• 締切済み
  • すぐに回答を!

主格の関係代名詞

ふと疑問に思いました。 問.次の2文を1文に直しなさい。 Ex.The boy is Ken. He is a student. →The boy who is a student is Ken. みなさん、このようにするかと思います。 この場合では、The boyとHeが同じ人物をあらわすので、代名詞であるHeをwhoに変えて先行詞の後ろにもってくる、というのが通例に思います。 しかし、ここで疑問なのがKenです。 Kenについても同様のことが言えるのではないでしょうか。 つまり、KenとHeが同じなので、Heを関係詞whoに変えて The boy is Ken who is a student. として捉えてしまうこともあるように思えてしまいます。 後述になってしまいまいしたが、塾講師をやっています、大学生です。 生徒からの視点で考えてみれば、どちらも名詞でHeと同一人物であることは間違いないので、先行詞を間違える可能性があるように思います。 単なる勘違い、思い違いかもしれませんが、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数5
  • 閲覧数243
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#42396
noname#42396

解説のほうは、 #1さんのもので完璧です。 そして「試験問題」の回答については、 #2さんのものでOKです。 もはや私なんぞの出番はないし、 むしろあるべきではありませんが、 #4さんのご意見にかなりカチンときました。 ああ、またか、と思いました。 しかし愉快ではありませんでしたね。 むしろ不愉快です。 回答だけですませればよいものを、 なぜ毎回ここでお得意の 「アメリカの赤ちゃん」式の勉強法を強制するのでしょうか? 私は物理学者です。 そして、日本の英語教育とイギリスの英語教育、 両方を経験しました。 どちらのほうがsyntax的だったと思いますか? イギリスのほうです。 規範文法 (prescriptive grammar)と記述文法 (descriptive grammar)というものの違いを どれだけ自覚しているのでしょう。 規範文法、「『正しい』文法を定めると同時に、そこから外れた『間違った』文法を禁止する。」というもの 記述文法、「言語事実は観察されるがままに記述し、分析すべきであるとする。」というもの 文法というものは、 本来柔軟性と論理性、両方備えているものなんです。 文法重視と会話能力の欠如は 直接関係はありません。 日本人の会話能力の欠如は、 アウトプットの乏しさがその原因です。 イギリスでは英語の教え方も日本同様 syntax的でしたが、アウトプットが徹底していました。 「読み・聞き」はインプット、 「書き・話す」はアウトプットという意味です。 英文をsyntax的に分析できるようになった上で それを意識せずとも読み書きできるまで 音読させられました。 英語の「体得」には、この両方が必要なんです。 私の方法論を支持していただけなくても結構です。 しかし、まがりなりにも「英文会話」を騙るなら、 自然な表現うんぬんより、 もっと大事な「マナー」というものを 学ぶべきではないでしょうか。 私はそう思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#114795
noname#114795

愉快ですね.ああ,またか,と思います. まるで数学ですね. A=B および C=D. もし,A=C なら何が言えるか? A=D=B? The boy who is a student is Ken. は変な英語ですね. 日本の英語教育を腐敗させた原因がここに象徴的に現れていると思えます. 百歩譲って,関係代名詞に限定して,仮想的な(実用性を無視した)文法ゲーム遊びをしているのなら,初等的な教育に限って受け入れられるとは思います.しかし,こういう議論から,必要以上の文法論に入り込んでしまいがちです. The boy is Ken, and he is a student. で十分ではありませんか.who を使いたければ,The boy is Ken, and who is a student. The boy が主語とするなら,Ken と a student は主語の属性と考えてもいいですね. しかし,なぜここで,文法好きがアリのように群がって,文法論をとうとうと述べる,いつもの趣味の世界にしてしまうのでしょうね. 実に,日本人は文法が好きですね. 仮説ですが,日本の文法好きほど会話能力がないと感じています.日本の文法に拘る程,自然な会話はできなくなるはずですから. 日本の大多数の英語教師は,会話ができないことが根本的な原因となって,重箱の隅をつつく日本式英文法(数学に似ている)という特殊な世界に逃げ込むしかないのでしょう.これが根本的な原因です. いつまでたっても悪循環ですね.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

Gです。 こちらにも書いてみますね。 まず、試験文法の悪影響がここにもある、と言う事です。 つまり、関係代名詞の「乱用」です。 なぜ関係代名詞があるのか、なぜ、アメリカ人は関係代名詞を使うときがあるのか、関係代名詞とは品詞?それとも表現方法?と言う三つを少しご自分で考えてみてはいかがでしょうか。 最後の部分が一番大事だと私は信じています。 関係代名詞は表現方法だ、と言う事です。 まぁそんなんだけど、と言わないでください。 実感してほしいのです。  The boy is Ken and he is a student.でなぜいいはずだという事を分かってもらいたいのです。 そして、ケンです、と言いたい時にその人の名前を教えたいのか、ケンがそこにいるよ、といいたいのか、これも考えてみてください。 The boy's name is Ken and he is a student.と言えばWho is he?に対する返事として名前となんであるかを教える返事となりますね。 でも、He is ken.とすると、名前を教えると言うフィーリングが低くなりますね。 カンマプラス関係代名詞(主語になる)ってどうやって書き直せましたっけ? もちろん、and でしたよね。 関係代名詞を使う理由が今回の表現に本当に必要なのでしょうか。 関係代名詞の使い方を教える例文を変えてはいかがでしょうか。 関係代名詞を使うことでandだけでは無理があると言うような例文です。 あえて、その例文のことは書かないでおきますね。 教える機会をご自分の理解を深められる機会としてみる事で自分の時間をより有効に使えるということでもあるのです。 直接の回答ではないことは十分知っての回答でした。 参考になりましたでしょうか。 理解しにくいところがあったり追加質問がありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • d-y
  • ベストアンサー率46% (1528/3312)

#1の方がおっしゃるように、Ken who is a student(学生であるKen)という言い方は、学生のKenと社会人のKenのように複数のKenがいるような特殊な文脈でない限り、不自然です。 ただ、関係代名詞の前にカンマを入れて The boy is Ken, who is a student. (あの少年はケンで、学生です。) のように非限定用法にしてやれば、何の問題もありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

お悩みの点は,関係代名詞を学習する際,あるいは教える際に必ず出てくるものです。 Mr.Smith is a teacher. We like him. のような場合,Mr.Smith = him であり,a teacher = him です。 どちらかと前者の方がよりイコールという風に感じるでしょう。 しかし,実際には先行詞は a teacher の方で, Mr.Smith is a teacher whom we like. とします。 人に関していうと,先行詞になるのは,teacher, boy, man, girl, woman のような語であり, 固有名詞,my など所有格+名詞のようなものは先行詞になりません。 日本語では「生徒であるケン」とか,「私たちが好きなスミス氏」のように,固有名詞を限定用法のごとく修飾することが可能です。 しかし,英語の関係代名詞の限定用法というのは, 数ある同種のもののうち,関係代名詞以下の内容により,あるものに限定する場合に用いるのです。 すなわち,同種の boy や teacher を「私たちが好きな」により,限定しています。 一方,Mr.Smith のような固有名詞は,この時点でただ一人に限定されてしまっているので,さらに,限定することはあり得ません。 「私たちが好きな」というのは Mr.Smith を補足的に説明しているのにすぎず,限定修飾していません。 関係代名詞の用法としては高校で習う,継続用法になり, コンマ+関係代名詞となるものです。 中学生に,このことまで触れることはする必要はありません。 先行詞をどれにするか,教える側で示してあげればいいと思います。 そのときの判断は,上述の boy, man のような同種のものがある単純な名詞の方が先行詞になる,です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 関係代名詞 先行詞について

    問題 The boy is Kenny. He runs very fast.この二つの文を関係代名詞を使って一つの文にしなさい。 というもので、正解が The boy who runs very fast is Kenny.であるということは教え込まれているのですが、 The boy is Kenny who runs very fast.ではなぜ誤りになるのでしょうか。意味的には通じると思うのですが、固有名詞では先行詞となることはできないのでしょうか? 誤回答であるであるというはっきりとした理由を教えていただけるとうれしいです。

  • 関係代名詞

    関係代名詞の基本的なことを教えてください。 (1)I know him who lives in Tokyo. I know Hiroshi who lives in Tokyo.  him のかわりに名前が入ってもよいのでしょうか?  (例文の先行詞は代名詞かmy sisterなど具体名はでてこないので) (2)The man is Mr.Sato. He made this desk. (1文にするとき) The man who made this book is Mr.Sato. Mr.Satoが先行詞になると、あきらかにおかしいとわかるのですが he が先行詞になるのはだめですか? (3)先行詞を決定するときは、何か約束があるんですか?  例えばwhoを使うときは、個人名はダメとか? (習った時は人はwho を使うんですよくらいしか教えられないので。) (4)関係代名詞を使うと文はどんなニュアンスなんですか?    (例えば日本語だと、単文だけの文章は幼稚園児が書く作文    みたいに感じますが。)

  • 目的格の関係代名詞?

    The boy who you met at the party yesterday is John. 僕はこの文のwhoは目的格の関係代名詞だと思ったんですが、 「who」を使うときは先行詞が人で主格の時ですよね? これは文が間違ってるんでしょうか? でもこの文は参考書の引用なんで、間違ってはないと思うんですが… 主格か目的格か所有格の見分け方教えてください。

  • 現在分詞と関係代名詞

    本を読んでいる少年はKenです。 これを英文にすると、 The boy reading a book is Ken. The boy who is reading a book is Ken. どちらが正解ですか? 過去の質問に現在分詞は関係代名詞が 省略されたものだと思えばいいと書いてあったのですが、勉強の順番が分詞を覚えてから関係詞がでてきたので困惑しています。 どちらでも全く同じ意味で、テストでもどちらを書いても点数はもらえるものなんでしょうか?

  • 関係代名詞

    おはようございます。 関係代名詞についての質問です。 The boy dancing with kate is Mike. The boy who is dancing with kate is Mike. 上の文と下の文は同じ意味だと思うのですが、 なぜか下の文にはwhoがついています。 参考書を読んだのですが理解できませんでした。 物わかりが悪いのでやさしく教えてください。 よろしくお願いします!!

  • 連鎖関係代名詞のwhomと関係代名詞の省略について

    10代女です。英文法の関係詞を勉強していてお聞きしたい質問が二つあります。 (1)連鎖関係代名詞のwhomについて  (1)'He is the boy WHO I thought I had met before.' (by @WILL総合英語 P.294/美誠社)   『@WILL総合英語]という英文法参考書に、連鎖関係代名詞の例文でこの文が載っていました。 また、よく入試で問われやすい問題で例えば  (2)'He is the person WHO I thought was a doctor.' というのがありますが、連鎖関係代名詞の場合、'I thought (that) <the person> was a doctor'というようにthat節内の主語が先行詞である→だから関係代名詞はwhomではなくwhoだということは理解しています。  しかし、(1)のように、that節内の「主語」ではなく「目的語」が先行詞(人)の場合は関係代名詞をwhomにしてもよいのでしょうか?これが一つ目の質問です。@WILL総合英語にはwhomでもwhoでも良いとか詳しい解説が書かれていません。私が持ち合わせている英文法の問題集などで調べようとしても、(2)の用法の解説ばかりです。    関係代名詞で、先行詞が人で目的格となる場合、whom/that となりますよね。けどこの'whom'は、口語になると'who'にしても良いとあります。だから、連鎖関係代名詞で(1)と同じ用法の場合の関係代名詞は who でも whom でもどちらでも良いということでしょうか?? (2)連鎖関係代名詞の省略について  二つ目の質問。(1)で使った(1)と(2)の例文(連鎖関係代名詞)の関係代名詞の省略はできますか?  (1)He is the boy I thought I had met before.  (2)He is the person I thought was a doctor.  最後に、私は大学入試に(1)の(1)のような問題が出題されても、されなくても、とても気になってしまいます。みなさんの答えが「who でもwhomでもどっちでも良い」 となるなら、私はそれで納得できます。  たぶんこのような「代用ができる」という問題の場合、4択で問うことになると思いますけど、この疑問を解消したいです。明確な答えを知りたいです。「whomは使えない」のか「whoでもwhomでもどちらでも良い」どっちですか?  <英文法>とは、時には省略できたり・書き換えできたり・・・など答えが一つではないということは重々承知です。けれどそれなら 「省略・書き換え・代用OK」というのをはっきり説明していただかないとすごくモヤモヤしてしまいます。とりあえず、これを機に英文法の解説が詳しく載っていそうな『ロイヤル英文法』を買ってみようかなと思っています。  質問というか確認したいがために、この相談箱に質問しています。支離滅裂でしかも超長文で申し訳ないです。  どうかよろしくお願いします。

  • 関係代名詞

    本で、 It is usually wives and husbands togehter who decide whether buy a house. という文章を見かけたのですが、関係代名詞whoと先行詞の間に、together が置かれています。こういう使い方は、特殊なのでしょうか。 どの文法書を調べても、関係代名詞の前には先行詞か、前置詞しかないのですが、この場合は、どう説明したらいいのでしょうか。

  • 名詞節と関係代名詞の見分け方?

    関係詞には先行詞があり、関係詞節自体は不完全な文である。 名詞節はそれ自体完全な文型である。と認識しています。 What matters now is who is going to head the comittee. 分解して a.What matters now(関係代名詞) b.is c.who is going to head the comittee.(名詞節) (質問)回答者の皆様は[a.what matter now]は関係代名詞だと説明されました。名詞節との違いがよく解りません。[a]は[what]を[who]と同様に主語としてみなし、[S(what)+V(一般動詞)]ということで第一文型で、名詞節というつもりでいました。 [c]も[who+V(BE動詞)+C]の第二文型で、名詞節になっています。いずれも疑問詞が主語になっています。一般動詞とBE動詞の違い?質問がまとまりません。もし内容が理解できれば教えていただきたいのですが。以上

  • 関係代名詞はthe boy, studentなど抽象的な名詞に対してしか使われないのですか?

    例えばMr Green is a teacher whom every student likes. を関係代名詞を移動してMr green whom every student likes is a teacherとしても 訳は変わりますが間違いではないですか? それとも関係代名詞は studentやboy、manなど抽象的な名詞に対してしか使われませんか? The man (who plays the guitar on the stage )is my father. をThe man is my father who plays the guitar on the stage.とすると、 「あの男の人は私の父で、ステージでギターを弾いています」となりますか? The man=my fatherなのでどちらでも正しいと思います。

  • 関係代名詞の文章構成が理解できません。

    関係代名詞のwhoの場所が理解できません。 たとえば以下の文は理解する事ができました。 He has a friend who likes collecting card. (私にはカード集めが好きな友達がいます。) しかし、次の文章でwhoの場所に理解できません The boy who likes computer wants to be a engineer. (コンピュータ好きの少年はエンジニアになりたい。) 上下の文でwhoの場所が違うのですが、どのような規則でwhoの場所を決めればよいのでしょうか? 大抵間違えて、The boy want to be a engineer who likes computer.といったように書いてしまいます。 どのように理解すればよいのでしょうか? また、他の関係代名詞も上記の違いが理解できれば上達するのでしょうか? よろしくお願いします。