• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

秘密意匠と意匠法3条の2の関係について.。

先願が秘密意匠である場合、 先願にかかる意匠の部分の意匠についての 後願があり、その後、先願の意匠について、 登録され、20条3項の公報発行がありますが、 後願の扱いはどうなるのでしょう? 1・秘密意匠であろうとなかろうと、先願について公報の発行(20(3))があるので、拒絶される。 2・秘密機関経過まで意匠自体は公開されていないので、意匠が公開の後、後願が無効理由を持つ。 3・秘密意匠が公開されるまで後願の審理がストップする。 4・その他・・ どうなんでしょう??? 条分だけ見ると1の気がしますが・・・ 非公開の物を先願として排除されるのも変な気がします。 宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

>20条3項については4項(⇒4号の間違いとする)の公開があったとき、その公開要件が満たされたと読むべき とありますが、4号が公開された時(秘密請求期間終了後の公開時)まで3の2の適用がなくて後願出願人の審査がストップするのはおかしい気がします(憶測です)。先願はすでに登録されているので、すぐにでも後願拒絶してやらないと、後願出願人は多大な不利益(最大3年待つとか)を被りますし。。 特許の29の2と違うのは、「公知(新規)性の有無」というより、「創作性の有無」を重視していることだと思います。先願が公知でなくても先願に対して創作性なき後願は登録できないといった所だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再び回答ありがとうございます。 創作性の有無を重視すればそういう解釈が自然ですね。 納得がいきました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

実務経験が無いのでわかりませんが、文理解釈上、 秘密意匠でも20条3項4号以外(書誌的事項)は公開されるので(20条4項)、3条の2はその公開時点で適用されるいえ、1の内容通り拒絶理由通知されると思います。 この場合14条4項2号より、後願出願人は長官に先願意匠を開示請求すれば、見る事が可能なので、問題ないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとう御座いました。 やっぱり1が有力なのですか。

質問者からの補足

先日、ある弁理士の人がこういう解釈もあるという話で、 「意匠法上の3の2は公知の拡大だから、 公知になっていない先願によって 後願が排除されるのはおかしい。 また、拒絶を知った第三者が その拒絶原因が「拡大公知」なのに 見れないのもおかしい。 だから、公開された後に効力を有するべきで、 20条3項については4項の公開があったとき、 その公開要件が満たされたと読むべき。」 というお話があり、それもうなずける気がしたのです。

関連するQ&A

  • 意匠法3条の2と秘密意匠

    意匠法3条の2の適用要件に、引例となる先の出願が「20条3項または66条3項の公報に記載されたこと」、とありますが、この先の出願が秘密意匠請求されていた場合、この秘密期間が終了するまで、後願の拒絶査定(拒絶理由通知)はされないのでしょうか? 商標法15条の3の待ち通知のような規定が無い以上、審査の遅延につながるとおもうのですが? ご存じの方がいましたら、お教えください。 よろしくお願いします。

  • 意匠法の新規性喪失の例外

    意匠法4条2項について質問です。 全体意匠の先願が意匠登録され掲載公報発行された場合、 後願に係る部分意匠において、当該掲載公報によって公知に至ったことを「意匠登録を受ける権利を有するものの行為に起因して公知となった」として4条2項の適用をすることはなぜ出来ないのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 特許法第29条の2(拡大先願)について

    特許法第29条の2(拡大先願)についての質問です。 先願Aの出願後、後願Bが出願されたとします(先願Aの明細書等には発明イが記載されており、後願Bの特許請求の範囲には発明イが記載されている。また、発明者および出願人非同一)。 ここで、先願Aが出願公開された日(公開公報が発行された日)と、後願Bの出願日とが同一であった場合、後願Bに対して29条の2は適用されるのでしょうか? 29条の2には、「・・・当該特許出願後に・・・特許公報の発行若しくは出願公開又は・・・」とあります。そのため、時分までも問題となるのではと思い、以下のように考えましたが、私の考え方は合っていますでしょうか?お手数ですが、ご教示頂ければ幸いです。 (私の考え) 「同日でも先願Aの公開時よりも後願Bの出願時のほうが早い場合、後願Bの出願後に先願Aが公開されていることになるので、29条の2が適用される。一方、同日であっても後願Bの出願時よりも先願Aの公開時のほうが早い場合には、29条の2が適用されず29条1項3号が適用される。」

  • 意匠における「利用」(26条)について

    利用関係について疑問が生じましたので、質問させてください。 (1)26条1項、2項によると、(利用関係を経た)後願にかかる意匠権者及び実施権者は、実施をすることができないとあります。 これは、意匠登録はされるものの、実際的に実施をすることが できないということなのでしょうか? (わざわざ実施許諾を得なければいけないような状態で、そもそも なぜ登録はされるのでしょうか・・・。) また、登録査定のときに、「利用関係を経て登録されたものだから実施は できない」とか通知をしてもらえるのでしょうか? (2)部品が先願で完成品が後願のような例が利用関係の例として 挙げられていますが、例えば、 フラフープが先願でそのフラフープと酷似した形のハンドルをもつ自動車 が後願となった場合、後願は先願を利用しているとなるのでしょうか。 すなわち、直接は部品、部分とはならないモノとよく似た形状を 部品、部分にもつ完成品は利用関係になってしまうのでしょうか? 他物品だから関係ないかなと思うのですが・・・。

  • 意匠法の抵触について

    意匠法9条の適用有無に関する審査において、後願の意匠登録出願に係る意匠に類似する意匠は審査対象にはなりません。 その結果、以下の2つの意匠が適法に登録されると思います。 (1)先後願の登録意匠の類似範囲が抵触する意匠 (2)先願の登録意匠と同一の意匠、後願の登録意匠と類似の意匠が抵触する意匠 先願優位の原則により、先願権利者は登録意匠と同一、類似の意匠を業として実施する権利を有しますので、後願権利者は(1)と(2)の場合両方、自己の登録意匠に係る意匠について、実施が出来ない範囲があると思います。 (1)については9条の適用を受けず、適法に登録されるため、26条の抵触規定があり、26条の裁定請求も可能です。そのため、後願権利者は自己の登録意匠に係る意匠と同一、類似の範囲で実施が出来るようになります。 しかし(2)についての後願権利者は、(1)と同様に9条の適用を受けず、適用に登録されてしまうにも係らず、26条に規定されていないため、先願権利者に対して裁定請求も出来ず、後願権利者は自己の登録意匠に係る意匠と同一の範囲でしか実施が出来ず、類似範囲は実施出来ないと思いますが、理解は正しいでしょうか。 その場合、(1)の権利者のみ裁定制度により救われて、(2)の権利者が救われないのは不合理だと考えていますが、条文の理解が不足しているようにも思えます。どこに矛盾があるか教えていただけませんでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 29条の2の適用について

    弁理士試験勉強中の身です。よろしくお願いします。 基本的なことだとは思いますが、ぜひ教えていただきたく、よろしくお願いし ます。 29条の2が適用される条件としては、「先願が出願公開されていること」があ ると思いますが、すると、通常なら29条の2で拒絶される後願を出願するとき に、出願とと同時に審査請求して、まだ先願が公開されていない時に(先願の 出願から18ヶ月以内に)、後願の実体審査をした場合、29条の2は適用されない のでしょうか? 後願の実体審査の時にはまだ先願は公開されていないわけで、すなわちひょっ とすると先願は、公開されずに取り下げになる可能性もあるわけで、その場合、 本当に29条の2は適用されないのは明らかです。その可能性をつぶしてから実 体審査するためには、先願の出願から18ヶ月待ってから後願の実体審査をしな けばならず、それも納得できない話です。 しかし、そうすると、29条の2で拒絶がくるのを防ぐために、なるべく早く審 査請求をすべきというテクニックが有効になることになり、先願にとっては、 29条の2の目的のひとつである、「防衛出願の抑止」すなわち、「防衛出願な んかしなくても、明細書に記載した発明を保護する」という肝心の部分が台無 しになってしまいます。 このようなケースの場合、どのように考えたらよいのでしょう?その根拠条文 はどれになるのでしょうか? 申し訳ありませんが、教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。

  • 先願自社特許により後願の他社意匠は防げるのでしょうか?

    大変初歩的な事項なので非常に恥ずかしいのですが、混乱してしまったのでご教示ください。 以前類似のご質問があったようですが(QNo.2827635 意匠登録による公知により後願の特許は防げるか? )、 逆の場合つまり「公開された特許をもとにして後から出願(登録)された意匠をつぶせるか」についての理解は、どのように考えればよいのでしょうか? 1.意匠法第3条の2の記載では、先の意匠登録出願との同一・類似の場合は拒絶理由になるが、特許ではないのでつぶせない。 2.特許法において、後願排除の後願とは特許および実用新案であって、意匠は含まれていないのでつぶせない。 3.特許・意匠の区別は関係なく、単純に公開特許となっているので公知であるから、該意匠はつぶせる。 など。 特許記載と意匠の差、公知がきちんと理解できていないのが原因だと自覚していますが、ご教示よろしくお願い致します。

  • 意29条の2

    意29条の2で、「自らその意匠又はこれに類似する 意匠について意匠登録出願し」とあります。 この部分は、「仮に自己の出願が登録されたら当該他人 の出願が9条関係で拒絶されるべき関係」と理解してい ます。 一方で、受験新報42号に記載の添削教室の答案例には ・他人が部分意匠の後願 ・自分が全体意匠の先願で拒絶確定 という状況で29条の2の通常実施権が出てきています。 自分の理解と受験新報、どちらが正しいのでしょうか。

  • 意匠法に規定する、著作権との抵触関係について

    意匠法24条1項/2項では、意匠創作前に発生した著作権との抵触関係を規定しており、 その具体例として、漫画のキャラクターを取込んだ意匠の意匠権とその漫画の著作権が 抵触するなどというのがよくあります。 ここで疑問に思うのは、意匠登録出願前にその著作物が公知となっておれば創作容易 (3条2項違反)で拒絶となるため、この抵触関係が発生するのは、出願時にはまだ著作 物が秘蔵で公開されていないレアケースのみではないか?ということです。 宜しくお願いいたします。        

  • 特許法29条の2と出願分割の関係

    初めて質問します。弁理士の勉強を始めたばかりの初心者です。 詳しい方々に、おてすきの折にでもビール片手にご回答頂ければ幸いです。 特許法29条の2は、出願から出願公開までの1年6ヶ月間、特許庁内で秘密にされている先願(特許出願or実用新案出願)に対する新規性の判断ですね。 ただ、分割出願と組み合わされると少し特殊な規定になります。 先願の出願Bがあって、その分割出願B’が、自分の出願Aの後に出願された場合、B’は後願だし、分割出願の要件を満たしているかも判らないので、44条2項の規定で29条の2が適用されません。 ただし分割出願B’が特許されれば、特許法39条1項で自分の特許Aは後願として拒絶されます。 一応納得なんですが、逆に言うと、分割出願B’の処分が確定するまでは、自分の出願Aはいつまでも処分が確定されない事になります。 そうすると、48条の2の優先審査を請求しても、ず~っと処分が確定せずに待たされるのでしょうか? 出願公開を請求して早期に公開し(64条の2)、補償金請求(65条1項)したとしても、特許権の設定の登録がず~っと待たされる(65条2項)ので、請求する自分も、請求される側も、いつまでもハッキリしないで困るという問題があります。 補償金は、場合によってはその企業の業績をひっくり返すくらいの莫大な額になる場合もありえますから、株主にまで影響を与えるので早期に決着すべき問題です。 特許法のほころびでしょうか? 審査請求は他人でも出きるので、特許法は『早く決着したければ、めざわりなB’なんんか、審査請求しちゃいな~』と言っているのでしょうか? 一応、”?”を付けた所が、質問です。 その他の部分で私の解釈に誤りがあれば、ご指摘頂きたいと思います。 P.S. 29条の2関連の質問は過去にも何件かありますが、私の疑問は解なかったので、質問させて頂きました。