• 締切済み
  • 困ってます

壁クロスと壁内結露に関して

壁内結露に関する質問です。 木造軸組みとして、多分一般的な壁構造で、 ・外壁(断熱ガルバ・通気層) ・透湿防水シート ・合版 ・断熱材(防湿シート) ・石膏ボード ・クロス となるらしいのですが、この場合、室内クロスにビニールクロス(ほぼ透湿性なし)を使った場合と紙クロス、あるいは塗装(透湿性あり)を使った場合のそれぞれの利点/欠点(問題点)を教えてください。 基本的な結露の原理に関しては承知していますので、その部分の説明は不要です。 #できれば実体験に基づく回答を期待しています。 例えば、ビニールクロスであれば室内側の水蒸気は石膏ボードに移行しないが、逆に何らかの理由で石膏ボード側に侵入した水蒸気の抜け道はどうなるのだろうか?とか、(断熱に抜けが無ければ問題ないですが)紙クロスの場合、水蒸気は石膏ボードまで到達しますが、その外側で結露の可能性が有りそう…などと考えてしまいます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2258
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.4

こんにちは 塗装業やってますが除湿浸透塗料なんて使いますが あんまり変らないですねえ(材料は高い割りに無意味でした、、) 結露は室内の湿度と外気と室内の温度差で起きますが 窓がビショビショになるほど濡れる場合も普通に良くあります テレビで違法建築?問題とかで窓から結露して腐った話なんて良くありますが何故窓開けないのですかね?乾燥させないのでしょうか? 最近のサッシはペアガラスなので減ってきましたが 玄関のドアの内側などはビショビショです、、 炊飯器の蒸気や、ストーブにやかん、風呂にお湯出し、これを 1つだけやっても窓が濡れます クロスで水を吸収?そんな話は聞いた事はありません 洗面所などのクロスは水を弾くようになってますしね (洗面所用のクロスになってます) 今の住宅は機密性が高いので人間の息だけで結露します それから和室が減ったのも(土壁)大きな原因であると思います 塗装は水を弾くためにあるといってもいいですし 質問者さんの質問にあるたとえば外壁に雨漏りで水が入りますよね 防水シートの間に入った水は抜けません 水の量が少ないので毛細管現象でくっついてます 何時までも何年もビシャビシャでした、、 同じく断熱材に入った水も抜けませんでした、、、、 はっきり言って花粉症でもなければ 2,3センチで良いので昼間は窓開けたほうが良いいです (泥棒にご注意を) お風呂場は皆が出てからお湯抜くか蓋をして窓開けたほうが良いくらいです カビませんしね 個人的には和室は古臭いのでパスですが コンクリート打ちっぱなしで家建てて 外壁側だけ塗装して内側は無塗装で湿度を吸い取ってもらって 晴れた日には窓開けて乾燥してもらうのが良いかもしれませんね (でも冬は寒いです冷たいです)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 窓の結露や壁(室内側)は拭いたり、風をあてれば解決するので良いので、単純に壁内結露について気にしています。石膏ボードにビニールクロス(ほぼ 透湿性なし)を張った場合と紙(透湿性あり)を張った場合にどの程度差が有るのか(あるいは殆んど無いのか)が知りたいのです。で、実際にリフォームや解体でそれを見たことがある方がいれば参考にしたいと考えていました。 究極は昔の家のように断熱材無し(=内外温度差が低い)、隙間風有り(=内外湿度差も少ない)、土壁(室内の調湿)で、人間が断熱(衣服で調節)、あるいはこたつや囲炉裏のような局所暖房器具のそばで生活すれば家には良いし省エネとは思いますが、今の時代、「断熱材なしでお願いします」というのも…。

関連するQ&A

  • 気密と壁内結露について教えてください。

    いつもお世話になってます。 新築で上棟したところです。今更ながら教えてください。 木造在来工法で、ピコイという会社のパネルをプラスしています。 普通、内断熱の壁の構造は、内壁→気密シート→断熱材→空気層→透湿防水シート→外壁サイディングでいいんですよね? でも、気密シートや断熱材が安定的に確実な施工をするのは難しく、不十分だと壁内結露がおきるんですよね? それは避けたかったために、パネル工法をプラスしたのですが、施工例とある図を良く見ると、 内壁→空間→ウレタンフォーム系断熱材→構造用パネル→透湿防水シート→空気層→外壁サイディングの順なのです。 構造用パネルに断熱材がくっついていて、柱の間に外側から貼り付けるような感じです。柱ほどの厚みの断熱材でないので、内壁から断熱材まで空間ができるのです。(イメージがつくでしょうか?) 建築する業者の人は、外側で気密をとっているといいます。外側から気密パッキンとか気密テープを貼っていました。 が、そもそも、室内と壁内の温度差が室内結露をうみ、内壁の隙間から壁の中に湿気が入り、壁内結露になるんですよね? で、あれば、断熱材が内壁に接しておらず、内壁と断熱材の空間に壁内結露おきませんか? 外側で気密をとっていても、内壁からの隙間が問題に思えるんですけど・・・。 よくわかっていないので、質問の意味がわからないかもしれませんが、汲み取りいただき、教えていただけませんか?

  • 壁内結露

    いつもお世話になっております。 現在2×4の外壁断熱工法で戸建てを建築中です。 壁内が空洞なのですが、この場合壁内結露は起こさないでしょうか? 外壁断熱工法と言っていますが、基礎を断熱していないので完全な形と言えないのでは と疑問に感じております。 ちなみに1F床下にはスタイロフォーム60mmが敷き詰めてありますが、基礎の立ち上がり 部分の天面は10mmほどの通気ゴムパッキンが入っているだけで断熱材は無く、土台の 木材が乗っているだけで、この部分が断熱欠損になり壁内に冷たい空気が流れるのでは ないでしょうか。 以下に壁の構造を書きます。 外から・・・ ジョリパッ ト → 下地材「ラスモルII」 → 通気層 → 透湿防水シート →  ネオマフォーム35mm → 構造用合板 → 間柱 → 石膏ボード →壁紙 断熱材はいい物だと認識してますが、壁内の下面の断熱欠損で壁内が結露しないか 心配しております。 お分かりになる方いらっしゃいましたら宜しくお願いします。

  • ペーパーバリア不完全の場合

    はじめましてです。宜しくお願いいたします。 現在新築中の者です。内装材について質問です。 福岡地区 木造軸組 外壁通気工法 モルタル 断熱材は袋入り耳付ロックウール 室内側はプラスターボード です 断熱材は柱内にタッカー止めするため、防湿層(ペーパーバリア)は不完全な状態です。 このような場合、壁内結露をさけるためには、プラスターボードに施す内装材は透湿性の低いもの(ビニールクロス)にした方が良いのでしょうか?ビニールクロスは見た目が嫌いなのですが。。。 ちなみにリビングはタナクリーム(生石灰クリーム)を施工、その他の場所はクロス張りの予定です。 考え過ぎでしょうか?どうぞ、みなさん突っ込んでやってください!! お願いします!

  • 回答No.3

>例えば、ビニールクロスであれば室内側の水蒸気は石膏ボードに移行しないが、逆に何らかの理由で石膏ボード側に侵入した水蒸気の抜け道はどうなるのだろうか? 断熱材の種類がわかりませんが、 高・高でないのであれば気密性がないので 壁内に入った水蒸気は天井に抜けるのでは ないですか? 合板は透湿抵抗が割と高いですが、地域によっては 問題ありません。当方はIV地域ですが合板使用で 特に問題はでていません。 >紙クロスの場合、水蒸気は石膏ボードまで到達しますが、その外側で結露の可能性が有りそう…などと考えてしまいます。 これはどの部分のことを仰っているのですか? 石膏ボードと防湿シートの間ですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

#1です。 高気密高断熱以外ではエコクロスが良いと言っても、それは程度の問題で、 エコクロスなら問題が解決すると言う程のものでは無いことを、 まずは補足してから、ご質問の回答に移ります。 湿気は水蒸気の状態では、隙間があると、 そこから水蒸気量が平衡状態になるように拡散していきます。 (結露の原理なので、おわかりだと思いますが、湿度が平衡ではありません。) しかし、一端結露して水滴になってしまった湿気を除去するには、 一定以上の風速と、それなりの空気の流量が必要です。 充填断熱の場合は、壁の中に出来た結露は、グラスウールなどの抵抗値が大きいため、 効率良く排出されず、年を追う毎に溜まっていき、 徐々に構造躯体を腐らせる原因になります。 これが壁体内結露は作るのは簡単だけど、取り除くのが難しい原理です。 この結露の原理を考えると、簡単に想像できると思いますが、、 透湿クロスで壁の透湿性を上げて、外壁を所々隙間だらけにして、 第三種換気システムで吸い出せば、少しは除湿の効果はあると思います。 しかし、程度の問題で、断熱材が抵抗になって、湿気は壁の中に溜まっていきます。 更に、壁を所々隙間だらけにしてしまうと、 断熱材はあっても無くても効果は一緒というような程度の断熱効果になるので、 冬場はとんでもなく寒い家になります。 現実的な条件を考えるとC値が5から7くらいの家では、 室内を僅かに負圧にしても、湿気は出にくい状態はあまり変わりません。 そして、暖房効率を極端に落とします。 ただ、気をつけて欲しいのは、 今でも結露の原理を正しく理解しないで建てられている家には、 この状態に近い住宅が、もの凄く沢山あります。 闇雲に断熱材を増やしても、ある程度の気密性が保てないと暖房効率は上がらず、 結露を起こしやすく寿命の短い家になってします。 家を建てる際には、ご注意下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

まさに > しかし、一端結露して水滴になってしまった湿気を除去するには、 これを気にしています。 通常の(と言っても範囲が広いですが)生活をしていて、 1.石膏ボードを通過した水蒸気がグラスウール内(手前側は防湿シートになっているのに?)に侵入して結露することがあるのかどうか(グラスウール内の結露は最悪な状態と認識しています) 2.防湿シートと石膏ボードのすき間に流入した冷気によってここで結露が発生するのが問題 コンセントなどから侵入した水蒸気が,たとえ2の場所で結露しても石膏ボードに吸い上げられ透湿クロスを通してわずかづつでも室内に蒸散(室内の水蒸気圧が下がった時に)されるのであればビニールクロスでない方が良さそうですし。 #ビニールクロスにしてしまうと内部結露(2の場所限定)の解消に支障をきたしそうな気がします。 #夏場に外壁側の透湿防水シートからグラスウールに侵入した高湿度な空気が極端に冷房の効いた部屋の内壁に冷やされてグラスウール内結露も有るかも知れませんが、そこまでは…。 ずばり(高高ではない)一般住宅での壁内結露に関してはどちらがお薦めなんでしょうか? 「適切な施行であればどちらでも大差ない」のであればビニールクロスとは決別できます。

  • 回答No.1

家のコンセプトによって違います。 高気密高断熱の場合は、石膏ボードと断熱材の間に気密シートを入れます。 この場合は、湿気が壁の中に入らないように、 断熱材から内側を全て包み込むように気密を取ります。 そして、湿気は全て24時間換気で排出します。 気密が悪いと、計画換気が上手く働かず、壁の中に湿気がどんどん入り、家が腐る原因になります。 そのため、高気密高断熱型の住宅では、出来るだけ高い湿気に対する気密性を確保するため、 透湿抵抗の高いビニールクロスを使って、壁の中に入る湿気を少しでも抑えた方が良いです。 ただ、高気密高断熱を意識していない漠然と部材を組み立てて作った家では、 コンセントなどの隙間から湿気はじゃじゃ漏れなので、計画換気が機能せず、 湿気は24時間換気だけでは効率良く排出することは出来ません。 なので、その場合は、少しでも調湿効果があるクロスや部材の方が、 全体の調湿を考えると、結露対策には若干有効です。 また、SCやWBなどの冬場は家全体の建材の調湿作用を利用して湿気を抑え、 夏場は基礎付近の冷たい空気を壁体内に通気させて、家を冷やすと共に、 冬場に溜まった建材の湿気を乾燥させる工法もあります。 この工法の場合は、湿気の観点から、壁体内の通気層と室内は一体なので、 透湿クロスや調湿性のある部材を積極的に使います。 長所短所と言うよりも、工法により使い分けするものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 高気密・高断熱ではない住宅を計画中です。 > 透湿抵抗の高いビニールクロスを使って、壁の中に入る湿気を少しでも抑えた方が良いです。 もともと非ビニールクロスを考えていたのですが、上記に類する文章をWEB上でも見かけるので、「どうしたものか?」となってしまいました。 > 長所短所と言うよりも、工法により使い分けするものです。 という事は ・高気密・高断熱住宅は「ビニールクロス」 ・(上記以外の)住宅は「透湿性のあるクロス(内壁)」 が良い(一般的、向いている)という事ですね。 > コンセントなどの隙間から湿気はじゃじゃ漏れなので、 この場合、これを逆手に取って換気(排気)扇などで室内を負圧にすれば、壁内の水蒸気もここから(室内を経由して)吸い出し可能という事ですか。(一般解ではなく、あくまでも極端な例)

関連するQ&A

  • 断熱材アイシネンでの施工と壁内結露

    現在、住宅の新築を検討しております そこで断熱材について教えてください 依頼予定の工務店では、自然素材にこだわっており、 内壁は白州壁、外壁は白州そとん壁といずれも通気性があります そして断熱材は、アイシネンの吹きつけ(60ミリ)を断熱材として採用しております (いわゆる高気密高断熱) しかしながら、 ア)アイシネン吹きつけ厚さ60ミリは、   断熱材として十分な厚みですか? イ)アイシネンの外側に構造用合板を使用してもOKですか? ウ)断熱材の外側に「通気層」がないのですが・・・?? このような壁内ですが、一番心配な壁内結露の危険性はないのでしょうか? また透湿性の低い構造用合板ではなく、モイスにしてほしいのですが「単価が相当違いますよ」といわれています そんなに単価が違いますか? 総2階40坪の外壁に使用するとして、どれくらい単価が上がりますか? お詳しい方、ご教授よろしくお願いいたします

  • グラスウールの施工方法

    マイホームを新築し1年程経ちます。当時断熱の施工方法についてあまり詳しくなかった事もあり、最近ネットで断熱についての記載を見て気になる事があります。 我が家の断熱は外から16mmサイディング、透湿防水シート、グラスウール(アクリア16Kg100mm)、石膏ボード12mm、ビニールクロスとなっています。 そうです石膏ボードの内側に防湿シートが貼られていませんでした。しかも施工当時の写真を見ると、グラスウールの防湿シートは耳を柱の内側で止めてあり、防湿シートの連続性がありませんでした。やはり内部結露が心配ですがどう思われますでしょうか?グラスウール自体は袋に入っている為大丈夫なのでしょうか?もしくはビニールクロスはビニールなので湿気を通さない? 一応外観に通気層がある為、室内から入った湿気は通気層から逃げてくれればいいのですが…。 最悪やり直しをお願いする事は可能なのでしょうか? 断熱性能より結露が心配です。宜しくお願い致します。

  • 木造の建物を建築予定です。左官壁の特長を最大限に活かし、壁内部結露を防

    木造の建物を建築予定です。左官壁の特長を最大限に活かし、壁内部結露を防いで木材腐朽菌を発生させないためには、どのような壁の構造にするのがよいのでしょうか? もうすぐ着工する予定ですが、壁の構造について不安な点があり、建築にお詳しい方、アドバイスを頂けないでしょうか。 今回建築するのは木造の建物で、壁は、私の希望により、外壁は西洋漆喰、内壁はシラス壁の予定になっています。 左官壁を希望した理由は、壁内部結露による木材腐朽を防ぐため(真壁ではなく大壁なので、柱は壁の中に隠れてしまいます)、化学物質過敏症への対策、メンテナンスが少なくて済む…等です。 現時点で不安に思っているのは、壁の構造です。壁内部結露による木材腐朽を防ぐための対策は、設計士さんや建築会社さんによって意見が様々で、インターネットで調べてみても、充填断熱や外張り断熱のそれぞれに相反する意見が存在しますし、通気層や気流止めについても色々な意見があります。また、ベーパーバリア(防湿層)についても相反する意見が存在します。 今回の設計では、外張り断熱になっており、断熱材はポリスチレンフォーム、西洋漆喰の下地は木造用不燃サイディングとなっています。そこで疑問が湧いてくるのですが、それは、 ●せっかく吸放湿性のある左官壁にするのに、透湿性のないと思われるポリスチレンフォームを断熱材に使ってしまったのでは、壁内部結露による木材腐朽を防ぐという点で、意味がなくなるのでは?(しっかりと隙間のない外張り断熱材の施工により、結露発生は構造材の外側でしか起こらないから大丈夫ということなのでしょうか?) ●外張り断熱の場合、断熱材と外壁材の間に通気層を設ける場合が殆どだと思いますが、これだと西洋漆喰の断熱性の特長を活かせないのでは?(冬に通気層を冷たい空気が通るから) ●外張り断熱の場合、断熱材から外側(断熱材・下地のサイディング・漆喰)の重さをビスで支えることになると思うのですが、重さは大丈夫なのでしょうか? ということです。 吸放湿性のある左官壁の特長を最大限に活かし、壁内部結露を防いで木材腐朽菌を発生させないためには、どのような壁の構造にするのがよいのでしょうか? 素人なりに考えてみたところでは、内壁から外壁までのすべての素材を透湿性のあるもの(断熱材も透湿性のあるもの)にして、通気層は作らず(気流止めをしっかりする)、壁内部に水蒸気が入っても、外壁材・内壁材を通って放出されるようにするのが一番いいのかな???と思うのですが。。。しかし、この場合、壁内部に入る水蒸気の量と、壁外部に放出される水蒸気の量のバランスがとれていないと、結局は結露が発生してしまうことになるような気がします。また、万一雨漏りが発生した場合、通気層がないと危険のような気もします。 色々な建築関係のホームページを見ていると、充填断熱でも外張り断熱でも、断熱材の内側にベーパーバリア(防湿層)を設けるのが不可欠のように書いてあるものが多くあります。壁内部への水蒸気の流入を制限して結露を防ぐということなのだと思いますが、左官壁にする場合は、ベーパーバリア(防湿層)を設けると、左官壁の調湿機能を妨げることになってしまいますよね?それとも、断熱材の内側にベーパーバリア(防湿層)を設けることで、それがしっかりとした施工であれば効果的でしょうか?(この場合、外壁・内壁から壁内部に入った水蒸気は、同じく外壁・内壁それぞれの調湿作用で、また入ってきた側へと放出されるから結露は発生しないと考えてよいのでしょうか?) ちなみに、建築する地は、多雨・多湿・多雪の北陸です。 アドバイス、どうぞ宜しくお願いします。

  • 気流止め、防湿シートなどについて

    過去の質問を見たりしたのですが、いまいち分からないことがあります。 もうすぐ在来工法(筋交い有、構造用合板なし)で着工します。良く、気流止めはしっかりしてください、とありますが、床は根太がないやり方なので気流止めにはなっています。が、天井?屋根部分はどうも気流止めはされていないようです。壁の断熱材(パーフェクトバリア耳付き)と天井の断熱材(同じもの)が続いており、そのまま屋根の下から軒部分へと空気が流れるようになっています。気流止めは、上下止めるものだと思っていたのですが、こういう構造は普通なのでしょうか?これとは別に、外壁と透湿防水シートの間に通気層はあります。 それから、室内側には防湿シートがありません。工務店に聞くと、「うちでは、つけた事がありません」との事。「施工が難しい」とも言っていました。いろいろ検索してみたところ、ないとまずい、という事が書かれていましたが、なくても良いという場合はあるのでしょうか? パーフェクトバリアは、透湿性が高く、そのまま通気層へ逃がしてしまえば問題ない(壁内結露しない)のかな、と素人的に考えているので、なくても良いのかな?と思うのですが・・・ 施工経験がないところでお願いするより無い方がいいのかなとも。 それとも、絶対にないとまずいのかしら。壁内結露は避けたいです。 気流止め、通気層、防湿層など・・・素人にとって、考えれば考える程訳が分からなくなっています・・・ どなたか、簡単に教えていただけたらありがたいです。

  • この構造で結露しない?断熱性は?気密性は??

    IV地域で、木造在来工法、充填断熱で新築中です。 構造が考えていたものと違う事が判り、戸惑っています。 この構造で結露しないか、断熱性、気密性があるかすごく不安です。 (室内側)石膏ボード/ポリスチレンフォーム板40mm/透湿防水シート/外壁ALC37mm 防湿シートも構造用合板も通気層もありません。 如何なものなのでしょうか?

  • 温暖地に壁内防湿シートは必要ないですか?

    家を新築する予定ですが、工務店に温暖地では壁体内結露はほとんどないので、防湿シートは必要ないということですが、これは信じてもよいのでしょうか。壁の仕様は外から、 鋼板+ダイライト+通気層+防水透湿シート+断熱材+せっこうボード+珪藻土 です。防湿シートは断熱材とせっこうボードの間に入れる必要があると思っているのでしょうがいかがでしょうか。ちなみに4の地域です。

  • 断熱材の施工と内部結露について

    現在、在来工法で住宅を建築しています。 上棟も終わり現在は断熱材の施工途中なのですが、疑問を感じたため 作業を中断し(他の部分をやってもらってます)、週末に現地を確認しながら現場監督の方から 説明を受ける予定です。 施工状態は、重鎮が甘く断熱材が無い、防湿フィルムだけの部分がある、梁や床近辺に断熱材が 足りてないところがある、柱の間に留めている場所がある(筋交いの部分など)、などです。 疑問とは断熱材の施工方法なのですが、ネットで調べると色々と出てきます。 柱の内側にシートを留めない事、隙間なく重鎮する事、無理に詰め込めばいいというわけでもなく、 そうかといって少なくてもNG、柱と同じ高さで石膏ボードとの間に隙間が出来ないようにする、 中のグラスウールが剥き出しにならない、等々。 これらの施工は内部結露を防ぐ為に重要であったり、断熱効果のためであったりとあるようですが、 特に私が気になっている部分は内部結露です。 結露が酷ければ断熱材は水分を含み下がってくるでしょうから断熱効果は落ちるでしょうし、 もっと深刻な場合は柱が腐ったりと、建物に致命的なダメージを追う可能性があるのではないかと。 その事をザックリとですが大工さんにお話ししてみたのですが、 今回の構造は 外壁⇒空気層⇒透湿防水遮熱シート⇒断熱材+防湿フィルム⇒石膏ボード⇒壁紙、となり、 内壁の湿気が空気層や透湿防水遮熱シートから外に出る為、内部結露は心配ないとの事でした。 実際今までに何軒も解体もしてきたが、そういうお宅はなかったと。 ただ、念の為に断熱材が足りてないと大工さんが思ったであろう箇所は後から追加で補填しているようです。 (妻が見てきた為、私はまだ未確認) そこでお伺いしたいのは、空気層と湿気を通すシートがある事で、断熱材の施工が多少いい加減?でも、内部結露はしないのでしょうか? 勿論、週末に現場監督との話し合いの場でこちらの要望はお伝えしますが、今後も家造りは継続しますし、あまりにもこちらの要望だけを押し付ける事は難しいのかなと。 実際、正しいであろうと思われる断熱材の施工方法が望ましいですが、そう施工しなければ ならないルールがあるわけでもなく、もしそう施工するには一度全ての断熱材を剥し、新たに剥した分の断熱材も取り寄せなければならないと思います。 そうなれば予定外な材料費ですから、ハウスメーカーが呑むとも思えませんし。 一応、建設会社にて定める断熱材の施工マニュアルを持参し、それを見せながら説明して下さるようなんですが。 そこに定められている通り施工できているから大丈夫ですとか、逆にここは間違いなので直しましょうとか、そういう話にはなるんだと思うんですけど、 あくまでも建設会社のマニュアル上での話しですからねぇ。 その建設会社での施工なので仕方ないんでしょうけれど。 ただし、現状もいくつか補修はして下さっているようで(現場監督の方が大工さんに指示したとの事は連絡を受けています)、全く何も動いてくれないわけではなさそうです。 最終的には週末の話し合いの中で今後の動きが決まってくるのは間違いないので、今どうこう 考えてもというのはあるんですが、大工さんの言っている事があっているのかいないのかは 知りたいのです。 以上、宜しくお願い致します。

  • 新築の壁の構造、防湿シートについて

    建築に詳しい方に教えてください。 新築中の我が家の壁についてですが、室内側の石膏ボードと断熱材ロックウールの 間には防湿シートが貼られておりません。ロックウールは袋に入っておりますが、 その袋が破れているものや、狭いところに入れるために切断しておりその切断面は ロックウールがむき出しになっております。又、耳が付いていないものなので ロックウールの袋で隙間無く覆っている状態ではありません。 ここで質問なのですが、そもそも石膏ボードと断熱材の間に湿気た空気が通るものなのですか? 通るとしたら床面からの風ですか、石膏ボードを通って裏面に湿気がいくのですか? もし、そこに防湿シートがなくロックウールに湿気が入った場合、カビや劣化などが起きたりするのでしょうか? (どうなるのか教えてください。) 防湿シートは無くても大丈夫なのでしょうか? 一般的には防湿シートを貼るものなのでしょうか? それとも高気密、高断熱の家仕様で無い場合は貼らないものでしょうか? 色々教えてください。

  • 断熱材の施工方法

    いつも参考にさせていただいております。 新築にあたり、ただ今断熱材を敷き詰めてくれています。 工務店には、断熱を重視しているので施工をしっかりお願いしますと口をすっぱく言ってます。 先日、途中経過を見に行ったところ、気になったところがありましたので、皆様のご意見をお聞かせください。 断熱材はグラスウールで、袋に入ったタイプのを使用しています。 手前に見える側は『この面が防湿層…』と書かれており、向きは正しく施工されています。 気になったのは、サイズの問題だとは思いますが、この袋を普通にカットして、長さ調節しています。 この施工方法だと、袋型・防湿層は意味ない気がしまして。 現場監督に質問すると、「ふつうはこんなもんですよ。お施主さんの家はこの上にさらに防湿シートを貼りますから、結露・気密は問題ないです」とのこと。 この他、電気配線工事も終わっていましたが、その際に邪魔になった(?)断熱材を押しのけて配線してありました。 一箇所指摘すると、一週間後にその部分だけは断熱材の切れ端を詰めておいてくれましたが、それ以外の部分は奥の透湿シートが見えてたりもします。 防湿シートを貼る前に、明らかに隙間は確認できるのですが・・・。 おまけに断熱材の上から貼られた、防湿シートもところどころに隙間が。。。 また一週間たって見に行ったところ、半分以上は石膏ボードが貼られてしまいもう確認できません。 残った半分からは、そのままの状態の断熱材も顔を出しています。 これって大丈夫でしょうか?? 大丈夫じゃない場合、泣き寝入りなのでしょうか?? ご意見お願いします。

  • 防湿シートについて

    ただいま住宅設計中で、建築士さんに図面を見せていただいたところ、疑問点が生じましたので、皆さんの意見も教えてください。 石膏ボード下地クロス貼仕上げの天井と壁の断熱材はグラスウール16kg品t=100(天井はt=100×2)で、床の断熱材はスタイロフォームt=80なのですが、防湿シートは壁と天井の室内側だけで、床面は必要ないのでしょうか? 室内の湿気が壁内に透過し、グラスウールが湿気ないために用いることは分かったのですが、壁と天井だけで床面に敷いてなければ、床を透過した湿気が上に上がって、壁と天井のグラスウールを湿気らす気がするのですが・・・ よろしくお願いしますm(_ _)m