• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

漸化式a[n]=a[0]*a[1]*…*a[n-1]+p

漸化式 a[n]=a[0]*a[1]*…*a[n-1]+p を解きたいのです。pは定数とします。 p=0であれば、 a[n]=a[0]*a[1]*…*a[n-3]*a[n-2]*a[n-1] =a[0]^2*a[1]^2*…*a[n-3]^2*a[n-2]^2 =a[0]^4*a[1]^4*…*a[n-3]^4 =… =a[0]^2^(n-1) と解けます。 p=2、またa[0]=3としたりすると、 a[n]=2^2^n +1 が解であることは代入すればわかります。 一般のp(定数)、初期値も一般に与えて、その漸化式は解けますでしょか。 一般解でなくても、pがなにか具体的な数のときの解でもいいです。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数275
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • zk43
  • ベストアンサー率53% (253/470)

また思い出してちょっと見てみました。 p=1,a0=2としてエクセルでanを計算してみると、anは爆発的に増加 して、nが10を超えると計算できなくなってしまいますが、nが5を 過ぎるとlog(log(an))はほぼ直線になって、傾きがlog2になります。 なので、an=A^(2^n)+Bのような格好になるかと思います。 また、この漸化式はユークリッドの原論にある素数が無限にあること の証明にあるものと似てるし、素数の逆数和が大体loglogの速さで 無限大に発散することとも関係してるのかも。 でも(2)のS[n]=1-1/P[n]からS[n]<1だから、anは素数に比べると ものすごく少ないようだし、結局よくわからない・・・ そもそもこれ出典は何なんですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

度重なるご回答感謝します。 a[n]=a[0]*a[1]*…*a[n-1]+1 に関する問題の出典は、数研出版のStudyaid D.B. というソフトからです。それは、チャート式や4ステップ問題集からの問題の寄せ集めとおもいます。 さらに、その問題の源泉は、どこかの入試問題かもしれません。 a[n]=a[0]*a[1]*…*a[n-1]+1 は解けないけど、逆数の和が計算できたり、素数が無限にあること の証明にあるものと似ていますし、なにかがあるかもしれないですね。 いまのところ僕は何も知りませんが。

関連するQ&A

  • 漸化式

    よろしくお願いします。 [問題] 次の条件で定められる数列{An}の一般項を求めよ。  A1=2、An+1=An/(1+An) (n=1、2、3、……) [解] 条件により A1=2/1、A2=2/3、A3=2/5、A4=2/7  よって、一般に         An=2/(2n-1) ・・・・・・(1)  となることが推測される。   一般項が(1)である数列{An}が、条件を満たすことを示す。  [1] (1)でn=1とおくと  A1=2  [2] (1)をAn/(1+An)に代入すると       An/(1+An)=2/(2n-1)÷{1+2/(2n-1)}              =2/(2n-1)÷(2n+1)/(2n-1)              =2/(2n+1)              =2/{2(n+1)-1}    よって、An+1=An/(1+An) が成り立つ。  [1]、[2]から、求める一般項は  An=2/(2n-1)。 ※このサイトだと項の番号をうまく表記できないので、A1は初項、Anは第n項、An+1は第n+1項などと表しています。 この問題は数列の一般項を推測し、推測した一般項が条件を満たすことを示して、一般項を求めてるみたいなのですが。 [2]の証明で、どうして(1)が漸化式を満たしてるのか、よく分かりません。どうしてですか?。 また、(1)は推測したものだから、全ての自然数nについて(1)が必ず成り立つとは言えないですよね?。なら、(1)を漸化式に代入できないと思うのですが、どうして代入できるのですか?。 以上ですが。分かるかた、教えてくださいm(__)m。

  • 漸化式のとき方を教えてください。

    添付画像の漸化式の一般項の求め方わかるかたいらっしゃいますでしょうか。 M,J,t は定数 です。

  • だれか隣接3項間漸化式について教えてください。

    中年男性です。いま数列の勉強をしています。「なるほど高校数学 数列の物語」という読本を 読んでいるのですが、手に負えないので質問させてもらいました。  漸化式  A1=2, A2=3, An+2=5An+1&#65293;6An    n>=1 ・・・(1)  を満たす数列が特性方程式X^2=5X-6の解 X=2、X=3 から 2^n-1 と3^n-1に なることは実際に確かめて確認して納得したのですが、続くくだりから判らなくなって しまいました。  そのくだりとは“そこで次に問題となるのが、上記のような等比数列以外にこの  漸化式を満たす数列があるのか、ということです。  結論からいうと、特性方程式が異なる2つの解をもつときは、特性方程式の解を  公比とする等比数列の組み合わせを考えるだけで十分です。このことは次の  ようにして判ります・・・” と書いてあり特性方程式の解以外にないことの証明が始まるものと期待して読み進めたの ですが、漸化式の変形が始まり結局    An+1&#65293;2An=(A2&#65293;2A1)3^n-1    n>=1  ・・・(2)    An+1&#65293;3An=(A2&#65293;3A1)2^n-1    n>=1  ・・・(3)  という式になり、(2)式から(3)式を引くことで、    An=(A2&#65293;2A1)3^n-1&#65293;(A2-3A1)2^n-1     n>=1  となり、条件A1=2、A2=3を代入して一般項は    An=-1×3^n-1+3×2^n-1     n>=1 ・・・(4)  となりました。  これで特性方程式の解から導かれる数列以外に解がないことの  証明になるのでしょうか。また数列2^n-1や数列3^n-1が漸化式を  満たすことはすでにnに1、2、3・・・と代入して確認したのですが  一般項が(4)式であるということはどういうことなのでしょうか。  (4)式にnに1、2、3・・・と代入して確認していませんが(成立するのでしょうが)  このあたりの事情がよく判りません。  どなたか解説して戴けないでしょうか。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

a[n]=a[0]*a[1]*...*a[n-1]+p a[n]=a[0]*a[1]*...*a[n-2]*(a[0]*a[1]*...*a[n-2]+p)+p =a[0]^2*a[1]^2*a[2]^2*...*a[n-2]^2+p(a[0]*a[1]*...*a[n-2])+p =(a[0]*a[1]*...*a[n-2])*a[n-1]+p a[n]/a[n-1]=(a[0]*a[1]*...*a[n-2])+p/a[n-1] a[n]/a[n-1]=a[n-1]-p+p/a[n-1] a[n]=a[n-1]^2-p*a[n-1]+p ですので p=0ならa[n]=a[n-1]^2=a[0]^(2n)になりますが、 a[1]=a[0]ですので正しくないですね。 算出過程にn-2の項が含まれるためn<2ではマイナス側の数列が必要になりますが マイナスが定義不能な型の数列なので発生した問題です。 よって n>=2においてa[n]=a[n-1]^2-p*a[n-1]+p a[1]=a[0]+p となります。 代入してみると a[2]=a[1]^2-p*a[1]+p =(a[0]+p)^2-p(a[0]+p)+p =a[0]^2+p*a[0]+p a[3]=a[2]^2-p*a[2]+p =(a[0]^2+p*a[0])^2-p(a[0]^2+p*a[0])+p =a[0]^4+2p*a[0]^3+p(p-1)a[0]^2-p^2*a[0]+p 項数が膨れ上がって一般的には解けない模様です。 かのMathematicaでは計算してくれませんでした。 No3,4の方がp=4でやってますが a[n]=(a[n-1]+A)(a[n-1]+B) の形に因数分解できるpの特殊解だと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

いくつか誤植があるので修正。 --- ここから --- #2さんはフェルマー数を思い浮かべられたようですが、 私は、ぱっと見で、カオスの世界でよく知られているロジスティック写像 a[n] = A*a[n-1]*(1-a[n-1]) を思い浮かべました。 この漸化式は、A=4のときは、一般解 a[n] = sin( 2^n * arcsin(√A[0]) ) てやつが知られてます。 で、よく考えたら、問題の漸化式も p=4のときは、0<=a[1]<=4とすれば、 ロジスティック写像(A=4)の場合と同様の変数変換で解くことができることがわかりました。 p=4のとき、与えられた漸化式は、n>=2で a[n] = (a[n-1]-2)^2 となります。ここで、 a[n] = 2cos(b[n]) + 2 とおけば、 cos(b[n]) = 2cos(b[n-1])^2 - 1 = cos(2*b[n-1]) より、 b[n] = 2^(n-1)*b[1] です。 したがって、 a[n] = 2cos(2^(n-1)*arccos(a[1]/2-1)) + 2 と解けます。 これはまさにカオス系そのものです。 ちなみに、#1の a[n] = a[n-1]^2 - p*a[n-1] + p がなりたつのは、n>=2の場合だけでした。 というわけで、a[0]だけは特別扱いしないとだめみたいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。フェルマー数やロジスティック写像(力学系)などという言葉が出てきておもしろいですね。 a_(n+1)=(a_nに関する2次多項式)型 の漸化式は、以前、考察したことがありますが、一般には解けないようです。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2155909.html 一般にそれは、収束と発散の境界が興味の対象のようです。 ただ、ちょっと思い出せないのですが、一般的解法がなくても、 a[n]=a[0]*a[1]*…*a[n-1]+p (pはなにか具体的な数だったが失念) のとき、 Σ[k=1~n]a[n]だったかΣ[k=1~n]1/a[n]だったか、または何かそのような和が具体的に求まったものを見たことがあります。 a[n]=a[0]*a[1]*…*a[n-1]+pの形のままで、研究しても、なにかおもしろい性質があるかもしれないですね。

質問者からの補足

お世話になります。ある参考書で、次の性質を証明する問題を見つけ出しました。質問で述べた漸化式のp=1のときも、おもしろい数列になりそうです。 P[n]=a[1]*…*a[n] とおく。 a[n+1]=P[n]+1 , a[1]=2 という数列を考える。 このとき、 (1)a[n+1]=a[n]^2-a[n]+1 (2)S[n]=Σ[k=1~n]1/a[k]とおくと、S[n]=1-1/P[n]

  • 回答No.3

#2さんはフェルマー数を思い浮かべられたようですが、 私は、ぱっと見で、カオスの世界でよく知られているロジスティック写像 a[n] = A*a[n-1]*(1-a[n-1]) を思い浮かべました。 この漸化式は、A=4のときは、一般解 a[n] = sin(2^n*arcsin√x) てやつが知られてます。 で、よく考えたら、問題の漸化式も p=4のときは、0<=a[0]<=4とすれば、 ロジスティック写像(A=4)の場合と同様の変数変換で解くことができることがわかりました。 p=4のとき、与えられた漸化式は、n>=2で a[n] = (a[n-1]-2)^2 となります。ここで、 a[n] = 2cos(b[n])+2 とおけば、 cos(b[n]) = 2cos(b[n-1])^2 - 1 = cos(2b[n-1]) より、 b[n] = 2^n*b[0] です。 したがって、 a[n] = 2cos(2^(n-1)*arccos(a[1]/2-1)) と解けます。 これはまさにカオス系そのものです。 ちなみに、#1の a[n] = a[n-1]^2 - p*a[n-1] + p がなりたつのは、n>=2の場合だけでした。 というわけで、a[0]だけは特別扱いしないとだめみたいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • zk43
  • ベストアンサー率53% (253/470)

これは難しい。 これを見て思い出したのが、フェルマー数Fn=2^2^n+1に関する性質で、 Fn=F0・F1・F2…F(n-1)+2 というものです。 フェルマー数は奇数だから、FnとFiが1でない共通因子を持ったと するとこれは奇数で、上の式の左辺は割り切るが、右辺は割り切ら ない(余りが2)ことになるので矛盾となり、したがってフェルマ ー数はどの2つも互いに素。つまり、どの項も異なる素因数から構成 されるので素数が無限にあることの証明になる。 たぶんanはフェルマー数のような形になると予想します。 答えになってなくてすみません・・・ちょっと興味をもったもので。 (他の方の回答も見てみたいと思います)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。フェルマー数やロジスティック写像(力学系)などという言葉が出てきておもしろいですね。 a_(n+1)=(a_nに関する2次多項式)型 の漸化式は、以前、考察したことがありますが、一般には解けないようです。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2155909.html 一般にそれは、収束と発散の境界が興味の対象のようです。 ただ、ちょっと思い出せないのですが、一般的解法がなくても、 a[n]=a[0]*a[1]*…*a[n-1]+p (pはなにか具体的な数だったが失念) のとき、 Σ[k=1~n]a[n]だったかΣ[k=1~n]1/a[n]だったか、または何かそのような和が具体的に求まったものを見たことがあります。 a[n]=a[0]*a[1]*…*a[n-1]+pの形のままで、研究しても、なにかおもしろい性質があるかもしれないですね。

質問者からの補足

お世話になります。ある参考書で、次の性質を証明する問題を見つけ出しました。質問で述べた漸化式のp=1のときも、おもしろい数列になりそうです。 P[n]=a[1]*…*a[n] とおく。 a[n+1]=P[n]+1 , a[1]=2 という数列を考える。 このとき、 (1)a[n+1]=a[n]^2-a[n]+1 (2)S[n]=Σ[k=1~n]1/a[k]とおくと、S[n]=1-1/P[n]

  • 回答No.1

一般解は難しそうです。 a[0]*a[1]*…*a[n-1] = a[n-1]*(a[n-1]-p) に着目すれば、与えられた漸化式は、 a[n] = a[n-1]^2 - p*a[n-1] + p になりますが、これを一般的に解くのはおそらく不可能だと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 漸化式a(n+1)=p・a(n)+qの解き方

    お世話になっております。基本の漸化式について質問させて下さい。 教科書の基本例題を通して解説下さると有り難いです。 問「条件 A1=1、A(n+1)=3・A(n)+2 で定まる数列{An}の一般項を求めよ」 まず、漸化式についてA(n+1)=x、A(n)=x とおいて方程式x=3x+2 …(1)を立てる。 漸化式から(1)式を辺々引いて、A(n+1)-x=3{A(n)-x}…(2) (2)が成り立つことは、(1)の解x=-1を(2)に代入して展開すれば成り立つから、(1)(2)の意味はわかりました。 次に教科書の解では、A(n)-x=B(n)とおくとき、(2)式は、B(n+1)=3・B(n)…(3) と表せることが、唐突に書かれておりましてこの意味が中々解らずに困っておるのですが、色々探ってみたら (3)式が成り立つのは、与えられた漸化式から {An}=1,5,17,53,……であるから、{Bn}={An+1}=2,6,18,54,……であって、ここから例えば n=1のとき(2)式の左辺はA(2)-(-1)=A(2)+1=6。つまり{Bn}、(n=1,2,3……)に対して{B(n+1)}に等しいから、(3)式が成り立つということでしょうか。 また、この(回りくどい)質問が仮に正しいとして、この基本の漸化式を解く場合はいつもこの考え方(与えられた条件から元の数列の3&#65374;4項くらいは求めておく)で解くものでしょうか。 或いは上で書いた教科書の解のように、即座にB(n+1)=p・B(n)が成り立つものとして解くのでしょうか。 長ったらしい質問で申し訳ありませんが、もう少しで基本が掴めそうなので、駄目押しのご回答を下さい。宜しくお願いします。

  • 微分方程式との類似、漸化式a[n+1]+p*a[n]=Q(n)

    よく知られていますように、微分方程式と漸化式は似ています。 微分方程式 (dy/dx)+ay=Q(x) の一般解は、 y=e^(-ax) {∫e^(ax)Q(x)dx+C} となるようです。 http://www12.plala.or.jp/ksp/mathInPhys/constOneLinearDiffEq/ を参照しました。 では、漸化式 a[n+1]+p*a[n]=Q(n) の一般解はどのように表されるのでしょうか? Q(n)が0や定数や一次関数のときは、高校数学でよく扱われる漸化式ですが、一般の関数(多項式とも限らない)のときはどのように表されるのでしょうか?

  • だれか漸化式について教えてください。

    もういい中年なのですが昔数学で苦手だった分野を 勉強しています。 いま『なるほど高校数学 数列の物語』と云う本を読んでいます。  漸化式のところでつまずいて前に進めません。  どなたか教えてもらえないでしょうか。  &#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;  初項がA1、An+1=PAn+Q n>1 P、Qは定数  の漸化式で確認しておきましょう。  An+1&#65293;α=P(An&#65293;α) つまり An+1=PAn&#65293;Pα+α  と与えられた漸化式       An+1=PAn+Q  を見て、定数項を比べると   Q=&#65293;Pα+α=α(1&#65293;P)  となり、この式から       α=Q/(1&#65293;P)・・・・・(1)  とすればよいことが判ります。このとき数列{An&#65293;α}は  An+1&#65293;α=P(An&#65293;α)より、公比Pの等比数列となり、その  初項は   A1&#65293;α=A1&#65293;Q/(1&#65293;P)・・・・・・・(2)  なので   An&#65293;Q/(1&#65293;P)=(A1&#65293;Q/(1&#65293;P))×Pのn-1乗・・・・(3)  よって   An=(A1&#65293;Q/(1&#65293;P))×Pのn-1乗+Q/(1&#65293;P)・・・・・(4)    と一般項が求まります。  &#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;  数列{An&#65293;α}の公比はPになることは直感的に判るのですが  初項はどうして求めるのだろうかと思って読んでいたのですが  最後に求まったのはAnの一般項でした。  それに(4)式にn=1を代入して出てくるのはA1で当たり前の結果  です。  ここでの漸化式はAn+1&#65293;α=P(An&#65293;α)の形式に持ち込めたら  公比Pの等比数列の公式をあてはめることが出来てnの一般項  が求まると云う主旨かと思うのですが、説明の流れがいまひとつ  つかめません。  解説のほどよろしくお願いいたします。    

  • 漸化式を解く問題なのですが。

    この漸化式、nに具体的に数値をいれていくと簡単に法則性が見つかって、数学的帰納法で一般項は出るのですが。 式変形をして等比数列の形に持って行って解くなどの解き方はありませんかね? 言い換えると 具体的に数値代入→規則性発見→帰納法で証明 以外の一般項の導き方はありませんか?

  • 3項間漸化式

    f(1)=2,f(2)=5 f(k+2)=2f(k+1)-f(k)の3項間漸化式からf(k)の一般項を求めるとき、 t^2=2t-1から、 t=1で重解であるから、 f(k+2)-f(k)=f(k+1)-f(k) となると思うのですが、 これは、初項3で、公差1の等差数列ということなのでしょうか? f(k+1)-f(k)=3・1^n-1=3ですが、ここからどのように考えたらいいでしょうか? よろしくお願いします。

  • 数列 漸化式

    A(n+1)=2A(n)+n (初項A(1)=1) という数列があるとします。 この一般項の形を求めるのに、この漸化式を満たす数列{B(n)}=αn+βを設定して、 この漸化式に代入、恒等式から{B(n)=-n-1}がわかります。 この{B(n)}の式が最初の漸化式を満たすわけですから、 A(n+1)=2A(n)+n B(n+1)=2B(n)+nの両辺を引いて A(n+1)-B(n+1)=2(A(n)-B(n))という等比数列が成り立つので、 A(n)=3*(2のn-1乗)-n-1   となると思うのですが、 ここから質問です。 なぜ最初の漸化式を満たした、B(n)=-n-1 と これまた漸化式を満たしている、A(n)=3*(2のn-1乗)-n-1 が異なっているのでしょうか? 回答お願いいたします。

  • 隣接3項間の漸化式

    隣接3項間の漸化式についてです。 一般項はanとすると見にくいのでAnとします。 An+2+pAn+1+qAn=0 (p,qは定数) から場合分けして解いていきますが、これは=0の時しか使えないのでしょうか?

  • 以下の漸化式について

    以下の漸化式について x_n+3=3x_n+2-2x_n+1-x_n, n=0,1,...,6 この式の解集合Sの次元が3である.Sの1次元ベクトル空間への直和分解を1つ示せ. この問題がどうしても解けなくて困っています. そもそも漸化式の解集合の次元が3であるというところからよくわかりません. また直和分解の方法というところも文献等読んでも詳しく記載されていないのです. 誰か分かる方いらっしゃったらぜひとも教えて下さい.よろしくお願いします.

  • 高校二年・漸化式の変形

    高校二年の数学Bで、漸化式の変形について質問です。 以下aの右側の≪≫内は小さく右下についているものとして見て下さい。 「一般にp,qが定数でp≠1のとき、漸化式  a≪n≫=pa≪n≫+q を  a≪n+1≫-k=p(a≪n≫-k) と変形できたとすると、数列a≪n≫の各項から定数kを引いた数列{a≪n≫-k}は公比pの等差数列となることが分かる」 という文章がありました。 この文章の意味がさっぱりわかりません。 どなたかわかりやすく説明頂けませんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 漸化式について

    高校生のものです。 a(1)=1、a(n+1)=Σka(k)という漸化式があるとき、Σk/a(k+1)の値を求めよ。という問題がありました。 ただしΣの範囲はk=1からnまでです。 まずa(n)を求めるとn≧2のとき、a(n)=n!/2という数列が出てきます。 次にΣk/a(k+1)を求めるために、出したa(n)を代入すると、2Σk/(k+1)!と変形できますが、ここらからはどうすればよいのでしょうか?