• ベストアンサー
  • 困ってます

ヒトラー総統が描いた理想な『帝国』について質問です

  • 質問No.9479834
  • 閲覧数177
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0
アドルフ・ヒトラー総統が描いた理想な『帝国』について質問です。

ナチス・ドイツの総統、アドルフ・ヒトラー総統は、自ら掲げる理想な帝国として、『一つの民族、一つの帝国、一人の総統』という理念に基づいた帝国を築き上げるという野望を持っていた。
なぜそのような野望が生まれた背景には、ヒトラーが生まれたオーストリア、当時の「オーストリア・ハンガリー帝国」は、様々な民族を持つ多民族国家であり、常に分離独立問題を抱えていた。
そのような国内事情が原因で、ヒトラーにとっては、多民族国家は、本来あるべき国家を汚すことであり、上記のような野望が生まれた原因になったのですが、ここで質問です。
ヒトラーが描いた理想な帝国のように、広大な領土を持ち、しかも一つの民族・人種しか住まない帝国というのは、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 40% (978/2407)

他カテゴリのカテゴリマスター
>どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

先ず、国内の民族・種族問題が発生しない事。
強いては、国内の(分離)独立問題が無くなる。
結果として、国内統一の安定が期待出来る。
ヒトラーの場合は、ゲルマン民族での統一を考えたのです。
2000年代の今では、トルコ共和国軍とシリア軍は「クルド人掃討作戦」を行っています。
ミャンマーでは、アウンサンスーチー総統によって「ロヒンギャ族掃討作戦」がミャンマー国軍によって行われています。
その代わり、多くのデメリットが生じています。
国際的には、民族浄化という犯罪行為を非難される事。
北朝鮮・ロシアのように、経済制裁を受けると国内経済が持ちません。
そうなると、経済が疲弊⇒現指導者に対する非難⇒国内騒動となりますね。
中国・韓国だと、国内の批判は「反日政策」で「政府批判の矛先を変える」事が出来ますがね。^^;

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 16% (1952/11633)

ヒトラーが描いていた理想の国が日本だった
と言う話は結構有名だと思います

だからこそ三国同盟や防共協定と言う軍事同盟をわざわざ日本と結んだのでしょう
  • 回答No.2

ベストアンサー率 26% (1482/5541)

 アドルフ・ヒトラーが理想とする一民族、一帝国、一総統の国とは日本だったのですね。だから、日本が抱えるメリット、デメリットがそのまま適用出来るわけです。

 島国根性で閉鎖的、画一的。誤りや間違いを素直に認めない政治体質。情報操作、事実の隠蔽で現実と離反した政治体制やマスコミ報道。馬鹿や気違いが権力を握り、優秀な人達が才能を発揮出来ないなど、全てが当て嵌まるわけです。

 もちろん、多民族国家が理想というのは嘘です。多民族国家は内部紛争や独立運動などに苦しんでいる国が多く、テロが荒れ狂っているのは多民族国家ほど熾烈です。日本のように民族的相違がほとんどない国でも、テロが荒れ狂った歴史があるわけで、異民族が競合する国は理想国家とは言い難いかもしれませんね。

 もっとも、広大な領土を占有する帝国で多民族国家で無い国はありません。大日本帝国が破綻したのは民族対策がわかっていなかった当時の政府が無能だったと言って良いでしょうね。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 29% (5664/19135)

歴史 カテゴリマスター
<メリット>
・国内の民族問題で揉めない
ま、これが最大のメリットでしょうな。

<デメリット>
・いずれ異民族に征服される
広大な土地をいち民族だけで生活したら、人口密度が薄くなります。当然、異民族が侵入してきます。軍隊の人数も民族の人数の縛りを受けるので、いずれ周辺の異民族に侵入されてしまうでしょう。ヘタすりゃ、元々の土地も失いかねません。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ