• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

財務 問題

  • 質問No.9766847
  • 閲覧数22
  • ありがとう数1
  • 回答数1

お礼率 0% (0/4)

棚卸資産回転率と棚卸資産回転期間に関する記述について、誤っているものは次のうち
どれかを理由をつけて説明しなさい。
(1) 棚卸資産回転率の上昇は、棚卸資産回転期間の短縮と同義である。
(2) 棚卸資産回転率の上昇は、企業の在庫管理の良化及び資産管理運用効率の改善を意
味する。
(3) 不良在庫の発生は、棚卸資産回転期間を長期化させる。
(4) 一般に、受注生産を行っている企業の棚卸資産回転期間は、見込生産を行っている
企業よりも長くなる。
(5) 棚卸資産回転期間が3か月であれば、棚卸資産回転率は4回である。
分かる方お願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 24% (635/2594)

 
(4)が間違い
棚卸資産回転率 = 売上原価 ÷ 棚卸資産
受注生産を行う企業は棚卸資産が少ない
なぜなら在庫を持たないからです、注文が入るまで部品を買わないし、完成品も在庫しない。

上の式から分母の「棚卸資産」が小さくなれば棚卸資産回転率が大きくなるのは算数の問題です
棚卸資産回転率が大きくなれば棚卸資産回転期間は小さくなる
 
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ