• ベストアンサー
  • 困ってます

関係代名詞

関係代名詞 次の英文について質問です。 All you have to do to start this machine is press this button. Allの後には関係代名詞(whichかthat)が省略されているのは分かるのですが、 この関係代名詞は関係詞節中でhaveの目的語かhave to doの目的語の どちらで使われているのでしょうか? haveの目的語なら「あなたの持っているするべきことのすべては~」 have to doの目的語なら「あなたがしなければいけないことのすべては~」 となり意味的にはどちらでもいいような気がしますが、どうも気になりました。 また、発音ではhaveを「ハブ」か「ハフ」のどちらが正しいのですか? よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数140
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • Oubli
  • ベストアンサー率31% (744/2383)

All (that) you have to do to start this machine is press this button. の関係詞節におけるthatの文法的位置づけでしょうか。 節を疑問文に変えると What do you have to do to start this machine? になりますのでthat/whatはdoの目的語だと思います。 ただし、 What do you have to say? 言いたいことは何なのか?(haveの目的語) 何を言わなくてはいけないのか?(sayの目的語) 歴史的には前者の用法が拡張されて後者の意味を含むようになったのだと思います。現代英語でも厳密には区別できません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#112776
noname#112776

#2です。 すいません、、質問ちゃんと読んでいませんでした。 で、読み直してみると、#1さんが既に回答されていますね。 、、、んでもって、#3,4さん、も、回答されていますね、、。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

No2さんのおっしゃってる品詞分解は、文章全体ではそのとおりでSVCにあたるでしょうが、そのほかにも前置詞や節の中の他の動詞に関しては目的語が存在することもあります。 関係代名詞の目的格使用であれば何かの目的語でしょう。 ですからそんな的はずれなご質問ではないはずです。 ひとつの考え方では、to start this machine を不定詞の副詞的用法を考えれば have to do の目的語とも考えられるでしょう。 ただ、have to イディオムを考えなければ(have がto doの目的語をとっていると考えれば)doの目的語とも言えなくないと思います。 日本語でもそうですが、文法は実際使われているものを分類づけているもので、解釈が分かれることも多々ありますので考え方次第だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#112776
noname#112776

すいません、よく質問が飲み込めないのですが、『大雑把』に品詞分解すると、 All you have to do to start this machine:名詞節(つまり主部) is:動詞 press this button:補語 目的語がありません、、、。 また、All (that) you have to do to start this machineは、What you have to do to start this machineにも書き換えられ、ご存知の通り、whatは名詞節を導きます。 こう言うことの質問でしょうか? 補足してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • psytex
  • ベストアンサー率21% (1065/5004)

「スタートするために“しなければならない”ことは (“たった”ボタンを押すだけ)」というニュアンスですから、 「have to do」で「ハフ」です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 関係代名詞節

    関係詞節の文型について質問があります。 ご教授宜しくお願いします。 関係詞節がsvooで、間接目的語(o1)に関係代名詞を代入する場合 文型を変えなくてはならないのと他の方の質問ページで確認しました。 http://okwave.jp/qa4566353.html ex) there is a friend who i sent a letter to. 直接目的語(o2)に関係代名詞を代入する場合でも、 文型をo2 to o1の形に書き換えるのでしょうか? ex) there is a letter which i sent to a friend ということですか?

  • 関係代名詞と関係副詞

    関係代名詞whatと関係副詞の使い方について。以前質問したことがあり少しはわかったつもりでいるのですが、ふと、また疑問がわいてしまいわからなくなりました。 Tell me ( ) you want her to do. (1)what (2)where (3)who (4)whyで答えは(1)となりますが、理由としては、to do の目的語としてwhat が必要だからということでしょうか? また、where, why がだめな理由は、関係詞以降の文が完成していないからでしょうか? つまり、目的語が入っていれば○なのでしょうか? それから、「あなたは、どこで[なぜ]彼女に(そう)してほしいかを言いなさい。の場合、どういえばいいのでしょうか?よろしくお願いします。  

  • 関係代名詞について

    関係代名詞でthat とwhichについて勉強しています 参考書に”先行詞が関係詞のまとまりの中で目的語の場合” 省略できるとなっています。 質問1、参考書の意味は”目的格で使われている場合”という     意味なのでよいのでしょうか? 今これらを2つの文で考えています 1)I saw your friend who has black hair 2)Most of people who came to the party were nice to me です1)は関係代名詞の前が完全な文となっています   2)は関係代名詞の前が不完全な分になっています。 これらの2つの文を考えた場合、 質問2、関係代名詞の省略は文が完全か不完全かで規則は     あるのでしょうか?

  • whatの関係代名詞 主格にる?

    whatの関係代名詞は、関係詞節の中で、主格・目的格に なることができると参考書に書いてあったのですが 目的格の例文は沢山見かけます。 自分の勉強不足だと思うのですが 主格の場合の例文を見かけませんし 思いつきません。 whatの関係代名詞で主格の場合は、実際多くありますか? いくつか例文を教えて頂けると幸いです。 よろしくお願いします。

  • 「前置詞と関係代名詞」について。

    Well, 'for a good cause' means for what the philanthropists think is a good reason. という文章について。 forが前置詞であると、以下のように置き換えるのは文法的に正しいでしょうか。 Well, 'for a good cause' means what the philanthropists、 「前置詞と関係代名詞」の “関係代名詞が前置詞の目的語になっている場合、その前置詞も一緒に関係詞節の先頭に置くことができる” という解釈からです。 学校で質問をしたら、 「“For What”は一つのフレーズですので、ここではFor とwhatを離して使うことができません。」 でも、think for whatと、whatがforの目的語の働きをしているから、一緒に関係詞節の先頭に置くこともできるし、関係代名詞だけを先頭に置くこともできるということは間違いでしょうか。

  • 関係代名詞の whose

    関係代名詞の whose はその後の名詞と一緒になって、関係代名詞節の中で主語、動詞の目的語、または前置詞の目的語になりますが、whose 名詞が、補語になることはありますか? あれば、例文を教えてください。

  • 不定詞と関係代名詞?

    不定詞と関係代名詞? 不定詞と関係代名詞の違いで分からないところがあります 私の使っている資料に I have Tom to help me. という文がありました。この意味は分かります 分からないのはここで使われている to が that(who) ではダメなのでしょうか? I have Tom that(who) help me. 意味が別物になってしまうのでしょうか? to と that がごっちゃになってしまい混乱しています よろしくお願いします

  • 関係代名詞も関係代名詞節に入りますか?

    よろしくお願いします。 関係代名詞節といった場合、関係代名詞そのものも関係代名詞に含まれますか? 例えば次の文において、 関係代名詞はwhoで先行詞がwho、 peopleにwho live in New Yorkがかかっています。 この場合、関係代名詞節はどこか、と言われた場合、 whoも関係代名詞節にはいりますか?それとも、live in new yorkだけでしょうか。 I know a lot of people who live in New York. 同様にthat節と言った場合、thatそのものもthat節に入りますか? どうぞよろしくお願いします。

  • 補語(?)の関係代名詞

    関係代名詞についてです。 先行詞を修飾する文中で、主格、目的格、所有格だったかによって、「主格の、目的格の、所有格の関係代名詞」という言い方をすると思います。 ここで分からなくなってしまったのですが、修飾する文中の「補語」が関係代名詞になることはあるのでしょうか。 補語は形容詞と名詞の場合がありますが、名詞の場合にそこが関係代名詞になることはあるのか、というのが質問です。

  • 関係代名詞 whichとthat

    関係代名詞でwhich(またはwhom,who)を使う場合、thatが代用可能というのがあります。でもじっさい、これらはどのようなニュアンスの違いがあるのでしょう。 テキストなどには関係詞が目的語の場合、関係代名詞は省略可能で通例省略することが多い、というところまでは説明してありますが、whichとthatをどういう場合に使い分けるのか、またそのニュアンスまで解説してるものはなかなかみられません。 しかし英語を勉強しているとこの手の疑問が多くて困ります。 どちらの言い方でもつかえるが、どういった場合にどちらを使うのか… そのへんまでつっこんだ、比較的平易な解説書があれば良いのですが…