• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

関係代名詞

おはようございます。 関係代名詞についての質問です。 The boy dancing with kate is Mike. The boy who is dancing with kate is Mike. 上の文と下の文は同じ意味だと思うのですが、 なぜか下の文にはwhoがついています。 参考書を読んだのですが理解できませんでした。 物わかりが悪いのでやさしく教えてください。 よろしくお願いします!!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数71
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>The boy dancing with Kate is Mike. >The boy who is dancing with Kate is Mike. >上の文と下の文は同じ意味だと思うのですが、 >なぜか下の文にはwhoがついています。 どちらも同じ意味で、どちらも正しい文だと言うのは、お分かりでしょう。 では、どういう時に、関係代名詞を使って表現するのか、または、表現しないのか、その使い分けの基準があるわけです。 「机の上(にある)その本」という時に、 the book which/that is on the desk the book on the desk 上のどちらを使いますか? 多分、多くの人は、the book on the desk を使うでしょう。 「机の上にある本」というように「ある」という言葉をわざわざ入れるのは、「さっきはなかった」とか「一時間後には誰かが持っていく」のような意識があるとき、使う表現です。 つまり、何らかの「時間」の感覚が必要なときに、関係代名詞と動詞(つまり、過去形とか現在形とかの動詞)を使って表現するわけです。 >The boy dancing with Kate is Mike. こちらは、この文章を言っている人、及び、聞いている人が、直接、ケイトやマイクが踊っているのを見ている感覚があります。 >The boy who is dancing with kate is Mike. こちらは、踊っているのを直接見ているのは、話している人、聞いている人のどちらかだけのような感覚です。 なぜ、上のような感覚の違いが出るかは、the book on the desk と同じです。直接見えるものは、わざわざ「(机の上に)ある」という必要はありません。直接「踊っている」のが見えるときに、who is のようにわざわざ「している」という必要性がないからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

超丁寧にありがとうございます!! 物わかりが悪い自分には、参考書にここまで詳しく載っていないと理解できないみたいですww 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 関係代名詞と分詞の違いについて教えてください。

    関係代名詞と分詞を使った場合の以下の英文は全く同じ意味になるのでしょうか?違いがあるとすれば違いを教えてください。また、文法的に正しい英文なのでしょうか? The boy standing by the door is Mike. (現在分詞) The boy who stands by the door is Mike. (関係代名詞) The boy who is standing by the door is Mike. (関係代名詞) That is a book written by Soseki. (過去分詞) That is a book which was written by Soseki. (関係代名詞)

  • 目的格の関係代名詞?

    The boy who you met at the party yesterday is John. 僕はこの文のwhoは目的格の関係代名詞だと思ったんですが、 「who」を使うときは先行詞が人で主格の時ですよね? これは文が間違ってるんでしょうか? でもこの文は参考書の引用なんで、間違ってはないと思うんですが… 主格か目的格か所有格の見分け方教えてください。

  • 関係代名詞の教え方

    中学生に英語を教えることになりました。 関係代名詞は覚えてしまえば、そんなに難しくはないんですが、始めて英語を習う中学生にとっては難しく、これでつまづく生徒も多いと思います。 学校で教える一般的な方法は Do you know that boy?. He is very tall. という2つの文を Do you know that boy who is very tall? というふうに一つに繋げて仕組みを理解させる方法ですね。 これ以外の教え方として、私が思いついたのは 国文法と関連付ける方法です。さっきの 「Do you know that boy who is very tall?」という文を最初に提示し、先ず関係代名詞を抜いて それぞれ訳させ、関係節の中の訳の用言または助動詞を連体形に直して、who以下をboyの前に持ってくると教えるやりかたです。それから どんな関係代名詞を使うかについては、thatは万能で、そして さっきの文のような場合だったら is very tallの部分を取り出し、「誰が背が高いのか」、 それは「あの少年」だね、だから ここでは「who」になると教えます。 学校で一般的に教える方法は、シンタックスの観点からはオーソドックスなアナリシスですが、これでは下手すると初めて習う英語が却ってややこしく感じる恐れがありますね。 私の方法だと、国文法を知っていないと理解できないと思います。 そこで皆さんからお知恵を拝借したいと思います。 関係代名詞は どのよう教えたら最も分かりやすいでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

関係代名詞についての質問です。 The boy dancing with kate is Mike. The boy who is dancing with kate is Mike. 上の文と下の文は同じ意味だと思うのですが、 なぜか下の文にはwhoがついています。 参考書を読んだのですが理解できませんでした。 物わかりが悪いのでやさしく教えてください。 よろしくお願いします!! 【回答】 形容詞句と形容詞節の違いです。 形容詞句・・・2語以上の単語のかたまりで形容詞的に働く 形容詞節・・・主語と動詞を含む文で、形容詞的に働く 関係代名詞の文は形容詞の働きをします(先行詞を説明するから)。 名詞句・名詞節・形容詞句・形容詞節・副詞句・副詞節 上の6つのことが理解できれば、英語がとても簡単になってきます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

上はdancing wiht kateがThe boyを修飾して形容詞句になっていて 下の文はwho+is、主語と動詞と含む文で形容詞節になるって事ですよね。 なんで同じ意味なのにwhoがつくのかな~と思っていました。 まだそこまで勉強してないので詳しくは解らないのですが、 ようするに形容詞節は関係代名詞として使えって事で、 形容詞句は現在分詞として使えって事ですかね? お返事ありがとうございました!!  

  • 回答No.1

上の英文は現在分詞の形容詞的用法(分詞の後置修飾と書いてある参考書もあるかと思います)、下の英文が関係代名詞の用法です。 なので関係代名詞の勉強と思ってやるのであれば、見るべき英文は下の英文です。なので >なぜかwhoがついている ではなくて、こちらが関係代名詞の英文としては正しいということになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど!! そういう解釈の仕方ですか。 やっと頭がスッキリしました。 丁寧に回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 関係代名詞について

    関係代名詞でthat とwhichについて勉強しています 参考書に”先行詞が関係詞のまとまりの中で目的語の場合” 省略できるとなっています。 質問1、参考書の意味は”目的格で使われている場合”という     意味なのでよいのでしょうか? 今これらを2つの文で考えています 1)I saw your friend who has black hair 2)Most of people who came to the party were nice to me です1)は関係代名詞の前が完全な文となっています   2)は関係代名詞の前が不完全な分になっています。 これらの2つの文を考えた場合、 質問2、関係代名詞の省略は文が完全か不完全かで規則は     あるのでしょうか?

  • 関係代名詞も関係代名詞節に入りますか?

    よろしくお願いします。 関係代名詞節といった場合、関係代名詞そのものも関係代名詞に含まれますか? 例えば次の文において、 関係代名詞はwhoで先行詞がwho、 peopleにwho live in New Yorkがかかっています。 この場合、関係代名詞節はどこか、と言われた場合、 whoも関係代名詞節にはいりますか?それとも、live in new yorkだけでしょうか。 I know a lot of people who live in New York. 同様にthat節と言った場合、thatそのものもthat節に入りますか? どうぞよろしくお願いします。

  • 前置詞+関係代名詞?

    ある参考書に「関係代名詞は後ろに『不完全な英文』がきて、前置詞+関係代名詞や関係副詞などは後ろに『完全な英文』をとるのです」とかいてあったのですが意味がよく分かりません。例えば That is the house in which we live. という文で明らかに上の in which は『前置詞+関係代名詞』ですよね?でも後ろにきてる文はliveの目的語が抜けた『不完全な文』だと思うんです。どこか考え方間違っていたでしょうか?しかし、この参考書も間違っているとは思えないので...アドバイスお願いします。

  • 関係代名詞の..

    関係代名詞whoについてです。 Greg is a man who I know is capable of winning. という訳は [グレッグは私が知る男で、勝利する能力がある] と訳しても大丈夫でしょうか? 参考書は [グレッグは、勝利する能力があると私にはわかっている男だ] となっているのですが なんかしっくりこないんです; ご回答お願いします!!

  • 関係代名詞について

    大変、基礎的な質問ですが、関係代名詞がいまひとつ理解できてません。 (1)The project whitch begun 7years ago is scheduled for cmpletion at the end of this mouth. (2)Students who work with diligence are more likely to succeed in college. 上の文で、関係代名詞を利用せず (1)The project begun 7years ago ~ではだめなのでしょうか? (2)Students work with diligence~ではだめなのでしょうか? 意図的に関係代名詞を使用する意味があるのでしょうか?

  • 関係代名詞と分詞の違い

    こんにちは。 今中3で、関係代名詞を習っているのですが、その前に習った分詞との違いがわかりません。 [分]I know the boy swimming in the river. [間]I know the boy who is swimming in the river. この二つの文ってどちらも「私は川で泳いでいる男の子を知っています。」ですよね? 違いも使い分けもわからないのですが、どう違うのか教えていただけませんか? よろしくお願いします。 英文、間違っていたらすいません。

  • 連鎖関係代名詞のwhomと関係代名詞の省略について

    10代女です。英文法の関係詞を勉強していてお聞きしたい質問が二つあります。 (1)連鎖関係代名詞のwhomについて  (1)'He is the boy WHO I thought I had met before.' (by @WILL総合英語 P.294/美誠社)   『@WILL総合英語]という英文法参考書に、連鎖関係代名詞の例文でこの文が載っていました。 また、よく入試で問われやすい問題で例えば  (2)'He is the person WHO I thought was a doctor.' というのがありますが、連鎖関係代名詞の場合、'I thought (that) <the person> was a doctor'というようにthat節内の主語が先行詞である→だから関係代名詞はwhomではなくwhoだということは理解しています。  しかし、(1)のように、that節内の「主語」ではなく「目的語」が先行詞(人)の場合は関係代名詞をwhomにしてもよいのでしょうか?これが一つ目の質問です。@WILL総合英語にはwhomでもwhoでも良いとか詳しい解説が書かれていません。私が持ち合わせている英文法の問題集などで調べようとしても、(2)の用法の解説ばかりです。    関係代名詞で、先行詞が人で目的格となる場合、whom/that となりますよね。けどこの'whom'は、口語になると'who'にしても良いとあります。だから、連鎖関係代名詞で(1)と同じ用法の場合の関係代名詞は who でも whom でもどちらでも良いということでしょうか?? (2)連鎖関係代名詞の省略について  二つ目の質問。(1)で使った(1)と(2)の例文(連鎖関係代名詞)の関係代名詞の省略はできますか?  (1)He is the boy I thought I had met before.  (2)He is the person I thought was a doctor.  最後に、私は大学入試に(1)の(1)のような問題が出題されても、されなくても、とても気になってしまいます。みなさんの答えが「who でもwhomでもどっちでも良い」 となるなら、私はそれで納得できます。  たぶんこのような「代用ができる」という問題の場合、4択で問うことになると思いますけど、この疑問を解消したいです。明確な答えを知りたいです。「whomは使えない」のか「whoでもwhomでもどちらでも良い」どっちですか?  <英文法>とは、時には省略できたり・書き換えできたり・・・など答えが一つではないということは重々承知です。けれどそれなら 「省略・書き換え・代用OK」というのをはっきり説明していただかないとすごくモヤモヤしてしまいます。とりあえず、これを機に英文法の解説が詳しく載っていそうな『ロイヤル英文法』を買ってみようかなと思っています。  質問というか確認したいがために、この相談箱に質問しています。支離滅裂でしかも超長文で申し訳ないです。  どうかよろしくお願いします。

  • 関係代名詞 先行詞について

    問題 The boy is Kenny. He runs very fast.この二つの文を関係代名詞を使って一つの文にしなさい。 というもので、正解が The boy who runs very fast is Kenny.であるということは教え込まれているのですが、 The boy is Kenny who runs very fast.ではなぜ誤りになるのでしょうか。意味的には通じると思うのですが、固有名詞では先行詞となることはできないのでしょうか? 誤回答であるであるというはっきりとした理由を教えていただけるとうれしいです。

  • 関係代名詞の省略について

    関係代名詞の省略や非制限用法関連について質問です。 Children, with their fresh curiosity for unknown worlds and affluent imaginations, can put themselves into the worlds of books. 1)上の文は所持・所有のwithの非制限用法となっているのでしょうか? 2)先行詞, 関係代名詞+be動詞+(前置詞or現在分詞・過去分詞) &#65374;, &#65374; という非制限用法の文が可能なら、これらの関係代名詞+be動詞を省略して上の文のような構造を持った文をたくさん作れますか?たとえば次の文などです。 Ted, (who is) my father, V&#65374; Ted, (who is) preparing dinner, V&#65374; The vase, (which is) in the museum, V&#65374; 3)このように英作文で非制限用法を用いる場合、注意することはありますか?

  • 関係代名詞

    英語を再び勉強し出したのですが、関係代名詞の使い方で悩んでおります、アドバイスを宜しくお願いします。 The mountain whose top is covered with snow is Mt.Fuji. 上の文は The mountain is Mt.Fuji whose top is covered with snow. と書き換えは出来るのでしょうか?