• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

関係代名詞の後に句?:Which to

 あるEUに関する本に、以下のような文があったのですが、その文法と意味が分かりません: The new theory seems the ideal tool with which to address the growth effects of 1992.  この which は関係代名詞ですよね?だとすると、通常、関係代名詞以下は節になり、その文章は関係代名詞を境に2つに分解出来ると思ったのですが、(which 以下が節でないので)この文章は分解出来ない(関係代名詞ではない?)。  そこで文法書をあたってみたところ、which が疑問詞ならto(不定詞)をとることが可能となることを知りました。しかし、意味が分からない。  どなたか、この文法と意味を教えてください。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数313
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • petunia
  • ベストアンサー率38% (455/1197)

which が関係代名詞だというのは、もうご説明があるので、余計だとは思ったのですが・・・。 日本で出ている文法書にも、この用法が紹介されているのもあります。 我が家にあるものだと、関係代名詞のところではなくて、不定詞の形容詞用法のところに説明があります。 例えば We need a house to live in. =We need a house which we can live in. =We need a house in which we can live.(ちょっと堅苦しい言い方) までは、よく見かけると思うのですが、3番目の in which we can live の we can live を形容詞用法の不定詞 to live に置きかえる感じらしいです。 そうすると、 We need a house in which to live. となりますよね。 最初から読み下して「私達は、欲しい、家が、その家で、住むための」とすれば、意味はわかるので、見慣れると in which we can live よりは、簡潔でいいけど、to live in よりは、ちょっと堅苦しい感じがします。 money with which to buy a book (本を買うお金)のように、色々応用がききそうですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

分かりやすい文例をありがとうございました。納得できました!

関連するQ&A

  • 関係代名詞whichについて

    関係代名詞whichの理解 He has given us a user-friendly space in which to feature our science exibits. 関係代名詞は「接続詞+代名詞で節と節をつなぐ働きを持っている」と理解しているのですが、この例文の場合、to不定詞以下はspaceを修飾する形容詞句になっているように見えます。 このような場合のwhichは文法的にどのように説明されるのでしょうか。

  • which 関係代名詞?疑問詞?

    whichが関係代名詞なのか疑問詞なのかは文脈判断なのでしょうか? 関係代名詞のwhichは名詞の欠落のある文を導きますよね。 疑問詞のwhichも名詞の欠落のある文を導くのでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • 関係代名詞に使うwhoやwhichなどの疑問詞

    今まで意識することなく関係代名詞としてwhoやwhichなどを 使うことを習ってきましたが、 なぜ疑問詞であるwhoやwhichなどを使うようになったのですか? 疑問詞を使うことについて、言語論的な解釈があるのでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
noname#2891

言い忘れましたが、with which を取っ払った文章と意味は一緒です。ただし、取っ払う場合も、厳密には with を文末につける必要があります。  ⇒The new theory seems the ideal tool to address the growth effects of 1992 with. Tokyo is a nice place to live. は正しくは ...to live in. とすべきなのと一緒です。(ただし、日常的には in を省いちゃう文もよくありますので、ガチガチの文法家になる必要はありません。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

米英語の慣用的表現だったんですね。勉強になりました!

  • 回答No.3
noname#2891

意味は oshiete goo さんのおっしゃる通りです。 文法的には「関係代名詞+to不定詞」というのは手近な文法書には載っていませんが、実際には米英語でしばしば使われる表現です。「疑問詞+to不定詞」と同様に名詞句を作ります。おそらく英英語では認めないんじゃないかなという気がしますが自信はありません。 ちなみに米英語を主体にした MacMillan Eng Dic には "a peg on which to hang something" という慣用句も載っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

The new theory seems the ideal tool (with which) to address the growth effects of 1992. which は関係代名詞で (with) the new theory のことと思いますが, with which そのものがいらない気もします. その新理論は1992年の成長の効果に言及する(成長の効果を説明するといった感じ?)のに理想的な道具であるように思える.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。ありがとうございました!

  • 回答No.1
noname#5915

「その新しい理論は、1992年の成長の効果を方向付ける、理想的名道具であるように見える」ではないでしょうか? 辞書引いてないので、単語の訳ではもっと適切な訳があると思いますが、 文法的にはこの訳でいいと思います。 文法的には疑問詞か関係代名詞か、といわれると、ちょっと自信ないですが、この訳だと関係代名詞になる……でしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速御回答いただき、ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 関係代名詞

    どうぞよろしくお願いいたします。 The man is happy who is contented. 上記の分は関係代名詞のまとめている節が先行詞の直後ではなく後にきています。私の持っている文法説明書にはそのような事が解説されていません。これは文法的に正しいのでしょうか?先行詞と関係代名詞のまとめる節は離れなれないものだと思っていました。

  • 前置詞+関係代名詞+to不定詞について

    いつもお世話になっています。 以下の文についてお教え頂けないでしょうか。 This is an ideal enviroument in which to raise a family. A cup is a container from which to drink tea. (1)関係代名詞以降の文を文法的にどう考えたらよろしいのでしょうか?  このような前置詞+関係代名詞+to不定詞は初めてお目にかかりました。  従いまして、関係代名詞以降をどのように理解したらよいものでしょうか? (2)to不定詞を使用しない文に書き変えることは可能でしょうか? (2)このような前置詞+関係代名詞+to不定詞は頻用されているのでしょうか? 何卒宜しくお願い申し上げます。

  • 関係代名詞のasとwhichの違いについて

    関係代名詞のasと関係代名詞のwhichでは意味やニュアンスに違いはあるのでしょうか!?(asだと文頭にくる事ができる,という違いはわかりました)ある人にwhichとの違いを聞いた所,asは先行詞にsameなどがつくんだ,と言われましたが,他の人には,whichと意味的に変わりはないと言われました。辞書のasの項目には決まって「…のような」と書いてありますが,よく考えると「ような」のニュアンスがピンと着ません。「…の」とどう違うのでしょうか…。遠まわし的表現でしょうか? 長くなりましたが,簡単に言うと関係代名詞のasとwhichの違いが知りたい訳です!!どうぞ教えて下さい!!

  • 関係代名詞

    doing the things you'd like to 目的格のwhichが省略されていると思うのですが その場合whichはなにを指しているのですか? 最後のtoがなければなんとなく分かるんですが また関係代名詞が不定詞や名詞句を指すことは可能でしょうか? 文法に詳しい方 ネイティブの表現に詳しい方 お願いします

  • 関係代名詞について

    関係代名詞でthat とwhichについて勉強しています 参考書に”先行詞が関係詞のまとまりの中で目的語の場合” 省略できるとなっています。 質問1、参考書の意味は”目的格で使われている場合”という     意味なのでよいのでしょうか? 今これらを2つの文で考えています 1)I saw your friend who has black hair 2)Most of people who came to the party were nice to me です1)は関係代名詞の前が完全な文となっています   2)は関係代名詞の前が不完全な分になっています。 これらの2つの文を考えた場合、 質問2、関係代名詞の省略は文が完全か不完全かで規則は     あるのでしょうか?

  • 関係代名詞の that と which

    関係代名詞の thatで先行詞が人ではないものはすべてwhich に置き換えることができますか?できないものがあれば教えてください。先行詞に最上級などが含まれている時でもwhichでも可能と理解しているのですが。

  • 関係代名詞と挿入について

    質問させて頂きます。教えて下さい。関係代名詞で継続用法のwhichは文全体を先行詞ととることが出来ると書いてありました ex It rained all day yesterday,which i expected.  関係代名詞の先行詞は基本的に語であると理解しているのですが、この場合以外にも句や節を先行詞とする場合はあるのでしょうか?それともこの場合以外は、語句や節を先行詞とすることは無い、つまり文を先行詞にとる場合はこのパターンだけでしょうか?  また関係代名詞にi thinkが挿入された形についてわからないところがあるのですが。ex I met a girl who I think was your sisiter.この文法要綱にはどんなコアイメージがあるのでしょうか、いまいちイメージが沸きません。まず「そういえばある女性にに会ったよ」というイメージありきで「まぁあの人はキミの妹だとおもうけど」といったようなニュアンスで言っていると考えてよろしいのでしょうか?

  • 関係代名詞whichはSかOにあたるもののどちらかが欠けているのでしょうか?

    こんにちは。 関係代名詞のwhichは 名詞+which S V O 名詞+which S V C など (1)どの文型の場合であっても、主格とか目的格とか言われるので、SあるいはOのどちらかの普通名詞が先行詞として前に出ていると考えるのは良くないのでしょうか? (2)名詞+which S V O Cとかの文型の場合、Cに名詞が来ていたとしてもそれは前に出てこないのでしょうか?Cというのは目的格なのでしょうか? 分かる方、どうぞご教授ください。

  • 関係代名詞で、most which となることは

    most of which という関係代名詞は見たことがありますが、今日、most which ... という関係詞を見ました。あった文を探してみたのですが、どこにあったか忘れてしまいました。 most of the books というのが可能なように、most books も可能です。それなら、books を関係詞にして、most of which / most which も可能なような気がするのですが、どうなんでしょうか?

  • 関係代名詞

    関係代名詞 次の英文について質問です。 All you have to do to start this machine is press this button. Allの後には関係代名詞(whichかthat)が省略されているのは分かるのですが、 この関係代名詞は関係詞節中でhaveの目的語かhave to doの目的語の どちらで使われているのでしょうか? haveの目的語なら「あなたの持っているするべきことのすべては~」 have to doの目的語なら「あなたがしなければいけないことのすべては~」 となり意味的にはどちらでもいいような気がしますが、どうも気になりました。 また、発音ではhaveを「ハブ」か「ハフ」のどちらが正しいのですか? よろしくお願いいたします。