• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

化石燃料の枯渇問題について

化石燃料の枯渇問題に関すること、なら何でもいいです。情報下さい。 現在の埋蔵量や、枯渇予想年数や、今後石油に変わる資源など詳しく教えていただければ光栄です。 化石燃料についてならなんでも結構なので、石油だけにこだわりません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ryouchi
  • ベストアンサー率41% (52/125)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いろいろなURLの提供ありがとうございます!なかでも富山大学(?)の環境問題全般に関する内容は大変嬉しかったです。 早くからのご返答誠に有り難うございます!

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

追加 化石燃料をあるだけ使っちゃうと、大気中の二酸化炭素は古生代の状況になります。恐竜の出てくる前の状況で、海面が何mの騒ぎではないでしょう。そこまでいくまえになんとかできないことはないと思いますが、ある程度までいく前に何とかしないと大変なことではあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうなんですか!?それじゃ枯渇とかの問題じゃなく使えないじゃないですか!?(汗)それこそ問題ですよね・・・。枯渇してないのに使えない可能性があるとは・・・。少しビックリです・・・。 回答有難うございます!!返事遅れて申し訳ないです・・・。

  • 回答No.5

埋蔵量、枯渇予想については、未発見の油田の発見で変わってきます。30年前には、「あと30年余り」といわれていました。 水素燃料は、排気ガスも出さないので利そうみたいですが、じゃあ、水素はどこにある、という問題があります。いま考えられているのは、天然ガス(メタン)ですが、これがなくなれば水素もできない。 水の電気分解で水素を作るのでは、エネルギー効率が悪い。(電気自動車の燃料にするならなおさら) なお、古代生物の残した有機物から作られるものはすべて化石燃料であって、恐竜やアンモナイトの化石のように、石になって掘り出すものに限りません。天然ガスみたいな気体も化石燃料です。(古代でなく、現代のゴミからもメタンはとれますが。) 天然ガスについていうと、消費しなくても、出て行くものは空中に出て行くし、温室効果は二酸化炭素より強力なので、むしろ燃やして有効に使った方が良い、という考えもできます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

メタンはオゾンには影響はないのでしょうか??すべてが効率よく燃焼するシステムの構築も必要そうですね・・・。やはり石油は重要ですね。 確かに電気分解では水素の製造効率は悪そうです。他になにか方法が考えられると大変クリーンだと思ったのですが・・・。 返事遅れてしまって申し訳ないです。 ご回答有難うございました!!

  • 回答No.4

 「特命リサーチ200x」ですが、ホームページがあって、調査結果をごく簡単にまとめています。下記FERCのホームページ内の、リサーチデータの中の2000/11/26分を参照してみてください。 科学者はアメリカコーネル大学天文学部のトーマス・ゴールド教授です。

参考URL:
http://www.ntv.co.jp/FERC/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すごい!!探してきていただけると思ってもみませんでした!! でもなぜかモジュールエラーが出てしまって画面が見れません・・・。 みたかった・・・。どうやったらみれるんだろう??(笑) また別のところで質問せなだめですね(笑) 有難うございました!!返事遅れてしまって申し訳ないです。

  • 回答No.3
  • YB-4
  • ベストアンサー率25% (3/12)

石油に変わる燃料。化石燃料ではないですが、「水素」になるんではないかと思います。50CCのバイク、ガソリンだと4~8馬力ぐらい、水素だと20馬力はでるそうです。技術的にも問題ないそうです。環境も汚しませんし(出るのは水だけ)精製コストも安いそうですよ。ガソリン業界の圧力がなければ直ぐにでも実現可能なようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます!! 忙しくて返事遅れてしまったことお詫びします。 水素はそんなに馬力あるんですか!?しらなかった・・・。

  • 回答No.2
  • ueda01
  • ベストアンサー率0% (0/10)

特命リサーチ200X見た?以前にやってたような気がします、確か石油は化石ではなく地下から沸いているらしいのです、(ホンマかいな?) 化石のないところで(深いところ)石油が沸いたらしいのです。誰やったっけ科学者が『500年分はあります。』と言っていたな~。 石油以外のも燃料はいくらでもあります。メタンハイドレートなど日本近海にもあります。バミューダトライアングルのあれです。化石燃料は大気を汚すので水素や天然ガスがいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すいません。特命リサーチみてません。石油が化石ではなく地下から沸いてるっていうのは信憑性はあるのですか??もし本当なら非常に興味深いです。しかも500年分・・・。どなたかそれに関して詳しいことしってらっしゃる方いませんかね??(笑)すごく知りたいです。 で、勉強不足でバミューダトライアングルっていうのを聞いたことないのですが。メタンハイドレートも天然ガスの一種ですか?全てが知らない情報だったので大変参考になりそうです!ありがとうございました(^-^)

関連するQ&A

  • 石油の枯渇

    環境影響を評価する際、化石燃料の使用はCO2排出量が増え地球の温暖化に繋がる。更に天然資源の枯渇に繋がり環境影響が大きいと評価されているケースを多く見聞きしますが、どうも違和感を覚えます。石油の埋蔵量が少なくなりこのペースで使い続けると何れ枯渇することは理解できますが、環境問題とどう結びつけて理解すればよいのでしょうか?代替資材がないままに石油がなくなることは現状の生活を維持できなくなることを意味し不便な時代になることは明らかですが、環境への影響がよく解りません。どなたかこの疑問に応えていただけませんか?

  • 化石燃料業界の今後

     化石燃料の資源枯渇が叫ばれるようになって久しいですが、例えば日石三菱さんとかそういう企業って、今後どのような事業展開を考えているのでしょうか?  何か知っている方、教えてください。

  • 化石燃料、完全枯渇、人類は生存出来ますか?

    現代社会において、車、飛行機、船と言う移動手段の道具は、無くてはならないものですし、私は、もしかすると、それらが無ければ、現代人は生存できないのでは?と思ってます。 しかも、これらは、全て、化石燃料エネルギーによって、動いています。 現在、代替エネルギーと呼ばれる、太陽光、原子力、風などなど、、発電所としては、多少の差こそあれ、実用化されています。 しかし、代替エネルギー単独で使用の移動手段道具としては、極端な例外を除いて、実用化されていないようです。 もっと言えば、その発電所を建設するのに、かなりの化石燃料を使用していますね。 もっとも原子力旅客飛行機など、私は、実用化されても、乗りたくないですが。。。 化石燃料が枯渇すれば、温暖化問題は、解決しそうですが、現代人は、生存できないのでは?と思うのですが、どうでしょうか? それとも、人類は、化石エネルギー発見以前の暮らしに戻るのでしょうか? 化石燃料は、さすがに私の寿命中では、枯渇しない気がしますが、遠くない将来、枯渇するのは確実ですし、子孫の事を考えるのも必要かと思いまして、質問してみました。

  • 化石燃料(主に石油)について

    石油ですが、産油国が吸いだしています。 で、昔聞いた話ですが 「石油はあと30年したら枯渇する」 ってありましたよね? 確か30年位前と記憶しています。 そろそろ枯渇してもいいと思うんですが、一向に枯渇するとか、そういう情報がまったくないです。 というか、「あと40年後」とか、今は「あと80年後」なんて言われていたりもします。 中には「永久に産出される」なんて話も。 実際の所はどうなんですか? なぜ何年たっても枯渇の年数が減らないんですか? 実際は何年たったら枯渇するんでしょうか? 石油の消費は中国やインドなどの大国家の近代化で、消費量は30年前より増えているはずです。 よろしくお願いします。

  • 「化石燃料」について教えてください。

    以前 「石油」は恐竜の絶滅により地下で油となった。 「石炭」は地球が隕石の衝突で火達磨になったとき地球上の森林が木炭になり化石化した。(これはなんかわかる気がする) と言うことをどこかで教わったことがあります。今更ながら素朴すぎる疑問というか愚問ではありますが、 「石油」について、これはホントなのでしょうか? 疑問1:油は水に浮く性質なのに何故海底地下に埋蔵されているのか? つまり恐竜は地上で絶滅したのに何故海底の下の更に地下に燃料となるものが入り込むことが出来るのか? 仮に海底生物が燃料化したにせよ同じ疑問が浮かびます。 疑問2:大変不謹慎と承知の上での疑問なのですが、2年ほど前東南アジアで大津波があったとき、20万人以上の人が海にさらわれてしまい帰らぬ命となってしまいましたが、あの被害に遭われた方たちはサメにかじられてしまう以外、化石燃料の一部と化していくのでしょうか? 教えてください、宜しくお願いいたします。

  • 石油 生産可能量と枯渇年数

    http://www.excite.co.jp/News/economy/20071129195900/20071130M20.061.html 上記掲載ニュースより引用。 「石油鉱業連盟は29日、技術的・経済的に生産可能な世界の石油埋蔵量が05年末時点で1兆1138億バレルと、現在の生産量ベースで37.6年分に相当するとの試算をまとめた。5年前の同じ試算に比べ約5年分増えたが、未発見分も加えたうえで石油資源を採取しきってしまうまでの期間を示す「枯渇年数」は68年で11年短くなった。」 とあります。 今のペースで採取し続ければ37.6年でなくなりますよって事ですよね? では枯渇年数も37.6年ではないのですか? 37.6年分が眠っているが、枯渇は68年後という意味が分かりません。 ご教示お願い致しますm(_ _)m

  • 化石燃料について

    化石燃料とは、植物や動物などの死骸が堆積したものだと習いました。 土壌微生物によって分解されて、死骸の中にある炭素は二酸化炭素として大気中に放出されるということと併せて考えますと、死骸の一部が分解されずに残って、現在人間が使用している石油などの化石燃料になったということでしょうか。 わかる方、回答よろしくお願いします。

  • 石油は、本当に枯渇するのか?

    石油埋蔵量は、枯渇するのか? アメリカとサウジアラビアの刷り込みではないでしょうか? 資源はなくなるということは、常識のようですが、本当の本当は、どうなのでしょうか? 長く石油を取り続けているのになくならないではないか。 じつは、石油が貴重なのだということにすれば、値段を永続的に設定できます。 アメリカは、サウジアラビアと日本国の面積ほどの石油関連施設を共同で持っています。 莫大な広さなわけですが、この規模で石油採掘しているのに、なくならないとはどういうことでしょうか?

  • 北極圏の化石燃料資源

    北極圏の天然ガス、石油資源開発ロシア、ノルウェーがしのぎを競っているそうです。そこで疑問ですが、化石燃料は、古生代のシダ類が変化したもだと思っています。北極圏にシダ類があったのですか。どうして天然ガス、油田があるのですか。

  • 石油埋蔵量:今世紀中は枯渇しない?

    Newsweek 誌に、石油埋蔵量の見通しについてかなり楽観論が展開されていて、少なくとも来世紀のはじめくらいまで枯渇しないだろうとのことです。テクノロジーの進歩で、採取率が上がるから、だそうです。 また筆者は、市場の見方では、いつか近く石油価格の暴落が起こると予想しています。一方、ゴールドマンサックスによる見通しだと、石油価格は高止まりのまま続く、とのことです。 実際はどうなのでしょうか?