiさん、断熱材はり、がんばってくださいね!!

  • 回答No.6

>こちらはこれからの課題です。。 基礎高さはどの程度でしょうか。 450mm程度だとユニットバスの床と基礎面との間はほとんどないので、今からでは多分下はどうにもならないと思います。 まあ、その空間だけは断熱が不十分となりますけど致し方ないですね。 逆にその空間は他の断熱空間とは遮断して気密保持してください。結露防止です。 (とはいえ、バスが入った後にそれをやるのも結構至難の業ですが)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

度々回答いただき、有り難うございます。 UBもそうですが、玄関もですよね? 玄関の基礎パッキン部分に発泡ウレタン充填すればOKなのでしょうか? 宜しくお願いいたします。。

  • 回答No.4

No.2です。 下記もご参照ください。 http://plaza.rakuten.co.jp/kitam/diary/200801260000/ http://www.bio07.jp/article/13202727.html http://www.glass-fiber.net/manual/sekou3.htm http://www.osiete-reform.com/clm/clm_653.html http://iehint.blog.drecom.jp/archive/18 http://blog.smatch.jp/dannetu/archive/9 九州でも冬は0~5℃くらいと日本の冬はどこでもかなり冷えます。 九州だからといって気流止めは不要とはなりませんので、しっかり行ってください。 柱の呼吸は不要です。湿気を壁に入れないことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

度々、有り難うございます!! 気流止めについていろいろと調べてはいたのですが、はじめて見るHPもあり、大変参考になりました。 夜な夜な気流止め施工しにいった甲斐があります!

  • 回答No.3

>以上3種類の壁があるのですが、全て同じ方法で上下気流止めを施していいものか・・いいですよ。 >特に 2と3に関しては柱が呼吸できるのだろうか 柱の呼吸ってなんでしょうか。何故必要だとお考えなのでしょう。 別に柱に呼吸させる必要性などありませんよ。 >更に3については袋入りロックウールが結露しないだろうか どういう理由で結露するとお考えなのかがよくわかりませんが、、、ユニットバスならばバスの外に湿気が逃げることはありません。 それより、バスの床下はどうなっているんでしょう。。。。 バスの場合床断熱が難しいので、、、、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答、大変感謝いたします。 NO.5の方の回答で、木は呼吸する必要がないことがわかり、安心しました。 >バスの場合床断熱が難しいので そうなんです、これはUBが入る前に基礎に断熱と基礎パッキンに発泡ウレタンを充填して外気を遮断するべきでしたが時既に遅し。。 床下や小屋裏に入ってできる限りのことはしようとは思っていますが。。こちらはこれからの課題です。。

  • 回答No.2

気流止めすべきです。 空気を流れ冷気が床下から入ってくると、結露の元となるでしょう。 下記をご参照ください。 http://www.iesu.co.jp/data/serialize_q_a/sh_8.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のお返事、大変感謝します! no.1の方のレスでアタフタしましたが、安心しました。。ホッ。

  • 回答No.1
noname#60564

はじめまして、 木造ですね、土台、柱、梁などが木でしたら、本当の大工さんなら、通気、を考え、木が湿気で、蒸れたり、おもれたり(湿気が無く木がボロボロ、サクサクになる事)しないように、施工しますが、貴方の家は、何を求めているのでしょう、 電子レンジ+冷蔵庫+潜水艦ノヨウナ、高気密+高断熱+冷暖房完備=目指す家なら、木造軸組みは? 国土交通省はHMに何を指導しているのでしょう。答えに為らなくすみません。九州なら夏は暑く、台風が多いでしょうに、気流止めして、何か弊害は無いのでしょうか、HMに質問して、文章で回答をもらいましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のお返事、有り難うございます。 ドキッとしましたが、新在来工法を信じることにします・・

関連するQ&A

  • 木造(枠組壁構造)の断熱材の厚さについて

    今気になっている新築一戸建分譲があります。工法は木造(枠組壁構造)です。 その建物の断熱材の厚さなのですが・・・。 ・屋根        住宅用ロックウール75mm ・壁         住宅用ロックウール55mm ・外壁に接する床   住宅用ロックウール55mm ・その他の床     押出法ポリスチレンフォーム1種30mm となっています。断熱材の厚さが薄い気がして心配なのですが・・・。どうなのでしょうか? 窓も部屋のに複層ガラスで廊下などは普通のガラスらしいのです。このような家だど、断熱効果はどうなのでしょうか?

  • 気流止めについて

    築三年の木造軸組で基礎パッキン工法の家に住んでいます。 最近、気流止めがされてない家は寒いと聞いてうちも調べたところ、我が家はネタレス工法のようで一応気流止めはされているようなのですが、コンセント部や電気スイッチ部に手をかざすとわずかに冷たい空気が入ってきているのがわかりました。 これは気流止めが不十分ということなのでしょうか。それともこんなものなのでしょうか。 来冬の寒さ対策のためにGWを利用して今入ってる床断熱(高性能グラスウール)に重ねてグラスウールを足そうと計画中です。どうせ床下に潜るので、もし気流止めの策があるのであればそれも同時にやろうとおもいます。 お知恵を貸してください。

  • 断熱材と壁体面との空気層

    大工さんのアルバイトで、ロックウールの断熱材を壁に充填しました。75ミリです。外壁に面する間柱の間に敷き詰めていくわけですが、断熱材を室内側のボード面に密着するように充填して、外壁と断熱材との間に空気層をつくるように指示されました。 これは何故でしょうか?室内側に空気層を設けるのと、室外側に空気層を設けるのとの違いはあるのでしょうか? 又、断熱材はロックウールだったのですが、グラスウールとの違いは何かあるのでしょうか?

  • 通気工法での疑問? 室内湿気は何処に?

    我家は外壁サイディングの内断熱で、外壁通気工法もされています。 断熱材は壁・床・天井全てスタイロフォームです。 そこで質問なのですが、外壁通気工法の利点として、室内の湿気を通気層を通じて排出すると聞いたのですが、我家のようにスタイロフォームの断熱材だと、室内の湿気が断熱材を透過して通気層まで逃げないのと思います。問題ないのでしょうか? 溜まった湿気が断熱材の内側に滞留するのではないかと心配しています。 よろしくお願いします。

  • 木造の外壁を外張り断熱にするとき、充填断熱時に断熱材を敷き詰める柱間に

    木造の外壁を外張り断熱にするとき、充填断熱時に断熱材を敷き詰める柱間にも断熱材を敷き詰めればより断熱ができるのではないのですか? また胴縁を使って通気層を設けますが、柱間を通気層にして胴縁を使用しない方が壁厚も減っていいと思うのですが、なぜこうしないのですか?

  • 断熱リフォーム気流止めについて

    建築会社勤務です。 木造住宅の断熱リフォーム時の気流止めについて教えて下さい。 在来工法だと壁の上下に気流止めを設けないと壁の中に床下からの気流が入って来て家が暖まりにくいと言います。 普通間柱は縦に1.5尺間隔で入っていますが古い家だと縦ではなく横に、柱と柱の間に1.5尺間隔で入ってるところがあります。この場合だと柱と柱の間を間柱が密封していて床下からの気流が発生したり、又は熱が天井裏に逃げることは無いように思えます(ただし床下からの1.5尺と天井からの1.5尺は床下又は天井裏と繋がっていますが)このような場合でも気流止めが必要なのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 切り妻天井裏の断熱材のはりかた

    いつもお世話になっております。 現在マイホーム新築中の者です。 九州地方/木造軸組(在来工法)/切り妻/外壁通気/袋入りロックウール55mm/モルタル 壁内は室内側から PB→断熱材→透湿防水シート→1.5mm通気胴縁(縦張り)→バ板(横張り)→アスファルトフェルト防水シート→ラス→モルタル です。。 壁内結露しない家を目指しています。 前置きが長くなりましたが、天井裏の妻側(三角の面)の断熱材の貼り方に疑問があります。 妻面には軒天換気はないため、通気層の空気は屋根裏換気を頼ることになります。 三角面の頂点部分のみ断熱材を切っており、他の辺は断熱材が上まできっちり入れられています。現場監督さんによると、この頂点部分から空気が屋根裏に流れてくるので問題は無い、とのこと。 切り面(四角の壁面)の通気は、軒天換気と屋根裏換気に空気の流れがある。辺全体で。 でも妻面(三角の壁面)の通気は、なんとも頼りない三角面の頂点のみからの小屋裏への通気のみ。。たまたま強風の日に小屋裏へ上がって、ここに手をかざしてみましたが、弱々しい通風でした。。 これって、どうなんでしょうか?? 素人考えでは、天井裏の妻面の壁と屋根の取り合い部(妻面 三角の2辺)の断熱材は上まで充填せずに、2辺全体から小屋裏へ通気させた方が良いのでは?と思いました。 そこで現場監督さんに聞いてみたところ、「あなたがしたいのなら、2辺全体の断熱材の上部を切って、通風させましょうか~?」との呑気なお返事。 なんとも頼りない現場監督さんで。。 外壁通気工法で切り妻のお家の方、天井裏の壁の断熱材はどうなっていますか? また、どのようにするのがメジャーな方法なのでしょうか?? それと、断熱材上部を切るとして、切りっぱなしで外壁通気の通風にさらされていても、ロックウールは問題ないのでしょうか? 質問が多すぎて大変恐縮ですが、宜しくお願いいたします。。

  • 断熱について

    木造在来工法で家を建てるのですが、断熱について教えて下さい。 (1)プラン内の断熱方法は「外壁通気工法」(断熱材はロックウール)ですが、寒いのが苦手だと相談した所、吹付けの断熱材を勧められたのですが、それは、工法は同じで、材料がロックウールから吹きつけ材に変わるということなのでしょうか?その場合、断熱効果はかなり違うのでしょうか?教えて下さい。(ちなみに吹き付けの材料はなにかはっきり分かりません)硬質ウレタン?とかなのかなと思ってます。 (2)外壁通気工法で、防水シートと断熱材の間に、構造用合板があるのとないのでは、どういう違いがあるのでしょうか?メーカーによって、板を入れたり入れなかったりするのは、なぜなのでしょうか? 基礎知識が乏しいので、変な質問になっているかもしれませんが、よろしくお願いします。

  • 断熱材アイシネンでの施工と壁内結露

    現在、住宅の新築を検討しております そこで断熱材について教えてください 依頼予定の工務店では、自然素材にこだわっており、 内壁は白州壁、外壁は白州そとん壁といずれも通気性があります そして断熱材は、アイシネンの吹きつけ(60ミリ)を断熱材として採用しております (いわゆる高気密高断熱) しかしながら、 ア)アイシネン吹きつけ厚さ60ミリは、   断熱材として十分な厚みですか? イ)アイシネンの外側に構造用合板を使用してもOKですか? ウ)断熱材の外側に「通気層」がないのですが・・・?? このような壁内ですが、一番心配な壁内結露の危険性はないのでしょうか? また透湿性の低い構造用合板ではなく、モイスにしてほしいのですが「単価が相当違いますよ」といわれています そんなに単価が違いますか? 総2階40坪の外壁に使用するとして、どれくらい単価が上がりますか? お詳しい方、ご教授よろしくお願いいたします

  • リフォーム時の断熱

    リフォームで床と壁に断熱材を入れたいと大工さんに伝えました。 見積書を見ると床には入っているのですが壁には入っていないようです。 壁のリフォームは、外壁は張替えますが、内壁は出来るだけ壊さずにやる予定です。 耐震補強パネルは色々なところに入れます。 上記内容のリフォームだと断熱材は入れられないのでしょうか? また床だけの断熱でも冬の寒さに効果はあるでしょうか? 外張り断熱は家の耐久性がないと厳しいとネットで知りました。 なので充鎮断熱を想定してアドバイスいただきたいです。 大工さんに聞けば、というのは無しでお願いします。 こちらで知識をいただいてからもちろん大工さんに確認はする予定です。