• 締切済み
  • 暇なときにでも

訪問診療医は死亡診断書ビジネスですか?

最近訪問診療を利用し始めたのですが、その医師は大阪大学卒業で海外留学の経験もあり、大学の助手や講師も務めた経験があるとの事。 で、利用して半年にになるのですが、なかなかコミュニケーションが取れません。 ・家族には何も言わずに薬局には一包化の指示を出している。後で別の専門医の薬の変更があって困ってしまった。 ・診断や処方について説明しない。聞いても言葉遊びだと言って説明から逃げる。 ・そもそも記録やこれまでの他の病院の検査結果を見てもロクに聞きもしない。メモも取らない。 医者にとって問診はとても大切なものだと聞きますが、そういう感じは一切受けません。治すというつもりがあるようには見えません。今後役立つとしたら死んだときに死亡診断書を書いてくれるという事くらいしか思い当たりません。 訪問診療や往診というのは通院が困難な方向けのもので、僻地で病院までの交通手段がない場合を連想しますが、都会でも車いすの方向けに行われています。特に介護施設などでは5人とかまとめてみることができます。何もなくても一人5万円/月なので、1か所で5人いればぼろ儲けです。 世間で言われるのは、死んだときのために訪問診療をつけておくといいとよく言われます。医師の死亡診断書がないと警察が殺人事件として捜査するからだそうです。 訪問診療は死亡診断書ビジネスとして成年後見人ビジネスとともに闇ビジネスになっているように思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数156
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.5

生活保護を受けさせて劣悪住居に囲い込んで保護費を吸い上げるような闇ビジネスもある一方で、生活保護で助けられて子供を育て上げるという人もいるわけで 訪問診療も、赤ひげ先生みたいな人がいる一方で、できるだけ労力を少なく収益を最大限にする死亡診断書ビジネスにする医者もいるんでしょう 福祉の制度って、だいたいそういうものなんじゃないですかね どうしたって、闇ビジネス的なことをする人が出ると思うんですよ でも、必要だから制度があるし、理想的に制度が利用されるケースもある たまたま闇ビジネス的なケースにあたったからといって、 その制度が全て、闇ビジネスにされるからやめちまえ!というのは乱暴かと

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。制度をやめちまえまでは言ってないのですが、その制度や枠組みで働いている医師の実態がどうであるかは精査されるべきだと思っています。延命治療に高額の費用が掛かっていたり、中国人が日本の健康保険で医療を受ける目的で来日して高額の医療を受けて終わるとすぐ帰国したり、そのせいで健康保険の財政が圧迫されて継続が難しくなるのなら対策が必要だと思いいます。 訪問診療がその費用に見合わない実態だったり、どうでもいい仕事に貴重な医師が流れて医師不足の病院で過労死しかけている医師がいるとすればそれはおかしな話で、そういう事を是正するべく制度を直すべきだと思います。 訪問診療医制度を潰すべきと言っているわけではなく、光の当たらない闇の部分が腐っているのなら、そこに集中的に光を当てて浄化すべきだとは思います。

  • 回答No.4

月2回で5万円ですか 先の回答に書いた数字が 正規の保険点数による報酬です。 2回で3万円ちょっとですが ずいぶん上乗せされてますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

海外留学の経験もあり、大学の助手や講師も務めた経験がある」 これは臨床医の経歴ではないように見えます。研究医のほうです。 それから医療の細分化はさらに加速度をつけて 専門以外はど素人というような医師も増えています。 さらに利益率を上げるための医療というものもありますね。 質問の内容はそれのようですね。 在宅患者訪問診療料・・・8300円 診療時間加算 ・・・・・1000円 往診料 ・・・・・・・・6500円 これの合計ですから1回1万5千円以上

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。若いころは研究医だったのではないかと思います。テレビに出てくる往診などの医者は仕事というよりも医師の使命としての信念に基づいた活動のように見えますが、なにもそこまで望みませんが普通に近所の内科医院にかかるくらいの診療をしてもらえればと思っています。 ちなみに金額は月2回の訪問で5万円です。さらに在宅訪問看護も兼ねていて、それが月に5000円です。

  • 回答No.2
  • bekky1
  • ベストアンサー率31% (2252/7255)

ええ、あなたの言われるようなことは、たしかにあります。 お客が来なけりゃ、そこへ出向く。 そして、基本的に、出向かなきゃならないほどの「お客」は低め安泰なのです。 なので、問診と言われますが、前回と同じなら、上々。 多少、悪くなっても、上・・・です。 だって、人は動いてこその「動物」です。 ソレが出向けないほどの、機能不全なのですから、よくなるはずもない。 薬は、ほとんど本音を言えば、気休めです。 物によっては、飲まないほうがベターだったりもするが、もし、やめて何かあったらと考える「危険性」を考えるなら、やめないで、「仕方ないですね、○○だから、✘✘という症状もどうしても出てしまうのです。 では、△△という薬をそういうときには飲んでみてください。また何かアレば、そのときに考えましょう」というのが、在宅医療にまでなるような、老人対策です。 老人は、代謝が落ちますから、薬の効き目より、悪い事のほうがどんどんと出てくるのが普通というより、そういうものです。 でも、やめ時が実はわからない。   やめたらどうなるのかがわからないうえに、原因もわからない。 問診しても、血液検査しても、「犯人」はわからない。 自分で、行動して、考えてできなくなるまで生きていると、 何とかしなくちゃならないから、介護もビジネス、訪問医療もビジネス、 オンナにも働けですから、保育もビジネスになるのです。 で、「犯人はわからない」のを、はっきりスッキリと、「まぁ、心不全」と とりあえず書いてくれれば、警察の手間が省けるので、訪問診療ということにはなりますが、いまや、親族の、介護殺人も老老介護にもなれば必然的に 起きても仕方ない?ので、事前に手を打つことも必要だということでの 訪問医療の流行りです。 御身を守るためにも、別な意味で「訪問介護、訪問医療」の必要性は出てきます、最後のセコム?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 人は誰でもいつか死ぬんだし、ましてや高齢者はそれに近い人たちなので仰るようなことはわかります。有名になってしまった大口病院と同じで、事件が起きる前から入ったらもう生きて出られない病院だと。それは別にヤブ医者という意味ではなくて、そもそも治らない患者の受け入れ先だったからというだけなんですが、間違ってはいないものの聞こえは悪いです。 ただ逆のケースで通院困難な患者であっても、だからみんながどんどん様態が悪くなっていくわけではありません。調べれば原因がわかるし治せば治るという人もいるわけです。そういうケースでも普通に内科医にかかればきちんと診察して考えて調べて医療行為をしてくれるような場合でも、訪問診療委は直す努力をせずに死亡診断書を出すために何年間も通うだけ、という感じです。 厚生労働省の方針で在宅医療を推進するという考え方の一環のなかで生まれた闇という事じゃないでしょうか。こんな費用の掛かる無駄な制度は考え直したほうがいいように思います。

  • 回答No.1

いやであればやめる。もしくは、別のところに変える。 あなたの自由です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 死亡診断書は医師に往診してもらって書いてもらうのか

    家族が病院ではなく自宅で他界した場合、医師に往診してもらって死亡診断書を書いてもらうのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 死亡診断書

    死亡診断書についてお聞きします。 家族の一人が死亡した場合、その家族の中に医師がいるとすると、その人物が死亡診断書を書いてもよいのでしょうか? 例えば、父親が自宅で病気で死亡した場合、その死亡診断書は、その息子である医師が書くことができるかです。

  • 死亡診断書について教えて下さい。

     父が3ヶ月前病院で死亡しました、医師より死亡診断書を頂き役所に提出しました、病院の治療で気になる点がありカルテ開示を請求した所、その中に死亡診断書のコピーがあり見ると、解剖欄の所に2つの目視所見が記入してありました、私が頂いて役所に提出した診断書の解剖欄は空白で、病院に2種類の診断書が存在するのは法的に問題ありませんか?と文書で質問した所、先日病院から文書で回答があり内容は、病院と区役所とで話をして解剖欄の追記した死亡診断書を作成し、病院から区役所に直接送付したとの内容でした。  家族に確認した所、病院から事前に連絡はありませんでした、私が病院側に尋ねたのは法的に問題か、問題でないか聞いただけです、この行為は戸籍法とか何か法律に抵触しますか、教えて下さい。(死亡後の解剖は私から申し出ました)

  • 死亡診断書交付「24時間」の解釈、医師法第20条より

    たとえば末期のがん患者で医師の往診を一週間に1回程度受けていた方が、最後の診察の2日後に自宅で亡くなっていた場合、医師は診察(死亡確認)をした上で死亡診断書が交付できるものと思います。しかし、24時間以内に診察をしていないから「死体検案書」を交付すべきという医師が時々見られます。 医師法第20条では、「医師は、自ら診察しないで治療をし、若しくは診断書若しくは処方せんを交付し、自ら出産に立ち会わないで出生証明書若しくは死産証書を交付し、又は自ら検案をしないで検案書を交付してはならない。但し、診療中の患者が受診後二十四時間以内に死亡した場合に交付する死亡診断書については、この限りでない。」としか書かれておらず、この文面の但し書きを見る限り「診察後24時間以内に死亡した患者は実際に診察(死亡確認)をしなくても死亡診断書を書くことができる」と解釈でき、もちろん24時間以上経っている患者も実際に診察した上で不審な点がなければ死亡診断書が交付できると考えられますが、どちらの考えが正しいのでしょうか?

  • 死亡診断書の直接死因について

    医療関係の方にご質問です。 死亡診断書で 死亡場所 1.病院 死亡の原因 I(ア)不詳の死  約1時間        (イ)不明 死亡の種別 1 病死及び自然死 とかかれた物がありました。なお(16)及び(18)には記載がありません。 施設入所の方で、死亡された病院がかかりつけとなり診察を行っていました。死亡診断書は外部からきた当直医師が記入したようですが、直接死因が「不詳の死」ということはありえるのでしょうか?(特に病状もなかったのか「急性心臓死」「急性心不全」と書かれた死亡診断書ならたまに見ますが…) すでに受理済みの死亡届ですが、不思議な内容だったので質問してみました。

  • 死亡を確認した医師と死亡診断書を作成した医師が違います。

    死亡を確認した医師と死亡診断書を作成した医師が違います。 身内が病院で亡くなりました。 死亡時には身内だけで医師の立会いはなく、かけつけた当直医が死亡の確認をしてくれました。 主治医が病院を離れて暫くしてから亡くなったのですが、死亡診断書をみると、作成者は主治医になっています。 病名等の筆跡からみて、主治医が書いたことに間違いはありません。 身内としては『亡くなる前にすでに作成してあった死亡診断書』にショックを受けています。 こんなことってあるんですか? 病院、医師側に謝罪を求めることはできますか?

  • 自宅で死亡時の死亡診断書

    99才の母が骨折手術後、寝たきりになりました。 どんどん、体力が落ちて食べなくなってきています。 このような時、かかりつけの医者に往診にきて もらっていなければ、死亡診断書は書いてもらえない のでしょうか? たとえ、病気であったとしても、もう苦痛を与える入院 などはさせたくないのです。

  • 死亡診断書を書かないから眼科医になるのですか

    眼科の医師は、死亡診断書を書く必要がなくて気が楽だから、眼科医になるのでしょうか。 外科とかだと、患者の死亡に出くわすことがあって気が思いから、眼科医になるのでしょうか。

  • 死亡診断書の後日訂正について

    医師の方に教えて頂きたいのですが、死亡診断書を提出後訂正する事によって、医師の方が負われるリスク等はあるのでしょうか? 半年前に叔父が交通事故で病院に運ばれ、1ヶ月弱でその病院で亡くなりました。 叔父は独身でしたので、同居されていた方が諸手続きをされたらしく、半年後に私達親戚に知らせと書類が送られてきました。 死亡診断書には、死亡の原因I(ア)直接死因の欄に、多発性脳梗塞と書かれてありますが、死因の種類には、1病死及び自然死に○をつけておられます。 叔父は心臓疾患はありましたが、脳梗塞の持病はありませんでした。 自転車で走行中乗用車と接触、後頭部を強打し救急車で病院に運ばれ、救命救急センターで半月意識がなく、一時的に回復し病棟を移ったのですが、容態が急変し死亡したと病院の事務の方にお聞きしました。 事故死ではなかったのかを担当医の方とお話ししようと思うのですが、医師の方の立場等が気になり教えて頂きたいのです。 厚生労働省の方は、後日訂正しても医師法にはふれないとおっしゃってましたが、実情としてはどうなのでしょうか。 教えて頂ければ、助かります。よろしくお願い致します。

  • 「死亡診断書と死体検案書のちがい」について

    「死亡診断書と死体検案書のちがい」について 先日、祖父が他界しました。 病院のベッドの上で静かに息を引き取りました。 私が、市役所に死亡届を出しに行きました。 A3版の用紙の右半分が、死亡診断書<死体検案書>となっていました。 祖父の場合は、死亡診断書でした。 どういう時が、死亡診断書になり、 どういう時が、死体検案書になるのか、 具体例をあげて説明できる方がいらっしゃいましたら ご教示願います。 よろしくお願いします。