• 締切済み
  • 困ってます

AI機械化工場化を「省力化」と称して批判する人たち

一部の経済評論家は「省力化」と称して、AIや機械化や工場化を批判する人らが結構います。しかし一方でこの手の批判する人は移民政策や実質移民政策を推進する人が多いです。 多くの分野では AI、機械化、工場化に投資を拡大させることは経済成長や生産性向上には欠かせません。またこれまでも機械、工場により生産性を向上させて来ましたし、それらにより国際競争力も高めてきました。機械化可能なものはどんどん機械化して人は人にしか出来ないことをするということで良いと思います。 なぜ「省力化」と称して批判するのでしょう?日本は少子高齢化で人手不足が今後しばらく続くことも分かっていますし、現状技術の延長線上ではAIが人間のように意思を持つこともありませんし、お金は人工的なものですし、「省力化」と称して批判する意味がわかりません。 一部の経済評論家は「省力化」と称して、なぜAI化、機械化、工場化を批判するのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数161
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.5

No3補足に回答 多くの評論家は限られた一面に焦点を置いて論評します。 それが移民問題を人権問題と捉える多くの評論家をもってして、「AI⇒省力化⇒人員削減⇒移民政策否定」という一本道の流れになる事を危惧してるのでしょうね。 その考え方が一概に間違いであるともいえませんが、その考え方が全てではないのも確かですね。 あくまでも一面から捉えた見方であるという理解の下に、そのような考え方も有ると受け止める程度に留めておくのが良いでしょうね。 過去の機械化は人力の機械化でしたが、AIは知能の機械化ですね。 これは事務系、頭脳系の省力化につながるかと思います。 現在、事務系頭脳系の労働力不足は起きているでしょうか? その方面での省力化から省人化へと進み、大量人員削減が始まらなければ良いのだが…と思っています。 もしも事務系頭脳系労働の場で労働力の需給バランスが崩れた場合、余剰労働力はどこに向かうでしょうか? 余剰労働力の玉突き現象が起こる可能性が考えられます。 玉突き現象の行き着く先は…多分、現在も欧米の一部地域で起きてる移民排斥という考え方ではないかと思います。 そのように捉えてみれば、移民擁護派の評論家が「省力化」と称して批判的に論評するのも、あながち間違いとも言えなくなってきます。 勿論、この回答も一つの側面から見た一つの考え方にすぎません。 様々な考え方が有る中で、評論家と呼ばれる人達は概ね人権擁護という考え方の下に論評しますから、質問のような批評が多くなるのも仕方ない事なんだろうと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 韓国批判は差別で、米国批判はOKって変ですよね?

    「韓国は異様な反日政策」と、山梨大学の学長発言して これに「批判だ、差別だ!」という人がいるようですね。 日本では、韓国批判=差別になるでしょうか? もし同じ山梨大学学長が、例えば アメリカのトランプ大統領の移民政策を批判しても、 誰も学長を非難しないと思います。 韓国批判はNGで、アメリカ批判はOKというのも変です。 みなさん、どうでしょうか?

  • AI、肉体労働より頭脳労働の機械化が進む

    昨今話題のAIについてです。 ディープラーニングを主体とした新しいAIの技術革新が社会に及ぼす影響について「AIにより現在の半分の仕事はなくなる」ということで話題になったりもしています。もちろんこれは天気予報レベルの一部の人の予測です。 それらの記事を読み進めていくなかで、「新しいAIにより、肉体労働より先に頭脳労働の機械化が進む」という話が数多くあります。 しかし日本でのテレビ番組を見ていると権威高い肩書を持った評論家さんが、「AIの話などでも明らかなようにますます機械化が進み、大学進学などの高等教育がとても大切になって来ます」などと話しています。 ??? 「新しいAIにより、肉体労働より先に頭脳労働の機械化が進む」というのが新しいAI技術の肝でもあり、評論家さんの話がピント外れのように聞こえます。 有罪率99%以上の裁判なんて裁判官は1/10以下にできるでしょうし、弁護士も半分で済むとも言われていますし、翻訳は機械化でより精度向上し続けると言われていますし、プログラミングの自動化も進むとされ、これまで100人でやっていたプロジェクトを少人数で行えるようになるとも言われているのですから、多くの大学教育で既存の教育の学生を減らす必要があります。 これまでの教育やスキルの多くが無力化され、知的労働の機械化が肉体労働以上に進んで行くのだから、現在の新しいAIによる技術革新が頭打ちになるまでは、既存の教育体制を強化しても何の意味もないという話ですよね? 確かに、AIがリーマン予想を説いてくれたり、量子力学の様々な矛盾を説明してくれたり、人類や生物の進化を誤りなく教えてくれるようなことにはなりません ので高度な知的活動は重要です。 しかし日本の権威高い肩書を持った評論家さんが、「AIの話などでも明らかなようにますます機械化が進み、大学進学などの高等教育がとても大切になって来ます。進学率を上げて・・・・」と話します。これってどういう意味で言っているのでしょう? なんでAIの技術革新にともない、大学への進学率を上げる必要があるのでしょうか?義務教育を含む教育内容の変更が必要というならわかりますが、なぜ大学進学率を上げる必要があるのでしょうか?

  • 移民

    なんで移民推進派の人は売国奴扱いされるのですか? 私は移民政策は慎重派ですが、別に移民政策推進派の人が売国奴だとは思いません。 出生率が低く労働力人口が減ってくるという現実を見ると移民政策も選択肢の一つという考えがあっても良いと思うんですが… 移民政策についてどう思いますか? 質問が2つですみません……

  • 回答No.4

評論家は 評論をすることで生計を立てている。 AI化に賛成します」ということでは 飯のタネにならない。 反対する評論をすると 飯のタネになる。 単純に言うと そういうことでしょう。 政治における野党のようなもの。 野党は 与党に反対すると金になる。 与党に入ると ただの数集めの陣笠議員にしかなれないけど 野党に入ると 反対するだけで金が入る。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

評論家の批判て、どの程度の意味や価値が有ると思ってるのですか? ワザワザ質問するほどのものでしょうか? 知識の浅い人が不安を口にするのは当たり前の事だと思いますよ。 「なぜ~」って疑問に思うほどの事ではないと思いますけどね。 「省力化」と称して…当然でしょう。 AIは人材面での不足を補うのに役立つ筈ですよ。 だから「省力化」と称するのは間違いではないでしょう。 これからの世は単なる人手不足だけでなく、有能な人材の不足に陥る可能性も有るんですよ。 それを補うのがAIなんじゃないですかね。 単なる人手不足にAIは必要ないでしょう。 単純労働にまで「省力化」と称してAIを投入するのはコスパが悪い筈ですよ。 単純労働には人間を投入すれば良いのです。 頭脳的学習が必要なところにこそ人材面の不足を補う意味で、「省力化」目的のAIを投入すれば良いのです。 それこそコスパを考えれば分かる事ではないでしょうかね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

違います。「省力化」それ自体を批判しているんです。だから疑問なのです。 その手の人は移民を推進し、生産性を上げることを推進している経済評論をしている一方で、同時に「省力化」を批判しているのです。省力化が進めば失業者が増える、省力化が進めば人に投資されなくなる などといった話と共に省力化は日本経済の足を引っ張るようなことをいう訳です。 産業革命以後、世界中でずっと省力化が進み続けている訳ですし、恐慌やそれに近いような状況以外では、通常の景気循環の中では景気が良ければ人手不足になり、景気が悪ければ人手が余るという循環です。基本的に機会ができることは機会が行い、人はそれ以外のことをすることで生産性を上げて豊かさを拡大して来ました。こんな程度のことは経済評論化であれば当然知っていることでしょう。それでも現在の日本で一部の経済評論家が(しかも主流の立場の評論家で)「省力化」を批判する人が結構多いのです。

  • 回答No.2

 経済評論家は全て日本人だと信じ込んでいませんか。名前は日本名でも米国、中国、韓国、台湾などの外国人が結構いますよ。自国の政治家から命令されて発言している人もいるはずです。信用しない方が良いでしょうね。  政治家にも台湾出身の人がいて、二重国籍だったり、「スーパーコンピュータは1番で無ければいけないのですか。2番では駄目なんですか。」という発言をおこなって予算審議を混乱させ、その時期を狙って中国のスーパーコンピュータが世界一になった実話もあります。日本はこういう事が多い国ですよ。  もっとも、人工知能が全てに勝るという論理は破綻する危険が高いです。無難な道を計算させるだけという見方をした方が良いでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • l4330
  • ベストアンサー率22% (4372/19584)

  省力化を批判する人がいるのですか? それは省力化が何か知らないド素人ですね 省力化=人減らしではありません、省力化しても増員する事もあります。 言葉をとらえても、省力化、省人化、少人化などいろいろあり、それぞれ定義・目的が違います    

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 米国での移民の受け入れによる経済成長について

    現在、卒業研究で「アメリカでの移民の受け入れによる経済成長」について 研究を進めています。 具体的な研究内容としては、 まず、移民政策を整理して、移民流入による生産性に与える影響を分析 していきたいと考えているんですがなかなかいい文献が見つかりません。 そこで、アメリカの移民と経済成長に関する文献や上記の研究内容に参考になる文献があれば教えていただけないでしょうか?

  • 「移民という言葉を使わない移民政策の推進」竹中平蔵

    数年前、竹中平蔵氏が「移民という言葉を使うといろいろと問題があるので、移民という言葉を使わないように移民政策を推進している」と語っていました。 そして見事に構造改革として安倍政権でも「移民という言葉を使わない移民政策」が推進され続けています。 昨今も安倍総理大臣は「移民政策をとることは考えていない、誤解を払拭したい」と語ることで、竹中平蔵のいうところの「移民という言葉を使わない移民政策」を推進していますね。 移民とは国際的に「国の外に12カ月以上いる人」あるいは「国内に1年以上滞在している外国人」のことを『移民』と呼んでいますから、現在日本で進められている『入管法改正案』は『完全な移民政策』ですね。 テレビの多くの番組では人材派遣会社がバックに付いて作られた外国人労働VTRを盛んに流しています。なぜか多くの報道番組が人材派遣会社のCM状態です。 なんで安倍政権は「移民という言葉を使わない移民政策」を推進し、移民と日本人で低賃金労働合戦をさせて日本国民を貧しくする経済政策を推進するのですか? 以前、安倍総理はデフレ脱却とか言っていませんでしたか?

  • 生産性が高い状態とはどういう状態なのですか?

    アメリカのスーパーでは当たり前のようにレジスタッフがお客そっちのけで話し込んでいたり、病院ではやたらと看護師が多くその辺でいつもしゃべっている人がいるし、カルフォルニアからニューヨークへジュースなどの飲料を輸送すれば2割近くが盗まれてしまうそうです。 しかしデータを見るとアメリカは日本より生産性が高いです。特に日本はサービス業が生産性が低いとして経済評論家が生産性を高める改革が必要として日本のサービス業のあり方を批判しています。 生産性が高い状態とはどういう状態なのですか?  

  • 経済評論家

    経済評論家について。 経済評論家を名乗る人は多いですが、私は経済についてうといので誰がちゃんとしたことを言っているのかわかりません。 竹中平蔵さんは今はさんざんな評判ですが、意見自体は入閣する前と変わってないんでしょうか?それともやはり例によって、中にはいると勝手がちがうことがわかって変えたとか? 現慶応教授の榊原さんはどうでしょう? どなたかこの人のとおりやったら日本は良くなるよという評論家(政治家でもいいけど)はいますか。

  • 新産業 次世代AI

    ここまで約20年の新産業であり成長産業はインターネットを中心としたIT関連産業でした。みなさんも御存知の通りITはここ20年で飛躍的に発展し先進国ではネットが社会のごく当たり前の存在となりました。 昨今AI技術にいくつかのブレイクスルーがあったとのことで、Google、Microsoft、Apple、中国の百度、といった企業が盛んに莫大な投資資金をAI技術につぎ込んでいます。日本でも資金力で劣るもののNTTやソフトバンクが投資を行っています。 一つの産業が成熟するまで20年ほどと言われ、ここまでの20年がインターネットを中心としたIT産業であったところから、どうやらここから20年の新産業として飛躍しそうなのがAI関連のもようです。 新世代の言語理解・応答が可能なレベルのAIにより、企業サポートセンター、受付窓口、レジシステム、翻訳サービス、人事、自動運転、人を確実に見分け射殺する軍事兵器、ニュース記事執筆などなど次世代AIによって様々な仕事を機械化できるようになり飛躍的に生産性も向上すると言われています。 ちなみにIBMワトソンは第2世代のAIに分類されるそうで、次世代AIは更に強力な理解・解析・応答能力をもっているそうです。現状では企業秘密となっている部分が多く表に出ていないことも多いそうですが、2040年には人間の知能を超えるなどとも観られており、ホーキングなどは「AIは人類の脅威になりうる。人工知能の進化が、人類を上回り技術的特異点に達した時、それが人類の最後の出来事になってしまう可能性もある」などとも語っています(まぁこれは警鐘を鳴らす的意味合いかもしれませんが)。 この新世代AI技術、どうやらかなり日本は後れを取っているようです。 英語圏でかつ巨大IT企業が中心に鳴って投資資金を入れているということも理由の一つでしょうが、米国などでは金融やIT関連でのAI導入が実際に始まっていますが、日本ではこの辺りが完全に遅れをとっています。 さて成長戦略だ規制緩和だ生産性向上だなんだかんだと、多くの政治家さんが声高に叫ぶ日本ですが、その周辺からのコミットは全くありません。 ネットが成長産業だった時代はバックボーンとしての高速ネット網構築のため光ファイバー網を日本中に張り巡らして高速ネット環境整備を公共事業として行ってたり、ネットに関わる基礎的法整備などを行なっていましたが、次世代AIが成長産業として動き始めた中で、政府の行うべきこと、行えることとは何があるのでしょうか? 今、日本政府が経済政策として次世代AI関連で行うべきことって何でしょうか?

  • この人は鋭いという経済評論家は?

    森永さんの安い本を読んだらアジっているだけだったのですが、 どの経済評論家が首尾一貫して根拠にしている主張や 理論、見通しなどがあたっている人は誰ですか? 沢山経済評論家がいてどの人がオススメかイマイチわかりません。 教えて下さいよろしくおねがいします。

  • どの経済評論家を信じますか?

    こんにちわ。 ここ10年程、経済学部出身でないコンプレックスも手伝い、独学で経済・経営等を勉強してきましたが、正直、経済評論家なるものの言うことなど殆ど信じられなくなりました。 まあ、生身の人間ですから、将来を的確に予測できることなどは、期待していませんが、最近は少しひど過ぎる気がしてなりません。 そうした意味で、中谷巌氏が素直に失敗を認めた著書が売れているらしい(もう買う小遣いの余裕もありませんが…)のはさわやかに映ります。 「評論」とはそういうものと言ってしまえばそれまでですが、皆様、どこまで経済評論家の言うこと参考にされますか? また、人気のあるなしに関わらず、この人の言うことは、比較的全うだと思う方がおられれば、ご教示下さい。

  • AIによって仕事が無くなるとかいう経済学者

    「AIによって様々な知的労働が機会に取って代わり、世の中から半分ぐらいの仕事が無くなり、大変なことになる」とか言っている経済学者の主張の意味がわからないです。 AIのことも経済のことも全く理解していない おとぼけ評論家 がそういうことを言っているならその意味はわかりますが、経済学者の中にも「AIによって様々な知的労働が機会に取って代わり、世の中から半分ぐらいの仕事が無くなり、大変なことになる」と言っている人がいます。 お金も仕事も人工的に作ってるものであるので、仕事が無くなるなんてことはあり得ないし、その主体となるお金も人工的なものなので無くなることもありません。 にも関わらずテレビで経済学者が仕事が無くなるとか言っています。しかしちゃんと説明をしようとしない。AIで仕事が無くなるとの趣旨の話を言葉を置き換えながら馬鹿みたいに繰り返すばかり。まるですべての人や組織が稼いだ金を使用しないで溜め込み続け、経済活動を行っていないか、あるいはお金は使ったら消えてなくなるかのような前提の話をします。 またこの手の話をする人の多くが、なぜか「日本は借金で破綻する」と言っていた人ばかりです。 ただ単にいくつかの知的労働がAI技術による機械化で生産性が向上して低コストで実現できるようになるってだけです。 この手の「AIによって仕事が無くなる」とかいう経済学者はどういう理由や理屈の組み立てで、 AIによって仕事が無くなる とか言っているのでしょうか?

  • 移民という言葉を使わないように移民を推進(竹中平蔵

    5年ぐらい前に、竹中平蔵さんが、 『私はしています。・・(中略)・・・「移民」という言葉だと問題があるので「経済成長に必要な人材交流」として、政府に議論をするよう推進している』といったことを田原氏との対談で話していました。 その成果かと思われますが、現在日本は「世界最大の移民流入国」となっています。もちろん「移民」という言葉は使われず、外国人技能実習制度などを利用し、様々な言い換えが行われ、文言が帰られての移民政策が進められました。その結果として日本には急激に外国人流入政策が進み、現在、年ベースで世界最大の移民流入国となっています。 そして日本の外国人労働者が奴隷のように扱われることで、国連からは「日本の29万人の外国人労働者が奴隷状態にある」として是正勧告まで出されています。 また同時に低賃金外国人労働者を拡大することにより、多くの日本人が実質移民と人件費の引き下げ競争をさせられれて、より低賃金化が進みました。その結果、生活保護者をそれより貧しい生活にする必要があるとの政策により、生活保護への給付は1割ほどカットされたりもしています。 そして移民政策は公に議論されることなく、竹中平蔵一派の方々の移行により安倍政権により構造改革として進められる運びとなり現在に至っています。 得してるのは斡旋業者だけではないでしょうか。外国人労働者は日本で奴隷状態でギリギリの生活で身動き取れなくなり、多くの日本人も低賃金競争にさらされ、より貧しい生活を強いられる事態になっています。 個人的にまっとうな移民政策には賛成なのですが、奴隷制度のような移民政策には反対しています。それは将来の日本に禍根を残す政策だからです。 なんで移民政策のような重要な問題を、政府は公の議論を進めることなく、ほとんど議論されることなく施行してしまうのでしょうか?

  • コンピュータ化はなぜ利益が労働者に還元されなかった

    コンピュータ化はなぜ利益が労働者に還元されなかったのだろう? 工場のスマートファクトリー化によって工業技術者は不要になり、機械の指示に従って、機械を治す仕事がメインになるという。 機械化によって人間の労働力の1000倍の仕事をするようになった。 第3次産業革命はコンピュータ革命だった。 コンピュータ革命の欠点は労働力が機械化されたときより生産性は上がったはずなのに労働賃金は上がらなかったということだろう。 機械化のときは1000倍の生産性になって労働者は仕事が楽になったのに賃金も会社の売上が1000倍になったので労働者も恩得を得た。 コンピュータ化はなぜ利益が労働者に還元されなかったのだろう?