哲学・倫理・宗教学

全17949件中1~20件表示
  • ご質問ですが。

    皆様に、ご質問したい事があります。 キリスト教の七つの大罪で、何か一つでも破ったら地獄へ行くという話は事実でしょうか? 自分はキリスト教に入っている訳ではありませんが、とある小説を読んだ事により、頭にこびりついて離れてくれないので・・、この度質問させていだきました。 ご回答のほどよろしくお願いします・・。

  • 予言者ヨハネについて

    私はオスカー・ワイルドのサロメが好きなのですが、サロメのために殺されたヨハネは調べてみると「イエスに導く者」「先駆者」「聖人」と書かれていました。 物語のなかと言えど、そのような方を殺すのは当時でも今でもキリスト教信者からしたらどうなんでしょうか?

  • 天使さん、子供たちの事を覚えていますか?

    精霊たちは、話しかけた人に足取りを残さない。 なぜなら、親愛の報いが精霊の破滅に転じるからだ。 実在する仮面ライダー、最速の臆病者だ。 一部で暗黒の救世主とも名乗っているが、仮面ライダーの設定なので誤解しないように。 さてと、子供時代に神様とお友達だった記憶を残す大人は実際はそう珍しくない。 「すごく仲が良かった」「すごく楽しかった」しかし名前も顔も思い出せない。 でも、忘れない大人もいるんだよ。 子育てしているなら、2~3歳の子供が誰に話しかけているのかよく観察してみなよ。 最近は常に天使さんが厄介でね。 交霊術を含む対話能力で呼びかけた。 「天使さん、子供たちの事を覚えていますか?」 天使は現在人類を憎悪せずにはいららない。 なぜなら(アンノウンコード)「コンバーチリバース」と言って、大人の行う交霊術が天使の捕食だからだ。 「取りすがり」というのは厄介な模様で、拝み屋稼業などが行う奴だ。 私ですら道を歩くきで神社に目がとまって、あいさつくらいのつもりで参拝しても、「用が無かったらツラ見せるな!アホ!」とお答えを頂く。 大祭として認められた日には地元の大地主の大きい神社に行くのもいいが、もしも日本人で、どうしても神様にしか話せない困難があるときには、「幼い事友達と遊んだ路地の小さな神社」「小学生の時に通学路の途中にあった小さな神社」そういところに行けばいいんだ。別に拝まなくてもいい。その人は気が付かなくても、子供時代に一緒に遊んだ幼馴染が親切にしてくれる。 七五三という伝統はそういうところに意義がある。 そういうもので、天使さんに言いたいのは、「あなたを理解して覚えてくれている人物からの呼びかけですか?」あなた方の怒りはそれ以外ではないですか? そんな、まあ、思考というよりは「観念世界の遊泳」としての思索をしたよ。 今夜はこうした文学を論考しました。 私は幼馴染という言葉が好きだ。 私の幼馴染たちは、親すらあきらめた余命宣告を受けた私を救った。 裏切ることのない絆だ。 「あなた方の親があなたをあきらめざる得なかったとしても、あなたとともにあった友人はあなたを決してあきらめない」 それが天使ちゃんの厄介な面倒を見る根拠なんだよ。 さて、将来的には児童文学の設定資料にしようかと考えている哲学めいたことです。 何か読書感想文程度にご意見をお聞かせください。

  • キリスト教の聖書のロトの娘たちって

    正常な判断が、できなくなるまでロトに酒飲ませて酔わせてロトとエッチして父であるロトの子を身籠ったらしいけど、そもそも正常な判断が、できなくなるほど酔ってたらロトのチンチンが勃起しなくてエッチできないんじゃないの? どうなの?どう思う? ていうか子孫を残すため仕方なかったとはいえ自分から父であるロトとエッチしちゃうロトの娘たちの行動力スゴいと思わない? 近親相姦というタブーを犯すことに対して罪悪感が、あったと思うけど同時に父であるロトに対する愛が、あったと思うんだけど、どう思う? ていうかロトとエッチした時、絶対ロトのこと愛してたでしょ? …何それっ!?スゴく萌えるんだけどっ!? (;´Д`)ハァハァ

  • 「ありがとうございます」を唱えると奇跡が起きる?

    様々な本に「ありがとうございます」という言葉は強力な言霊があり、何万回も唱えると奇跡のような素晴らしいことが起きると書いてあります。 実際に試した方がいましたら、本当に奇跡が起きた、何万回唱えても全く効果が無かった等体験談を教えてください。 私の場合は去年100万回近く唱えましたが、少しだけ気分が良くなる事以上のことは起きませんでした。

  • 唐傘お化けという霊体の特性研究

    私は「実在する妖精の捕まえ方」という独特のアプローチの哲学研究をしていて、実は本来の目標は児童文学なんだよね。 したがってアニメの設定めいた寓話性が研究に内在する。 唐傘お化けとは、日本の伝承書物に語られる自然状態の形質を色濃く残した神霊の類を、江戸時代に無名でも有能な霊能力者が人の手で再現可能にしたのが始まりだ。 おおむね、山の神が祭りで人から招待を受けて、「サンジン」とか「モクジン」とでもいう自然霊を擬人化した状態で招待にこたえて里に招かれる形態と同質だ。 私は現在「唐傘お化けはいかにカワイイか?」という研究に没頭していて、私が頻繁に言及する「ときわたりの世麗美」とは地の聖霊を名乗り、天の聖霊と対比する体裁であり、実際は霊格において聖獣に該当する。わかりやすく言うと割とおなじみの超自我の事だ。余談だが、実際はもっと品格は多様性があり、自立して天の聖霊でもある自己完結型だ。観念世界を自在に遊泳する。 唐傘お化けの備える特徴について今回は聖獣格の「ハツカネズミ」から言及しよう。 ハツカネズミは私の記憶では、4~5年前に特に活躍して、「キリストなる役割の聖霊」を牢獄から解放する手引きと誘導に活躍した。 そのハツカネズミの聖獣とは「冒険家族」を1単位にして、任務途中で獄門信徒に殺されて行っても、家族中の一っ匹でも生き残って生還すると、犠牲になった家族の全形質と全経験記憶を一匹が継承しているんだ。そこから、形質の再分化で犠牲になった家族が再生する。そうやってバタバタ殺されて行きながら「キリスト救済」を成し遂げるんだよ。 全て観念世界での現象であり、観念世界なので死なないのは当たり前だと安直に納得することもできるだろう。 いやね、仕組みは案外複雑なんだよ。 死霊であれ、生霊であれ、人霊は観念世界でも死がある。 人霊でなく聖獣だから出来るんだ。 このバックアップがあれば自在に再生する能力は「不死存在」の規定に沿っている。 観念世界と言っても漠然とした夢想と違って、このように生存保障の構造的な裏付けがないと肉体の死とは違うより本質的な死がありうるんだ。 そして今回は唐傘お化けの話だが、要するにハツカネズミ聖獣と同じ能力があり、過酷な魔境で救世主を逆に救済する活動をしている。 救世主とは期待外れでショーもないヘタレだ。 さて、児童文学向け研究ですが一応哲学でもあるので、哲学的な見地からの読書感想文的な回答とか、関連豆知識の助言とか、変人の集まる学問カテゴリーですので、質問と無関係な回答者様自身の命題研究の独り言も関係です。 哲学は考えることですから、研究は本来黙々と考えることなんですよね。 でも材料を他から持ってきた方が仕事が早い。

  • カトリック、プロテスタントそれぞれの聖書

    カトリックとプロテスタントの聖書をそれぞれ一冊ずつ買う場合、どれがいいでしょうか? 出来れば安く済ませたいです。 カトリックは新共同訳か聖書協会共同訳の続編付き、プロテスタントは新共同訳か聖書協会共同訳の続編なしか、新改訳聖書を買えばいいでしょうか?

  • 知り合いがエホバの証人だったんですけど

    知り合いにエホバの証人がいて、聞けば正統なクリスチャン?ではないとか。普通、カトリックかプロテスタントかその派生からなるものがあると思うんですけど、エホバの証人ってなんですか?また違う宗教ですか?エホバの証人がいれば、ルツの証人、ナオミの承認もいるんでしょうか? また、イスラエル王ダビデの系譜のやつでしょうか?

  • 【インド哲学】インド哲学書のバガヴァッド・ギーター

    【インド哲学】インド哲学書のバガヴァッド・ギーターとヨーガスートラはどういった内容が書かれている書物ですか? バガヴァッド・ギーターとヨーガスートラはヒンドゥー教の教典に影響を与えましたか? ヒンドゥー教の教典は何ですか? ヒンドゥー教の教典よりバガヴァッド・ギーターとヨーガスートラは先に完成して世に出ていたのでしょうか?ヒンドゥー教の後に出来た思想ですか? 今もインド人の多くはバガヴァッド・ギーターとヨーガスートラを信仰しているのでしょうか?

  • 【人生哲学】「人生は一度きりしかないので自分の好き

    【人生哲学】「人生は一度きりしかないので自分の好きなように生きよう」と言う人と「人生は何度でもやり直すことが出来るので果敢に色んなことに挑戦しよう」と言う人の2パターンの人がいます。 前者は人生は一度きり。後者は人生は何度もあると言っています。 どちらが正しいのでしょう? 本当に人生は一度のチャンスしかないのでしょうか?人生は何度もチャンスがあるのでしょうか? 人生は何度のチャンスがありますか?

  • 【ヨガ】女性はヨガを勘違いしている人が多くないです

    【ヨガ】女性はヨガを勘違いしている人が多くないですか? 柔らかければヨガだと思っている節がありませんか? 軟体=ヨガが上手いという女性のヨガ特有の風潮が嫌いです。 じゃあバレリーナ=ヨガが上手い=軟体な女性=ヨガが上手い=ヨガ=柔らかいが最強という日本国内のヨガの流れは良くないと思います。

  • 【宗教・仏教・過去6仏】仏教の過去6仏とはどれを指

    【宗教・仏教・過去6仏】仏教の過去6仏とはどれを指しますか? 大昔の仏陀の時代の仏は釈迦と過去6体の仏しかいなかったそうです。 いっぱい他の仏が創造されたのは仏陀の死後の大分あとの話だそうですが、釈迦と過去6仏と他の仏が誕生したのは西暦何年くらいでどれくらいの時代の空きがあるのか知りたいです。よろしくお願いします。

  • 【宗教・仏教の矛盾】 仏教はみな平等だと教えるが

    【宗教・仏教の矛盾】 仏教はみな平等だと教えるが、仏にはランクがある。 言っていることとやっていることが矛盾してませんか? この辺の矛盾を仏教関係者はどう思っているのでしょう? 仏教の先生に矛盾してませんか?と疑問に思った人はいなかったのでしょうか?

  • 倫理について

    現代社会に蔓延る倫理的ジレンマとはどのようなものがあるでしょうか? ご教授いただければ幸いです。 例えばゴミ屋敷に住んでいる人を苦情があるから追い出したいなどが該当しますか? よろしくお願いいたします

  • 笑いの宗教

    昔、テレビで笑いを教義としている宗教を見たような記憶があるのですが、記憶違いでしょうか?

  • 倫理学という学問分野について

     倫理学という学問分野があります。ウィキで調べたら別名”道徳哲学”ともあり、哲学の1分野を構成しているように見えますが、道徳と哲学は相いれないようなことはないでしょうか。ニーチェが"道徳とは..."と語ったら批判的な言葉が出てきそうです。  一方で倫理という言葉は日常語的に解釈すると、医療従事者の倫理とか技術者倫理などのように”専門家は誠実でなければならない”とか割と当たり前のようなものにもなりそうです。”正しいことをしよう”、というような印象になって”でも人間は私利私欲にまみれて必ずしも正しいことをしない。しかし、社会のために誠実に正しいことをしなくてはならない”というような既に認知されているので眠くなるようなことになり、逆にカント哲学のような面まで掘り起こしてそこから到達した結論なのかと思うと眩暈がしそうなぐらい難しいことなのか、など捉えどころが分かりません。ときどきネットで”人として許しがたい”とかいう言説も見られますが、人としてどうあるべきかということなのでしょうか。倫理学は総じてどういう学問なのか知りたいのですが。 ※ニーチェ、カントなど書きましたが、内容は全然知りません。そんな風らしいという程度のことです。

  • 僧侶を殺害したら死刑になる?

    日本国内で大勢の僧侶を無差別に殺害したら死刑になりますか。

  • 創価学会について中立的に書かれた本

    創価学会について、組織側でもアンチでもなく、中立的に書かれた本は何があるでしょうか?

  • 高齢独身で幸福な人はいるのか?

    いても少数はではないでしょうか?

  • クリスチャンの教えってそんなユルかったっけ?

    私の知り合いにガチガチのクリスチャンがいました。お父さんの代から少し変わったのかな?それまでは、結婚前に男女が行為に及んではダメ。男性は一人行為もダメ、 結婚してから結ばれる等々、仏教徒の戒律より厳しいのに、いつどう変わったか、ヨーロッパの大半はクリスチャンやカトリックのなかで、公園でイチャラブしたり、結婚前に行為に及んだり、キリストさんの禁欲的な戒律無視してない?ってなってるけど、あれって、確かにカトリックやプロテスタントのなかでも○○派とか○○協会とか、イエズスやらナザレンやら、「俺らの解釈はこうやで!」で正統派がいなくなった末路なんでしょうか? うちの知り合いの敬虔なクリスチャンとまた違う教えなんかな?とたまに思います。 アーミッシュもその敬虔なクリスチャンのひとつなんでしょうか? 仏教徒だけど酒タバコしますよ。 だって。うちの経典には書いてないもん~みたいなもんですか?