• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

自己責任

自己責任とは? ジャーナリストが解放される際に、政府が本人か確認するために幾つかの暗号?のような質問をしていたそうですが、ジャーナリスト本人は武装地帯に行くわけだから予め拉致や拘束といった万が一のことに備えて家族との間で質問を準備してたということですね? そういったことまでして覚悟あって仕事で武装地帯に行くわけだから拘束されたからと自己責任扱いするのは疑問。 数ヶ月前にプライベートで北朝鮮に行った日本人がいましたが、それは自己責任ですね? プライベートで行っては行けませんと国が言ったにも関わらず危険な国に行って拘束されたり何らかの被害になれば自己責任ですが、仕事でアクシデントがあれば自己責任なのかと疑問に思います。 例えば、プライベートで興味本位で武装地帯に行くのも、プロの登山家でもないのに素人が不十分な準備で登山して遭難するのも、プロサーファーではないのに良い波が来たからといって波に呑まれるのも自己責任ですね? 解放時に身代金を払ったとかの報道も仕事でアクシデントが起きたから仕方がないということ。 擁護するつもりはありませんが「自己責任」という言葉に腑に落ちないというか違和感があります。 自己責任の定義とは?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数192
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • okvaio
  • ベストアンサー率31% (973/3112)

「自己責任」とは、他人に迷惑掛けずに、自分の責任の範疇で 総てを完結することです。 ですから、運悪く死亡し、自己で行動が不能な状態でも、 遺体を捜索、回収、家族への引き渡し一切までを自分の責任で 予め第三者を雇い、契約に従って行動させ、完結させることです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 自己責任の定義

    自己責任の定義 「自分の行動には責任や過失が存在すること」 知識不足ですが、例えば、登山家が遭難に遭ったり熊に襲われたら自己責任なのか労災のような扱いになるのか? プロサーファーが溺れたり鮫に襲われたら自己責任になるのか?労災になるのか? ジャーナリストが知らぬ間に蟻地獄に落ち、拘束されたら自己責任になるのか? バス運転手やタクシードライバーが事故を起こしたら自己責任ですか? 保険が適用されて自己責任ではないですか? 例えば、雨の日に傘もささずに外出から帰宅。 シャワーも浴びずに着替えて床に付き、気づくと風邪症状なら自己責任ですよね? 登山家もサーファーもジャーナリストもドライバーも下準備したり危機感持って望んでるはずなのに、運悪くそのような目に遇うのは自己責任になるのでしょうか? 素人が充分な準備もなく登山やサーフィンしたり、興味本位で武装地帯や北朝鮮に行って危険な目に遭うのは自己責任ですね? 仕事でいつの間にか遭難したり波に呑まれたり、武装地帯で拘束されるのは自己責任なのでしょうか? そういう仕事で覚悟あって望んでるはずだから、危険な目に遭ったとき自己責任という言葉に違和感はありませんか? 賛否両論ありますが、そういった仕事していて鮫や熊に襲われるのも、拘束に遭うのも、横から車に追突されるのも予期せぬことだから自己責任ではないような。

  • 「自己責任」という異常性

    危険地帯に自ら足を運び捕まったという点で危機管理不足が主張されるのは一理あります。 ですが他人の死に対して無関係の第三者が偉そうに「自己責任!」と首を突っ込んで叫んでいる状況はあまりに異常ではないですか? 他人の死を自己責任と断じるということは、私にとってあなたが死のうがどうでもいいと言っているのと同じことなのに、にもかかわらず「あいつの死は自己責任!」と声高に叫ぶ必要がどこにあるんですか? 死んでもどうでもいいのになぜそこまで執着して自己責任を言い続けているんですか?誰に向かって自己責任という言葉を聞いてもらいたいと思っているんですか? 思いっきり関心あるくせに檻の外から今にも殺されようとしている人を眺めて、それを見ながら「自己責任」と必死で叫び続ける人の異常さを異常と思えないこと自体がおかしいということに気がつかないのでしょうか。 邦人が殺されればそれはもはや個人の問題ではなく外交問題です。それほど重大な問題だというのに問題のレベルを当人の自己責任かどうかでしか見れない日本人が冷静人を気取って発言してること自体が問題の本質をわきまえていないから世界に恥をさらしているんですよ。 外国からそのことを指摘されてもそれに反論したり無視したりして自己責任を主張し続ける人間は日本の品位をわざと貶めており、売国奴といっていいかと存じます。 自己責任かどうかはどうでもいい些末な問題なのにいつまでもそれにこだわり続けるしか脳のないあたりが皆さんの民度やレベルの低さを如実に表していますね。 斜に構えて冷静なふりを気取るのがかっこいいとでも馬鹿な日本人は本気で思っているのでしょうか?

  • 自己責任ってどこまで

    よく、社会人になったら、自己責任といいます。 友人でも、上司に迷惑をかけたくないから、何でもやってる人もいました。 仕事は、自己責任で、何でもやりました。 その上司は、目障りと思ったのか、喧嘩を吹っかけてきたりもしました。 パワハラになり、友人は会社を辞めました。 上司は、なお、卑屈になったのか、再就職先まで、中傷しました。 友人は、だから、人嫌いになりました。 再就職先まで、中傷のうわさが広がったことで、一生、一人身で生きていこうと思ったようです。 そんな、状況になったら、自己責任と言えますか? また、そんな、友人が、感情をなくしたら、攻められることをどう思いますか? 元上司は、インタ-ネットを使い、今も、中傷してます。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

もう自己責任論争はやめた方が良いと思います。本来の意味を逸脱して何かを非難する目的で使っているようで、気分が悪いです。 本来は人を守るための規則があってそのためにその人を守るための条件があって、その条件を逸脱する時に、了解事項として本人と確認する時、あるいは本人が条件を逸脱する事を認識している事を宣言する時に使います。 車を買って改造したら保証を受けられなくなりまづ。ディーラーは自己責任でお願いします、と言います。 安田さんのケースはインタビューに答えて自己責任だと自ら言いました。でも元々命の保証なんて誰もしてないんだから、自己責任って何位に対してか?あれだけ過酷な環境を耐え抜いて生還した人にわざわざ言わせる人たちってなんなんでしょうね。 政府には法人保護の責任があります。でもそれは命に対して保証しているわけじゃ無いです。安田さんも誰かが確実に助けてくれる前提では行ってないでしょう。勿論助かる可能性を高める準備はしたでしょうが。 自己責任論を言う人って使い方を間違っているだけじゃなくて、何か不満があってそれをぶつけてる気がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

自分の意志でやったことであれば自己責任であります。 ところで、自己責任が取りざたされる背景には、国が救助のために動いてお金や労力が費やされたことがあります。 しかし、国には、何回も拘束されているフリージャーナリストを出国させてしまった責任があります。 なので、救助のためにお金や労力を使わなければならなかったのは、国民を自由に渡航させて放置した国の自己責任です。 なぜ、国は渡航をやめさせなかったんだ、という非難がおこらないのかなあ?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#234050

仕事で行ったって、結局フリーランスは自分で決めて行くのですが。 誰の強制で行かざるを得ない状況になったわけでもなく、自分で行くと決めただけの話です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

>自己責任の定義とは? そもそも自己責任などと言う日本語は昔はありませんでした。最近の造語です。だから日本語の定義があるわけではありません。定義を作るとしたら、「個人が引き起こした行為の結果について、ほかの誰にも責任がない状態」を指すのでしょう。そういうわけでシリアの問題の場合は自己責任そのものです。ほかの誰に責任があるのですか。安倍でも外務省でもありませんよね。もしかして行くことを許した奥さん? 記事を買ってやるとそそのかしたマスコミ?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • asmasa
  • ベストアンサー率29% (18/62)

本人を確認する質問なんて、家族から聞けば、いくらでも打ち合わせなんてせずに確認できるものです。 出身の小学校は? こんなのだって、暗号と一緒です。 そもそも、すでになんども現地で拘束されていて、解放するために政府などが動いて、いくな。と言っているのに、行ったわけです。 帰ってくる時の飛行機代は日本政府に肩代わりさせておいて、自分では払わず、支払いを拒否しています。 何が自己責任なんでしょう? 自分の帰りの旅費も出さずに、ばっくれる様なひとが自己責任なんて言葉がよく使えるものだと思いますよ。 アクシデントは、その確率から判断するべきものです。 すでに2回も拘束されている地域に出かけるのに、問題なく行って帰ってこれるというのは、拘束されないのが普通であると考えるものなのでしょうか? >プライベートで行っては行けませんと国が言ったにも関わらず危険な国に行って拘束されたり何らかの被害になれば自己責任ですが、仕事でアクシデントがあれば自己責任なのかと疑問に思います。 何が言いたいのかわかりません。 仕事って、誰に言われて行った内容でしょう? この人は、フリーのジャーナリストです。 つまり、どこかの会社などの指示で行っているわけではありません。 自分の意思で行っているわけです。 また、日本国政府も、プライベートだけでなく、仕事としていく人に対しても、行くなと言う事を勧告しています。 仕事として行くのならその依頼者もしくは雇用主が、その危険性を勘案して判断しているわけです。 フリーですから、自分の雇用者は自分であり、自分でその危険性を判断した上で、行く必要があるのかを判断し、そこで起こったトラブルに対しても、自分で解決する。と言う事になるわけです。 つまり、何回もやっていると言うことは、それだけでも。それらを考える能力が欠如していると考えるか、どうせ助けてもらえると、甘い考え方になっているのかと言うことでしょう。 つまり自己責任なんて考えていないと言うことです。 そんな状態の人ですから、勧告を無視して出かけたものに対して、助ける義務なんてないと思いますけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼率0、、、 有り難う御座いました。

関連するQ&A

  • 自己責任を極めていない世論

    自己責任自己責任と言っておきながら、その人が犯罪を犯したら親の責任だと言い。仕事で能力を発揮できなかったら教師の責任だというのはなぜ?

  • 登山事故は自己責任

    遭難が多いですね。 私は、個人での登山中、事故の場合の責任は、全て自己責任、 と言う認識を昔から持っています。 しかし、最近疑問に思います。 以下の場合はどうでしょうか? 登山中の事故例。(人工、工作物が破損が起因)。 1. 鎖場で鎖が切れて事故。 2. 湿原で自然保護の為の、木道の板が割れて事故。 3. 沢に架かる、橋が壊れて事故。 また、登山でなくいわゆる、観光地散策の場合、上記の場合は? 有料の(入場料)ばあい、無料の場合で異なる? 登山と、観光地散策(上高地のような場所)の違いは? 観光だと、自己責任でないのか? 街中で、マンホールの蓋がはずれていて、怪我したら、 管理者が責任を問われる、と思いますが。 それと、同じことが、観光地散策、登山にも適用?

  • 「自己責任」という,ニッポン人を陥れる<呪文>

    現代の日本社会にとって,「自己責任」とは,どのような意味をもつのでしょうか? 「自己責任」という言葉を,あなたはどのように受けとめているのでしょうか? イラクで3人の日本人が人質になったとき,日本社会では「自己責任」という言葉が,たびたび強調されました。この事件では,被害者にたいして日本政府が救出にかかった費用を請求したという,前代未聞の結末をむかえ,いまも論争が続いています。 そして,震災後の日本社会においても,「自己責任」という言葉が,たびたび使われるようになりました。 ・津波で家が破壊されても「自己責任」 ・原子力発電所の事故で住む場所を失っても「自己責任」 さらには,日本社会のいたる場面において,「自己責任」という言葉が使われるようになりました。 ・ブラック企業に就職しても「自己責任」 ・不当な理由で仕事を解雇されても「自己責任」 ・進学できなくても「自己責任」 現代の日本人にとって,「自己責任」という言葉は,「言葉」ではなく,なにかの「呪術」のような,あるいは,「記号的なもの」になってしまったのかもしれません。<自己責任>によって,日本社会は,とうとう,萎縮した社会へと変貌したことを,悲観視している人々も,少なくないことでしょう。 日本人が日本社会を疲弊させている,日本人が日本という国家の首根っこを絞めつけていることに,日本人は気がつかないのでしょうか?

  • 「自己責任」と「連帯責任」

    日本の社員は「自己責任」と「連帯責任」両方を押し付けられていませんか? これにより日本の労働環境は非常に働きにくい環境になっていませんか? 日本人の性格として、何が正しいか間違いかよりも、悪者を定義付ける事を優先しますよね。 問題が起きると、感情的に苛立ち、そこに立っている部下に怒鳴り散らしたい。でも怒鳴ると自分が悪者になる。 そこで「自己責任」「連帯責任」を都合よく使い、「説教」という名目で感情をぶちまける。 また部下も部下で、自分は何も悪くないのに、自信を無くして勝手に反省する。 「自己責任」があるので自分の仕事を全部こなさなければならない。 でも「連帯責任」もあるので課せられた仕事以外も自分の仕事になる。 そしてサービス残業発生。 違法であるにもかかわらず上司、部下両方とも問題解決の努力をしない。 日本企業はこのような所がほとんどではないですか。 一体、いつになったらこのような発展途上国精神は消え去るのでしょうか? いつになったら労働時間やサービス残業率が他の先進国レベルまで下がるのでしょうか?

  • 仕事を失うのは自己責任と考えるのが適切なのか?

    仕事を失うのは自己責任と考えるのが適切なのか? 派遣切りが問題になって、企業責任を問う声もありましたが、非正規で働いた本人の「自己責任」と結論を出す事が多かったと思います。また、リーマンショックによる正社員のリストラや倒産による失職もあったと思います。 非正規社員、正社員の失職やリストラは、資本主義社会の日本では自己責任として考えるのが正しいのでしょうか? 本人の努力以外の所で、運悪く職場のリストラ対象になってしまった人が大半と考える事もあります。 職を失うのは個人の能力による結果なのか、不況による不運による事なのか結論が出せません。 皆さんはどう思いますか?

  • ミャンマーで拘束された山地氏は自己責任ですよね?

    ミャンマーで拘束された山地氏は自己責任ですよね? ボクの名前はミャン坊、ボクの名前はマー坊、二人合わせてミャンマーだ♪ 冗談はさておき、今回のミャンマー総選挙で軍事政権はいかなる理由があっても海外報道機関の取材目的の入国は認めないと言っていました。 山地氏はタイ国境から「不法入国」しました。 山地氏のつぶやき ============== 『 外国メディアや選挙監視団の入国を一切拒否した、言わば軍政の茶番です。入るな!と言われれば、逆にどんな手段を使ってでも入り、取材し伝えるのが私たちの仕事。見ていて下さい、長井さん! 』 ============== 軍事政権の正統性を認めるわけではありません。 しかし、ご本人も「入るなと言われたらどんな手段でも入る」って言ってるのは自ら不法入国するぞという宣言ですよね。 入国後、軍事政権から当然のように「不法入国」で拘束されました。 生命に危険はないとことですが、これって自己責任ですよね。 万が一のことがあっても自己責任ですよね? どう思いますか?

  • アルバイト中に感染しても、自己責任??

    こんにちは、自分のことではないのですが、 医療機関でアルバイトをしているときに、仕事中に患者さんから感染症を移されても、自己責任で片付けられてしまうのでしょうか?

  • インフルエンザは自己責任の病気?

    先日インフルエンザにかかって職場を4日間休みました。医者からは「最低5日は安静にしていろ」と言われていて、タミフル等も5日分出ていたのですが、仕事が追い込み時だったので、5日目の欠席は許さない、出て来いと言われ、5日目には無理して仕事に行きました。しかし久しぶりに起き上がってみると、まだ完治していなかったらしく、半日で熱がぶり返してしまい、めまいや関節の痛みも出てきて、早退をすることになってしまいました。 その際に「出てきた以上は仕事をしろ。インフルエンザなんて自己責任の病気だ。出てきて仕事をしないんじゃ迷惑だ』と言われてしまいました。結果月10%の減俸を言い渡されてしまいました。 でも、インフルエンザなんて、予防接種をしていてもかかる時はかかるという病気だし、自己責任でどうにかなる病気じゃないだろう、と思うのです。これが糖尿や高血圧ならまだしも、風邪やインフルエンザは気をつけていたからって絶対にかからないということはない病気だと思うのですが。おまけに4日は医者の「5日は安静に休め」という指示よりも早くに仕事に復帰しているので、それで病気がぶり返しても、自己責任とかの問題じゃないと思うのですが…もちろん全く自分に責任がないというわけでもないと思いますが。 この場合、体調管理を怠った自分が全面的に悪いことになるのでしょうか。

  • 台風 サーフィン 自己責任

    本日 神奈川県の海岸でサーファーが亡くなった 亡くなった事自体は気の毒だし残念だと思います しかし 何年も前から 台風が来ると海でサーフィンやる人居ますよね そのたびに死人がよくでてますよね 台風来るとサーフィンやるのに適した いい波がくるそうです  この手のニュース よく自己責任って聞くのですが 実際 亡くなったり行方不明に なれば 警察やらボランティアの人が捜索に行くわけで 今度は探しに行く彼らが 危険なわけです これ 単なる自己責任論じゃ済みませんよね  台風とかでサーフィン ヨット 海に行く連中 強制的に辞めさせられませんか? 法律とか色々問題あるでしょうが 強制力が無かったら この手の悲しい残念な ニュース無くならないと思います 皆さんは どうすれば良いと思いますか? どうすればこういう事故無くなると 思いますか?

  • 自己責任は重々承知・・・

    こんにちは。 今、とても悩んでいます。 昨年末に出産し、育児休業を取っていました。 今年運良く保育園も入所出来、春から職場復帰いたしました。 ところが・・・・ また妊娠してしまったようなのです(検査薬で陽性)。 赤ん坊はまだ生後半年ほどです。 子供自体は2人望んでいたので嬉しいのですが・・・。 さすがに復帰したてで「また妊娠しました」とは言いづらいです。 夫婦お互いの自己責任ということは重々承知しております。 ケアしていたつもりなのにぬかりあったようです。 不覚です。 私が今とてもナーバスになっているのは・・・ 第一に、会社に対して非常に後ろめたい。申し訳ない。 とにかく迷惑をかけてしまうことと呆れられてしまうことに 自分の責任でしょうがないのはわかってるんですが 申し訳ない気持ちで一杯です。 第二に、やっと育児も段々と落ち着いてきて余裕も出てきたところでの妊娠発覚。 第二子が生まれる頃は上の子は1歳過ぎです。 正直一体全体どんな生活になるのかとても不安です。 新たな生命の誕生の喜びや、感動がありつつ、 不安や迷い(会社になんて言うか)も有り正直動揺しています。 あっという間に二児の母親になることに対する不安も あります。 まだまだ心の準備が出来ていない段階での妊娠です。 このような状況での会社への対応の仕方やタイミング、年子の子育てのアドバイスや意見をお聞かせください。 妊娠してしまったことに対する批判はこちらも重々承知し反省しているのでご遠慮願います。 よろしくお願いいたします。 ※ちなみに会社は続けたいと考えています。 来年頭に第二子が生まれたら春から復帰を希望したいと思います。 それと迷いや不安は生活面や仕事、会社に対してであり 間違っても「堕胎する」というようなことは考えていません。大事な大切な命です。