• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

発電も含む化石燃料の猶予

震災における日本の原発停止における多くの火力発電所 再稼動や、自家発電の急増、 また、それによる節電による電気使用からガス使用へのシフト その他、途上発展国の急成長等や、日本等を除く 世界的な人口増加による各種化石燃料 (石炭、石油、天然ガス、及び近年利用検討されている  メタンハイドレートや、シェールガス)の使用猶予は どれぐらいになるでしょうか? よろしくお願いします。

  • ymda
  • お礼率60% (1820/2985)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数321
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

化石燃料の埋蔵量には色々な種類があり、発見されている全ての量を言う究極埋蔵量と、現在の売買価格と技術を合わせ考えて採取可能と考える量の可採埋蔵量が良く使われます。 可採埋蔵量はエネルギー価格が上がると増えるので、使用猶予と言う事からは究極埋蔵量が対象になるかも知れません。 2008年時点の可採埋蔵量と一次エネルギー全消費量で計算した寿命は66年、究極埋蔵量では918年と言う計算結果がある様です。 この場合の一次エネルギーには化石燃料以外も含まれるので、その計算はもう少し長くなるのですが、その後シェールガス開発と言う大きな変化が発生しました。 天然ガスについて新しい採取法でガスが得られる新田が、2009年の一部地域の調査だけで今までの世界中の埋蔵量以上に発見されたのです。 また海底油田もメキシコ湾の事故以降も新しく発見が続き、石油埋蔵量自体も可採で5割増は下らないとされています。 ですから化石燃料寿命の計算はもっと伸びて、無くなる事を気にするレベルではありません。 勿論、人口増や開発途上国の一人当たりのエネルギー使用増は、そのまま続けば資源寿命を減らす要因ではありますが、需要が増えればエネルギー価格が上昇し、既に可採埋蔵量に算入され始めたオイルサンドだけでなく、オリノコ原油やオイルシェールと言った採取コストが掛かる新資源も「埋蔵量」に追加されるので、燃やすものが無くなる事はないでしょう。 むしろ燃やし続ける影響の方が、人類存続にとっては問題になると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >2008年時点の可採埋蔵量と一次エネルギー全消費量で計算した寿命は66年、究極埋蔵量では918年と言う計算結果がある様です。 その他含まない一次エネルギー全消費量は、当時の私の 寿命より少し長いような感じがしましたが、震災によって この一次エネルギーだけはやはり微妙な問題がありますね。 とはいえ、その他や、新しい取得法ので、29世紀ぐらいまでは ぎりぎり持つと考えていいと思っていいでしょうね。 (っていっても、私はそこまでいきていないでしょうが) >むしろ燃やし続ける影響の方が、人類存続にとっては問題になると思います。 確かに、例をとってCo2 の「C」をいかに取り除く技術が 進化して、かつ全世界に浸透しない限り 確かに人類存続の問題になりますね。 それ以外にも、温暖効果ガス以外にも、地球がごくわずかに 太陽に近づきつつあり、かつ、太陽がごくわずかに肥大化 しつつあることも考慮すると、たとえいずれかは、 ものすごく将来に地球が高熱化することが考えられますね。 たとえでいえば、日本に「冬」という季節が、ものすごく将来に なくなってしまうぐらいの自体になってしまうかもしれませんね。

関連するQ&A

  • 化石燃料ってなんですか?

    いままで化石燃料とは、石油、石炭、天然ガス、のことだと思っていました。しかし、石油や天然ガスは化石燃料ではない、という噂を小耳にはさみました。生成の方法で異なるらしいのですが・・・。よく分からないので、何かこのことに関して知っている方は詳しく教えて下さい。参考文献やURLもよろしくおねがいします。

  • 化石燃料のある場所

    化石燃料は地球のどこから採掘できるのでしょうか?石油、石炭、天然ガスとも海底から採掘するのでしょうか?海底以外からも化石燃料は採掘できるのでしょうか?

  • 化石燃料発電と原子力発電の違い

    先日、「TVタックル」という番組で 原発再稼動の是非についての討論を見ました。 その際に感じた疑問について質問させて下さい。 "原子力発電で生じるリスクは、化石燃料発電では生じないのか" "化石燃料発電で生じるリスクは、原子力発電では生じないのか" という点です。 もちろん程度の差はあるでしょうが、 果たして反対・賛成の理由として正しいのでしょうか? 番組内で原子力発電の問題とされた点・・・ 安全性/原子力ムラ/ 電源三法(交付金、居住人口の抑制)/核廃棄物 番組内で化石燃料発電の問題とされた点・・・ LNG輸入コスト/供給量不足/ ホルムズ海峡封鎖/原発技術の衰退 同番組をご覧になられていない方には 分かりづらいかもしれませんが、 番組内で出た問題点でなくても構いません。 そもそも、それって問題?ていう話でもOKです。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • wiz0009
  • ベストアンサー率22% (107/474)

「化石燃料」という定義であれば#1の方の通りです。 ただ、石炭やガスでは自動車は走れないし、 多くの生産工場も稼働できなくなりますからね。 石油に限ると2007年度末の可採年数予測は41.6年です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 水素自動車とかも開発されていますから、 もしかしたら、将来のエネルギー向けの 自動車用のエンジンが 開発されるかもしれませんね。

関連するQ&A

  • 今の化石燃料採掘フィーバーについて

    日本ではメタンハイドレード、アメリカではシェールガスやカナダから石油のパイプラインを敷設したりと化石燃料フィーバーに沸きあがっている。 確か化石燃料を止めてCO2を削減しようとしてハイブリッドカーやら電気自動車やらの開発が進められていたのではないだろうか。 元々私自身は地球温暖化CO2主犯説には懐疑的的でしたがメディアではまるでそれが常識の如く流布されていますがこのアメリカや日本の傾向との間の矛盾をどう捕らえているのでしょうか。

  • 化石燃料、完全枯渇、人類は生存出来ますか?

    現代社会において、車、飛行機、船と言う移動手段の道具は、無くてはならないものですし、私は、もしかすると、それらが無ければ、現代人は生存できないのでは?と思ってます。 しかも、これらは、全て、化石燃料エネルギーによって、動いています。 現在、代替エネルギーと呼ばれる、太陽光、原子力、風などなど、、発電所としては、多少の差こそあれ、実用化されています。 しかし、代替エネルギー単独で使用の移動手段道具としては、極端な例外を除いて、実用化されていないようです。 もっと言えば、その発電所を建設するのに、かなりの化石燃料を使用していますね。 もっとも原子力旅客飛行機など、私は、実用化されても、乗りたくないですが。。。 化石燃料が枯渇すれば、温暖化問題は、解決しそうですが、現代人は、生存できないのでは?と思うのですが、どうでしょうか? それとも、人類は、化石エネルギー発見以前の暮らしに戻るのでしょうか? 化石燃料は、さすがに私の寿命中では、枯渇しない気がしますが、遠くない将来、枯渇するのは確実ですし、子孫の事を考えるのも必要かと思いまして、質問してみました。

  • 飛行機の燃料は電気ではダメですよね?

    地球温暖化対策として様々なクリーンエネルギーが開発されており、 実用化されようとしていますが、それらは全て発電方法の開発ですよね? 化石燃料を使わない発電方法が実用化されても飛行機は電気では飛べないですよね。 他にも電気では使えないものがたくさんあると思います。 やはり化石燃料の使用をゼロにすることはできないのでしょうか?

  • 太陽光発電に他の電力の同時買取りは可能か。

    太陽光発電が流行っているが、他の電力、例えば風力、水力等の再生利用可能エネルギーで発電したものや、化石燃料などの天然ガスの発電したものを、太陽光発電買取りシステムを利用して買取りしてもらうことは可能でしょうか。

  • 将来のエネルギーおよび環境問題の解決法

    現在の日本ではエネルギー資源を海外からの輸入に頼っていますが,将来的に石油や石炭,天然ガス等のエネルギーが枯渇してしまいます.よって,何かよい解決法はないものでしょうか. また,それにともない,エネルギーを使用する際に化石燃料の消費により環境を悪化させますが,それを食いとどめる有効な手段はありませんでしょうか? 回答よろしくお願いします.

  • 太陽光発電が既存の発電に及ぼすメリット

    昨今の新聞によれば、太陽光発電は大変な勢いで増えて今では原子力発電の3-4基分相当(300万~400万kW)になり、需給が逼迫する夏場の高温期のピーク電力の緩和に寄与しているとのことです。電力会社の基幹発電は化石燃料(天然ガス、石油、石炭)により蒸気を発生させタービンを回して発電しております。水を沸かして高温・高圧の蒸気を発生させるまでには相当の時間が必要となります。一方、太陽光発電は日照により瞬間的に変動します。このことから、太陽光発電は根本的な解決手段にはならないと思うのですが。すなわち、基幹発電は雨天など考慮すると、フル発電していないといけないのでは?太陽光発電は地球に優しいなど単純すぎる気がしますが。勿論、各家庭で太陽光発電と蓄電がペアで機能するようになれば、基幹発電を減らすことが可能になると思うのですが。お分かりの方、素人にでも分かるよう、お教えください。

  • エネルギー資源

    石炭、鉄鉱、原油、天然ガス、鉄鋼、ボーキサイトの各産出、輸出の多い国ベスト3。 それらのエネルギーの日本の輸入相手国ベスト3が知りたいです。 また、鉄鋼、鉄鉱、ボーキサイトは化石燃料に含まれますか? 調べてもわからなかったのでよろしくお願いします。

  • 火力発電のメリット・デメリット

    火力発電のメリットとデメリットについて 調べているのですが、下記以外に何かありませんか? メリット 発電出力をコントロールしやすい 発電量がほかに比べ多い 原子力発電よりも設備が単純 建設費が安い 石油や天然ガスは取りあつかいやすい 発電量が多い 安いコスト、狭い土地でも発電所が建設可能。 使用する燃料は多様 発電量 必要にあわせて出力調整ができる デメリット 二酸化炭素を排出する。 化石(石炭)に限りがある CO2排出量が多い 資源に限りがある。 燃料に限りがある 石炭を燃やす際にも、ウランやトリウムが排出される 燃料は中東から輸入しているため、国際情勢によって供給が不安定になる可能性がある。 発電の際に海水を使うため使った後の温度が高くそのまま放水すると環境に悪い 燃料は日本国内でまかなえないため輸入に依存する 環境対策費がかかる よろしくお願いします。

  • 原発反対派が考える理想の発電方法は?

    タイトルどおりなのですが、原発に反対されるグループが考える理想の発電方法は何なのでしょうか?  今、CO2 排出量の削減問題がかなりクローズアップされています。 石油、石炭、天然ガス ・・・ これら化石燃料を使用する火力発電は世界の潮流に逆行する発電方法ですよね? となると、火力発電は真っ先に×。 でも水力発電となると、まず自然破壊が著しいし、ダム建設に適した場所もほとんど無いと聞きます。 で、水力発電も×。 あと考えられるのは風力発電。 ただこれも電力の安定供給となると×。 となると、潮力発電や地熱発電がありますが、現実的ではない(?)。 これらを考えると、現時点では原子力発電しか適当な発電方法は存在しないし、日本の現状を考えれば原発を更に何基か増やすべき、あるいもっと進めて原発に100% 依存する状態になれば、今後エネルギー確保に躍起となる必要は無くなるし、今のような不安定な中東に依存する状態から脱却できるように思うのですが、原発反対派の皆さんはどのように考えておられるのでしょうか? 不要な議論はしたくないので申し上げますが、私は原発推進派でも反対派でもありません。 ただ、今の世界の流れの中で原発以外に何があるのかなと素朴に感じたので質問させて頂きました。

  • エネルギー革命。

    大それたタイトルですが、当方自身アホなもので、お聞きします。先程webのニュースを見ておりますと、アメリカがシェール革命と言われたシェールガスの輸出解禁に向かうそうで(間違ってたらすいません)、何年後かには、サウジアラビアを抜くとの事でした。また、日本では、中国のレアアース規制に対抗した新技術もあり、太平洋岸、日本海側と次々とメタンハイドレートの鉱山が見つかり、開発、掘削技術の向上を急ぐようですが、例えば、現時点ですと、世界中どこの自動車も、ガソリンで走りますが、今後は、日本車はメタンハイドレードで動き、アメリカ車はシェールガスで走ると言った、まったく別の種類の化石燃料で走る事になるのでしょうか?それとも、シェールガス、メタンハイドレートから石油が取り出せ、エネルギー源は変らずに、自動車は走り続けるのでしょうか?極端な例かも知れませんが、日本では軽油が取れ、軽油主体の自動車が発達し、アメリカでは、ガソリンが産出され、ガソリン車が発達したと言った事と同じ気がしますが、こうなると、輸出もへったくれもありませんが、どうなんでしょうか?