解決済み

この問題の解き方を教えて下さい。チンプンカンプンで

  • 困ってます
  • 質問No.9477848
  • 閲覧数120
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 20% (160/780)

この問題の解き方を教えて下さい。チンプンカンプンです。よろしくお願いします。

平成23年 66問目 民事訴訟

〔第66問〕(配点:2)
裁判上の陳述に関する次のアからオまでの各記述のうち,正しいものを組み合わせたものは,後
記1から5までのうちどれか。(解答欄は,[No.81])

ア.所有権に基づく建物明渡請求訴訟の原告が,最初にすべき口頭弁論の期日において,被告と
の間で当該建物について使用貸借契約を締結したがその契約は終了した旨の陳述をしたのに対
し,被告は,請求棄却を求め事実に対する認否は追って行う旨の答弁書を提出し,その期日に
は出頭しなかった。被告が次の口頭弁論の期日にも出頭しなかった場合,原告は,その期日に
おいて,使用貸借契約を締結した旨の陳述を撤回することができる。

イ.原告と被告との間に父子関係があると主張して提起された認知の訴えにおいて,被告が父子
関係の存在の事実を認める旨の陳述をしたときは,裁判所は,その陳述に反する事実を認定す
ることができない。

ウ.所有権に基づく建物明渡請求訴訟の原告が,原告本人の尋問において,被告が抗弁として主
張した当該建物についての賃貸借契約締結の事実を認める旨の陳述をしたときは,裁判所は,
その陳述に反する事実を認定することができない。

エ.判例の趣旨によれば,代理人による契約締結の事実を主張する原告が代理権授与の事実を証
明するための証拠として委任状を提出し,被告がその成立の真正を認める旨の陳述をした場合
であっても,裁判所は,当該委任状が真正に成立したものではないと認めることができ,被告
は,その陳述をいつでも撤回することができる。

オ.所有権に基づく建物明渡請求訴訟の原告が,被告との間で当該建物について使用貸借契約を
締結したがその契約は終了した旨の陳述をしたのに対し,被告は,当該建物はもともと自己の
所有する建物であったと主張し,口頭弁論の終結に至るまで,原告が陳述した使用貸借契約締
結の事実を援用しなかった。この場合,裁判所は,証拠調べの結果,当該使用貸借契約締結の
事実が認められるとの心証を得ても,この事実を判決の基礎とすることができない。

1.ア ウ

2.ア エ

3.イ ウ

4.イ オ

5.エ オ
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 37% (3135/8380)

弁護士 カテゴリマスター
これ、肢が長いんですがポイントを押さえれば大丈夫
と、思います。


第2テーゼを考えれば、イは正しいんじゃないの?
※これは 人事訴訟 です。
人事訴訟は、弁論主義が 都知事の言うように 排除される。
イ・・・誤り。


権利自白・・・これを導き出すことができるか?
できたならば
自白した当事者に対する不可撤回効と
それを信じた相手当事者の不要証効という信頼の保護は
確かにある。
だけど
裁判所は権利自白に拘束されない。
陳述に反する事実を認定することができる。
ウ・・・誤り。


裁判上の自白が成立するには
両当事者の陳述が一致しないとダメ。

口頭弁論の終結に至るまで
原告が陳述した使用貸借契約締結の事実を援用しなかった

援用がないので、一致がない。
つまりは
自白に至ってない・・・ただの裁判資料。

ウ・・・誤り。
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ