• 締切
  • 困ってます

自分のデザイン案を見せること

  • 質問No.9753937
  • 閲覧数122
  • ありがとう数0
  • 回答数2

お礼率 38% (108/283)

グラフィックデザイナーです。
未経験で入社してかれこれ半年ほど経ちました。

4月にグラフィックデザイナーとして入社した、デザインの専門卒の女の子についての悩みです。

仕事でとあるデザインを、私と彼女が作ることになりました。
それぞれがデザインを作って提案して、もちろん選ばれるのはその中の一つです。

緊急事態宣言中でテレワーク中のことでした。

仕事中、私のデザイン案を見て参考にしたいと、彼女からラインが来ました。

一瞬送ろうか悩んだ末、私よりも先輩デザイナーの方がくれたデザイン資料を参考にしたり、先輩デザイナーの方にアドバイスをもらったほうが為になるよ。と、一度断りました。

けれども、どうしても私の案を見て参考にしたいと言われ、色んな葛藤が起こりました。

なぜ私の案にこだわるのか?
私が今作っているデザインを見せて、それを元に同じように作ったとして彼女の案が選ばれることになったら…悔しいなぁ。
でも新人だし、本当に悩んでいるのかも?
私の案を見せても成長にはあまり繋がらないだろうなぁ…。
もちろんお互いデザインの方向性が決まってから見せ合って切磋琢磨ならわかるけど、まだ0の状態で見せるというのはいかがなものか…
私だってデザインの引き出しが沢山あるわけではないし。。

など、ぐるぐる色んなことを考えました。

結局、一番最初に作ったデザイン案を彼女に送りました。けっこう気に入っているデザイン案でしたが先輩デザイナーに見せたら中に使われている写真を別のものに変えたら良いかも?的なことを言われ、私は全く別の案を作って進めることにしたので被ることはないかな…と。
最新の自分の案を送らなかったのは、心が狭かったかなぁと少し心苦しくなりました。

一応先輩デザイナーに、自分の考えた案を送ったことを伝えました。すると、先輩デザイナーが、新人のデザインが最初に作った私の案に似ていて不思議に思っていたので謎が解けた。と言われました。

そんなに似ていた…?

次の日、緊急事態宣言が解除されて出勤に。

彼女のデザインを見てびっくり!

私が参考に送った案とほぼ一緒のデザインでした。先輩デザイナーが不思議に思うのも無理ないなと。

まさか、参考というかほぼ同じ様に作るとは思わなかったので
自分の中のボツ案を送ってしまったことを本当に申し訳なく思いました。
そして、同じように作るのは参考と言えるのだろうか?という疑問も生まれました。
もし最新の案を送っていたら、同じようなデザインになっていたのだろかと。

先輩デザイナーは案を見せ合うことは良いことだと言っており、私もそう思うのですが

最新の案を送らなかった自分と、ほとんど同じようなデザインを作った彼女と

複雑な気持ちでずっとモヤモヤしています。

どうすればよかったのでしょう。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 52% (180/343)

グラフィックデザイナーです、こんにちは。

モヤモヤについては「まあ、わからんでもないな」という印象なのですが、
片方から見た内容ですので、どこまで踏み込んでいいのか、ちょっと悩ましいですね。

さて。

未経験の中途入社とデザイン専門新卒の扱いは、同じと思っていただいて間違い無いです。
ですから年齢とか社会人経験とか、そのようなことは一切考慮せず、どのように動いたかで勤怠・能力評価をします。

最終的な成果物がオーダーに沿いつつも、それを超えたものになっているかどうか、で評価を下すのがわたしたちデザイナーの仕事です。
そして、それを明確な基準をもってジャッジするのはディレクターの仕事です。

なので、同僚が悩んでいるのかとか、なんで見たいと思うのか、みたいなことを思っていられるのは、ずいぶん余裕がある人なんだなあと、そんなことを思いました。

イヤミでも苦言でもなく、目の前の仕事だけに注目する段階であるはずだ、ということをお伝えしたいのです。
未経験なのですよね?
同僚が参考にしたいと言ったことに対して、見せた。
その後のことは気にせずガンガン制作するのが正解でして、案がかぶるとかよりも、1案だけでなく、2案、3案とバリエーションを作るのが正解だとお伝えしたいです。

個人的な感想としては、
同僚の彼女は「盗用」とか「剽窃」したんだねえ、というふうに受け止めます。

でも、それは、その人の将来性を、その人が自分でつぶしているだけのことで、クライアントにはなんの利益も産みません。

専門学校では仲間内でいい案をみんなで作る、といったような仲良しチームがあったかもしれない振る舞いです。
でもそれは、よく似た案しか出てこないクリエイターだね、とクライアントから言われたら次の受注がなくなるものでもあると言っていいでしょう。

まったくそっくりだったときに「誰が誰をパクったのか」とか、そんなことを言う前に、
独自性の無さについて幻滅されることの方が怖いです。

ですから、1案でとどまらず、2案目、3案目を作って、その中からチョイスしてもらう。
そこまでやるのが正解だと、わたしは信じています。

最新の案を見せなかったことについて、何か不思議な引け目を感じておられるようですが、2案、3案作る体質になっていれば、何が最新なのか、何がベストの案なのか、ということにはまったく捉われなくなる、ということも申し添える次第です。

最新でもベストでもなかった。
気に入っていないものを見せた。
そんなものは、個人の中の悩みであって、クライアントの悩みではありません。

クライアントにはクライアントの悩みがあって、それをいろんな切り口で表現するのが私たちの仕事です。
この方向で攻める場合、この部分は捨てなくては意味がない。
捨てる部分をどこにするのか?
それを考えて表現するのがデザイナーです。
同僚の動きは、どうでもいいことです。
部下ではないんですから、上司が決めるものです。

私たちのデザイナーのことは、ディレクターが責任を持つものなんです。

先輩がデザイナーであっても、ディレクションするのであれば、責任は先輩に委ねられるものです。

デザイナーがやるべきことは、引け目など気にせずに、ディレクターに最強の案をぶつけることだけです。
目の前の仕事を、どれだけ幅広く捉えるか?
そして、複数案をつくってぶつける。

どうすればよかったのかという問いには、それしかないという答えをお伝えしたいと思います。

厳しい印象を受けられたかもしれませんが、他人のことは脇において、自分の仕事だけに注力してください。

同僚の女子のことは、上司が処遇を決めます。
他人のことにかまっている余裕はないはずで、それは上司が配慮します。

随分昔の記憶をたどっても、やはりそう思います。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 53% (573/1079)

ビジネス・キャリア カテゴリマスター
>>どうすればよかったのでしょう
 まず重要なのは、貴方はその後輩の女性デザイナーを指導する『先輩』という立場なのか、それともそうした関係にはない『同期』の立場なのかです。

 貴方も未経験での入社、かつ半年程度の経験という事で、後者の『同期』に近いものと推測し、その前提で回答します。
 この場合、貴方としては、自分のデザイン案を見せる前に先輩デザイナーに大してコンタクトし「彼女が~~のように言っているが、今回の案件は相互に案を見せ合って進めるべきでしょうか?」と確認するのがベターでした。

 なぜなら「それぞれがデザインを作って提案して、もちろん選ばれるのはその中の一つ」という進行の形をとった事には、先輩デザイナーとしての何かしらの意図があるかもしれません。それは全く違う価値観でのデザインをコンペしたいのか、2人の現在の実力を見たいのか、色々です。
 例えばですが「同じ職場に居れば何のかんのとお互いのデザインを目にしてしまうけど、今の環境なら純粋に個人のセンスを伺うことが出来るぞ」と考えてそのような進行にしている場合、貴方達が独自に見せ合ってしまっては台無しになるわけです。
 そうした意味では、事後であっても報告した事は正しいと思います。

>>ボツ案を送ってしまったことを本当に申し訳なく思いました
 貴方が申し訳なく思う必要はないです。参考にするだけなら、それが没案であつても最新案であっても構わないわけですからね。
 むしろ参考に、と言って見せてもらったデザインをほぼ踏襲してしまった彼女に、ちょっと問題があるように思えます。
 とは言えこの辺りの指導については先輩デザイナーの仕事でしょうし、彼女がそうした行為を行った事は伝わったわけですから、貴方が心配する事は無いと思いますけど。
関連するQ&A
ページ先頭へ