• ベストアンサー

EVの充電インフラの今後

トヨタ自動車が2026年以降に普及版の低価格なEVを出してくる様子ですが、問題は充電インフラです。居住する県内の移動ならよいのですが、遠出するときの充電インフラがいつ頃から充実してくるのか気になります。 トヨタがEVを出してくるのは2,3年後ですが、遠出に対応できる充電スタンドが充実してくるのはいつ頃になりそうですか? そういうロードマップはありますか? 今ガソリン車の新車を買ってしまうと3年後に後悔しないかと迷っています。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • oska2
  • ベストアンサー率45% (2207/4896)
回答No.6

>遠出に対応できる充電スタンドが充実してくるのはいつ頃になりそうですか? 自民創価学会連立政権は、2035年にはガソリン・軽油エンジン自動車の新車販売禁止を発表(国際公約)しています。 この政策にもとづいて、高速道路のSAでは強制的に充電設備の設置を厳命しています。 また、道の駅や郊外の大規模施設にも設置を義務付けています。 ※設置団体では予算がないので、なかなか設置されない。^^; 既に電気自動車を販売している日産・三菱では、全国のディーラーに充電設備を設置しています。 ※純正ナビに、充電設備がある(全国各地の)最寄りのディーラーを表示します。 トヨタの場合は、世界的にEV車よりもHV車の販売が伸びています。 ※EV自動車販売は、一部の国を除いて前年度割れ。 ※某国では、生産過剰でEV自動車が数千台新品で廃車になっています。 >今ガソリン車の新車を買ってしまうと3年後に後悔しないかと迷っています。 先に書いた通り、2035年まではガソリン車の販売は続きます。 あせる必要は、ありません。 ガソリンでもEVでもHVでも、自分が気に入った車を買う事です。 余談ですが・・・。 私が乗っているHV車。平均燃費は27.5キロです。^^; 2stバイクよりも、燃費が良いです。

subarist00
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。HV燃費いいですね。 トヨタ自動車が普及版の価格のこなれたEVを2026年以降に出してくるのでもう2年後です。そうなると充電インフラ次第で売れ行きが決まることになり、政府が本腰上げて整備するのなら爆発的に普及するだろうし、逆に国内は充電スタンドがなくて海外でしか売れないようなことになると残念ではあります。 今後電池価格が下がって70kwhとか普通に積むようになると、日帰りの用事ではほとんど自宅充電で済んでしまいますから外で給電するのは遠出にかぎられます。そうなると大都市間の幹線道路に90kmごととか45㎞ごととか一定距離に大量の急速充電器が必要で、逆に町中に給電スタンドなど必要なく駐車場に普通充電器があれば十分です。 なのに今の状況は町中に急速充電スタンドや普通充電器があふれています。大量に補助金使って何をやってるんだろうと思ってみています。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (7)

  • takuyanz3
  • ベストアンサー率31% (10/32)
回答No.8

田舎では複数台の車を所有している家庭が多いです。その1台をEVにして、ランニングコストを抑えたい考えはあると思います。つまり、遠出用と、近所用にする。例として、夫はちょっと大きめのガソリン・ディーゼル車、妻はEV(現在は軽自動車が多い)で家庭の充電設備で十分、200ボルトもかなりな割合で普及しています。田舎では成人している人数分車が必要です。 つまり、維持費が軽自動車より少なければ、外で充電できなくても一定程度需要はあると考えます。

subarist00
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。地方は1人1台ですよね。車で遠出しない女性はEV、遠出する男性はレンジエクステンダーEVという流れになるのかなぁ。でもエンジンで走る限りレンジエクステンダーEVよりは普通のHVのほうが燃費いいので遠出しかしない人には迷惑な話。それに寒冷地では暖房考えても完全EVよりはエンジンの排熱があったほうがありがたいし。 結局HVは2035年以降も主流かなぁ。なんか今とあんまり変わらない気がする。ともかく国には合理的な判断をしてほしいです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • ts0472
  • ベストアンサー率40% (4363/10778)
回答No.7

誰が費用を負担するのか? 各施設が単独で設置するのは負担が大き過ぎると考えています 補助金も出るようですが・・・ トヨタディーラーでさえ急速充電器は1台しか設置していない 急速充電器の設置店を増やす計画はあるものの増台の情報は無い トヨタが来客用駐車スペース全てに設置すべき先駆けも必要と思っています 現金が使えない 充電器に対応したカード(クレジット決済)を持たないと使えない 充電器の設置企業によって利用できるカードが異なる スマホにクレジットカードを連携させないと使えない 利用できるスマホがあればその場で対応アプリをダウンロードしカード登録すればすぐに使えるんでしょうけど 利用者側への利便性も何とかして欲しい気がします

subarist00
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。コストが見合わないのが問題ですよね。急速充電器はかなり高価で車本体だけじゃなくて燃料製造、運搬、貯蔵、補給コストもあわせて社会全体で考えたときにEVがコストに見合うのっていつになるんだろうと思います。結局遠乗り用にレンジエクステンダーEVがいつまでも残るんじゃないかと。 それでもレンジエクステンダーEV廃止してEV一本にしたいのなら、都市間の急速充電器は道路特定財源を使用して国が大量に設置してしまえば済むことです。これは発電所とセットなのでトヨタ一社でできる事じゃありません。国がどうするかにかかっています。そういう意味で国がどうするつもりなんだろう、というのが個人的な疑問でもあります。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.5

ガソリンの給油なら1台当たり3分程度で済みますが,EVの充電は急速充電でも30分かかります。 つまり,ガソリン給油所の10倍の充電スポットが必要になります。 欧州「2035年EV化法案」に急ブレーキかかったのは,雇用問題だけではなくインフラ整備の困難もその理由にあるのではないでしょうか。 例えば……,自分が利用している給油所では8台が一斉に給油できますが,同じ効率で充電するなら80基の急速充電器が必要になります。あまりにも非現実的です。 一戸建ての住宅なら自宅に普通充電器を備えることができるでしょう。それなら,この需要もある程度抑えることも可能でしょうけど。 という判断で,我が家では先月に純エンジン車の新車を購入しました。2035年まであと11年ありますが,日本は何でもダラダラと遅いのであと20年は大丈夫と読んでいます。

subarist00
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。おっしゃる通り、EVは充電時間がかかるのでその分たくさん要ります。しかし、自宅で充電できるので町中にある充電スポットは何のためにあるのか私にはさっぱりわかりません。本来の充電スポットはSAや道の駅など主要幹線道路の脇に一定の距離ごとに集中的に大量にあれば十分だと思います。意外とEVの場合は充電器は長距離走行の中継地だけでいいのではないかと思います。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • FattyBear
  • ベストアンサー率32% (1289/3930)
回答No.4

遠出とは何キロ程度の距離をお考えですか? 現行のEV車は 使い勝手に応じて200kmほどの車種と、400〜500kmほどの車種に二分されるというのが現行のEV車だそうです。 ガソリン車でもハイブリッドなら燃費も良いですよ。 私の車は6人乗りのワゴン車ですが満タンで600Km程度走れます。

subarist00
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。現在はskyactivのアテンザワゴンなので1給油1000㎞余裕で走ります。片道500㎞を不自由なく旅したいですね。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • t_ohta
  • ベストアンサー率38% (5129/13396)
回答No.3

高速道路のSAでは充電インフラの拡充を図っており、今後の計画もある程度は出ています。 https://www.e-nexco.co.jp/pressroom/head_office/2024/0419/00013725.html ただ、現実問題としては足りていないのが現状で、長距離移動の場合はSAで充電の順番待ちがあったり、1回の充電に30分程度掛かるため待ち時間のため移動時間が長くなるなると言った問題は数年では解決しないかもしれませんね。 また、旅行などでホテル等に泊まっている間に充電できればいいですが、宿泊施設の充電設備も1口とか2口しかなくて順番待ちになると言ったことも考えられるので、充電インフラを気にせずBEVに乗れるようになるには10年くらい掛かるかもしれませんね。

subarist00
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。おっしゃる通り、中継地点や宿泊施設での充電が容易になるのがいつ頃なのか次第だと思います。 EVは高速走行すると一気に残量が減るので意外と一般道バイパスでゆっくり旅するのがあっていると思っています。なので一般道の道の駅なんかに大量に設置されるのがいつごろかが気になっています。 高速走行するとkwhあたり5㎞くらいしか走らないので200㎞で40kwh消費します。EVのバッテリーはせいぜい70kwhあたりでしょう。大体180㎞に一つ大きな町があるので、東京博多間では静岡、名古屋、大阪、岡山、広島、小倉が集中充電地域になるのではないかと思います。最初は帰省ラッシュなどでは絶対パンクするでしょうね。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.2

時間の計算と場所の事前チェックさえしておけば、今でも酷い問題はないです。 理由はよくわかりませんが、そこまでEVの車種に拘りがあって、ネックが充電スポットだけなのであれば、EVの車両を購入されればよろしいのでは?

subarist00
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。今乗っておられるみたいですね。いいなぁ。まだ踏み切れないです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • are_2023
  • ベストアンサー率30% (417/1352)
回答No.1

高速道路のSAや道の駅には充電スタンドがあります 大きなショッピングモールにもあります 車を売ってるディーラーにも充電スタンドがあります 田舎や山間部に行かないなら問題はないでしょう それより、充電にかかる時間を計画した旅行を立てるのが大事かと思う 充電スタンドの場所は EV充電マップ https://ev.gogo.gs/map/ ゼンリン充電スタンド地図 https://zenrinevmap.its-mo.com/ EV充電ステーションマップ https://labs.mapple.com/mapplecs.html#8/35.681/139.767 などで調べられます

subarist00
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。あるかないかでいえばありますが、順番待ちが問題ですよね。高速充電器は1か所に一つしかないところも多く、2,3人いたりするとすぐアウトです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • EVへの乗り換え

    トヨタがバイポーラ型LPバッテリーを2027年頃に実用化する見通しになりました。こうなるとEVへの乗り換えが現実的になる気がします。その頃に残っているEVのネックはどんな状況だと思いますか? 電池寿命、車両価格などはガソリン車と変わらなくなります。LFPバッテリーは低温に弱いので寒冷地に行くことがある人には向いていませんが、関東以南の方であれば、急速充電ステーションの数と充電時間くらいだと思いますが。 70kwh積んでくれれば1充電400㎞走れます。30分で80%充電だと100kwの充電器で十分です。それで300万円くらいで出てくれれば、あとは充電スタンドの数だけだと思います。トヨタが本気で国内で売り出せば、国内で充電スタンドも増えるだろうし、そうなれば自分もEVに乗り換えたいですが。 寒冷地の事もあるのでEVに全面的に移行できるかと、いうとそれは難しいかもしれませんね。

  • EVが急速に欧米でブームなのは中韓が暗躍してる?

    ガソリンやディーゼルが空気を汚しているかのようなデマを流してEVが優れていると主張する人がいます。 水素インフラよりも半日以上の時間コンセントを差し続けて充電するEVが便利だとか、太陽光で発電してEVの電池に充電すれば電力インフラが不安定な国でも自動車から家庭の電気を給電できるという荒唐無稽の説もあります。 中国人らが水素自動車の超高度技術に焦ってヨーロッパと組んで日本に嫌がらせをしているのでしょうか?

  • トヨタでEV(電気自動車)を販売するのはいつごろ?

    トヨタでEV(電気自動車)を販売するのはいつごろ? 日産は12月ごろ「リーフ」を出しますが、トヨタも必ず出すと思います。 で、その時期はいつごろでしょうか。 あと1年で車検満了を迎えます。継続して乗るか、リーフにするか、トヨタのEVにするか迷ってます。 トヨタのEVは情報ありませんが、トヨタのことです。リーフの半年か1年後には出すと思ってます。 情報あれば教えてくださいませ。

  • EV 電気自動車 は これからどんな過程を得てどの位の月日を踏んで普及していくと思いますか?

    EV 電気自動車 は これからどんな過程を得てどの位の月日を踏んで普及していくと思いますか? http://jp.youtube.com/watch?v=anwiwIwW-rs http://jp.youtube.com/watch?v=qaWTRStSVzA http://jp.youtube.com/watch?v=95_3c58cjLM http://jp.youtube.com/watch?v=VdBC5a2hQO4&feature=related http://jp.youtube.com/watch?v=XuJgrs7M79g&NR=1 http://jp.youtube.com/watch?v=AAX4NokLf8w&NR=1 http://www.mitsubishi-motors.co.jp/corporate/technology/environment/miev.html 家庭用200/100vで充電できるそうですし、音も静かで、加速性能はターボを超えるということです。 ガソリンも更に値上がりしてしまいそうです。 資源のない日本にとっては、いつまでもガソリンに寄りかかってはいられないと思います。 排ガス問題。温暖化ガス問題。 あなたでしたら、インフラなどもきちんと整備され、EVが普及し始めたなら乗り換えますか? EV 電気自動車は、これから具体的にどの位の年月日を踏んで、具体的にどんな過程を得て、積極的に市場へと投入され、どのように普及していくとあなたは思いますか? 普及するとするならば、何年後と見据えますか? どんな背景を辿ってそこへ行き着くと思いますか? それをあなたは、望みますか? また、EVには、どんな問題が残っていると思いますか?

  • PHVやEVへの充電設備提供ビジネス

    電気事業法で、一定規模以上の発電ビジネスは、地域電力会社にしかできないよう、規制されています。 そこで質問です。 近い将来、コンビニやガソリンスタンドでPHVやEVに充電ができるサービスが始まることが予測されていますが、このようなビジネスは、一定の資本があれば誰でもできるのでしょうか。電気事業法のように、売電ビジネスを規制する法律にひっかからないのでしょうか。

  • やっとでた、軽のEV

    かねてから私が売れると自信をもっていたEVがトヨタから出ました。 スペックを絞って安くする。 1,走行距離は100キロで十分(それ以上走る人は購買する対象にしない) 2,200万程度で買える。 3,充電は100ボルト、家庭電源で受電可、8時間で満タン。 日本で売れている車の約半分が軽自動車、その多くがセカンドカー。つまり、それを満たせば必ず売れる。なぜなら、充電代は絶対ガソリン代よりやすい。 しかし、それで自動車会社が儲かるか?多分、当面は利益はでない。 だから、日本の自動車会社は,トヨタを中心に、ハイブリッドで問題を先送りしようとした。しかし、世界はそれを許さなかった。 日本の会社の問題点が吹き出したと思います。 どう思いますか?

  • 寒冷地におけるEVへの転換は可能ですか?

    最近トヨタが全固体電池の実用化計画を発表して2020年代には数分の充電で500kmと現状のガソリン車に近い性能が実現しそうですが、その際に例えば東北地方や北海道のような寒冷地においてエンジンレスのEVへの転換は可能ですか? あるいは合理的ですか? 完全なEVになると積雪がある地方では低温で電池性能が大きく低下するし、灯油ヒーターか何かを実装しないと暖房ができないと思いますが、そんな事をするくらいなら初めからエンジンでいいじゃないかという話になる気もします。将来的に2040年とかに寒冷地を走る車も本当に完全なEVになるのでしょうか? 実は寒冷地では2050年でもエンジン車だったりするんでしょうか? もし寒冷地でEVにならないとしたら、年に一回でも寒冷地に行く車はエンジンが必須になるので純EVに転換する車の比率は将来的にもかなり少なくなるのではないかと思いますが。

  • 10年後でも、ガソリン車はまだ健全でしょうか? 新

    10年後でも、ガソリン車はまだ健全でしょうか? 新車でもガソリン車は出てきますかね? ハイブリッドカーや電気自動車しか作らなくなったら車好きにとってはちょっと悲しいですよね。ハイブリッドとEVだけになるのはいつ頃ですか?

  • EVの走行距離が500キロをオーバするのはいつ?

    EV(電気自動車)は燃費(電気代)がガソリン車の20%くらいとのことなので、将来はEVに乗りたいと思っています。 急速充電で走行距離500キロが購入のめやすですが、実現に何年くらいかかるでしょうか? (日産のリーフを見ると後2~3年で実現するような気がするのですが)

  • 電気自動車の充電って容易ですか?

    いつもお世話になっています。 電気自動車の充電について教えてください。 電気自動車販売が強化されて行く予定のようです。ガソリンの高騰や排ガスのことを考えると電気自動車の普及は必然の流れかとも思います。 そこで疑問です。電気自動車はバッテリーに充電した電気で動くのでしょう。そうするとバッテリーへの充電作業が当然必要になると思います。 バッテリー充電はガソリン給油のようにスタンドで5分以内で終わるようなものですか? 手軽に充電できないとすると頭打ちになるかなとも考えています。工学に詳しい方宜しくおねがいします。

このQ&Aのポイント
  • 山梨の太陽光発電の事業者が説明会で暴言・恫喝・暴行の現場を撮影された映像がテレビ朝日「モーニングショー」で流されました。
  • 説明会の中で、事業者が女性に対して手を振り上げる行為を行い、まともな討論の意思もなく暴言で相手をねじ伏せる姿が映し出されました。
  • このような行為は冗談ではなく、教育現場においても問題視されるべきです。文部科学省や警察に対して、適切な対応を求める声が高まっています。
回答を見る