• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「化石燃料」について教えてください。

以前 「石油」は恐竜の絶滅により地下で油となった。 「石炭」は地球が隕石の衝突で火達磨になったとき地球上の森林が木炭になり化石化した。(これはなんかわかる気がする) と言うことをどこかで教わったことがあります。今更ながら素朴すぎる疑問というか愚問ではありますが、 「石油」について、これはホントなのでしょうか? 疑問1:油は水に浮く性質なのに何故海底地下に埋蔵されているのか? つまり恐竜は地上で絶滅したのに何故海底の下の更に地下に燃料となるものが入り込むことが出来るのか? 仮に海底生物が燃料化したにせよ同じ疑問が浮かびます。 疑問2:大変不謹慎と承知の上での疑問なのですが、2年ほど前東南アジアで大津波があったとき、20万人以上の人が海にさらわれてしまい帰らぬ命となってしまいましたが、あの被害に遭われた方たちはサメにかじられてしまう以外、化石燃料の一部と化していくのでしょうか? 教えてください、宜しくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数438
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

 疑問1についてです。  まず、動植物性プランクトンが死に、その死骸が海底に堆積します。そして、時間の経過とともに、様々な物質が堆積し、地層ができます。その地層の中で、考えられないような長い時間圧迫され、石油ができたのです。はじめから、油の姿であったわけではなく、岩盤に閉じ込められてから、石油となったと考えられます。だから、海底に石油があったとしても、浮いてこないのだの思います。  次に、疑問2についてです。  自信はありませんが、おそらく化石燃料とはならないと思います。動植物性プランクトンは、原始の地球で、とてつもなく長い時間、代々死骸が積もって、「石油の源」となる層が形成されましたが、被害に遭われた方のご遺体が、延々と堆積するわけではないので、「石油の源」となる層は形成されません。  参考にしてください。  また、ウィキペディアの「化石燃料」のページが参考になると思います。

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%96%E7%9F%B3%E7%87%83%E6%96%99

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただき有難うございました。 資料参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 化石燃料のある場所

    化石燃料は地球のどこから採掘できるのでしょうか?石油、石炭、天然ガスとも海底から採掘するのでしょうか?海底以外からも化石燃料は採掘できるのでしょうか?

  • 化石燃料の枯渇問題について

    化石燃料の枯渇問題に関すること、なら何でもいいです。情報下さい。 現在の埋蔵量や、枯渇予想年数や、今後石油に変わる資源など詳しく教えていただければ光栄です。 化石燃料についてならなんでも結構なので、石油だけにこだわりません。

  • 化石燃料ってなんですか?

    いままで化石燃料とは、石油、石炭、天然ガス、のことだと思っていました。しかし、石油や天然ガスは化石燃料ではない、という噂を小耳にはさみました。生成の方法で異なるらしいのですが・・・。よく分からないので、何かこのことに関して知っている方は詳しく教えて下さい。参考文献やURLもよろしくおねがいします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

>「石油」は恐竜の絶滅により地下で油となった。「石炭」は地球が隕石の衝突で火達磨になったとき地球上の森林が木炭になり化石化した。 これはどちらもうそです。だれがそんなばかげたことをあなたに教えたのでしょうか。(笑) 石油はプランクトンなどの微生物が海底に堆積して、その上に土砂などが堆積し、何万年もかかって地熱や圧力により変化してできたものといわれています。(地球の深部から湧き出ているとの説もあります)石炭も木が同じように変化してできたものですが隕石とは関係がありません。 疑問1.石油は微生物が堆積したあと、その上に厚い砂や泥で覆われたため地下にあります。もちろん地表に浮かんでくるものもあったでしょうが、蒸発したり微生物によって分解されてしまうので消えてしまいます。しかし、石油の上にたまたま厚い岩盤が帽子のように覆いかぶさった場合は石油が逃げずに今まで地下に残っています。この岩盤に孔を開けて石油を汲み上げているのが油田です。 疑問2.人間は微生物ではありませんから、残念ながら(?)化石燃料にはなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さすがご専門の方ですね、大変よくわかりました。 回答に大変満足いたしております。有難うございました。 微生物と言っても、ものすごいパワーを秘めたものがいるんですね。 海底深くで石油となってしまった微生物はほぼ同種類のもので大量にしかも同時に岩盤などに閉じ込められたということですね。そのときどんな天変地異が起きたというんでしょうか? なんか想像もつきませんね。現代でも同じような現象が海の中では続いていて、数億年後にはまたそれが石油となるようなことがあるのでしょうか? でもこの日本には間違いなく私と同じ思い込みや間違った教育を受けているものがいると思います。すくなくともわたしは数十年間思い込んでまいりました。

  • 回答No.4
noname#26663
noname#26663

動物の死骸はメタンガスを発生します。 多くの学者が化石燃料と考えているようなのですが、 一部の学者は、地球内部より発生すると考えています。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E6%B2%B9 結局、化石の地層も地球の一部です。両方の相乗効果である可能性も あります。^_^; 火星に石油が有るか無いかで大体分かってくると思います。^^

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

火星に石油。。。ですか。 火星に石油があれば温室効果で雨を降らしたりすることが出来るかも知れませんね。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

う~ん, 石炭の方があやしい.... 「地球が隕石の衝突で火達磨になった」のって, いつだ? 顕生累代においてそんなことはないと思うんだが....

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただき有難うございました。

  • 回答No.1
  • x1va
  • ベストアンサー率26% (802/3006)

海底油田がある場所はかつては陸地であり、地殻変動によって現在は海底にあると考えればおかしな話ではないと思います。ほとんどが大陸棚などの比較的陸地に近い浅いところにあるようですし。 つまり、海洋生物の死骸が元になっているわけではないということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただき有難うございました。

関連するQ&A

  • 埋蔵化石燃料の消費について

    埋蔵化石燃料の消費により大気中の酸素は失われないと聞きましたが、なぜなのでしょうか?埋蔵化石燃料といったらやはり石炭を思い浮かべますが、これらを消費するということは燃焼によるものではないのでしょうか? 分かる方、説明よろしくお願いします。

  • 化石燃料について

    化石燃料とは、植物や動物などの死骸が堆積したものだと習いました。 土壌微生物によって分解されて、死骸の中にある炭素は二酸化炭素として大気中に放出されるということと併せて考えますと、死骸の一部が分解されずに残って、現在人間が使用している石油などの化石燃料になったということでしょうか。 わかる方、回答よろしくお願いします。

  • 炭化水素燃料と化石燃料の違い

    炭化水素燃料と、化石燃料について、それぞれ、具体的にどういうものか、簡単に教えてください。 (例) 化石燃料=石油や石炭 / 炭化水素燃料=○○や△△ のように、簡単にして教えていただけるとありがたいです。 よろしくお願いします

  • 化石燃料

    自分が子供の頃に化石燃料の石油やガソリンはあと50年とかでなくなるって授業 で受けた記憶があります それから20年以上経って今の小学生の授業でもあと50年とか60年で底を尽きるって言う 一向に減ってないやん! 結局なくなる事ってないんではないですか? また10年20年だってもまだ50年は取れるとかって感じになるじゃないですか?

  • 今の化石燃料採掘フィーバーについて

    日本ではメタンハイドレード、アメリカではシェールガスやカナダから石油のパイプラインを敷設したりと化石燃料フィーバーに沸きあがっている。 確か化石燃料を止めてCO2を削減しようとしてハイブリッドカーやら電気自動車やらの開発が進められていたのではないだろうか。 元々私自身は地球温暖化CO2主犯説には懐疑的的でしたがメディアではまるでそれが常識の如く流布されていますがこのアメリカや日本の傾向との間の矛盾をどう捕らえているのでしょうか。

  • 北極圏の化石燃料資源

    北極圏の天然ガス、石油資源開発ロシア、ノルウェーがしのぎを競っているそうです。そこで疑問ですが、化石燃料は、古生代のシダ類が変化したもだと思っています。北極圏にシダ類があったのですか。どうして天然ガス、油田があるのですか。

  • ドイツはこの冬の電力は 化石燃料とフランス原発

    フランスが原発で作る電気を買うのですか。それともガスや石油等の化石燃料で発電するのでしょうか。

  • 地球温暖化の原因として二酸化炭素が問題とされており、化石燃料の消費を抑

    地球温暖化の原因として二酸化炭素が問題とされており、化石燃料の消費を抑制すべきと言われています。しかしながら石油(原油)はガソリンや重油以外にもポリエチレン等のさまざまな重要な化学製品の原材料であり、これらが不要になる事はありえません。従って石油はこれからも採掘され続けるわけですが、精製の過程で地球環境に悪影響を及ぼすCO2発生源の化石燃料のみを除外する事が出来るのでしょうか?もし除外出来ないのであれば、同時に精製されてしまう訳ですからこれを自動車等の燃料として使わずにCO2が発生しない何かに使用しなければならない訳ですが、どういう可能性があるのでしょうか?それが出来なければ燃やしてしまうという事になってわざわざハイブリッド車や電気自動車に代替させる意味はないような気がしますが、、。どなたかよろしくご教示下さい。

  • 発電も含む化石燃料の猶予

    震災における日本の原発停止における多くの火力発電所 再稼動や、自家発電の急増、 また、それによる節電による電気使用からガス使用へのシフト その他、途上発展国の急成長等や、日本等を除く 世界的な人口増加による各種化石燃料 (石炭、石油、天然ガス、及び近年利用検討されている  メタンハイドレートや、シェールガス)の使用猶予は どれぐらいになるでしょうか? よろしくお願いします。

  • 化石燃料が枯渇して百年、太陽光発電主流の世界

    妄想してました。 容易に回収できる化石燃料がなくなって太陽光発電が主流になった世界では、 夜間の揚水発電は消防や警察や病院など社会的インフラのみに限定的に供給され、 夜は居酒屋もコンビニもシャッターが閉まってて車も警察車両や救急車以外は見ない。 夜間、自衛隊の輸送機が上空から写真を撮ったら、世界中が現代の北朝鮮みたいな真っ暗な画像になっている。 人類の繁栄は化石燃料が安定供給されてる今が最大ですか? この未来予想について勘違いや誤りがあったら指摘や訂正をお願いします。 石油やウランが尽きたあと、何十年も時間が過ぎて落ち着いた世界はどんな場所なのか知りたいです。